屋久島ガイド協会の山岳情報

屋久島ガイド協会の2018年の情報一覧

≫2009年 ≫2010年 ≫2011年 ≫2012年 ≫2013年 ≫2014年 ≫2015年 ≫2016年 ≫2017年 ≫2018年

18年10月16日(火) 縄文杉周辺のヒメシャラの葉も黄色く色づき始め、森も秋の風景になってきました
18年10月10日(水) 倒木が原因で、縄文杉ルートは4日まで歩行できない状態でした。6日からは通常通り登山可能になっています
18年10月04日(木) 宮之浦岳ルートでは大きな杉の枝が折れ、迂回の必要があります。翁岳トイレブースから栗生岳までの間は、登山道の一部崩落のため通行が困難な状況です。
18年09月26日(水) 来週もにわか雨を伴う曇りの日が続くようです。雨具や着替えを持参して秋の屋久島をお楽しみください。
18年09月19日(水) 山登りに最適な季節です。秋の気配を感じる屋久島の自然や生き物をお楽しみください。
18年09月12日(水) 8日には白谷雲水峡の沢が増水して渡渉不能となり、9日、11日には大雨警報が発令されました。
18年09月05日(水) 天気予報は晴れでも、突然雨が降ることがあるので、登山の際には登山用の雨具を必ず携帯してください。
18年08月30日(木) 天気が不安定ですが、そんなときは雨上がりや霧の中に差し込む光が美しく、見るものを飽きさせない屋久島です
18年08月22日(水) 来週も台風が天候に大きな影響を及ぼしそうです。行き帰りの船便・航空便の運行情報を事前にお確かめのうえご来島ください。
18年08月14日(火) 台風15号が九州に接近しており、屋久島でも強風、高波の影響が懸念されます。
18年08月08日(水) 縄文杉や白谷雲水峡のコースではアジサイの仲間、ノリウツギの白い花が涼しげに咲き、11日の山の日、お盆休みと混雑が予想されます。
18年07月26日(木) 暑い夏にはトレッキングだけではなく、水の中でのアクティビティも人気です。屋久島の渓谷をお楽しみください。
18年07月18日(水) 太陽が燦々と照りつける真夏日が続きました。来週以降も連日30度を超す厳しい夏日が続きそうです
18年07月10日(火) 台風8号では屋久島への被害はありませんでしたが、台風通過後は、樹木がなぎ倒され、倒木や小枝が道を塞いでいることがあります
18年06月20日(水) 雨が多い時期ですが、この時期にしか見られない屋久島の生物の営みをお楽しみください。
18年06月12日(火) 梅雨らしい天候が続いています。雨対策を万全にして、梅雨時期ならではの屋久島の自然をお楽しみください。
18年06月05日(火) 6月5日からは梅雨前線が北上し、屋久島に雨がちな日々が戻ってきそうです。
18年05月30日(水) 屋久島は梅雨入り。シャクナゲは当り年で、新高塚小屋(避難小屋)は連日満員となる賑わいです
18年05月24日(木) 週末から再び雨予報となっています。いよいよ梅雨入りだと思われます。
18年05月15日(火) 屋久島は梅雨が近づき、蒸し暑い気候になってきます。登山中は熱中症にご注意ください。
18年05月09日(水) 登山道ではハイノキの白い花が見頃。連休・休日は登山者数が多く、登山道を通過するために待ち時間が増えます
18年05月02日(水) 連休に入り、各トレッキングルートは大勢の登山者でにぎわっています。混雑のピークは4日(金)の予想で、屋久杉自然館4:40発の荒川登山バス臨時便が運行予定となっています。
18年04月25日(水) 先週までの雨がちな日々が嘘のような、晴天に恵まれた週でした。今年はサクラツツジの当たり年で、びっしりと可愛らしいピンク色の花をつけています。
18年04月17日(火) 風の強い日と穏やかな日が交互にやってきて、寒暖の差が大きい日が続きました。多雨地帯の屋久島では、雨の準備をしてトレッキングをお楽しみください。
18年04月11日(水) 里の新緑がピークを迎え、一年でもっともお勧めの季節です。これからGWの大型連休までのひと時は人も少なく、快適な登山が楽しめます。
18年04月04日(水) 縄文杉コースの小杉谷橋付近ではヤマザクラが見ごろ。一年の中で屋久島の森が最も生き生きとした季節です
18年03月29日(木) 屋久島の森では植物たちが春の訪れを告げるかのような賑わいを見せています。白谷雲水峡では、登山口までの山道に沿ってサクラツツジが開花し始めています。
18年03月21日(水) 気温は20℃を超える日が多くなり新緑が美しい季節ですが、3月は6月に次いで降水量が多い月です。十分な装備のもと山歩きをお楽しみください。
18年03月14日(水) 14日以降はしばらく暖かくなりそうな予報が出ています。 山でも里でも春を感じながら屋久島を楽しんでください。
18年03月08日(木) 里では桜が満開。3月1日より縄文杉コースは一般車両の交通が規制され、シャトルバスの運行を開始。屋久島の登山シーズン到来です。
18年03月01日(木) 日に日に暖かさが増しています。 縄文杉付近にはまだ積雪が残っていますが、雪解けが一気に進みそうです。
18年02月21日(水) 雪解けが進みましたが、縄文杉コースには35cmの積雪があります。 チェーンスパイクなどを持参し、時間に余裕を持って行動してください。
18年02月14日(水) 白谷雲水峡は50cmほどの積雪があり、雪山の装備が必要です。蛇之口滝やモッチョム岳コースは平常通り登山を行うことができます。
18年02月07日(水) まとまった積雪が予想されます。足回りなど冬山の装備を整えて入山してください。
18年01月31日(水) 2月も少しだけ寒さは緩むものの、依然として寒い日が続く予報が出ています。防寒対策をしてお越しください。
18年01月24日(水) 24日以降は、強烈な寒波が南下する予報です。 山は再度雪になるかもしれません。雪や寒さに備え、十分な装備でお越しください。
18年01月18日(木) 今週は春のような陽気となり、雪どけも一気に進みそうです。 山間部の雪はまだまだ残りますので、最低限の雪山装備はご用意のうえご来島ください。
18年01月10日(水) 標高1000m以上では、雪山装備が必要。縄文杉ルートではスパイクや軽アイゼン程度、奥岳では6本爪以上のアイゼン、ピッケルが必要
18年01月03日(水) お正月の賑わいも終利静かになりました。12月前半に宮之浦岳に積雪40㎝あった雪もほぼ融雪。今は木道凍結がありスパイクなどの用意を。

屋久島ガイド協会周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年10月23日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」
着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」 マーモットから発売の「ウールラップ」。独自構造の中綿で行動中も快適ゾーンへ。ペイバックキャンペーンも実施中!
NEW 『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
NEW ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは? モニター5名募集!
NEW 透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す!
透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。透湿地が高いミレーの「ティフォン50000」上下を雨の岩菅山でテスト!
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン幕開けです!
平成最後の紅葉シーズン幕開けです! 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。