屋久島ガイド協会の山岳情報

屋久島ガイド協会の2019年の情報一覧

≫2009年 ≫2010年 ≫2011年 ≫2012年 ≫2013年 ≫2014年 ≫2015年 ≫2016年 ≫2017年 ≫2018年 ≫2019年

19年09月18日(水) 秋の装いとなりました。日の出は遅く日没は早まって来ました。ヘッドライトの用意を
19年09月11日(水) 台風13号の直接影響なし。雨で湿ったコケ、幻想的な霧の森など多様な風景との出会いも
19年09月03日(火) 曇りがちな天気が続いています。秋雨前線の影響による急な大雨に注意。天気予報確認を
19年08月28日(水) ナナカマドなどの落葉樹が色づきはじめ初秋の気配をの屋久島。行動中は熱中症に注意
19年08月14日(水) 台風10号の影響が出ています。島出入り便だけでなく、島内でもシャトルバスなどの運行状況確認を
19年08月07日(水) 台風9号、10号とも船や飛行機に影響がありそうです。予報では屋久島直撃はありません。
19年07月31日(水) 宮之浦岳や縦走路の登山では強い日差しを避けて涼しい時間帯に登りましょう。紫外線対策必須
19年07月24日(水) 7/22里の最高気温は31℃、夏らしい気候です。湿度があるため登山中の脱水症状に注意
19年07月16日(火) この季節、美しい照葉樹の森ではヒメハルゼミの「蝉時雨(せみしぐれ)」が聞かれます
19年07月10日(水) 梅雨明けせず、7/4は強い雨脚に登山口への道路が一時通行止めに。その雨を受け、滝は大迫力です
19年07月03日(水) 雨でも気温の高い日には特に熱中症に注意して対策を。屋久島の梅雨明けは平年だと7/14です
19年06月26日(水) 例年の梅雨より雨量は少な目ですが。雨や台風に影響される時期。最新情報を得て行動しましょう
19年06月19日(水) 梅雨時は特にバスや道路状況の事前確認を。雨天ならではの景色や生物を楽しんで下さい
19年06月12日(水) 荒川登山口行きシャトルバス運行再開。日本屈指の森では様々な生き物との出会いがあります
19年06月05日(水) 5/31に梅雨入り以来、雨が続いています。雨対策をしてしっとりと美しい森を楽しんで下さい
19年05月31日(金) 県道通行止め解除でヤクスギランドや宮之浦岳は登山可能。荒川登山口は不可。無理ない登山を
19年05月29日(水) 淀川登山口への車道は31日午前5時に開通予定。それまでは迂回のため行程が長くなります
19年05月21日(火) 記録的豪雨が過ぎ白谷雲水峡への県道通行止めは解除。縄文杉コースは荒川登山口で通行止め
19年05月15日(水) 多様な植生の屋久島。宮之浦岳などへの登山道ではヤクシマミツバツツジが見ごろです
19年05月08日(水) 連休の賑わいも過ぎ、静かさが戻った屋久島の森。トロッコ軌道でコバノタツナミが咲いています
19年05月01日(水) 連休で多くの入山者があり登山道は混雑しています、マナーを守って登山を楽しみましょう
19年04月24日(水) 美しい新緑、快適な登山の時期です。連休中は混み合いますが、ゆずりあって登山下さい
19年04月17日(水) 春の嵐も過ぎ、ヒカゲツツジが咲き始め。島では生育環境により多様な植物が見られます
19年04月10日(水) 白谷雲水峡の登山口付近で屋久島の固有種ヤクシマミヤマスミレが咲き始めています
19年04月03日(水) 登山道のあちこちに春の花が見られるようになってきました。寒暖の差に注意
19年03月27日(水) さわやかな春の屋久島。山や森は最も生き生きとした季節を迎え、登山にも快適な気候です
19年03月20日(水) 非常に寒暖差が大きく急な冷え込みや暑さに備えて下さい。ヤクシマコケリンドウ開花
19年03月13日(水) 季節の変わり目、日によって一気に寒くなることもあり寒暖どちらにも対応できる装備で
19年03月06日(水) 登山シーズン開幕。3/1~荒川登山口までのマイカー規制がスタート。登山バスも運行開始
19年02月27日(水) 雨の多い一週間。濡れた登山道は滑りやすく足元に注意。野生動物の餌付けはやめましょう
19年02月20日(水) 雪は降らずに、雨が多い週となりました。今年の春の訪れは例年よりだいぶ早そうです
19年02月13日(水) 2/10の縄文杉コースに積雪や凍結なし 冬は登山者少なく静かな森が楽しめます
19年02月04日(月) 気温が変動しやすい時期 対応できる装備で 2/1は縄文杉付近で少し積雪しました
19年01月30日(水) 現在、縄文杉展望デッキ、白谷雲水峡の太鼓岩までに積雪はほとんどありません
19年01月23日(水) 山岳部はまだ積雪、凍結の時期ですが、里はヒカンザクラが見頃、少し春の足音も。口永良部島島噴火の影響なし。
19年01月16日(水) 今季はここ数年で最も雪が少ない冬となり宮之浦岳山頂付近にほとんど雪なし。しかし装備の油断は禁物です。
19年01月09日(水) 年末寒波による積雪も白谷雲水峡、縄文杉コース共に現在は融雪。今後再度の寒気流入時にはスパイクなどの用意を。
19年01月02日(水) 年末の寒波で屋久島も降雪。雪の中を苦労して訪れた登山者がこの冬初めての雪化粧した縄文杉に感動していました。

屋久島ガイド協会の2019年の写真  ※ クリックすると拡大します

屋久島ガイド協会 WEB SITE
営業期間 年中無休9:00-18:00
連絡先 0997-49-4191
現地連絡先
関連山域 宮之浦岳
≫ 過去の情報を見る ≫ 関連ツアーを探す

屋久島ガイド協会周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年9月22日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に554点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開中
カリマー「クーガー」モニターレポート公開中 25kgの荷物を5〜6時間背負っても疲労感が少なくフィッティングの良さを実感したという、もりちかさんのレポート公開!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
NEW 山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて大町市に移住した2つの家族。移住の経緯や大町暮らしの魅力を聞いた。移住体験会では参加者を募集中!
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。