アンケート企画
登山者のデジタルカメラ利用に関するアンケート調査2019年版
  • 登山中にメインで使われるカメラは「コンパクトデジタルカメラ」、スマホカメラより上
  • スマホカメラの物足りなさは「ズーム機能」「画質」が上位
  • カメラ専用機の不満点は「かさばること」が大多数
  • 次に買いたいカメラの1位は「ミラーレス一眼」が1位

美しい景色が広がる山の中に行けば、そのシーンをファインダーの中に残したいと考えるのは当然でしょう。山に行けば、多くの人がその景色に向けてシャッターを押しています。

そんな登山中の当たり前の1シーンに、少し変化が生じています。スマートフォンで撮影する姿が目立ち、静止画だけではなく動画撮影をする人、ウェアラブルカメラで行動中の様子をずっと撮影しているケースも見かけるようになりました。また、周辺機器に目を向けると、「三脚」撮影は昔からいますが、最近は「自撮り棒」での撮影も見かけます。

ヤマケイオンラインでは、2015年に「登山者のデジタルカメラ利用に関するアンケート」を行っていますが、当時とはカメラを取り巻く状況もずいぶんんと代わってきていると感じています。

そこで、昨今の登山者のカメラに関する動向を知るために、質問内容を大幅に更新して、同アンケートを再度実施しました。

なお、以前のアンケートはこちらをご覧ください。

◆調査基本データ
有効回答数:3156名
調査期間::2018年10月25日(木)~2018年11月19日(月)
有効回答ユーザーのプロフィール:


※グラフはクリックすると拡大します

今回の調査では、リンク先のような形式で質問を行っています。
いつでも撮影が最近の傾向、ほぼ毎日も17%以上

携帯電話にカメラ機能が搭載されて以来、誰もが、いつでも、写真撮影を行うようになった。さらに携帯電話がスマートフォンになり、カメラ機能がさらに充実してきたり、SNSが一般的になっきたりすると、その傾向に拍車がかかっている。
「インスタ映え」という言葉が示すように、多くの人が気軽に写真を撮って、さまざまな形でその画像を楽しんでいる。

そこで最初に「ふだんカメラ(スマートフォンのカメラも含む)をどのくらいの頻度で使っていますか?」という質問を行った。その回答は、17%がほぼ毎日、週に1回以上の人は全体で70%近くになるほど、多くの人がふだんから写真撮影を楽しんでいることがわかった。

ふだんカメラ(スマホのカメラも含む)をどのくらいの頻度で使っていますか?
※グラフはクリックすると拡大します
デジカメ離れが叫ばれる昨今だが、登山者は90%がカメラ専用機を使用!

前述のように、スマートフォンのカメラ機能が充実するに従い、カメラ専用機との画質や機能の差が小さくなっている。その影響から、カメラ専用機は所持せず・購入せずという人が増え、昨今ではカメラ専用機の販売の低迷している報道も聞く。

そこで実際、登山者はどの程度「スマホのみ」となっているのか確認すると、91%がカメラ専用機を使用。登山者においては、まだまだカメラ専用機の使用が多いことがわかった。

また、実際に使っているカメラは、コンパクトデジタルカメラ(以下、コンデジ)が最も多く、一眼レフにおいてもコンデジに迫るほど多くのユーザーが利用している結果となった。

Q:スマートフォン(携帯電話のカメラ含む)以外で、現在、カメラ専用機を使っていますか?


Q:(使っている場合)使っているカメラのタイプを選択してください
※グラフはクリックすると拡大します
≪ 前のページヘ 1 2 3 4 5 次のページへ ≫


こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年9月17日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に556点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...