アンケート企画
ブランドイメージ&購買動向調査(YOLBIS)2011
ブランドイメージ&購買動向調査 2011  :ブランド調査

 次に登山用具の各アイテム(登山靴、ザック、雨具、アンダーウェア・・・)について、所有ブランド、購入したいブランド、そのアイテムを購入する想定金額(購入にかけられる金額)、について、アンケートを行った。

※ 購入にかけられる金額については、回答者の誰もが想像できる山行行程として、「1泊2日、山小屋泊縦走」を想定して、その際に各アイテムの購買にかけられる金額をアンケートしたもの。

登山靴

●年代・登山歴によって、ブランドに大きな差アリ

 所有ブランドの上位は、全体では「モンベル」「スカルパ」「シリオ」となり、「キヤラバン」「メレル」が続いた。
 登山靴は、年代・性別・登山歴によって、上位ブランドが変化する面白い結果になった。例えば、若い年代(10代~30代)や登山を始めたばかりの層に所有率が高いのは「メレル」。50代以上、登山歴10年以上では「シリオ」の所有率が高くなり、「女性」全体では「スカルパ」の所有率が高いことがわかった。

 一方、購入したい登山靴は? という質問には、「スカルパ」「シリオ」「ガルモント」、さらに「モンベル」「ローバー」という順番になった。「スカルパ」は、性別を問わず、40代以下の層の支持が高く、全体で1位。「シリオ」は50代以上、登山歴10年以上の方の支持があった。
 所有率の低かった「ガルモント」「ローバー」という靴専門ブランドが上位に上がり、「ガルモント」は30代、40代の支持が、ローバーは60代や登山歴の長い層からの支持が高いことも分かった。

●購入金額は、登山歴の違いで二極化

 登山靴の購入にかけられる金額については、二極化する結果となった。
 1番のボリュームは、25,000円から30,000円のレンジとなったが、2番目に多かったのは、15,000円から20,000円のレンジ。
 10代~30代の若い年代、あるいは、登山歴2年以下では、15,000円から20,000円への回答が多く、一方、登山歴が5~9年になると、35,000円から40,000円へのと回答が増えた。
 登山経験によって、登山靴・トレッキングシューズに求めるものが違うことが浮き彫りになった。

ザック

●専門ブランド強し! 憧れのブランドも専門メーカーに軍配

 所有ブランドの上位は、全体では「ミレー」「オスプレー」「グレゴリー」の順になった。ついで「モンベル」「ドイター」となり、ザック専門のブランドの名前が上位に並んだ。「ミレー」は、年代・性別・登山歴を問わず、所有率が高い傾向にあり、老舗のザックブランドといえる。
 「オスプレー」は「30代」の所有率が高く、「グレゴリー」は「10~20代」の若い層の所有が多く見られた。全体で上位にならなかったものの、「女性」だけで見ると、「ミレー」の次には「カリマー」の所有率が高いこともわかった。

 購入したいザックについては、上位が入れ替わり、「オスプレー」「グレゴリー」「ミレー」、ついで「ドイター」「マムート」の順となった。
 「オスプレー」は「30代~50代」の幅広い層に、また、「登山歴3年」以上の層に高い支持があり、一方「グレゴリー」は、「10代~20代」、「登山歴2年」以下の層で高い購買意向が見られた。

 「ミレー」「ドイター」は、40代以上の層の支持が高く、「マムート」は「10代~40代」の年代の支持と、「女性」の購買意向が高い、という結果となった。

●若い年代が「持ってはいないけど憧れる」アークテリクス

 上位のブランドのほかに突出したものは、年代別で「10代~30代」の層で「アークテリクス」の回答が多かった。「持ってはいないけど憧れる」ザックブランドと言えるだろう。

 購入にかけられる金額の項目では、「15,000円~20,000円」(36.3%)との回答が最も多く、ついで「20,000円~25,000円」(20.7%)、「15,000円~20,000円」(16.3%)の順となった。ザックについては、性別・年代・登山歴では、特別な違いは見られなかった。


雨具・アウターウェア

●モンベルとザ・ノース・フェイスが所有率&人気を二分

 所有ブランドの上位は、「モンベル」(49.2%)、「ザ・ノース・フェイス」(29.6%)の順となった。ついで、「ミズノ」(9.1%)、「パタゴニア」(8.9%)、「コロンビア」(7.8%)となっている。
 上位2ブランドの所有率の高さが目立ち、性別・年代・登山歴などで相違はなかった。
 3位以下のブランドでは、年代ごとに3番目の所有率のブランドが異なり、「コロンビア」が「10代~20代」の層に、「パタゴニア」が「30代・40代」、「ミズノ」が「50代、60代」に、比較的高い所有率である、という結果になった。

 一方で、購入したいブランドでは、全体では「モンベル」(37.1%)、「ザ・ノース・フェイス」(33.0%)と上位2ブランドは変わらないものの、3番目に「マムート」、ついで「パタゴニア」「ホグロフス」という結果が出た。
 「マムート」「ホグロフス」の2ブランドは、所有率は低かったので、「持っていないけど欲しいブランド」と言える。

●年代によって分かれた購買金額

 購入にかけられる金額では、全体では「25,000円~30,000円」(19.6%)、「15,000円~20,000円」(18.1%)、「20,000円~25,000円」(17.9%)の順となった。
 「10代~20代」では「15,000円~20,000円」への回答が最も多く、性別では「男性」よりも「女性」の方が、雨具にかけられる金額が高い、「登山歴3~4年」では「30,000円~40,000円」のレンジへの支持が2番目に高い、など、年代・性別・登山歴のそれぞれで雨具にかけられる金額の違いが見られた。


こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年10月23日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...