Yamakei Online
登山技術の学びと山岳遭難に関するアンケート調査
日本大学工学部嶌田研究室×ヤマケイ登山総合研究所×Yamakei Online

 山岳事故の発生件数は年々増加しており、人命救助だけでなく登山の健全な発展や救助活動の経済的負担の点からも事故防止が求められています。事故の防止対策で最も重要なことは自立した登山者の育成です。山岳会等に所属して熟練者から継続的に個別指導を受ける従来の組織化を前提にした育成には限界があります。

 そこで、日本大学工学部嶌田研究室ではソーシャルネットワークを活用して、登山コミュニティの協調活動で自立した登山者の育成を支援するしくみを検討しています。登山のような実践的技術を修得する分野では実体験が重要であることから、体験情報を共有しながらコミュニティでの意見交換を通じて知識の創造や伝承が行える場の実現を目指しています。

 その一環として、山と溪谷社のヤマケイ登山総合研究所と合同で、多くの会員を抱えるYamakei Onlineを活用することで、広く登山者の事例を集めたいと考えています。

 今回は、無雪期の遭難事故・遭難直前のヒヤリハット体験のエピソードをお聞かせください。そして、それからの退避した方法や助かった体験談、予知した理由、その後のなども分かる範囲でお知らせください。

嶌田 聡(しまだ・さとし)
日本大学工学部教授。画像・映像処理を行うメディア情報学やマルチメディアを活用した教育工学が専門で、スポーツ、登山、看護などの分野での技能コンテンツ生成技術や、持続的な知識創出を可能とするソーシャルネットワークシステムの研究開発を行っている。また、登山者の育成については山岳ガイドとして実技指導を実践している。

※ アンケートの締め切りは2016年11月28日(月)正午です。

モニター企画への応募は会員登録してログインしている必要があります。下記リンクからログインの後に、アクセスしてください。
応募内容の性格上、住所など、必須事項以外の入力も必要になります。

会員登録する
ログインする