富士山の見える山に行こう!
■ 富士山をキレイに撮るためのチェックポイント 7箇条
登って見えた富士山は写真に残したいもの。
富士山を撮り続けた佐古さんに富士山撮影のコツを伺おう。
何が何でも見えたら撮る! 見えてるうちに撮る!

▲頂上に立ったら雲で富士山が隠れてしまった残念な写真

 山頂に到着、富士山が見えた! となったら、まず撮ること!

 一息入れたい、お茶を沸かそうと思っているうちに、みるみる雲が出てきて、富士山が隠れてしまうこともよくあることなのです。だからまず、見えたら撮る!

天気を読み、好天を選べ!

 富士山を展望するには、登った山が晴れていて、しかも富士山自体に雲がかかっていない状態でなければならない。富士山が見えていても、一部分しか見えない場合や全体にボーッと霞んでいる場合がある。

 気象面での考慮点は以下のとおり。

  • 移動性高気圧に覆われると安定した天候になり、展望の確率が高い。ただし、背景の空に絵になる雲が現れないことが多い。
  • 移動性高気圧が「北高型(高気圧の位置が北に寄っている)」ときは、北東の風が吹き込んで曇り空になることが多い。
  • 冬季、北からの季節風が適度に吹くと澄んだ空気になって富士山が鮮明に見えるが、風が冷たく、また強すぎると雪雲に隠される。
  • 一般に、春から夏にかけては、空気が澄んでいないことが多い。水蒸気、スギ花粉、黄砂などの影響が考えられる。
  • ただし、5月ごろ、若葉寒(わかばざむ)と呼ばれる寒気の流入があり、空気が澄みわたることがある。

朝を狙え!

▲冬でも10時過ぎにはこの通り。ボンヤリしてしまう

 富士山を鮮明に見るには、一日のうち、空気の澄んでいる朝が有利だ。午前10時過ぎには遠望しづらくなることが多い。

 そのため可能な限り早朝に山頂に立ちたい。ただし冬季には寒さ対策は大切だ。

なるべく早い時間に登れ!

  富士山を見たい、撮りたいとなったら、富士山が見えるポイントに長く滞在すること。ということは、とにかく早い時間に登り、早く撮影ポイントに着くこと。

 山頂に着いて「10分前まで見えてたんですよ」と言われることほど悔しいことはない。後悔しないためにも、早い時間に登り、見るチャンスを逃さないようにしよう。

レンズと焦点距離を知っておくべし!

 筆者は富士山の左右の裾野を画面いっぱい収めたい場合、35ミリフィルム換算のレンズの焦点距離は、撮影ポイントから富士山までの距離の2~3倍の数値をメドにしてきた。

 例えば、三ツ峠山の場合、富士山からの距離は約22kmで、約2倍の数値の焦点距離40ミリ前後のレンズ(35ミリ判換算)をしようすれば、山体全体が収まる、という計算だ。

雲を活かして撮れ!

▲山体に雲がたなびくのも遠近感があって良い

 富士山を絵画的、あるいは美的に撮りたい場合、背景の空(雲を含む)と前景の取り込み方が大きな要素となる。

 筆者の場合は、確実に撮れることを最優先にして天候安定期をねらうため、ごくありふれたおとなしい富士山を見ることが多かった。空には雲ひとつない状態が多く、面白みに欠けるともいえる。

 その点、天気の変わり目には変化に富んだ雲が出る場合がある。九州方面に低気圧が接近してきた場合などをねらう人もいるほどだ。しかしこういう時は富士山自体が見えない可能性も高く、タイミングとしてはかなりきわどい。

紅富士・赤富士の違いを知るべし!

▲ピンクに染まる富士・紅富士
 富士山全体が赤く染まる状態を表現する言葉で、どちらも日の出または日の入り時の光線によって起こる。
  • 紅富士・・・冬から春にかけて白い雪で覆われた山体がピンクに染まる状態をいう
  • 赤富士・・・山体から雪が消える夏から秋に山体が赤くなる状態をいう
 と呼び分けられているので覚えておこう。
富士山の見える山 ベストコース45
価格 1,890円(税込)   サイズ 5判144ページ
 
 首都圏から日帰りできる山を中心に、絶景富士山を仰ぐ山とコースを45件収録。
 富士山周辺の三ツ峠山、毛無山、足和田山をはじめ、丹沢・箱根周辺、伊豆・駿東周辺、高尾・道志周辺、大月・大菩薩周辺の山々を1山2ページでコンパクトにガイドしています。
 巻末には「富士山展望写真193山」を収録。
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2017年12月14日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中!
生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中! 抜群のタフさとクッショ性が特長のソックスブランド「ダーン タフ」など登山用ソックスを大特集!
NEW 3種の生地を使い分けた最強の行動保温着
3種の生地を使い分けた最強の行動保温着 保温性と通気性に、快適性までプラスした最強の行動保温「エイサームフーデッドジャケット」をワンゲル編集部がチェック!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
NEW メリノウール製ミッドレイヤーをテスト
メリノウール製ミッドレイヤーをテスト 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は、アイスブレーカーのミッドレイヤーを晩秋の奥秩父でテスト
NEW 遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート
遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート 日本大学工学部の嶌田研究室と共同でアンケートを行っています。安全登山の研究のために、ぜひご協力ください!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
紅葉は山を下り、街でも色づく季節
紅葉は山を下り、街でも色づく季節 紅葉シーズンも最終盤。どんな秋の山を楽しみましたか? みなさんの秋の報告をご覧ください。
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報