親子登山 子どもと一緒に山へ行こう!
親子登山のセンパイ500人に聞きました! みんなの親子登山白書

ヤマケイオンラインでは、すでにお子さんやお孫さんと山に登っている方534人から、親子登山に関するアンケートに回答いただきました。(一部の回答者の方には、お孫さんとの三世代登山として、回答いただきました。)

親子登山の魅力、ピンチだったエピソード等、親子登山にまつわるデータをどうぞご覧ください!

(調査方法=ウェブアンケート方式 調査期間=2015年5月~6月(1ヵ月) 対象=ヤマケイオンライン登録会員534名)

回答者プロフィール
子どもの年齢は「13歳以上」の、子育てベテラン率高め!

20代、30代、40代を子育て中の世代として想定して、お子さんの年齢を集計したところ、5歳~小学生のお子さんが多い結果となりました。「3歳以下」という方も意外と多く、幼いころから登山を楽しんでいる親子が多いことがわかります。

親子登山歴は、1~4年の初級~中級層が半数以上!

続いて、親子登山歴について聞いてみると、「3~4年(28.8%)」「1~2年(25.7%)」の合計が半数以上となっています。この層は、親子登山をある程度経験してコツやポイントを知りながらも、まだまだ疑問やお悩みが尽きない方が多いと思われるので、さまざまな意見が聞けそうです!

初めての親子登山は、「小学校入学前」!

親子登山を始めた時の「お子さんの年齢」を聞いてみたところ、小学校に入学する前から始めている人が半数を超える結果となりました!

学校行事などもなく、親のスケジュールに合わせやすい年齢だからなのでしょうか、意外とお子さんが小さい頃から親子登山を楽しんでいるんですね。

本当にまいりました・・・
親子登山ピンチだったことランキング

トイレ、コースタイムオーバー・・・親子登山ならではのピンチだったエピソードをランキング形式で紹介。 これから親子登山をしようと思っている方は、ぜひ山行にしてみてくださいね。

1位 トイレ

「子供の体調の急変で下痢を繰り返したので、持って行った六枚のオムツを使い切り、おしりふきは足りなくて、持っていた除菌シートで代用出来たので助かりましたが、3~4時間の山行でも、もう少し多めに持って行くようになりました。(30代/女性/親子登山歴1~2年/お子さんの年齢 3歳以下)」

「どうしても我慢ができないからお願いだからここでやらせて。と懇願されて、ホントに 登山道の脇みたいなまるみえのところでウ○コされてしまいました。 小さい子ならまだしも、小5の娘なので、隠してあげたいけどどうすることもできず・・・。いろいろごめんなさい、という感じでした(40代/女性/親子登山歴3~4年/お子さんの年齢 11歳、13歳以上)」

2位 天気の急変

「阿弥陀岳(八ヶ岳)を登っている途中で雨が降り出したがあと20分くらいで山頂だったので強行したら豪雨&雷雨になって登山道が川のようになり、登頂を諦めて逃げるように降りた。行者小屋の手前でも川が増水した中を飛び石伝いに渡り、ようやく小屋に避難できた。川を渡るのを諦めて、ビバークを覚悟されていた親子もいた。(40代/男性/親子登山歴7年以上/お子さんの年齢 11歳)」

3位 子どもが歩かなくなった、飽きてしまった

「朝、菓子パンを少し食べて、早朝に登山を開始したところ、途中で全員歩く気力が薄れ、早めに昼食にしたところ気力が戻った。おにぎり等をしっかり食べないと、後々影響が出ると感じた。(40代/男性/親子登山歴5~6年/子どもの年齢 7歳、12歳、13歳以上)」

「途中で下の子がおんぶとなりそのまま寝てしまった時。主人がおんぶして頂上までのぼりましたが、大変でした。(40代/女性/親子登山歴3~4年/5歳、8歳)」

4位 コースタイムオーバー

「途中休憩したり足を止めて写真を撮ったりしているうちにあたりが薄暗くなり、駐車場に戻った時は日没直前でした。道草が多すぎました。(40代/男性/親子登山歴3~4年/お子さんの年齢 12歳、13歳以上)」

5位 滑落しかけた

「初めて3,000m級に挑戦した時、標高2,700mを超えたあたりで子どもが高山病の症状を訴えた。かなり迷ったが、長く休憩を取った後、本人が行くと言ったので、ペースを落とし休憩も多めに入れながらゆっくり登頂した。後に、中学生くらいのお子さんでも高山病で亡くなった例があることを知り、ゾッとした。高度を急にあげるべきではなかったし、引き返す勇気は常に必要だと思った(40代/女性/親子登山歴5~6年/お子さんの年齢 13歳以上)」

「パンツの替えを忘れた時は悲惨でした・・・(30代/男性/親子登山歴1~2年/お子さんの年齢 5歳)」

親子登山経験者が選ぶ!
親子登山にオススメの山・エリア ベスト5

親子登山経験のある方534名を対象に、親子登山におすすめの山・エリアをアンケート!

おすすめコメントともにランキング形式でご紹介します

1位 高尾山

みんなの登山記録
高尾山からの
ダイヤモンド富士

のりほり さん

奥高尾エリア(小仏~陣馬山)。登山道も整備されており、アクセスも楽。高尾山ほど人も多くない。(40代/男性/親子登山歴3~4年/お子さんの年齢 11歳 13歳以上)

やっぱり高尾山!裏高尾も良いですね。美味しい物は子供も喜びます!(40代/女性/親子登山歴5~6年/お子さんの年齢)

2位 奥多摩・奥秩父・奥武蔵エリア

みんなの登山記録
低山歩きを楽しむ~高麗郷にある日和田山・物見山へ~
モーちゃん さん

奥武蔵は、あまり知られていない山も多く、自分たちのペースで登ることができます。週末でもそれほど混み合っておらずオススメです。(50代/男性/親子登山歴3~4年/お子さんの年齢 10歳、13歳以上)

御岳山のロックガーデンコースは変化に富んでいて親子共に楽しめ、ケーブルカーで子供も大喜びでした。 日和田山は登山デビューにオススメ。(30代/女性/親子登山歴3~4年/お子さんの人数 3歳以下、4歳)


みんなの登山記録
12回目 御在所岳 (小学4年、6歳、41歳)
ののとく さん

3位 関西エリア(六甲山、摩耶山、生駒山、御在所岳 等)

御在所岳などロープウエイがあるところ。
子供が途中で飽きても頂上まで頑張れば楽しく下りてくれる。(30代/男性/親子登山歴1年未満/お子さんの年齢 3歳未満)


4位 丹沢エリア

みんなの登山記録
子連れ百名山~004 丹沢(日帰り)
unchikutareo さん

東丹沢エリア(仏果山、高取山、南山など) 行動時間もそれほど長くなく眺望が良いので。
夏場はヒルの巣窟なのでNGですが・・・。(30代/男性/親子登山歴3~4年/お子さんの年齢 3歳以下、5歳)

5位 八ヶ岳

みんなの登山記録
北八ヶ岳~北横岳 池めぐり~
ツー さん

八ヶ岳は色々な厳しくないルートを設定でき、山小屋も短時間で辿りつけ、楽しかったです!(40代/女性/親子登山歴1~2年/お子さんの年齢 8歳)

八ヶ岳がおすすめ。 いろんな楽しみ方ができる。オーレン小屋はすごく快適で、そこから赤岩の頭に出たところの赤岳~阿弥陀岳の景色はインパクト抜群。本沢温泉の日本一高い露天風呂もサイコーでした。
下山後も、温泉アリ・スイーツあり。(30代/男性/親子登山歴 3~4年/お子さんの年齢 5歳、7歳、10歳)

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年2月27日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ