「固有な高山植物の宝庫」アポイ岳・樽前山と秘湯・丸駒温泉(レベル3)

本ツアーの申し込みは終了しているか、出発日が近いためにメールでは問い合わせできません。
お問い合わせは電話にてお願いします。

  • ツアー番号 7710
    旅行日程 19年06月04日(火) ~ 19年06月06日(木)
    3日間
    健脚度 ★★★
    出発地 関東
    出発地詳細 羽田空港(8:00~9:00集合)
    目的地 北海道
    価格 119,000円  
    最小催行人数 13人
    食事回数 朝食2回 昼食3回 夕食2回
    ガイド・添乗員 2
    催行状況 募集中
    旅行販売 朝日旅行
    旅行企画 朝日旅行

    ※この写真はイメージです。
    ※画像に関しましては、ツアー内容とは全く関係がない場合があります。

本ツアーの申し込みは終了しているか、出発日が近いためにメールでは問い合わせできません。
お問い合わせは電話にてお願いします。

本ツアーの特徴

海から吹く風を受けまたかんらん岩質という特殊な自然環境により、標高は低いものの固有の花々や多種類の高山植物育むアポイ岳。花好きの方なら一度は登りたい花の百名山のひとつです。支笏湖畔の秘湯・丸駒温泉旅館にお泊りいただき、手軽に登れる怪峰・樽前山に登頂です。

旅行の行程

①羽田空港(8:00~9:00集合)⇒新千歳空港→えりも岬(マイヅルソウなど花々が一面に咲く)→アポイ山荘泊
②(150m)…第四休憩所…5合目山小屋…馬の背お花畑…アポイ岳(811m)…折り返し…山荘→丸駒温泉旅館泊(支笏湖畔の秘湯の一軒宿)
③→樽前山・七合目(665m)…樽前山・東山(1041m、樽前ドームを望み)…折り返し…七合目→(入浴・昼食)→新千歳空港⇒羽田空港(18:00~19:00)
ツアー内容や行程に関する備考
講師:笹原芳樹氏(登山家)
※歩程②約9キロ・6時間 ③約5キロ・3時間
《難易度》レベル3…トレッキングシューズや上下別の雨具など登山装備が必要です。変化に富んだ山歩きを楽しみます。トレッキング中級です【歩行4時間前後・標高差500m程度】
※利用バス会社:北都交通
※宿泊は日本秘湯を守る会会員宿です。「日本秘湯を守る会」(日本秘湯を守る会発行)のスタンプ帳をお持ちの方はご持参ください。お持ちで無い方は現地旅館にてお渡しいたします

お問い合わせ

朝日旅行

朝日旅行

【東京】03-6858-9822
【大阪】06-6345-1613

【月~金曜】 09:45~17:30
【土・日・祝】 休業
「ヤマケイ・オンラインを見ました」(コースコード:7710)と お伝えいただくとスムーズです。 
会社名 株式会社朝日旅行
会社住所 【東京支店】東京都港区三田3-13-12 三田MTビル2階
【大阪支店】大阪府大阪市梅田1-2-2-1101 大阪駅前第2ビル10階
旅行業番号 観光庁長官登録旅行業97号
プライバシーポリシー http://www.asahiryoko.com/corporate/privacy.html
旅行条件書 https://www.asahiryoko.com/corporate/joken_k/

関連する山

※「関連する山」に関しましては、ツアーの内容と全く関係が無いものが表示される可能性があることを予めご了承下さい。
関連する山の山名は複数存在することから違う地域の山又はあいまいな物が表示されることがあります。

同じ出発日のツアーをチェック

19年06月04日(火)近畿 発 ・朝日旅行
「固有な高山植物の宝庫」アポイ岳・樽前山と秘湯・丸駒温泉(レベル3)
19年06月04日(火)北陸・信越・東海 発 ・クラブツーリズム・あるく
<登山初級A> 「ぐるっと京都トレイル 第9回 大原~横川へ」 日帰り
19年06月04日(火)北陸・信越・東海 発 ・クラブツーリズム・あるく
『ワイドビューしなの号で行く 花と緑・清流が彩る大自然紀行 遥かなる楽園・尾瀬ヶ原 約6時間滞在 3日間』<ハイキング初級>
19年06月04日(火)関東 発 ・クラブツーリズム・あるく
<ハイク初級>『★日帰りでもたっぷり6時間滞在★往復新幹線で行く 尾瀬ヶ原ハイキング』
19年06月04日(火)関東 発 ・クラブツーリズム・あるく
<ハイク初級>『★弊社Aランク・猿ヶ京ホテル宿泊★ホテル自慢の豆富会席と名湯 尾瀬5時間滞在 2日間』
19年06月04日(火)関東 発 ・クラブツーリズム・あるく
<ハイク初級>『★出発決定★あなたの町からバスで出発!尾瀬ヶ原ハイキング4時間滞在』【竹ノ塚/北千住/上野発】

[ ▲ページトップに戻る ]

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍