<登山入門>『2019年4~8月出発! 世界自然遺産の島 小笠原諸島・父島・母島の両島滞在 海の観光と南崎トレッキング ~1名様より出発~ 6日間』【竹芝出発】

本ツアーの申し込みは終了しているか、出発日が近いためにメールでは問い合わせできません。
お問い合わせは電話にてお願いします。

  • ツアー番号 25206-992
    旅行日程 19年06月26日(水) ~ 19年07月01日(月)
    6日間
    健脚度 ★★
    出発地 関東
    出発地詳細 東京23区
    目的地 関東
    目的地詳細 東京都
    価格 178,000円  
    最小催行人数 1人
    ガイド・添乗員 現地係員あり
    催行状況 募集中
    旅行販売 クラブツーリズム・あるく
    旅行企画 クラブツーリズム・あるく

本ツアーの申し込みは終了しているか、出発日が近いためにメールでは問い合わせできません。
お問い合わせは電話にてお願いします。

本ツアーの特徴

★☆★2019年4~8月出発を追加設定しました。世界遺産の島・小笠原の大自然をこの機会にお楽しみください★☆★

●登山入門
●現地案内人同行(2~4日目のみ) ※添乗員は同行しません
●荷物預かりあり

※1名1室ひとり追加代金25,000円増

世界自然遺産登録の小笠原へ…
東京から南へ1000キロの太平洋上に位置する、大陸と一度もつながったことのない海洋島。
「東洋のガラパコス」と呼ばれるこの島には独自の生態系を持つ動植物が生息しています。
南の島の時間の流れに身を任せ、未知の感動を味わいませんか?


☆コースポイント☆
1.唯一の移動手段である、新造船のおがさわら丸に往復乗船!
 移動中の海の景色や朝夕の空の風景の変わり方を甲板で楽しめます。

2.父島上陸初日はガイドの案内(車移動)で軽いハイキングで島巡り。
 父島 最高峰の中央山や、夕日のスポットのウェザーステーション等に
 参ります。(コースは天候や日によって異なります)
 夕食後には夜のツアーにて夜しか出会えない動物(オガサワラオオコウモリ等)
 を探しに行きます。

3.父島滞在2日目は船にて海のツアーへ。入場制限のある、南島に上陸予定!!
 (強風などにより上陸できない場合がございます。)
 時期によってはザトウクジラを近くで見るスポットへ参ります。
 兄島近くを周遊したり、海の上でランチタイムを取る予定です。

4.父島3日目は朝一番のははじま丸で母島へ渡り(乗船2時間)、ガイドの案内で
 南崎・小富士の母島南端の岬をトレッキング致します。
 最南端からは、姉島・妹島などを顔前に、綺麗な海の景色を見ることが出来ます。

5.母島宿泊翌日はお昼のははじま丸出港まで自由時間があります。
 このお時間を利用して、観光協会で無料レンタルできるヘルメットを借りて、
 清見ヶ岡鍾乳洞を探検したり、海の景色の良い、鮫ヶ崎展望台まで軽くハイキング、
 登山をされたい方は小剣先山へ登って、母島沖港の見渡せる山頂を目指すのも可能です。(往復1時間ほど)
 ロース石で有名なロース記念館で当時の様子も伺えます。

6.帰りのおがさわら丸では【盛大なお見送り】を是非甲板からご覧いただけます。
 また、最後の船旅の夕日・朝日も時間に合わせて見ることをお勧めいたします。

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。島旅の企画担当者おすすめ!! 
  大自然の中で小笠原の魅力をたっぷり満喫できるコース!
おがさわら丸の船室に関しておがさわら丸は2等船室を利用致します。東京(竹芝桟橋)~小笠原・父島間を特2等・1等・特1等・特等の船室をご希望のお客様は弊社までお問い合わせ下さい。船室の予約状況を確認のうえ、可能であれば追加料金にて船室を変更することができます

ツアーのご予約に関して小笠原のコースは東京から小笠原までの船「おがさわら丸」の船室や現地の宿泊施設の数が限られているため、ご希望の日程でリクエスト受付で承らせていただきます。お客様のご希望の日程や条件(おがさわら丸の客室など)で弊社から現地に手配状況を確認のうえ、ご連絡をさせていただきます。
手配可能であれば本予約をさせていただきます。また当コースは添乗員が同行しないため、出発前に詳しいご案内書面をお送りさせていただきます。

小笠原諸島に行ってみたい方や興味がある方に「世界自然遺産・小笠原説明会」を3月9日(土)に開催いたします。
   詳細は→ここをクリック!【世界自然遺産・小笠原説明会】
 当説明会で世界遺産の島小笠原諸島の自然を歩いて満喫!美しい海や緑深いジャングルを満喫するおすすめトレッキングコース、めずらしい野生生物など小笠原村観光局スタッフがお話します。!

旅行の行程

★1日目:竹芝桟橋(10:00集合/11:00出発)--おがさわら丸(2等船室利用 等級変更希望の場合はご予約時お申し出ください)--船中(泊)
★2日目:--父島(11:00着)着後、父島島内観光(東京都認定ガイドが小笠原の自然や歴史、絶景ポイントをご案内)父島・民宿(泊)
※夕食後の夜は天然記念物「オガサワラオオコウモリ」や「オカヤドカリ」海岸性生物、星空観察のナイトツアーへご案内します。
★3日目:父島(~海の1日観光へ。父島の北に位置する兄島・弟島へ。1日に100名しか入島が許されない無人島「南島」へ上陸予定!) 父島・民宿(泊)
★4日目:父島(7:30発)--母島(9:30着)-====-母島(南崎・小富士トレッキング。母島先端の絶景「南崎」へ。(姉島、妹島などの島々を一望)-====-母島・ペンション(泊)
★5日目:母島・出発まで自由行動(12:00発)--父島(14:00着/15:30発)--船中(泊)
★6日目:--竹芝桟橋(15:30着) ※案内人は2~4日目のみ同行

お問い合わせ

クラブツーリズム・あるく

クラブツーリズム・あるく

東 京:03-5323-5566 多 摩:042-540-1177
横 浜:045-473-8261 湘 南:0466-55-3010
千 葉:043-333-0020 埼 玉:048-649-8834
名古屋:052-300-0011 北海道:011-280-2000

月~土曜日 9:15~17:30
「ヤマケイ・オンラインを見ました」(コースコード:25206-992)と お伝えいただくとスムーズです。 
会社名 クラブツーリズム株式会社
会社住所 〒160-8308 東京都新宿区西新宿6-3-1新宿アイランドウィングビル内
旅行業番号 観光庁長官登録旅行業第1693号
プライバシーポリシー http://www.club-t.com/information/function/covenant/privacy.htm
旅行条件書 http://www.club-t.com/information/function/covenant/rule.htm#Japan_terms

他の出発日をチェック

19年07月23日(火)関東 発 ・クラブツーリズム・あるく
<登山入門>『2019年4~8月出発! 世界自然遺産の島 小笠原諸島・父島・母島の両島滞在 海の観光と南崎トレッキング ~1名様より出発~ 6日間』【竹芝出発】
19年07月30日(火)関東 発 ・クラブツーリズム・あるく
<登山入門>『2019年4~8月出発! 世界自然遺産の島 小笠原諸島・父島・母島の両島滞在 海の観光と南崎トレッキング ~1名様より出発~ 6日間』【竹芝出発】
19年08月06日(火)関東 発 ・クラブツーリズム・あるく
<登山入門>『2019年4~8月出発! 世界自然遺産の島 小笠原諸島・父島・母島の両島滞在 海の観光と南崎トレッキング ~1名様より出発~ 6日間』【竹芝出発】
19年08月20日(火)関東 発 ・クラブツーリズム・あるく
<登山入門>『2019年4~8月出発! 世界自然遺産の島 小笠原諸島・父島・母島の両島滞在 海の観光と南崎トレッキング ~1名様より出発~ 6日間』【竹芝出発】
19年08月26日(月)関東 発 ・クラブツーリズム・あるく
<登山入門>『2019年4~8月出発! 世界自然遺産の島 小笠原諸島・父島・母島の両島滞在 海の観光と南崎トレッキング ~1名様より出発~ 6日間』【竹芝出発】

同じ出発日のツアーをチェック

19年06月26日(水)東北 発 ・アルパインツアーサービス株式会社
ゆっくり花の秋田駒ヶ岳
19年06月26日(水)関東 発 ・クラブツーリズム・あるく
<美しい森と花々を訪ね歩く>『第4回 レンゲツツジ咲き誇る赤城白樺牧場と栗の巨木原生林』【新宿出発】
19年06月26日(水)北陸・信越・東海 発 ・クラブツーリズム・あるく
<ウォーキング>『名古屋全十六区めぐり 第9回 柴田勝家ゆかりの地と高針・牧野池』 日帰り
19年06月26日(水)関東 発 ・クラブツーリズム・あるく
<ハイク初級>『★1名様から出発★父島・母島両島へ 小笠原諸島 絶景めぐりハイキング 6日間』【竹芝桟橋出発】
19年06月26日(水)関東 発 ・クラブツーリズム・あるく
<ハイキング初級>『★十二湖・全33湖をめぐります★世界遺産 白神山地と奥入瀬渓流ハイキング 3日間』
19年06月26日(水)北陸・信越・東海 発 ・クラブツーリズム・あるく
<ハイキング初級>『中山道踏破・ステージⅡ・第10回 岡谷~下諏訪宿~和田峠古峠~観音橋』1泊2日

[ ▲ページトップに戻る ]

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍