東京発着直行便利用で行く マレーシア最高峰Mt.キナバル登頂 5日間

本ツアーの申し込みは終了しているか、出発日が近いためにメールでは問い合わせできません。
お問い合わせは電話にてお願いします。

  • ツアー番号 FKSP
    旅行日程 19年10月03日(木) ~ 19年10月07日(月)
    5日間
    健脚度 ★★★★
    出発地 関東
    出発地詳細 東京(往復・成田利用、コタキナバル間の直行便を利用します)
    目的地 東南アジア
    目的地詳細 マレーシア、コタキナバル、キナバル山
    価格 234,000円  燃油サーチャージ別料金
    最小催行人数 10人
    食事回数 朝食3回 昼食2回 夕食3回
    ガイド・添乗員 ツアーリーダー(添乗員):コタキナバルからコタキナバルまで同行します。出発日と発着地によっては全行程同行します。
    催行状況 募集中
    旅行販売 アルパインツアーサービス株式会社
    旅行企画 アルパインツアーサービス株式会社

    ※この写真はイメージです。

本ツアーの申し込みは終了しているか、出発日が近いためにメールでは問い合わせできません。
お問い合わせは電話にてお願いします。

本ツアーの特徴

●直行便を利用し、最短の日程で4,000m峰の頂へ

東京より直行便で6時間、一気にキナバル登山の基点となるコタキナバルへ。翌日から、1泊2日の行程でMt.キナバルの頂を目指します。下山後は2日間コタキナバルに滞在しますので、珊瑚礁の美しい海や文化体験など、南の島での充実した時間を過ごすことができます。帰路も直行便利用で東京へ戻ります。

山仲間でオリジナルの「キナバル山登頂ツアー」を企画してみませんか?
◎フリープランの旅(個人旅行型)
設定された出発日では休暇が合わない。もっと長く滞在したい。仲間だけで(少人数で)行きたい。そんなご要望がありましたら、アルパインツアーまでお問い合わせください。現地事情(山小屋の空き状況など)を考慮しながらオリジナル日程をご提案いたします。
◎グループ・オーダーメイドの旅
山岳会、ハイキングクラブなど、いつもの仲間で海外の山歩きをしてみたいが、自分たちだけでは少し心配だ、というような場合には、ツアーリーダーも同行する安心の山旅をご提案いたします。

●最短の日程で、 憧れの4,000m峰を目指す

Mt.キナバル山の登山では、標高3,300m付近に建つ山小屋に宿泊します。登山口との標高差は約1,500mあります。ここに1泊し、翌日未明にヘッドランプの灯りを頼りに出発して標高差800mを往復し、再び登山口へと下山します。初日はウツボカズラや野生のランなどが見られるジャングル、2日目は頂上台地の圧倒的な景色と、景色の変化に富む4,000m峰の登山を、わずか5日間でご案内します。

●キナバル登山の歴史

Mt.キナバル山の登山ガイドの多くは山麓に住むカダザン・ドュスン族の人たちです。Mt.キナバルは信仰の対象であり、かつては登山を行うことはありませんでした。英国の植民地時代に植物学者ヒュー・ロウが山頂を目指しましたが、登頂することができませんでした。現在、Mt.キナバルの山頂はロウズ・ピークと呼ばれていますが、これはヒュー・ロウの功績を讃え、名付けられています。


●“森の人”オランウータン

マレー語で「森の人」という意味を持つオランウータンはボルネオ島とスマトラ島の豊かな熱帯の森にだけ生息する、大型の霊長類ですが、現在、開発や森林火災などによりその数が激減し、絶滅の危機に瀕しています。ボルネオ島東部の街、セピロックの森にはオランウータン・リハビリテーション・センターがありますが、ここは森林伐採や密猟などによって親と離れ離れになってしまったオランウータンの子どもたちが、森に戻れるように訓練をしている施設です。
アルパインツアーでは、当カタログに掲載のキナバル山の2コースにご参加の皆さまのご旅行代金から、お一人様20リンギット(約500円)をサバ州野生生物局を通じてこのセンターに寄付させていただきます。“森の人”オランウータンの姿は、出会う人々の心を和ませてくれる可愛らしいものです。


●4名様から催行確約
●モンベルの『キャンプシーツ』をプレゼント!
肌触りがよく、優れた通気性を持つ生地を使用した、キャンプや山小屋などでの使用に最適なシーツです。汚れた場合は気軽に選択できます。スタッフバッグ付き。

旅行の行程

①午前、東京発。マレーシア航空の直行便にて、コタキナバルへ。その後、専用車でキナバル山麓へ。[キナバル山麓泊・ホテル]

②朝、専用車で世界遺産のキナバル国立公園へ。登山口(1,866m)へ移動後、現地ガイド、ポーターと共に登山開始。最初はジャングルの中を登ります。途中、食虫植物のウツボカズラや様々なランなど、数多くの珍しい植物があります。樹林帯を抜け、標高約3,300m付近の快適な山小屋へ(徒歩約6時間)。
[山小屋泊]

③未明、ガイドと共にヘッドランプのあかりを頼りに出発。サヤサヤ小屋を経て、最高峰ロウズ・ピーク(4,095m)に登頂。この日、多少の頭痛を覚える方もいると思いますが、山小屋まで下りてしまえば大抵治ってしまうでしょう(徒歩約6時間)。その後、さらに登山口へと下山します(徒歩約4時間)。下山後、コタキナバルへ。[コタキナバル泊・ホテル]

④終日コタキナバル滞在。ワイルドライフパークでオランウータンやマレートラなど固有の動物たちの観察をしたり、伝統的な生活ぶりがみられる文化村の訪問や、美しい珊瑚礁の海に浮かぶ島へのデイトリップなど、各種オプショナルツアー(別料金)をお楽しみください。夜、専用車で空港へ。[コタキナバル泊・ホテル]

⑤朝、コタキナバル発。マレーシア航空の直行便で東京へ。午後、東京着。
ツアー内容や行程に関する備考
●燃油サーチャージ(2019年7月20日現在:目安約860円)が別途必要です。今後変更となる場合はご旅行代金ご請求の際にご案内いたします。
●ツアーリーダー(添乗員):コタキナバルからコタキナバルまで同行します。出発日と発着地によっては全行程同行します。
● 最少催行人数:10人
● 食事:朝3回、昼2回、夕2回
● 利用予定ホテル:Bクラス以上
● 一人部屋利用追加料金:¥24,000(山小屋泊を除く)

● 利用予定ホテル:

コタキナバル: Aクラス/ハイアット・リージェンシー、パシフィック・ステラ、マゼラン・ステラ、ル・メリディアン Bクラス/サバ・オリエンタル、シャングリラ・ダウンタウン、プロムナード、ガヤ・センター

● 利用予定航空会社:マレーシア航空
※往復とも成田 ─ コタキナバル間の直行便を利用します。
※お得な日本各地発着国内線特別プラン ※詳しくはお問い合わせください。
大阪・名古屋・福岡・札幌╱東京間往復…10,000円
※行動範囲:約1,866m~約4,095m。最高宿泊地約3,300m。高山病の影響ややあり。
※登山:現地ガイドが同行。荷物はポーターが山小屋まで1人5kgまで運搬。
※4名様から催行確約:最少催行人数の10名様に満たない場合でも、同料金で4名様からツアーを実施いたします。その場合は、日本からツアーリーダー(添乗員)は同行しませんが、コタキナバル到着からコタキナバル出発まで現地日本語ガイドが同行いたします。

お問い合わせ

アルパインツアーサービス株式会社

アルパインツアーサービス株式会社

0120-938-290(山旅・専用フリーコール)
03-3503-0223(国内ツアー)

月~金 9:30~18:30
「ヤマケイ・オンラインを見ました」(コースコード:FKSP)と お伝えいただくとスムーズです。 
会社名 アルパインツアーサービス株式会社
会社住所 〒105-0004 東京都港区新橋3-2-5 第5東洋海事ビル4階
旅行業番号 観光庁長官登録旅行業490号
プライバシーポリシー http://www.alpine-tour.com/privacypolicy/privacypolicy.html
旅行条件書 http://www.alpine-tour.com/covenant/covenant.pdf

他の出発日をチェック

19年11月28日(木)関東 発 ・アルパインツアーサービス株式会社
東京発着直行便利用で行く マレーシア最高峰Mt.キナバル登頂 5日間
20年01月09日(木)関東 発 ・アルパインツアーサービス株式会社
東京発着直行便利用で行く マレーシア最高峰Mt.キナバル登頂 5日間
20年03月05日(木)関東 発 ・アルパインツアーサービス株式会社
東京発着直行便利用で行く マレーシア最高峰Mt.キナバル登頂 5日間
20年04月16日(木)関東 発 ・アルパインツアーサービス株式会社
東京発着直行便利用で行く マレーシア最高峰Mt.キナバル登頂 5日間

同じ出発日のツアーをチェック

19年10月03日(木)関東 発 ・アルパインツアーサービス株式会社
紅葉のキラニー州立公園とアルゴンキン満喫ハイキング 8日間
19年10月03日(木)近畿 発 ・朝日旅行
内炭孝夫ガイドのアルプス塾会津駒ヶ岳・燧ヶ岳・至仏山【レベル5】
19年10月03日(木)関東 発 ・朝日旅行
小安峡温泉とゆったり紅葉の栗駒山(レベル2~3)
19年10月03日(木)関東 発 ・アルパインツアーサービス株式会社
スイス・アルプスと秋の味覚・満喫ハイキング 10日間

類似ツアーをチェック

19年10月28日(月)関東 発 ・アルパインツアーサービス株式会社
Mt.キナバルゆったり登頂と南の島の休日 6日間

[ ▲ページトップに戻る ]