このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
緊急提言! この酷暑の山から身を守るために、知っとくべきこと、ふだんの生活からできること
最近の夏の暑さは厳しい。標高の高い山に行けば少しは涼めると思いきや、やっぱり暑いのは変わらない。この暑さの中で山を登り切るために、知っておくべき知識と、生活習慣について緊急提言!
この夏こそ岩稜ルートへ! の前に覚えておこう。岩稜歩きの2大リスクを確認しよう
登山者の憧れ、北アルプスの岩稜ルートでは、技術的にも体力的にも難易度は一気に高まる。そこで、今回は岩稜歩きの2大リスクについて確認しておこう。
いつでも元気に登山できる身体を目指す! 登山ボディをリセット&メンテナンスしていきましょう。
いつまでも元気で登山を続けるために必要な登山ボディを、管理栄養士・健康運動指導士・登山ガイドの資格を持つ「いきいき登山ガイド・ヤッホー!!さん」こと芳須勲さんが指南します!
信頼できる「山仲間」を作るには? 山岳会への入会は?
本格的な登山をするには、どうしても信頼できる「山仲間」が必要になってきます。では、信頼できる「山仲間」は、どう作ったら良いでしょうか。現在の山岳会の状況をふまえて、山岳ガイドの山田哲也さんにアドバイスをもらいました。
登山にはモバイルバッテリーは必携! お守りがわりに持って行けば、万が一の時に安心
登山アプリに頼れば頼るほど、登山中のスマートフォンのバッテリー切れは一大事となる。そのためにも、今や登山者にとってモバイルバッテリーは必須装備だ。
スマートフォンのバッテリー問題を知れば、登山中も電池残量を気にせず安心してスマホを使えます
スマートフォン+登山アプリがあれば登山の強い味方となることを、これまで説明してきたが、それはバッテリーがあってこそだ。そこで今回はスマートフォンの消費電力と、バッテリー対策について説明する。
上手な水分摂取が、安全登山のカギ! 飲み方、摂取量、タイミングなど、熱中症にならない水分補給法
夏山で特に注意が必要なのが「熱中症」や「脱水症状」。山は平地以上に熱中症のリスクが高い場所。水分の取り方をはじめ、摂取量、水を飲むタイミングや予防策など、登山中の水の取り方について指南。
梅雨時期は特にヤマビルの被害の多い時期。知っておこう! 山でのヒル対策、撃退法。
特に梅雨時期は、ヤマビルが活発に活動する時期。山岳ガイドの上村博道さんが教える対策方法を参考に、山でのヒルの被害を減らしてほしい。
山小屋に泊まりたい! 泊まる前に知っておくべきこと・やるべきこと。山岳ガイドに教わる“登山 はじめの一歩”(4)
山小屋には5人くらい入れば一杯になってしまう避難小屋から、1000人が宿泊できるホテルのような山荘まで。山小屋と言っても、規模、設備、ルール―などはさまざま。これから山小屋泊まりの登山をされる方へ向けて、ズバリ山小屋って、どんな所かを解説。
トラックログ/GPXファイルの便利な活用方法。ナビゲーション、ネット活用、登山の振り返りが思いのままに!
取得したログやインターネット上に公開されているGPXファイルを利用して、登山アプリをさらに便利に使う方法を指南。しっかりマスターして道迷いのリスクを激減させよう。
万が一、道に迷ってしまったら。その時の行動と、ビバークする決断のタイミング。
登山愛好者として身につけておきたい知識、技術を教えてもらう「大人のワンゲル部」。今回は、ワンゲル部部長で山岳ガイド太田昭彦さんに、山で道に迷ってしまった時の行動について教えてもらう。
夏山シーズン前に、体力チェック! マイペース登高能力テストと山のグレーディング表で適した山に行こう
登山の基本は、やはり体力。しっかり長時間歩く力があってこそ、難易度の高い山にトライできるもの。夏山を前にして、今一度自分の「登高能力」を確認し、体力に適した山を「山のグレーディング」から探して欲しい。
モンチュラのウェア、シューズで登る八ヶ岳・北横岳。千穂さんおすすめアイテムを紹介!
山岳ライター・編集者・ガイドとしてマルチに活躍する小林千穂さん。もともとのモンチュラ(MONTURA)好きが高じてモンチュラのサポートを受けている彼女から、おすすめのウェア、シューズについて聞いてみた。
advertorial
ゴールデンウィークに、北アルプスで吹雪となった理由を考える。気象予報士から教わる山の天気(1)
登山愛好者として身につけておきたい知識、技術を教えてもらう「大人のワンゲル部」。今回は、気象予報士の資格をもつ山岳ガイド上村博道さんに山の天気について教えてもらう。
「歩行時間」「総距離」「累積標高差」から算出される指標『コース定数』で、登山コースの体力的難度を把握しよう
登山計画を行う際の難易度の目安として、「コースタイム」「標高差」「難所の有無」などさまざまな要因が考えられる。その1つの指標として、「コース定数」を取り入れてみてはいかがだろうか?
初心者が楽しめる山の選び方の目安。山岳ガイドに教わる“登山 はじめの一歩”(2)
丹沢、大菩薩、奥多摩。首都圏近郊にも初心者が楽しめる山々が沢山あることがわかりました。今回は、初心者が楽しめる山の選び方の目安を教わります。
山を歩いた自分のGPSログの軌跡「トラックログ」を取得しておけば、あとで色々便利に使える!
スマートフォンのGPS機能と登山用GPSアプリを使って、自分が歩いた軌跡「トラックログ」を取得する方法を学ぼう! 一歩上のスマホ&登山アプリ徹底使いこなし術。
東京から行ける魅力的な山々。山岳ガイドに教わる“登山 はじめの一歩”(1)
背景に相模湾を、行く手には富士山を臨む丹沢。甲府盆地を眼下に銀屏風の南アルプスを眺める大菩薩。澄んだ渓谷美と森の美しさが残る奥多摩。東京から行ける魅力的な山々の話を聞きました。
読図にも役立つ! マーカー機能を使って、登山中のナビゲーションを実現しよう
今回は、登山アプリ「ジグラフィカ」の『マーカー』機能を利用して、登山中のナビゲーションを実現する方法を説明する。
≪ 前の20件 次の20件 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2018年8月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
GORE-TEXレインウェアは洗うべき?
GORE-TEXレインウェアは洗うべき? 「雨の山を楽しむ」最終回は、GORE-TEXレインウェアのお手入れ方法について。山で困らないために、メンテナンスはしっか...
NEW 花を愛で滝をめぐる 北秋田森吉山 花三昧紀行
花を愛で滝をめぐる 北秋田森吉山 花三昧紀行 北秋田・森吉山のモニターレポートを公開! 最盛期のお花畑は想像以上! マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅
NEW 再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語
再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語 登山者なら憧れる、山の麓に住む暮らし。長野県大町市へ移住した2つの物語を再掲載。移住説明会、現地体験会も開催!
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 今年も開催! 夏の大アンケートにご協力を
今年も開催! 夏の大アンケートにご協力を 毎夏恒例「ヤマケイオンラインブランドイメージ&勾配動向調査(YOLBIS)」を開催中。抽選で豪華プレゼントもあります! ...
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
NEW 女性ガイド渡辺佐智さんに聞く コンディショニング
女性ガイド渡辺佐智さんに聞く コンディショニング 女性登山者に必須のブラ、タイツなどのアイテムと、リカバリー、コンディショニングについて渡辺佐智さんに伺いました
NEW 最新テントをチェック! 高橋庄太郎の山MONO語り
最新テントをチェック! 高橋庄太郎の山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんによるモノ連載。今月はビッグアグネスの最新の軽量テント。軽さの追求だけでなく、快適性も◎
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう 笠・双六・槍・西穂・乗鞍の山々は、温泉、山麓観光も充実した飛騨側から! ライター小林千穂さんのおすすめも掲載!
遭難→早期発見へ! 会員制捜索ヘリサービス
遭難→早期発見へ! 会員制捜索ヘリサービス 万が一、遭難して動けなくても、発信する電波で位置を特定できる捜索ヘリサービス“ココヘリ”。早期発見事例も! 詳細はこちら
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。