このエントリーをはてなブックマークに追加
道具・装備
秋を迎えた北海道・十勝岳で、超軽量4シーズン対応テント「ゼログラム/エル・チャルテン2P」を試す! 
山岳・アウトドアライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回試したモノは、超軽量のテント「ゼログラム/エル・チャルテン2P」。9月の北海道・十勝岳、夜には雨も降り、テントのテストにはもってこいの環境。果たしてその評価は?
登山靴のプロに聞く! 長く使うための登山靴の修理のタイミングとメンテナンスの知識
安全な登山楽しむときに欠かせない登山靴。歩きを支えてくれる重要なパートナーだからこそ日頃のケアも万全にしたい。そこで、Mt.石井スポーツ登山靴技術研究所の中真人工場長に、修理やメンテナンスについて教えてもらった。
初心者でも失敗しない! 登山靴の選び方のキホン
登山をはじめてみたい人にとって、ハードルになることはいくつかある。その一つが登山靴の選び方だろう。でこぼこしていたり、岩でゴツゴツしていたりする登山道を安全に歩くために必要な靴とは、どんなものか。
軽い着心地で透湿性が高いと評判のレインウェアを、雨の岩菅山でテスト
軽い着心地で透湿性が高いと評判のレインウェア、ミレーのレインウェア「ティフォン50000ストレッチジャケット」。高橋庄太郎氏は、雨の日を狙って何度かトライし、防水性、透湿性、着心地などをチェックした。
レインウェアの常識をくつがえす 透湿性と着心地。ミレー「ティフォン50000ウォーム ストレッチジャケット」
透湿性の高さと着心地のよさで大きな話題を呼んだ、ミレーのティフォン5‌0‌0‌0‌0に、保温力を強化したウォームモデルが登場。裏地に起毛トリコットを採用し、空気を含む層をウェア内にキープすることで、保温力が大いにアップ。
advertorial
アプローチから登頂まで一着で対応、通気性に優れた中綿ジャケット。コロンビア「サンタフェパークフーディー」
朝夕は寒さが厳しくなる秋山では、防寒着選びが悩みのタネだ。フリースでもなくダウンでもないチョイス、それがコロンビアのサンタフェパークフーディー。行動中も休憩中も、すべてに対応できる。
advertorial
着ると実感できる、 最強の汗冷え対策ウェア。ファイントラック「スキンメッシュ」
秋の山は寒暖差が激しいのでウェア選びは重要。特に汗をかいてベースレイヤーが濡れてしまうと低体温症のリスク高まる。肌をドライにキープして濡れ冷えから体を守ってくれるのがファイントラック「スキンメッシュ」。
advertorial
ランニングシューズブランドの意欲的なミッドカットモデルを、朝日連峰・以東岳でテスト
山岳・アウトドアライター高橋庄太郎さんが、今、気になるギアを実際の山で試す連載「山MONO語り」。今回は、トレランモデルをベースに、特徴的な分厚いミッドソールを持つミッドカッドシューズを、朝日連峰の以東岳で使ってレポートします
実はよくある登山靴のトラブル。登山ガイドに教わる、靴底剥がれの対処法&役立つグッズ
山の中で登山靴のソールが剥がれてしまった時の対処法は? 上村ガイドの実体験から学んだ知恵は「テーピングによる補修」だった。その経験談と巻き方を伝授する。
今年も開催、ブランドイメージ&購買動向調査。2017年の調査結果ダイジェストから見えてくるもの
ヤマケイオンライン夏の定例の大規模調査、「ブランドイメージ&登山用具購買動向調査」の季節がやってきた。早速アンケートに回答いただく前に、2017年度の調査結果と、2018年度の狙いについて説明する。
萩原編集長が選んだ登山装備と、『山塾』から学ぶ「安全登山の今」
NHK「実践! にっぽん百名山」で“萩原編集長”の愛称でおなじみの萩原浩司さん。編集者として活躍するかたわら、未踏峰アウトライアー東峰の初登頂を果たすなど、幅広く活動する。そんな編集長の、思い入れのある道具や自著『萩原編集長の山塾』について聞いた。
軽さと快適さを両立させたテントを、伝説の池の畔で試す ビッグアグネス/タイガーウォールUL2 EX
ULのテント、ビッグアグネス「タイガーウォールUL2 EX」を持って、東北・大朝日岳連峰へ向かった高橋庄太郎氏。ULらしい軽さと、ULらしからぬ快適性の実力を確認した。
涸沢から北穂高岳・東稜を登るなら…。『山と溪谷』編集部・阪辻さんが選んだ装備
北アルプスのバリエーションルート、北穂高岳・東稜に登る想定で、装備を選ぶとしたら? 『山と溪谷』編集部の阪辻さんが選んだ装備と、その理由に着目した。
『ワンダーフォーゲル』編集長・五十嵐さんが選ぶ、北アルプス/宿泊想定のULハイキング装備
山をフィールドにした様々な遊び方を提案する雑誌『ワンダーフォーゲル』。その創刊から編集部に在籍し、現在編集長を務める五十嵐センパイに、北アルプスで宿泊を伴う登山を想定し、装備を選んでもらった。
山スキー、トレイルランに行くなら、ヤマケイ編集部員はこの山道具を持っていく!
山と溪谷社が刊行する、山スキーの専門誌『山とスキー』と、トレイルランの専門誌『マウンテンスポーツマガジントレイルラン』。その編集者は実際にどのような用具を使用しているのか? 編集部員の久田一樹さんに、自身が使っているギアを紹介してもらった。山スキーは6月に涸沢カールを滑降することを考えてチョイス。トレイルランは7月に2000メートルくらいまでの山を走ることを想定して選んでもらった。
ひと言でいえば「ひと通りの機能が揃ったオールマイティなザック」。山岳ガイド澤田実さんに聞く、グレゴリーのバックパック「パラゴン」の実力
山岳ガイドとして活躍する澤田実さん。ご自身の経験を元に、グレゴリーのバックパック「パラゴン」の使い勝手について教えてもらいました。
advertorial
夏山シーズン目前! 岩稜帯にも対応するライトアルパインブーツを、残雪の焼岳でインプレ
山岳・アウトドアライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回は、まだ雪の残る焼岳でザンバランのライトアルパイン系ブーツ「バルトロGT」を履いてみた。果たしてその実力は…。
ライター根津貴央さんに聞いた、パタゴニアの最新ハイキングパンツの魅力
「ロングハイキング」の楽しみ方を、様々なメディアで発表しているライターの根津貴央さん。
独自の用具観を持つ根津さんに、今季のパタゴニアのハイキングパンツについて、その魅力を伺った。
advertorial
意外とかさばる食料、軽量化する場合の選択とは? テント泊登山の軽量化の秘訣を山岳マラソンに学ぶ
1泊2日のテント泊登山で、日帰り登山と同様に軽快に歩きたい! 登山装備を軽量化/コンパクト化を目指すための食料計画とは? 山岳マラソン直伝のテクニックで、どこまで軽量化できるか、この夏こそ挑戦してみよう!
≪ 前の20件 次の20件 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2018年11月13日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
NEW 着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」
着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」 マーモットから発売の「ウールラップ」。独自構造の中綿で行動中も快適ゾーンへ。ペイバックキャンペーンも実施中!
NEW 超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト
超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。今回は「ゼログラム」の軽量4シーズンテントを北海道・十勝岳の野営場でチェック!
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 登山とカメラに関するアンケート
登山とカメラに関するアンケート 山に行って写真を取るは、ごく普通の行為ですが、どんなカメラで、何を、何のために、どんな方法で撮っていますか?
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ―― 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!