このエントリーをはてなブックマークに追加
登山技術
子供の「登山靴」選びは何を基準にすればいい? 4歳の娘と富士登山に行ってわかったこと・感じたこと
子供は何歳から登山できるのだろうか? 「いきいき登山ガイド・ヤッホー!! さん」こと芳須勲ガイドが、この夏、4歳の娘と富士登山に挑戦。経験談から子供との登山を考える。今回は、子供の登山靴選びと装備の工夫について言及する。
子供は何歳から富士山に登れる? 4歳の娘と富士登山に行ってわかったこと・感じたこと
子供は何歳から登山できるのだろう。例えば、日本一の富士山なら――。「いきいき登山ガイド・ヤッホー!! さん」こと芳須勲ガイドが、4歳の娘と挑んだ富士登山で見えてきた、子供との登山を解説。
なんとなく腰や膝に不安という登山者必見! 「おしり歩き」で骨盤回りの動きをスムーズにして歪みを解消
次の登山までにやっておきたい「登山ボディのリセット&メンテナンス術」。腰・膝が何か調子が悪いという人は、骨盤回りの歪みを解消させる「おしり歩き」が効果的です。
登山における判断能力とは? リスクとハザードの認識と自分の能力を知り、的確な登山行動を!
遭難事故のニュースが絶えない夏山シーズン、その原因はどんなところにあるのか? 登山中の安全を確保するために必要な「判断能力」について今回は説明する。
夏山シーズン前に、体力チェック! マイペース登高能力テストと山のグレーディング表で適した山に行こう
登山の基本は、やはり体力。しっかり長時間歩く力があってこそ、難易度の高い山にトライできるもの。夏山を前にして、今一度自分の「登高能力」を確認し、体力に適した山を「山のグレーディング」から探して欲しい。
“地図読み”の基本、等高線の読み方を知ろう! 地図読み(1)
岩、沢、雪とオールラウンドに登山を楽しみ、登山教室「歩きにすと倶楽部」を主宰する太田昭彦ガイドの「大人のワンゲル部」シリーズがスタート。本シリーズでは、登山愛好者として身につけておきたい知識、技術を教えてもらう。第一回目のテーマは“地図読みにおける等高線の読み方”。地図読みのベースとなる知識なので、しっかり記憶してほしい。
「リード」を安全に楽しむために心がけてほしい3つのポイント
「クライミング競技」の中で最も馴染みのあるのはボルダリングだが、登山者であればぜひ「リード」にトライして欲しい。今回はリードにトライする際の基礎的な注意点について説明する。
雪山の行って良い場所、悪い場所。山の選び方。 山岳ガイドに教わる“雪山登山 入門のススメ”(6)
道具やウェアを揃えたら、次に悩むのは山選び。どの雪山からはじめたら良いでしょうか? 本記事では、関東に住んでいることを前提に具体的な山域名をあげて紹介しています。遠方の方も雪山の危険な場所や、ステップアップの考え方など参考にしてください。
【動画あり】使い方を誤れば、カラビナは簡単に壊れる
バリエーションルートや難易度の高い登山では、高い水準のロープ技術が求められる場合がある。危険がつきものの上級者向けの登山を、少しでも安全に行うことはできないだろうか。そこでロープワークのプロフェッショナル「特殊高所技術」山口氏から、安全登山のヒントを紹介してもらった。前回に引き続き、カラビナの強度について説明する。
雪山装備を一式用意したい。できれば安く! 山岳ガイドに教わる“雪山登山 入門のススメ”(5)
雪山をはじめるための装備を一式揃えるには、やはり出費がかさみます。ギアは代用品がきかないので妥協せずに目的に合った製品を購入することをお勧めしますが、ウエア類はなるべく安く揃えられたら雪山がはじめやすいでしょう。
登山レベルのステップアップのために―― マイペース登高能力テストで登山体力をチェックしよう
冬を迎え、登山は一休みという人も多いと思うが、新年は来シーズンに向けて登山レベルをアップしてみてはいかがだろうか?
雪山登山をお勧めしないタイプの人っているの!? 山岳ガイドに教わる“雪山登山 入門のススメ”(4)
向き不向きを気にすることはありますか? 普段は気にしていなくても、それが危険のともなうアクティビティ“雪山登山”であれば考えてみてもいいかもしれません。そこからみえる安全雪山登山とは?
雪山の単独行って? 仲間の存在って? 山岳ガイドに教わる“雪山登山 入門のススメ”(3)
雪山登山をはじめるにあたって気になることのひとつに、パートナーや仲間探しがあります。身近に雪山をやっている人がいれば一緒に行くところからはじめることを勧めますが、いない場合は単独ではじめますか? 仲間がいても、初心者レベルのパーティーだとどうでしょうか?
登山の中にある危険を、安全なものに変えてみませんか? そのヒントをロープの達人が紹介します
バリエーションルートや難易度の高い登山では、高い水準のロープ技術が求められる場合がある。危険がつきものの上級者向けの登山を、少しでも安全に行うことはできないか。ロープワークのプロフェッショナル「特殊高所技術」山口氏から、安全登山のヒントを紹介していただこうと思う。今回は第1回目ということで、まずは「特殊高所技術」がどんな仕事をしているのかを教えてもらった。
登山中の歩く速さ、どのくらいが適切? 歩行ペースの見極め方
登山中の歩くペースについて、「一定のペースで、ふだんよりゆっくり」と言われるが、この感覚的な表現を実践するのはなかなか難しいもの。とくにパーティ登山では他のメンバーのことも考えて歩かなければならないわけだが・・・。
山を安全に歩くために必要な「バランス力」と「脚筋力」を確認して鍛えよう!
安全に登山を行うには、十分な体力・筋力が必要となるのは言うまでもない。ところで、登山に必要な筋力についてご存じ? 登山道を歩くために特に重要とされる「バランス力」と「脚筋力」について確認して、安全登山につなげよう。
登山パーティの並び順、リーダーは先頭か最後尾か、 決まりはある?
パーティで登山すれば、細い山道では当然1列になって歩くことになる。このときの歩く順番は、一般的にはどう決めるのだろう。先頭と最後尾、どちらがリーダーが担うべきなのだろうか?
「勝った・負けた」に一喜一憂しない! コースタイムについて考えてみよう
登山地図や登山口の案内板などに記載されているコースタイム。この時間より早く歩けると何か嬉しい、遅れると悔しい――。そんな経験、登山者なら誰もがしていると思われるが、そもそもコースタイムって何だろう?
「読図の超基本的知識」を知った上で、フィールドで実践! この秋は読図力をアップしよう
遭難しないために読図技術が重要ということは、登山者の誰もが知っている一方で、地図読みが苦手という声は多い。初心者が読図力をつけるためのステップアップのポイントを挙げる。
≪ 前の20件 次の20件 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年12月11日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽登山靴に合う登山用靴下の選び方とは?
軽登山靴に合う登山用靴下の選び方とは? 「山の道具研究者所 アウトドアソックス編」をリニューアル! 今回は登山スタイルに合わせた靴下の選び方を特集します。第一弾...
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す
細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。北海道・十勝岳で、凝った作りの寝袋、ニーモの「ラムジー15」をチェック!
NEW 年末年始は山小屋で過ごしませんか?
年末年始は山小屋で過ごしませんか? 冬季・年末年始の山小屋営業情報をピックアップ! 年末年始を年越しで過ごしたい登山者のみなさま、ぜひご活用ください!
NEW 2017年の年越しを山小屋で過ごしました
2017年の年越しを山小屋で過ごしました ライターの小野泰子さんが山小屋の年越しイベントを初体験! 年末年始の赤岳鉱泉と行者小屋の模様をレポートしました。
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ―― 紅葉シーズンは残り僅か。秋を堪能した人は、その美しい山の情景を紅葉写真コンテストにご応募ください!
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!
雪山の学び場、八ヶ岳へ
雪山の学び場、八ヶ岳へ バラエティに富んだコース、アルペンムード漂う山々、そして営業小屋。雪山を学ぶなら八ヶ岳がオススメだ。