このエントリーをはてなブックマークに追加
登山技術
登山中の歩く速さ、どのくらいが適切? 歩行ペースの見極め方
登山中の歩くペースについて、「一定のペースで、ふだんよりゆっくり」と言われるが、この感覚的な表現を実践するのはなかなか難しいもの。とくにパーティ登山では他のメンバーのことも考えて歩かなければならないわけだが・・・。
山を安全に歩くために必要な「バランス力」と「脚筋力」を確認して鍛えよう!
安全に登山を行うには、十分な体力・筋力が必要となるのは言うまでもない。ところで、登山に必要な筋力についてご存じ? 登山道を歩くために特に重要とされる「バランス力」と「脚筋力」について確認して、安全登山につなげよう。
登山パーティの並び順、リーダーは先頭か最後尾か、 決まりはある?
パーティで登山すれば、細い山道では当然1列になって歩くことになる。このときの歩く順番は、一般的にはどう決めるのだろう。先頭と最後尾、どちらがリーダーが担うべきなのだろうか?
「勝った・負けた」に一喜一憂しない! コースタイムについて考えてみよう
登山地図や登山口の案内板などに記載されているコースタイム。この時間より早く歩けると何か嬉しい、遅れると悔しい――。そんな経験、登山者なら誰もがしていると思われるが、そもそもコースタイムって何だろう?
「読図の超基本的知識」を知った上で、フィールドで実践! この秋は読図力をアップしよう
遭難しないために読図技術が重要ということは、登山者の誰もが知っている一方で、地図読みが苦手という声は多い。初心者が読図力をつけるためのステップアップのポイントを挙げる。
最近人気のボルダリング、登山のトレーニングにもなるってホント!?
数年前からブームになっているボルダリング。2020年の東京オリンピックでは「スポーツクライミング」として正式種目に採用されますます注目を集めそう。でも、登山とは縁遠いものと感じている人も多いのでは?
登山地図アプリの使い方を知っていれば、道迷いは激減するかも?
登山にスマホの地図アプリを使う人が増えている。一方で、紙地図にこだわる人や、スマホに対して懐疑的なスタンスをとる人もいる。紙地図派、地図アプリ派、あなたはどっち?
落石を起こさないために、登山道の観察と歩き方の注意を!
登山中の落石事故に遭わないようにするのはもちろんですが、「起こさないようにする」ことにも注意を払わなければいけません。うっかり落としてしまったでは済まない、大事故を起こさないために、注意すべきこととは?

安全登山に欠かせない「現在地確認」、思い込み・勘違いに注意!
山岳遭難事故の原因の中でも、最も多いと言われているのが「道迷い遭難」。無意識にルートを外れ、気がついたら自分の現在地が確認できなくなった。そうなる原因と、ならないために必要なことを考察してみよう。
マメ・靴ずれはトコトン対策! 登山前・中に出来ること
登山中の足に関するトラブルはさまざまですが、見逃しやすい問題の1つが「靴ずれ・マメ」。出来てしまうと歩くこともままならず、そのツラさは味わったことのある人しかわからない。この対策法は「ならないようにする」のが最も大切となりますが・・・。
避難小屋に泊まって登山したい場合の、ポイントと注意点
登山地図を開くと見かける「避難小屋」。実際に小屋を覗くと、清潔で立派なものもあれば、年季の入った小粒なものもある。これらの小屋を利用して、登山をするときの注意点は?
鎖場、岩場が怖い! 苦手な人が取るべき行動とは?
峻険な岩稜が続く夏のアルプスを縦走するとなると、岩場・鎖場を通過する技術は必須です。足元が切れ落ちた岩場は、誰でも恐怖心を抱くものですが、この恐怖心を克服するには、どうすれば良いのでしょうか?
雪山、困ったり悩んだり(11)たくさん山に行こう~すべての経験は次の山行への糧となる
わけもわからず雪の赤岳を目指して手痛い目に遭って、山頂に立てたのはその2年後。それから何度も、いろいろなルートから、いろいろなパートナーと赤岳に登りました。積雪や天候で山は劇的に姿を変え、そのたびに私は歩き方、過ごし方を赤岳から学んできたのだと思います。
雪山、困ったり悩んだり(10)天気予報のチェックポイントは? 雪山の天候判断を考えてみるPART2
前回に引き続き、気象予報士の猪熊隆之さんに山の天候判断について解説していただきました。
雪山、困ったり悩んだり(9)行ける?行けない? 雪山の天候判断を考えてみるPART1
もう10年以上前、当時流行り始めていたネット登山のオフ会で、2月に箱根・金時山に登った。
天気予報は曇り。東京は青空、バスからは富士山もキレイに見えていたのに、登山口に近づくにつれて雲が厚みをおびてきた。乙女峠バス停に着いたら空は黒っぽい雲に覆われ、ちらちらと白い雪が舞っている。
雪山、困ったり悩んだり(8)真冬の八ヶ岳へ ~ レベルに合った山を楽しむ
雪山登山では標高や気象条件、積雪量などによって山の難易度は大きく異なります。そのため、「自分の登山レベル」に合った山を選ぶことが重要。雪山初心者であれば、難易度の低い山からスタートし、技術と経験を重ねながら難しい山にトライしていきましょう。
雪山、困ったり悩んだり(7)真冬の八ヶ岳へ~雪山登山の技術はどう学ぶ?
初めての雪山登山に備えて、アイゼンやピッケルを購入! さあ、雪山へGO!! ...ちょっと待って下さい。そのアイゼン、靴に正しく装着できますか? 雪山登山を始めようと思うまでは見たこともなかった道具。持っているだけでは、残念ながら「猫に小判」のようなものです。
雪山、困ったり悩んだり(6)真冬の八ヶ岳へ ~ 冬山登山専用の服装・装備を揃える
山梨県と長野県の境に位置する八ヶ岳連峰。標高2899mの赤岳を主峰として、南北に連なっています。岩稜が続く南八ヶ岳と、原生林に覆われた北八ヶ岳に大別できます。通年営業の山小屋が点在し、アクセスも良く、冬でも多くの登山者が訪れるエリアです。
雪山、困ったり悩んだり(5)「寒さ」というリスクを考える
2006年10月の3連休、山仲間と総勢3名、室堂から剱岳を目指した。

天候は朝から雨。とはいえ今日は剱沢のテン場まで。歩行時間は4時間、そのうち辛い登りは2時間だけ、今日は早めに着いて入山祝いだ。調子にのって室堂で、地酒やらますのすしやら大量に買い込んだ。
≪ 前の20件 次の20件 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2017年12月13日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中!
生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中! 抜群のタフさとクッショ性が特長のソックスブランド「ダーン タフ」など登山用ソックスを大特集!
NEW 3種の生地を使い分けた最強の行動保温着
3種の生地を使い分けた最強の行動保温着 保温性と通気性に、快適性までプラスした最強の行動保温「エイサームフーデッドジャケット」をワンゲル編集部がチェック!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
NEW メリノウール製ミッドレイヤーをテスト
メリノウール製ミッドレイヤーをテスト 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は、アイスブレーカーのミッドレイヤーを晩秋の奥秩父でテスト
NEW 遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート
遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート 日本大学工学部の嶌田研究室と共同でアンケートを行っています。安全登山の研究のために、ぜひご協力ください!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
紅葉は山を下り、街でも色づく季節
紅葉は山を下り、街でも色づく季節 紅葉シーズンも最終盤。どんな秋の山を楽しみましたか? みなさんの秋の報告をご覧ください。
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報