このエントリーをはてなブックマークに追加
たしなみ
節分に咲くのか? セツブンソウの不思議
節分の頃に咲くから「セツブンソウ」と名がついたというのは本当だろうか? 例えば埼玉県・秩父の自生地で咲くのは3月に入ってからで、節分はだいぶ過ぎている時期に思うのだが――。
「伊豆ヶ岳の帰りはここに寄らないとね」浅見茶屋(埼玉県飯能市)
今回は、奥武蔵にある老舗の食事処「浅見茶屋」、風情ある古民家の茶屋で出す、丁寧に生地を練り上げたうどんは、大絶品!
ライチョウの雛は母親の糞を食べる!? 雷鳥保護を前進させる大きな発見
丸みをおびた愛らしい体が人気の鳥、ライチョウ。高山帯にのみ生息、特別天然記念物、絶滅の危機に瀕している、などは登山愛好者にはよく知られるが、今回はその生態に迫る。
『生き残った人の7つの習慣』への想い――、トップクライマーが実践する企業経営に活きる究極の危機管理術
14座ある「8000メートル峰の無酸素登頂」に挑みつづけるプロクライマーの小西浩文氏。事故に巻き込まれながら「生還」して理由を、7つの言葉に集約。トップクライマーが実践する、企業経営に活きる究極の危機管理術を伝える。
三浦半島の山と三崎のまぐろ料理(神奈川県三浦市)
登山の帰りに味わいたい、粋な料理を紹介する西野 淑子さんの「下山メシ」。今回は、三浦半島の山と「まぐろ料理」について紹介する。
スマートフォンでも撮れる! 美しい植物写真を残すための3つのコツ
登山中に美しい花に出会い、撮影してみたものの、どうもうまく撮れない。そんな人のために、今回はスマートフォンのカメラで花を美しく撮るためのコツを伝授する。
平成はどんな時代だった? 登山界の30年間を『山と溪谷』で振り返って見えたもの
「平成」の時代は、あと数ヶ月で終わろうとしている。この30年間、世の中ではさまざまなことが起きているが、登山の世界に目を向けると、どんなことが起きているのだろうか?
二千四百年以上の歴史を伝える、新潟県・弥彦山の信仰と伝説
越後平野に三角錐の端正な山容を浮かべる弥彦山。その麓と頂にある彌彦神社は、3つしかない鎮魂祭を行う神社として知られる。その理由は弥彦山に祀られている天香山命の、神武天皇の「神武東征」での活躍から来るものだという。
かわいい顔だが「肉食系」のモズ。「はやにえ」は早口で歌うために欠かせない行動だった!
都市部でもよく姿を見かける野鳥、モズ(百舌鳥)。「はやにえ」と呼ばれる、木の枝などに獲物を刺す行動で知られるが、この行動はなぜ行われているのだろうか? その研究の行方が注目されている。
箱根の登山の帰りは、「ユトリロ」で自分にごほうび:画廊喫茶ユトリロ(神奈川県箱根町)
登山の帰りにちょうどいい、味なお店を紹介する西野 淑子さんの「下山メシ」。今回は、箱根の山へ登った帰りに立ち寄りたい喫茶店「画廊喫茶ユトリロ」について紹介する。
奄美大島の「へんな植物」たち、ユワンツチトリモチ・ヘツカリンドウ
九州のはるか南方海上に浮かぶ奄美大島は、国内では手付かずの大自然が残る場所として知られる。そこに生きる植物たちを確認すると、常識を超える「へんな」ものがたくさん見ることができる。
神々の母イザナミノミコトの墓所の伝承地・比婆山で気付いた、熊野信仰・花の窟神社との繋がり
神々の母であるイザナミノミコトの墓所の伝承地とされる広島県・比婆山。この地に伝わるイザナミの伝承を紐解くと、もうひとつの伝承地である熊野・花の窟神社の伝承そのものであることに気付く。
赤ではなく黄色に紅葉するヒトツバカエデ。心をつかんで離さない、ハート型の大型の葉
カエデの紅葉と聞けば、手のひらのように切れ込んだ形の葉が真っ赤に染まる姿を想像するはずだ。しかしカエデにもさまざまな種類がある。例えばヒトツバカエデの葉はハート型で、色は赤ではなく黄色に紅葉する。
筑波山に登るなら「つ・く・ば」の三拍子揃ったうどんを食すべし
地元産の食材をふんだんに使った、具だくさんの「つくばうどん」。筑波山に登ったら、ぜひ食べたい一品だ。今回の下山メシは、茨城県つくば市のつくばうどんについて紹介する。
「この木なんの木?」尾瀬の景観を四季折々に彩る植物たちを、どんな季節にも楽しむには?
湿原のイメージが大きい尾瀬だが、森や樹木の美しさも随一の場所だ。とくに、新潟県側の玄関口である奥只見郷は尾瀬随一の鮮やかな紅葉が楽しめるのをご存じだろうか?
仕方がないと言っていられない! 伊吹山の現在の姿から考える、シカの食害と鹿柵・駆除
イブキジャコウソウ、イブキトラノオなど「イブキ」を冠した植物がいくつもあるほど、高山植物の宝庫として知られている伊吹山。その伊吹山の植物たちが現在、危機的状況に見舞われているという。
晩夏から初秋の高山を黄色く彩るミヤマアキノキリンソウ、今年は真夏に満開になっていたが・・・
山に秋に差し掛かる頃に花を咲かせるミヤマアキノキロンソウ。秋に咲く花のはずが、今年は8月初旬には咲き始めていた。秋が深まってきて本来咲くべき時期となった今、どうなっているのだろうか?
美しい紅葉に出会うために―。“紅葉の見ごろ”を9月の気温から予測してみよう!
登山愛好者として身につけておきたい知識、技術を教えてもらう「大人のワンゲル部」。今回は、気象予報士の資格をもつ登山ガイドの上村博道さんに“紅葉の見ごろ”を簡単な計算式で予想していた(!)話を伺った。ぜひ参考にして、美しい紅葉に出会う登山をしてほしい。
『生き物としての力を取り戻す50の自然体験』から浮かび上がってきた、自然への興味と輪郭
身近な野あそびから森で生きる50の方法を、33人のスペシャリストが実際に自ら行って説明した書籍『生き物としての力を取り戻す50の自然体験』。その1つひとつを紐解いていくと、ぼんやりとしていた自然への興味・輪郭がくっきりと浮かび上がってくる。
≪ 前の20件 次の20件 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年2月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?