このエントリーをはてなブックマークに追加
たしなみ
桜花のいってきマウンテン~低山おやまぁ発見記~ 『ワンダーフォーゲル』で新連載スタート
山が好きすぎて芸名にもなった、山登り大好き芸人、“ダジャレのスペシャリスト”として名を馳せる、桜花さんの新連載がワンダーフォーゲル6月号からスタート! 初回は栃木県の低山、両崖山&天狗山へ――。
カラフルな大皿に、どーんと肉と野菜炒め! 相模湖駅前で立ち寄ったかどや食堂に満足・満腹
都内からJR中央線に乗ると、高尾駅の次の停車駅が相模湖駅だ。賑やかな高尾駅と比べると垢抜けない雰囲気で、高尾山のような超メジャーな山の入り口ではないが、こんな場所にこそ魅力的な店があるもの。早速散策を開始すると――。
沙羅双樹の花の色は? 野生のサラノキが咲くネパール・ヒマラヤで満開のシャクナゲと共に楽しむ
「沙羅双樹の花の色」という平家物語の冒頭の一節は有名だが、沙羅双樹はどんな木で、どんな花の色か知っているだろうか? 植物探検家の高橋修氏は、沙羅双樹すなわちサラノキ(シャラノキ)を見にネパール・ヒマラヤ山中に向かった。
鋸山で絶景を楽しんだ後は「漁協直営食堂ばんや」で腹いっぱいの幸せを(千葉県鋸南町)
下山を始めると「おいしい魚料理を食べて帰りたい」とスイッチが入る。私の頭に思い浮かぶ店はひとつだけ――。ライター西野 淑子さんの「下山メシ」。16回目は房総半島・鋸山の帰りに寄りたい、保田漁港直営の「漁協直営食堂ばんや」をご紹介。
南アルプスや富士五湖周辺・・・山梨の山に行くと「ほうとう」スイッチが入る
下山後に味わいたい粋な料理を紹介するライター西野 淑子さんの「下山メシ」。15回目は、山梨の山に行った際に食べたい郷土料理「ほうとう」をご紹介する。
大自然と人間を繋ぐ神々への想い ~木曽御嶽山~ 下編
2019年夏――、噴火から約5年、御嶽山山頂への登山が、いよいよ解禁されようとしている。神社や暮らしの中にある信仰を独自に研究する中村真氏が、追悼の想いを込めて御嶽山への登拝の想いを綴る。
下山後は、とっておきのご褒美を。秋川渓谷 瀬音の湯(東京都あきる野市)
今回は下山後に武蔵五日市駅から帰る前に立ち寄りたい食事処と温泉をご紹介。西野 淑子さんの「下山メシ」、14回目は「秋川渓谷 瀬音の湯」。
「山歩きしながらの植物写真撮影」に向いた、オススメのカメラとレンズ
図鑑に載っている写真のように、植物を撮影するのは意外と難しい。うまく撮影するには、やはりカメラ機材にも気を使いたい。今回は、植物写真に向いたカメラについて説明する。
陣馬山の帰りで高尾駅解散なら――、「一言堂」でホッと一息(東京都八王子市)
ほんのり甘いチーズケーキに、きなこクリームをつかった人気ベーカリー、有機野菜の本格派カレーなど誘惑がいっぱい。今回は、高尾駅北口で解散したら立ち寄りたいほっこりカフェ「一言堂」をご紹介。
大自然と人間を繋ぐ神々への想い ~木曽御嶽山~ 上編
山岳信仰の代表的な山として知られる御嶽山は、平成26年9月に突然の噴火により戦後最悪の火山災害の地となった――。まだ往時の活況には程遠いものの、この山が持つ神秘的な魅力は、多くの人々の心を引きつけている。
節分に咲くのか? セツブンソウの不思議
節分の頃に咲くから「セツブンソウ」と名がついたというのは本当だろうか? 例えば埼玉県・秩父の自生地で咲くのは3月に入ってからで、節分はだいぶ過ぎている時期に思うのだが――。
「伊豆ヶ岳の帰りはここに寄らないとね」浅見茶屋(埼玉県飯能市)
今回は、奥武蔵にある老舗の食事処「浅見茶屋」、風情ある古民家の茶屋で出す、丁寧に生地を練り上げたうどんは、大絶品!
ライチョウの雛は母親の糞を食べる!? 雷鳥保護を前進させる大きな発見
丸みをおびた愛らしい体が人気の鳥、ライチョウ。高山帯にのみ生息、特別天然記念物、絶滅の危機に瀕している、などは登山愛好者にはよく知られるが、今回はその生態に迫る。
『生き残った人の7つの習慣』への想い――、トップクライマーが実践する企業経営に活きる究極の危機管理術
14座ある「8000メートル峰の無酸素登頂」に挑みつづけるプロクライマーの小西浩文氏。事故に巻き込まれながら「生還」して理由を、7つの言葉に集約。トップクライマーが実践する、企業経営に活きる究極の危機管理術を伝える。
三浦半島の山と三崎のまぐろ料理(神奈川県三浦市)
登山の帰りに味わいたい、粋な料理を紹介する西野 淑子さんの「下山メシ」。今回は、三浦半島の山と「まぐろ料理」について紹介する。
スマートフォンでも撮れる! 美しい植物写真を残すための3つのコツ
登山中に美しい花に出会い、撮影してみたものの、どうもうまく撮れない。そんな人のために、今回はスマートフォンのカメラで花を美しく撮るためのコツを伝授する。
平成はどんな時代だった? 登山界の30年間を『山と溪谷』で振り返って見えたもの
「平成」の時代は、あと数ヶ月で終わろうとしている。この30年間、世の中ではさまざまなことが起きているが、登山の世界に目を向けると、どんなことが起きているのだろうか?
二千四百年以上の歴史を伝える、新潟県・弥彦山の信仰と伝説
越後平野に三角錐の端正な山容を浮かべる弥彦山。その麓と頂にある彌彦神社は、3つしかない鎮魂祭を行う神社として知られる。その理由は弥彦山に祀られている天香山命の、神武天皇の「神武東征」での活躍から来るものだという。
かわいい顔だが「肉食系」のモズ。「はやにえ」は早口で歌うために欠かせない行動だった!
都市部でもよく姿を見かける野鳥、モズ(百舌鳥)。「はやにえ」と呼ばれる、木の枝などに獲物を刺す行動で知られるが、この行動はなぜ行われているのだろうか? その研究の行方が注目されている。
≪ 前の20件 次の20件 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2019年6月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的! 今回のモニター企画で最後を飾るのは、暑い大野山でも背中の汗が気にならなかったという、O.N.さんのレポートです!
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
NEW 登山中の飲料に関するアンケート
登山中の飲料に関するアンケート みなさんは山で何を飲んでいますか? 飲料に関するアンケートにご協力ください。抽選で5名様にプレゼントあり!