このエントリーをはてなブックマークに追加
その他
バックカントリーに出る場合はスキー場のルールを守り事前準備・確認を 島崎三歩の「山岳通信」 第178号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」第178号では、期間中に起きた遭難事故3件すべてがバックカントリーでの事故だったことに触れ、改めて事前準備の大切さを訴えている。
1 草刈り、雪堀りにずくを出す 里山の日々 【北信州飯山の暮らし】
日本有数の豪雪地域、長野県飯山市へ移住した写真家・星野さん。里から森と山を行き来する日々の暮らしを綴る連載初回
バックカントリーのシーズン到来、改めて注意点の確認を! 島崎三歩の「山岳通信」 第177号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第177号では期間中に起きた遭難事故4件のうち3件がバックカントリースキーだったことに言及、改めてバックカントリーでの注意点について指摘。
登り始める前に確実に安全確認をする習慣を! 島崎三歩の「山岳通信」 第176号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第176号では、アイスクライミング中の転落事故について言及している。
黒斑山に登り、小諸の中棚荘でりんご風呂に浸かる温泉登山
ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第1回は、黒斑山スノーシューハイキング後に向かった、長野県小諸市の中棚荘です。
冬山の稜線での行動はリスクが多く慎重な判断が必要 島崎三歩の「山岳通信」 第175号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第175号では、冬山の稜線で起きた2件の遭難事故について言及している。
まとまった積雪が観測された長野県、一層の慎重な判断を! 島崎三歩の「山岳通信」 第174号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第175号では、長野県内ではまとまった積雪が観測され、より慎重な判断が必要なコンディションとなったことを伝えている。
冬山登山では夏山以上にアクシデントに対応できるような準備を 島崎三歩の「山岳通信」 第173号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2019年12月19日に配信された第173号では、冬山での遭難救助の難しさについて言及し、夏山以上にアクシデントに対応できるような準備をしておくことを促している。
積雪を考慮した余裕のある登山計画を心掛けましょう 島崎三歩の「山岳通信」 第172号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第172号では降雪が観測されて冬山登山となっている山が日毎に増えていることに言及。
外岩でのクライミングはリスクを認識しておこう 島崎三歩の「山岳通信」 第171号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第171号では、ロッククライミング(ボルダリング)中の転落事故が続発したことについて言及している。
山のそばで暮らしたい。イラストレーター・鈴木みきさんに移住について聞いてみた
山ガールブームをけん引した鈴木みきさん。最新刊は登山……ではなく、移住の本。いつか山のそばで暮らしたい、そんな登山者は必読の一冊だ。山梨県北杜市で8年暮らし、現在は札幌に住んでいる鈴木さんに、移住のきっかけや、登山者の移住について聞いた。
秋山の特性を十分に理解した上で入山しましょう 島崎三歩の「山岳通信」 第170号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第170号では、登山道の凍結や積雪に加えてアクセス道路の凍結も始まるこの時期、改めて慎重な行動を促している。
山で何を、どのように飲んでますか? 日帰り登山の飲料に関するアンケート調査
長い時間の運動となる登山では、水分補給は欠かせない。また、休憩中や山頂などで飲むお茶などは、気分を爽快にしてくれる。そんな山での飲料事情について、アンケート調査を行った。
朝晩は冷え込み日没が早くなる時期、十分な装備の携行を! 島崎三歩の「山岳通信」 第169号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」第169号では、日没時間が早くなっているため、日帰り登山でもヘッドランプをはじめ最低限の食料や装備を携行することを促している。
台風被害による登山道の影響を確認のうえ入山を! 島崎三歩の「山岳通信」 第168号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2019年10月17日に配信された第168号では、台風19号の登山道への影響について言及、入山前に登山道の状況確認を行うことを促している。
自己の実力を冷静に見極め、インターネット上の情報は鵜呑みにしないこと 島崎三歩の「山岳通信」 第167号
長野県が山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第167号では、遭難が頻発している槍ヶ岳・北鎌尾根について言及。インターネット上の情報を鵜呑みにして無謀に踏み込むことのないよう注意喚起を行っている。
体調不良や疲労による遭難が増加傾向、十分な体調管理と準備を! 島崎三歩の「山岳通信」 第166号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第166号では、体調不良や疲労による山岳遭難が増えていることに注目。自身の体調について、山に入る前に今一度確認することを促している。
キノコ採りのシーズン到来、必要な5つの心がけ 島崎三歩の「山岳通信」 第165号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2019年9月27日に配信された第165号では、本格的なきのこ採りシーズンに入り、入山前・入山中の心がけについて説明している。
紅葉の見頃を迎える山域では冷え込みの厳しさに注意 島崎三歩の「山岳通信」 第164号
長野県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」第164号では、秋の紅葉シーズンの山の環境について言及、冷え込みの厳しさや日没時間の早さに対する対策を促している。
≪ 前の20件 次の20件 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年2月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?