このエントリーをはてなブックマークに追加
その他
人気の「冬の八ヶ岳」では経験・力量に見合った登山計画を。 島崎三歩の「山岳通信」 第103号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年2月13日に配信された第103号では、この時期に八ヶ岳での遭難事故が増加する傾向について触れ、八ヶ岳のコンディションについて説明している。
「日本3百名山ひと筆書き グレートトラバース3」に挑戦中の田中陽希さん。スタートから約1ヶ月。旅先インタビュー第1弾!
2018年1月1日から、日本三百名山を歩き通す人力旅「日本3百名山ひと筆書き グレートトラバース3」に挑戦中の田中陽希。今、どこでどんな旅をしているのか。田中陽希さんの挑戦を一緒に応援しよう!
バックカントリーの魅力とリスクは表裏一体であることを忘れずに。 島崎三歩の「山岳通信」 第102号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年1月30日に配信された第102号では、1月第3週に起きた2件のバックカントリーによる遭難事例について触れ、魅力以上にリスクも大きいことを説明している。
積雪期は行動中にこまめに現在地を確認するようにしよう。 島崎三歩の「山岳通信」 第101号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年1月23日に配信された第101号では、1月4日~13日に起きた4件の遭難事例について触れ、積雪期の山の注意点について注意喚起を行っている。
配信第100号記念、山岳通信を支える特別鼎談 島崎三歩の「山岳通信」 第100号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年1月23日に配信された第100号では、年末年始の遭難事例に加え、100号記念として新旧の編集長と長野県警察山岳遭難救助隊の特別鼎談を掲載するスペシャルバージョンをお届けする。
冬山登山は夏山以上に様々なリスクが存在することを認識しよう。 島崎三歩の「山岳通信」 第99号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年12月27日に配信された第99号では、雪に包まれた山での遭難事例について触れている。
田中陽希さんが再びビッグチャレンジへ! 2018年元旦「日本3百名山全山ひと筆書き」に旅立つ
2014年に「日本百名山ひと筆書き」、続く2015年に「日本2百名山ひと筆書き」を成し遂げたアドベンチャーレーサーの田中陽希さん。NHK BSプレミアム「グレートトラバース」を通して、多くの人たちに勇気と感動を与えた陽希さんが、2018年1月1日に新たな挑戦の旅へと出発する。
積雪量が増えている高山帯では、緊急時に備えた計画を。 島崎三歩の「山岳通信」 第98号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年12月4日に配信された第98号では、積雪量が増えている高山帯でのの山岳遭難の状況について触れている。
冬季でも入山者の多い八ヶ岳連峰での注意点。 島崎三歩の「山岳通信」 第97号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年11月24日に配信された第97号では、八ヶ岳で起きた遭難について触れ、冬の八ヶ岳の注意点について説明している。
降雪による登山道消失など、山の様相が急激に変化する時期。 島崎三歩の「山岳通信」 第96号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年11月20日に配信された第96号では、3件の遭難について触れ、山の様相の変化が著しい季節となっていることに注意喚起をしている。
標高の高い山では、特に気象に関する予備知識が必要な時期。 島崎三歩の「山岳通信」 第95号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年11月7日に配信された第95号では、10月第4週の遭難事故について掲載。前週に続いて週末に台風が接近したこともあり、遭難事故は2件のみとなった。
標高の高い山域は、まとまった積雪が降る時期です。 島崎三歩の「山岳通信」 第94号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年11月2日に配信された第94号では、北アルプスの主だった山小屋は営業を終了して入山者が減っていることや、週末に台風が接近したこともあり、遭難事故は1件のみとなった。
遭難は突然起きるものではなく事前の兆しがあるもの。 島崎三歩の「山岳通信」 第92・93号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年10月23日に配信された第92・93号では、県内で起きた全22件の遭難について触れ、体調不良や疲労から重大事故が起きている現状について説明している。
安易な気持ちと準備不足が大きな遭難に発展するもの。 島崎三歩の「山岳通信」 第91号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年10月10日に配信された第91号では、県内で起きた全11件の遭難について触れ、謙虚な気持ちで山に向かうように呼びかけている。
キノコ採りは通常の登山よりもはるかに遭難のリスクが高いもの。 島崎三歩の「山岳通信」 第90号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年10月4日に配信された第90号では、県内で起きた全5件の遭難のうち、キノコ採りによる遭難が3件あったことについて触れ、きのこ採りのリスクの高さを指摘している。
キノコ採りの季節、道迷いからの重大事故に注意 島崎三歩の「山岳通信」 第89号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年9月27日に配信された第89号では、県内で起きた全6件の遭難について触れ、キノコ採りシーズンに向けた注意喚起を行っている。
疲労が蓄積される下山時は遭難が多発。下山時は一層の注意が必要! 島崎三歩の「山岳通信」 第88号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年9月22日に配信された第88号では、県内で起きた全10件の遭難について触れ、下山中の疲労による事故について注意喚起している。
日ごろからトレーニングと健康管理で未然に防げる遭難もある! 島崎三歩の「山岳通信」 第86・87号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年9月12日に配信された第85・86号では、県内で起きた全22件の遭難について触れている。うち疾病・転倒・転落・滑落による遭難が多いことについての見解について説明している。
すぐに救助に向かえないケースも考え自分で対処できる力を 島崎三歩の「山岳通信」 第85号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年9月11日に配信された第85号では、県内で起きた9件の遭難について触れている。そのうち槍ヶ岳・北鎌尾根での救助活動について触れ、アドバイスしている。
≪ 前の20件 次の20件 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2018年2月23日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「洗えるビデオカメラ」に高画質4Kモデルが登場!
「洗えるビデオカメラ」に高画質4Kモデルが登場! 【モニタープレゼント企画】防水・防塵・耐衝撃・耐低温が魅力のJVC「エブリオR」に、4K対応モデルのGZ-RY980が登...
NEW 『山と溪谷』誌面連動 歩き方講習会 開催!
『山と溪谷』誌面連動 歩き方講習会 開催! 『山と溪谷』3月号と連動の「膝を痛めない、疲れない歩き方講座」。3月に机上・実践の計3回開催。詳細はこちらから
NEW 雪・氷の登山道でゲイター付きブーツを試す
雪・氷の登山道でゲイター付きブーツを試す 山岳ライター・高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はスカルパのゲイター付きブーツを、長野県・御座山でチェック!
NEW 紅葉写真コンテスト2017 受賞作品発表
紅葉写真コンテスト2017 受賞作品発表 紅葉写真コンテスト2017に沢山のご応募をありがとうございました。361枚の写真から受賞作品が決定!!
NEW 梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
雪がたっぷりな今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪がたっぷりな今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
2018年の干支、犬に関連する山に登ろう!
2018年の干支、犬に関連する山に登ろう! 年が開けるごとに話題となる年号に関する山。今年は干支んお「犬」に注目。犬に関連する山に登る登山計画を今から考えておこう!
雪山入門に適した奥多摩の山々
雪山入門に適した奥多摩の山々 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、雪山デビューに最適。東京に雪が降った日は奥多摩を目指せ!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
雪が降ったあとは高尾山で雪遊び!
雪が降ったあとは高尾山で雪遊び! 都民の憩いの場の高尾山は、冬でも活気に溢れています! 雪が降った後は、雪山登山を楽しめるかも!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報