このエントリーをはてなブックマークに追加

数字が大きければ良い? 雨具の「耐水圧」について

山で必ず役立つ! 登山知識の処方箋
基礎知識 2016年05月31日

登山道具の中には「雨を防ぐ」機能が不可欠なものがいくつかあります。雨具、テント、ツェルト、靴、シュラフカバー、帽子、グローブなど。これらの道具の説明を読んでいるとよく目にする「耐水圧」という言葉。でも意外と正しい意味を知らずに、今までスルーしている方もいるのでは・・・。なんとなく数字が大きければいいのかな? それはそれで間違いではありませんが、今回は耐水圧という言葉の意味をちょっと掘り下げてみたいと思います。

 

耐水圧は試験に基づいた数値

「耐水圧」とは生地に染み込もうとする水圧に対して、どれくらい耐えられるかを数値にしたもので、JIS規格(日本工業規格)に基づいた耐水圧試験によって算出されています。生地の上に1cm四方の筒を置いてその中に水を入れたとき、水が生地の裏側に染み出してきた時の数値が耐水圧です。つまり耐水圧2,000mmは、2,000mm(=200cm=2m)までの高さの水に耐えられたということになります。普通の傘の耐水圧は250mm程度だそうですが、登山用の雨具はいったいどれくらいの耐水圧なのでしょうか?

 

ゴアテックスとその他の防水透湿素材

防水素材と言えばゴアテックスが有名ですが、最近はメーカー独自の防水透湿素材も多く売られています。登山用の雨具の素材による種類は、大きく分けると「ゴアテックス素材」と「それ以外の素材」の二つに区別されることが多いです。

まず皆さんがよくご存知の、すでに愛用されている方も多い「ゴアテックス」素材の耐水圧はと言うと、45,000mm以上という数値。傘と比較すると、相当高い数値ですね。それだけ登山には高い耐水圧が求められているということです。

では次にそれ以外の防水透湿素材について見てみましょう。これはメーカー独自の素材なので、少しばらつきがあるようです。例えばA社では10,000mm、B社では20,000mm、C社では30,000mmなど。これだけ耐水圧が違う理由は、耐水圧以外に何を重視している商品なのかということによります。

耐水圧10,000mmの商品は動きやすさと透湿性を重視したソフトシェルジャケット。耐水圧20,000mmはコストパフォーマンスを重視した雨具。小雨程度ではなく、本格的な雨の中での長時間の着用に耐えられるものを登山用の雨具と規定すると、耐水圧は20,000mm以上という数値が一般的なようです。

これからは商品の耐水圧の数値を見る度に、1cm四方の数メートルの高さの筒に水が入った図が頭にイメージされてしまうかもしれません。耐水圧の数値は、商品を選ぶ際の基準のひとつとして気にしてもらえればいいかと思います。自分はどのような機能を重視した商品が欲しいのかによって、アイテム選びは違ってきますから。

耐水圧だけでなく、透湿性、デザイン、重量、価格などもやはり気になるところです。今年の夏山シーズン開幕まであとわずか。次回は透湿性についてお話ししたいと思います。

教えてくれた人

田口 裕子

フリーランスのライター、編集者。学生時代より登山を始め、登山歴は25年のいわゆる中高年登山者の一人。徒登行山岳会所属。ハイキングから沢登り、アルパインクライミングまで山での遊びは何でも楽しんでしまう自由人。最近はロゲイニングとロングトレイルに夢中。

⇒徒登行山岳会

同じテーマの記事
登山における判断能力とは? リスクとハザードの認識と自分の能力を知り、的確な登山行動を!
遭難事故のニュースが絶えない夏山シーズン、その原因はどんなところにあるのか? 登山中の安全を確保するために必要な「判断能力」について今回は説明する。
上手な水分摂取が、安全登山のカギ! 飲み方、摂取量、タイミングなど、熱中症にならない水分補給法
夏山で特に注意が必要なのが「熱中症」や「脱水症状」。山は平地以上に熱中症のリスクが高い場所。水分の取り方をはじめ、摂取量、水を飲むタイミングや予防策など、登山中の水の取り方について指南。
夏山シーズン前に、体力チェック! マイペース登高能力テストと山のグレーディング表で適した山に行こう
登山の基本は、やはり体力。しっかり長時間歩く力があってこそ、難易度の高い山にトライできるもの。夏山を前にして、今一度自分の「登高能力」を確認し、体力に適した山を「山のグレーディング」から探して欲しい。
山は積雪期から残雪期へ! 春山を安全に楽しむために知っておくべき「気象の変化」と「雪の変化」
標高の高い雪山でも積雪期から残雪期へと変わり、山との距離が縮まる時期。しかし安易な気持ちで近づくと重大事故の元となる。今回は残雪の山での注意点の中から、「気象変化」と「雪の変化」について説明する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2018年9月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドのインソールを試す!
小林千穂さん、オーダーメイドのインソールを試す! 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 秋山PICK UP ITEM! ファイントラック 
秋山PICK UP ITEM! ファイントラック  寒暖差が激しい秋、低体温症のリスクを軽減するfinetrackのスキンメッシュ。『秋山JOY』連動企画でその秘密を紹介
NEW 平成最後の紅葉シーズン幕開けです!
平成最後の紅葉シーズン幕開けです! 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
NEW 優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定!
優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定! 沢山の方に参加いただいた「飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト」。525点の写真の中から入賞作品を発表!
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。身体のケア、リカバリーはどうしてるの? そのノウハウを訊きました
NEW 分厚いミッドソールのトレッキングシューズ
分厚いミッドソールのトレッキングシューズ 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は「ホカ オネオネ」のミッドカットモデルをインプレ。ミッドソールの推進力に注目!
NEW 山形県寒河江市で実現するライフスタイル
山形県寒河江市で実現するライフスタイル シリーズ「山の麓に住む」は、山形県寒河江市を紹介。適度に田舎で暮らしやすい、その魅力に迫る。移住説明会も開催!
NEW 再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語
再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語 登山者なら憧れる、山の麓に住む暮らし。長野県大町市へ移住した2つの物語を再掲載。移住説明会、現地体験会も開催!
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!