このエントリーをはてなブックマークに追加

数字が大きければ良い? 雨具の「耐水圧」について

山で必ず役立つ! 登山知識の処方箋
基礎知識 2016年05月31日

登山道具の中には「雨を防ぐ」機能が不可欠なものがいくつかあります。雨具、テント、ツェルト、靴、シュラフカバー、帽子、グローブなど。これらの道具の説明を読んでいるとよく目にする「耐水圧」という言葉。でも意外と正しい意味を知らずに、今までスルーしている方もいるのでは・・・。なんとなく数字が大きければいいのかな? それはそれで間違いではありませんが、今回は耐水圧という言葉の意味をちょっと掘り下げてみたいと思います。

 

耐水圧は試験に基づいた数値

「耐水圧」とは生地に染み込もうとする水圧に対して、どれくらい耐えられるかを数値にしたもので、JIS規格(日本工業規格)に基づいた耐水圧試験によって算出されています。生地の上に1cm四方の筒を置いてその中に水を入れたとき、水が生地の裏側に染み出してきた時の数値が耐水圧です。つまり耐水圧2,000mmは、2,000mm(=200cm=2m)までの高さの水に耐えられたということになります。普通の傘の耐水圧は250mm程度だそうですが、登山用の雨具はいったいどれくらいの耐水圧なのでしょうか?

 

ゴアテックスとその他の防水透湿素材

防水素材と言えばゴアテックスが有名ですが、最近はメーカー独自の防水透湿素材も多く売られています。登山用の雨具の素材による種類は、大きく分けると「ゴアテックス素材」と「それ以外の素材」の二つに区別されることが多いです。

まず皆さんがよくご存知の、すでに愛用されている方も多い「ゴアテックス」素材の耐水圧はと言うと、45,000mm以上という数値。傘と比較すると、相当高い数値ですね。それだけ登山には高い耐水圧が求められているということです。

では次にそれ以外の防水透湿素材について見てみましょう。これはメーカー独自の素材なので、少しばらつきがあるようです。例えばA社では10,000mm、B社では20,000mm、C社では30,000mmなど。これだけ耐水圧が違う理由は、耐水圧以外に何を重視している商品なのかということによります。

耐水圧10,000mmの商品は動きやすさと透湿性を重視したソフトシェルジャケット。耐水圧20,000mmはコストパフォーマンスを重視した雨具。小雨程度ではなく、本格的な雨の中での長時間の着用に耐えられるものを登山用の雨具と規定すると、耐水圧は20,000mm以上という数値が一般的なようです。

これからは商品の耐水圧の数値を見る度に、1cm四方の数メートルの高さの筒に水が入った図が頭にイメージされてしまうかもしれません。耐水圧の数値は、商品を選ぶ際の基準のひとつとして気にしてもらえればいいかと思います。自分はどのような機能を重視した商品が欲しいのかによって、アイテム選びは違ってきますから。

耐水圧だけでなく、透湿性、デザイン、重量、価格などもやはり気になるところです。今年の夏山シーズン開幕まであとわずか。次回は透湿性についてお話ししたいと思います。

教えてくれた人

田口 裕子

フリーランスのライター、編集者。学生時代より登山を始め、登山歴は25年のいわゆる中高年登山者の一人。徒登行山岳会所属。ハイキングから沢登り、アルパインクライミングまで山での遊びは何でも楽しんでしまう自由人。最近はロゲイニングとロングトレイルに夢中。

⇒徒登行山岳会

同じテーマの記事
上手な水分摂取が、安全登山のカギ! 飲み方、摂取量、タイミングなど、熱中症にならない水分補給法
夏山で特に注意が必要なのが「熱中症」や「脱水症状」。山は平地以上に熱中症のリスクが高い場所。水分の取り方をはじめ、摂取量、水を飲むタイミングや予防策など、登山中の水の取り方について指南。
夏山シーズン前に、体力チェック! マイペース登高能力テストと山のグレーディング表で適した山に行こう
登山の基本は、やはり体力。しっかり長時間歩く力があってこそ、難易度の高い山にトライできるもの。夏山を前にして、今一度自分の「登高能力」を確認し、体力に適した山を「山のグレーディング」から探して欲しい。
山は積雪期から残雪期へ! 春山を安全に楽しむために知っておくべき「気象の変化」と「雪の変化」
標高の高い雪山でも積雪期から残雪期へと変わり、山との距離が縮まる時期。しかし安易な気持ちで近づくと重大事故の元となる。今回は残雪の山での注意点の中から、「気象変化」と「雪の変化」について説明する。
春をもたらす「春一番」。山ではその前後に、さまざまな危険が生じてくる
2月も中旬を過ぎると、春の話題が少しずつ増えてくる。その象徴的なものが「春一番」だ。街にいれば春一番は「暖かく強い南風」だが、雪山で吹く春一番は登山者に大きな危険をもたらす。春一番の際の登山の注意点について説明する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年7月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「究極の全天候型ジャケットを目指したい」
「究極の全天候型ジャケットを目指したい」 ザ・ノース・フェイス大坪さんに、定番レインウェア「クライムライトジャケット」開発に込めた思いを聞く!
NEW グレゴリーの定番ザック「パラゴン」の使い勝手
グレゴリーの定番ザック「パラゴン」の使い勝手 山岳ガイドとして活躍する澤田実さんに、ガイドならではの視点も交えて、「パラゴン」の使い勝手を聞きました。
NEW バルトロのフロントポケットがこんなにラクとは…
バルトロのフロントポケットがこんなにラクとは… グレゴリーのモニターレポート第2弾を公開! 白馬岳に登ったsoraさん。フロントポケットなどの収納に感動したそうです!
NEW 温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう 笠・双六・槍・西穂・乗鞍の山々は、温泉、山麓観光も充実した飛騨側から! ライター小林千穂さんのおすすめも掲載!
NEW ライトアルパイン系ブーツを残雪・岩稜で試す
ライトアルパイン系ブーツを残雪・岩稜で試す ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回は、ザンバランのバルトロGTを、まだ雪の残る焼岳でテストしました。そ...
NEW パタゴニア 最新ハイキングパンツの魅力
パタゴニア 最新ハイキングパンツの魅力 国内外のロングトレイルを歩くライター根津貴央さん。独自の用具観から見たパタゴニアのハイキングパンツの魅力について聞いた
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」の田中陽希さんに、身体のケア、リカバリーなど、山を楽しむためのコンディショニング法を伺った
NEW 遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス
遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス 万が一、登山者が動けなくなっても、発信される電波から位置を特定する会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”。詳細はこちら
NEW 山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で! 
山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で!  日本百名山・谷川岳では様々なツアーを用意した「山の日イベント」を開催! ラフティングやキャンプが楽しめるアウトドアの町、...
日帰りの山で重宝するデイパック
日帰りの山で重宝するデイパック 連載「山MONO語り」で紹介したグレゴリー サルボ24。高橋庄太郎さんによる、毛無山日帰り山行での使用レポートはこちら
夏の尾瀬、燧ヶ岳・至仏山登山の季節
夏の尾瀬、燧ヶ岳・至仏山登山の季節 誰でも歩けて、自然の素晴らしさを感じられる尾瀬のシーズンが始まります。イベント、特典も盛りだくさんの尾瀬をご案内!
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
NEW 山と自然を感じる2日間!TANZAWA 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!TANZAWA 山モリ!フェス 山の日・8月11~12日に開催されるイベント。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー、トークイベントなど、山のあ...