このエントリーをはてなブックマークに追加

5月の街中に咲く野生植物――、「名もなき雑草」という名前の花はない!

髙橋 修の「山に生きる花・植物たち」
たしなみ 2020年05月11日

「STAY HOME」が叫ばれているが、近所の散歩は制限の対象ではないので、大いに行ってほしい。その散歩も、ひと工夫で楽しみが広がる。「名もなき雑草」と呼ばれる草花の名前を知ることで、新しい発見があるはずだ。


街なかのお花畑。道端のちょっとしたスペースにある花畑に目を向けてみよう


山になかなか行けない日が続いている。トレーニングをしないと落ちるのは筋肉、増えるのはぜい肉ばかり、ということになりかねない。私もなるべく歩いたり、体を動かしたりして、何とか体重は維持できているが、筋肉量は減っているはずだ。

家の中にいるだけでは体力がどんどん落ちてしまうから、トレーニングを兼ねて近所を散歩している。ただ歩くだけではつまらないので、野生植物を見ながら歩いてみよう。案外街なかにもたくさんの花が咲いているのがわかるだろう。

高山植物を見ながら歩くのも楽しいが、街中の植物を見ながら歩くことも楽しいものである。もちろん街中といっても人が多い商店街を歩いては駄目である。住宅街や小さな公園を歩くと、たくさんの野生の花を見ることができるだろう。

しかし、「名もなき雑草」と呼ばれてしまうように、雑草の名前を見分けるのは案外難しい。そこで、ここでは街中でもよく目立って見分けやすい野生植物をいくつか紹介する。野生植物には、植物自身の力で生えている自生植物と、人間の活動で移動された帰化植物がある。街なかの植物は帰化植物が多いのが特徴だ。

その辺に生えている植物を雑草と呼ぶが、実は「名もなき雑草」はない。普通見られる野生植物はすべての植物に名前がある。多くの場合、名前を知らないだけなのだ。

名前がわかると、街中の散歩中にたくさんの花が見えてくる。知らないと見えないものが、たくさん見えるのだ。「去年はなかったのに、今年はこんなところにカタバミが咲いている」など、きっと新しい発見があるだろう。

 

5月初旬に街中で咲くミニ植物図鑑

◆ナガミヒナゲシ(ケシ科)

空き地や緑地、コンクリートの割れ目などに生える。4月からが花が咲き、5月はもう終盤になる。とても美しいうえ、繁殖力も強く街中でどんどん増えている。ヨーロッパ原産の帰化植物。草丈は20~60センチ。

花の直径は3~6センチ。花弁は4枚。黒点がない個体も多い。名前の由来は果実(右写真)が長細いから。長実雛芥子。実の頭に傘のようなものがある。

 

◆カタバミ(カタバミ科)

庭や道端などに生える。花色は黄色。背が低く、茎は地面を覆うように伸びる。花の直径は8mm。ハート型をしている葉が3枚並ぶ。名の由来は、葉の先端がくぼんで、葉の一部が食べられたように見えるから。片喰。

 

◆アカカタバミ(カタバミ科)

乾燥に強く、照り返しがあるコンクリートの割れ目などに平気で生えている。カタバミによく似ているが、カタバミに比べて葉が小さく、暗紅色。花も中心近くに赤い模様がある。赤片喰。

 

◆オッタチカタバミ(カタバミ科)

コンクリートの割れ目や道端に生える。カタバミによく似ているが、北アメリカ原産の帰化植物。近年、街なかで増えている。その名の通り立ち上がるのが特徴。花の直径は0.8~1センチ。全体に白い毛が多く、中心になる茎が太く立ち上がる。草丈10~50センチになる。おっ立ち片喰。

 

◆イモカタバミ(カタバミ科)

街中や庭、道端に生える南アメリカ原産の帰化植物。根が変化した、直径1センチ程度の芋を地中に作り、芋で株分けのように増えていく。5枚の花弁は紅紫色で、中心部が濃く、雄しべの先端が黄色をしているところが特徴。芋片喰。

 

◆ムラサキカタバミ(カタバミ科)

庭や道ばた、公園に生える南アメリカ原産の帰化植物。江戸時代に観賞用植物として輸入されたものが逃げ出して野生化している。花弁には筋が入り、花の中心部が白色で、雄しべの先端も白色。ムラサキカタバミも地中に球根のようなものを作り、それが分裂して増える。紫片喰

 

◆セイヨウタンポポ(キク科)

草地や道端に生えるヨーロッパ原産の帰化植物。街中でみられるセイヨウタンポポは、帰化植物のアカミタンポポや、カントウタンポポなどとの雑種が多い。花の下の総苞片と呼ばれる、緑色の小さな葉のようなものが大きく反り返る部分が特徴。総苞片が反り返らないのは日本在来のカントウタンポポやカンサイタンポポとなる。西洋蒲公英。

 

◆オニタビラコ(キク科)

道ばたや公園、草地、コンクリートの割れ目などに生える。草丈0.2~1メートル。葉は下に集まって生える。葉や茎を切ると、白い乳液が出てくる。花は4~10月にわたって咲くが、暖かい地方では一年中咲いている。花が終わると白い綿毛がでる。鬼田平子。
オニタビラコの花は小さく、直径7~8ミリ。キク科の植物の花は頭花といって、小さな花の集まり。

 

◆ノゲシ(キク科)

有史以前の大昔に日本に入った帰化植物。道ばたや畑のふちなどに生える。花は黄色で直径2センチ。草丈0.5~1メートル、茎は中空。葉は深く切れ込み先端は尖り、トゲ状になるが、柔らかく触っても痛くはない。花が終わると綿毛になる。別名ハルノノゲシ。若苗は苦いが食べられる。野罌粟。

 

◆ヒメツルソバ(タデ科)

園芸植物として庭に植えられているものも多いが、近年逃げ出して道端や石垣に生えているものも多い。ヒマラヤ原産の帰化植物。ほぼ一年中咲いている。金平糖のような形のものは花ではなくて、粒のひとつひとつのほとんどはつぼみ。この中から一つ二つ直径1.5ミリ程度の花が咲く。姫蔓蕎麦。

 

◆ツタバウンラン(オオバコ科)

道端や石垣、コンクリートの割れ目などに生える帰化植物。近年街なかでよくみられるようになった。花の長さは7~9ミリ。茎が蔓になって長く伸びる。名の由来は葉がツタに似て、花がウンランに似ているから。ほぼ一年中咲いている。蔦葉海蘭。

 

自然観察 知識・雑学
教えてくれた人

髙橋 修

自然・植物写真家。子どものころに『アーサーランサム全集(ツバメ号とアマゾン号など)』(岩波書店)を読んで自然観察に興味を持つ。中学入学のお祝いにニコンの双眼鏡を買ってもらい、野鳥観察にのめりこむ。大学卒業後は山岳専門旅行会社、海専門旅行会社を経て、フリーカメラマンとして活動。山岳写真から、植物写真に目覚め、植物写真家の木原浩氏に師事。植物だけでなく、世界史・文化・お土産・おいしいものまで幅広い知識を持つ。

⇒髙橋修さんのブログ『サラノキの森』

同じテーマの記事
梅雨に山で、ひそかに咲くバイカツツジ。美しい花なのに登山者に知られていない3つの理由
梅雨時にでもたまには晴れの日がある。こんな時には花の山に登りに行こう。梅雨時にはこの時期にしか咲かない花がある。その1つが、今回紹介するバイカツツジ(梅花躑躅)だ。
名前のイメージは悪いが、梅雨の散歩を彩る花、ドクダミ。
危機的状況は去ったものの、まだ積極的な外出を控えている人も多いと思う。それでも自宅の周囲を歩いて、なまった身体を動かしてほしい。そして街の草木に目を向けると、今の時期はドクダミの花の姿が目立つ。今回はドクダミの花の話だ。
こんなときには身近な街中散歩で、花登山のためのトレーニングをしよう!
家に閉じこもってばかりでは健康にはもちろん、精神衛生上も好ましいものではない。外に出れば、街でもたくさんの花が咲き始めている。そんな花の姿を見ながら、少し体を動かしてみてはいかがだろうか?
高性能なパラボラアンテナを持つ、孤高で難易度が高い花・フクジュソウ
春を感じる日がだんだんと増えてきましたね。今回は「春の使者」とも呼ばれるフクジュソウ(福寿草)について、植物写真家の高橋修さんが詳しく教えてくれました。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年8月11日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...