このエントリーをはてなブックマークに追加

初夏の蔵王山に山形県側から登り、蔵王温泉おおみや旅館で白濁の硫黄泉に癒やされる

ひとり温泉登山
その他 2020年05月28日
※緊急事態宣言は解除されましたが、お住まいの地域と訪問する山域の自治体の情報を確認して行動をお願いします。

ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第5回は初夏の蔵王山と蔵王温泉の老舗旅館へ。

写真・文=月山もも


宮城県と山形県の県境に位置する蔵王連峰。中でも山形県側の山形蔵王と言えば、冬の「樹氷」が特に有名なスノーリゾートですが、私は初夏や夏の蔵王も好きで、何度も訪れています。
山形駅から路線バスに40分ほど乗車し、終点の蔵王温泉バスターミナルで下車しました。山形側から蔵王山に登る際は、バスターミナルから徒歩15分ほどのところにある蔵王ロープウェイに乗り、地蔵山頂駅から歩き始めるのが一般的ですが、今回はロープウェイを使わず山頂を目指すことに。

  

稜線に出るまでは誰ともすれ違わず、静かな山歩きを楽しめました。スキー場のゲレンデから登り始めて樹林帯を歩いていると、頭上をロープウェイが通り過ぎていきます。稜線に出ると火山らしい荒涼とした景色が広がり、あちらこちらに残雪が残る道を歩いて最高峰の熊野岳山頂を目指しました。

熊野岳山頂を踏んだ後は宮城県側の山頂の刈田岳まで足を延ばし、御釜を眺めてから元来た道を戻ります。帰りはロープウェイを使ってショートカットし、蔵王温泉に戻ってきました。

下山後は蔵王温泉「おおみや旅館」に宿泊します。
創業から千年以上、現在の館主の方が33代目という蔵王温泉でも屈指の老舗旅館です。新しいサービスも取り入れながら進化を続けている快適な宿で、これまで何度か宿泊しています。

蔵王温泉は硫黄の成分が多く金属が錆びやすいため、おおみや旅館にはエレベーターがありません。ですが館内の廊下や階段がすべて畳敷きでスリッパを履く必要がないため、登山後の疲れた足でも苦にならずに部屋に着くことができました。

宿泊するお部屋は日当たりがよく、どことなく懐かしさを感じさせるレトロな雰囲気の和室です。冷蔵庫を開けるとサービスのフルーツが!さっそくいただいてしまいました。登山で疲れた体にフルーツの甘さが染みわたります。

一休みした後は浴室へ!おおみや旅館の浴室は2つあり、時間帯で男女が交換になります。
雰囲気ある木造の浴室に足を踏み入れると、濃厚な硫黄泉の香りに包まれました。内湯が2つと露天風呂が1つありますが、温度や色が少しずつ異なるので入り比べるのも楽しいです。

  

また、露天風呂はよしずに覆われていて眺望はありませんが、外の空気を感じながら楽しむ湯浴みはやはり格別でした。

お風呂あがりは浴衣に着替えて、2階の「おくつろぎラウンジ」へ。

マッサージチェアを使ったり、サービスのコーヒーやお茶をいただきつつ本を読んだりしながら夕食までの時間を過ごします。外から入ってくる風が気持ちよく、慌ただしい日常をしばし忘れて、ゆっくりと時間が流れていくのを感じました。

夕食は食事処でいただきます。お酒は、おおみや旅館オリジナルのお酒「八右衛門」をオーダーしました。「じゅんさい」など夏らしい料理をつまみにいただく辛口の冷酒。地元の食材でおいしい地酒がいただける幸せを噛みしめます。

 

お品書きには「できるだけ郷土の味をそろえました」と書かれており、同じ山形県の日本海側、庄内地方出身の私にとっても馴染み深い料理や食材が並びました。お刺身は日本海で獲れた鯛、サーモン、生だこ。とても新鮮です。

 

箸休めは「麦切り」という、庄内地方の郷土料理の冷たい麺です。小麦粉をこねて伸ばしたものを包丁で切るというシンプルな麺ですが、なめこやミョウガなど薬味もたっぷりで大変おいしくいただきました。

夕食後は登山の疲れもあって早々に寝てしまいましたが、翌日は早く起きて、男女が交代した浴室へ朝風呂に入りに行きます。

 

こちらの浴室は円形の内湯と露天風呂が一つずつ。源泉は浴槽の奥に見える石垣の隙間から湧き出ており、直接浴槽に注がれています。湧き出たばかりの新鮮な源泉を存分に楽しみ、お腹が空いてきたところで朝食会場へ。

「山形のだし」や「庄内産焼豚と温野菜の陶板焼き」「揚げ茄子と紫蘇味噌巻き」など、懐かしくもしみじみとおいしいおかずで、ご飯が進みます。お米はもちろん、山形県産の「つや姫」で、朝からお腹いっぱいにいただいてしまいました。

 

チェックアウト後は温泉街のお土産屋さんを覗いて地酒を購入し、山形駅に向かうバスに乗り込みます。冬の蔵王もいいけれど、山の美しい景色と名湯をのんびり楽しめる夏の蔵王もやはりすばらしいな、と再確認した旅でした。

(取材日=2019年7月上旬)

*掲載情報は、取材時の内容です。

おおみや旅館

蔵王温泉にある創業1000年以上の老舗旅館。

料金:1泊2食付き/1室1名15000円~、1室2名12000円~
住所:〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉46
電話:023-694-2112
HP:http://www.oomiyaryokan.jp/

 

記録・ルポ
教えてくれた人

月山もも

山と温泉を愛する女一人旅ブロガー。山麓の温泉宿を一人で巡るうちに「歩いてしか行けない温泉宿」に憧れを抱き、2011年から登山を始める。ゆるハイクから雪山登山まで、テントも一人で担ぐ単独登山女子。 ブログ「山と温泉のきろく」https://www.yamaonsen.com/に、温泉と登山のすばらしさについて綴っている。山と温泉に魅せられる人を増やすことが、人生のよろこび。

同じテーマの記事
三峯神社から紅葉の雲取山に登った後は、秩父七湯新木鉱泉の掘りごたつで地酒を堪能
ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第10回は紅葉の雲取山へ登り、秩父の歴史ある温泉宿へ。
栃尾又温泉自在館でぬる湯に浸かり、越後駒ヶ岳で紅葉登山を楽しむ
ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第9回は紅葉の越後駒ヶ岳登山前に、栃尾又温泉でぬる湯にじっくり浸りました。
夏の終わりの至仏山に登り、群馬県上牧温泉大峰館で温泉・地酒・地ビールを楽しむ
ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第8回は至仏山の下山後にくつろぎたい上牧温泉。
夏まっさかりの八甲田山に登り、秘湯の一軒宿・蔦温泉で足元湧出の極上湯に浸かる
ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第7回は夏の八甲田山と足元湧出の極上湯へ。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年11月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...