このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年5月28日の尾瀬の落雷事故の教訓――、「SSI」を活用して雷を予測しよう! 上空寒気の解説・第4回

山岳防災気象予報士・大矢康裕が教える山の天気のイロハ
基礎知識 2020年06月12日

山での落雷事故は防ぐのが難しいように思えるが、雷の発生をいち早く知れば、そのリスクは回避できる可能性が高い。そこで今回は、2012年5月の尾瀬ヶ原で起きた落雷事故を事例に、SSI(ショワルター安定指数)という有効な落雷リスクの診断ツールについて解説する。

 

ヤマケイオンライン読者の皆様、山岳防災気象予報士の大矢です。これから夏にかけて気温が上がってくると、山で遭遇すると恐いのは雷。上空寒気の連載第4回目は、上空寒気による不安定な天気によって発生した2012年5月28日の尾瀬ヶ原での落雷事故の気象状況について解説いたします。


そして、大気の安定度を直接知ることのできるSSI(ショワルター安定指数)という、非常に有効な落雷リスクの診断ツールを是非ともご活用いただくために、SSIの10日先の予想図を公開しているGPV気象予報というインターネットサイトをご紹介したいと思います。

写真1:2018年8月27日の東京での落雷(Facebook友人の柳田文華さんご提供)

 

2012年5月28日に尾瀬ヶ原で発生した落雷遭難事故の概要

まずは尾瀬ヶ原の落雷遭難事故の概要について説明します。2012年5月28日は西日本から東北にかけての広い範囲で大気の状態が非常に不安定となり、各地で落雷や激しい雨が降りました。

この日の群馬県・尾瀬ヶ原では、10時半頃に龍宮小屋から西に150mぐらいの場所で大きな音とともに落雷が発生し、雷に打たれた男性1名が死亡、一緒に歩いていた女性1名が軽傷を負うという落雷遭難事故が起きています。

みなさんもご存じの通り、尾瀬ヶ原は湿原が広がっていて、周囲には高い樹木が生えていない場所です。雷は地面から突き出た物に落ちやすいので、このように自分の頭が周囲よりも一番高くなってしまう場合は、一刻も早く小屋の中に避難、あるいは最初から入山しないなどのリスク回避が必要です。

図1:尾瀬付近の地形と落雷事故現場の位置


1967年8月1日に西穂高岳の独標付近で11名の松本深志高校の生徒が亡くなった登山史上最悪の落雷事故も、逃げ場がなく自分の頭が一番高くなってしまう両側が切れ落ちた稜線上で発生しています。尾瀬ヶ原での落雷事故の場合は、図1のとおり、小屋までほんの目と鼻の先の場所で発生しており、本当に残念なことと心が痛みます。

 

2012年5月28日の尾瀬ヶ原の落雷事故も強い上空寒気が原因

山岳での落雷事故は、多くの場合、上空寒気によって不安定な天気になったことが原因です。この尾瀬ヶ原での落雷事故の時にも、日本海には上空寒気の存在を教えてくれる「前線の無い低気圧」があります。その上空500hPa(約5700m)には、この時期としては強い-18℃以下の上空寒気が入っています(図2、図3)。

図2:2012年5月28日9時の天気図(出典:気象庁) 

図3:同時刻の500hPa高度・気温・風(大矢にて解析)


この日は群馬県全域で雷注意報が発表されていました。ちなみに5月の終わり頃は-18℃以下の上空寒気が不安定な天気になる目安ですが、夏になると気温が高くなるため-6℃以下が目安となります(詳細は次回のコラム記事で解説いたします)。

 

気象庁は、前日夕方の全般気象情報で雷に対して注意喚起をしていた!

ちなみに、この落雷事故の前日の夕方には、第19回目のコラム記事でご紹介しました気象庁の全般気象情報で、「強い上空寒気によって大気の状態が非常に不安定になるため、落雷、竜巻などの激しい突風、局地的な激しい雨の恐れがある」として注意を呼び掛けていました(図4)。

図4:尾瀬ヶ原での落雷事故の前日に発表された全般気象情報(2012年7月の全豊田山岳連盟講習会の大矢資料)


このような重要な防災情報が登山に生かされていないことは、大変残念なことに思います。山で遭難に遭わないためには、自ら情報を取りに行くように心掛けていただきたいと思います。

 

雨が降っていなくても落雷は発生――、2012年5月28日はどんな状況で雷が落ちたのか

続いて、当時の実況を気象庁の気象レーダーによる雷ナウキャストと降水ナウキャストで見てみましょう。注目は雷雲の活動が活発な場所と強い雨が降っている場所とのズレです。

強い雨が降っていなくても、雷雲の活動が活発な場所があることがお分かりいただけると思います(図5、図6)。そして、尾瀬ヶ原では東電小屋付近で強い雨が降っていますが、落石事故現場の龍宮小屋付近では弱い雨、または雨が降っていないことが確認できます。

これが雷の恐いところです。冒頭の写真1は、積乱雲の真下でなくても落雷するという事例の決定的瞬間をとらえた貴重な写真です。

図5:2012年5月28日11時の雷ナウキャスト(気象庁) 

図6:同時刻の降水ナウキャスト(気象庁)

 

雷リスクをビジュアルに訴えてくれるSSIという診断ツール

「上空寒気と言われてもよく分からない」という方も多いのではと思います。そのような方にもお勧めなのが、SSI(ショワルター安定指数)という診断ツールです。

SSIは気象予報士試験のための必須項目でもありますが、詳細を説明すると少し難しいので、大気の安定度をダイレクトに表している数字ととらえて下さい。数字が小さいほど大気の状態が不安定で、通常はゼロ以下で落雷リスクがあるとしています(気象庁などによる判断基準)。しかし、山岳や尾瀬ヶ原のような山沿いでは谷風によって上昇気流が起きるため雷雲が発生しやすいので、SSIが3以下から警戒した方が良いと思います。

今回の尾瀬ヶ原での落雷事故の時の9時の時点でのSSIの解析図を図7に示します。尾瀬ヶ原を含む、かなり広い範囲でSSIがゼロ以下になっていることが分かります。

図7:2012年5月28日9時のSSI(気象庁データにより大矢にて解析)


後述のGPV気象予報の図を参考にして、視覚的に「雷」をイメージしやすいように黄色系のカラー配色にしてあります。ただし山岳での落雷の解析のため、配色はSSIが少し大きい側で黄色になるようにしました。このような気象状況でしたので、やはりだだっ広い尾瀬ヶ原での行動は控えるべきだったと思います。山は逃げません、海外の山ならまだしも尾瀬ヶ原ならいつでも行けるのですから。

2012年当時ではSSIを公開しているインターネットサイトはありませんでしたが、現在ではGPV気象予報というサイトで10日先までのSSIの予想図を公開しています。例として今年2020年の5月19日のSSIの予想図を図8に示します。

図8:GPV気象予報によるSSIの予想図(2020年5/17の21時データによる5/19の12時の予想図の例)


さすがに1週間以上先の予想は外れることもよくあるのですが、かなり前から落雷リスクを知ることが可能です。誰でも利用できる無料サイトですので、落雷事故を防ぐために是非ともご活用いただけますと幸いです。

過去の遭難事例が生かされないために、同じような山岳遭難事故は繰り返されます。1年もたてば忘れ去られる過去の遭難事例を、改めて詳細に研究を行っている人はあまり聞かないので、岐阜大学の研究室を拠点として私自身で道を切り開いていくことができたらと思います。そして、少しでも山岳遭難事故をなくせればと願っております。

 

教えてくれた人

大矢康裕

気象予報士No.6329、株式会社デンソーで山岳部、日本気象予報士会東海支部に所属し、気象防災NPOウェザーフロンティア東海(WFT)山岳部会の一員として山岳防災活動を実施している。
日本気象予報士会CPD認定第1号。1988年と2008年の二度にわたりキリマンジャロに登頂。キリマンジャロ頂上付近の氷河縮小を目の当たりにして、長期予報や気候変動にも関心を持つに至る。
現在、岐阜大学大学院工学研究科の研究生として山岳気象の解析手法の研究も行っている。

 ⇒Twitter 大矢康裕@山岳防災気象予報士
 ⇒ペンギンおやじのお天気ブログ
 ⇒岐阜大学工学部自然エネルギー研究室

同じテーマの記事
2004年2月の大長山遭難事故――、暖冬シーズンの中で起きた豪雪からの14名全員の生還劇
「強い冬型の気圧配置」は、続いても2~3日だが、上空の気圧配置が「鍋底型」となると、長く続くことになる。2004年2月の大長山での遭難事故は、まさにそんな気圧配置になったために起きたのだった。
前代未聞の大量遭難、1963年1月の薬師岳遭難事故(三八豪雪)は、二つ玉低気圧とJPCZ(日本海寒気団収束帯)が原因
大学山岳部のメンバー13名が亡くなった、1963年・北アルプス薬師岳での山岳遭難。「三八豪雪」と呼ばれる想定を越えた豪雪が襲ったのが直接の原因だが、当時のデータを現代の技術で紐解くと、さまざまな面が見えてくる。
2013年11月、北アルプス真砂岳での雪崩事故の教訓―― 11月でも雪崩は起きる! そして温暖化しても中部山岳北部でのドカ雪の頻度は増える!!
2013年11月に起きた北アルプス真砂岳での雪崩事故では、7名が大規模な雪崩に巻き込まれた。まだ積雪の少ない11月にも関わらず、なぜ大規模な雪崩が起きたのか。
積雪のために撤退したトムラウシ山の想い出、利尻山には何故雪がなかったのか? その答えは海にあった
1991年9月、「りんご台風」が去った後に向かった北海道登山。筆者はトムラウシ山で積雪のために撤退を余儀なくされた。前々日の利尻山にはなかった雪は、なぜトムラウシ山にはあったのか? 55年長期再解析データ「JRA-55」を利用して検証する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2021年1月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...