このエントリーをはてなブックマークに追加

すべての登山者が憧れる山・剱岳。その頂を踏むことなく、奥深くへと入り込む静かな縦走路があるのを知っているだろうか

From ワンダーフォーゲル編集部
ガイド・記録 2020年06月05日

室堂から欅平まで、山の頂を踏むことなく、渓谷を歩き、峠を越える縦走路。「岩と雪の殿堂」を開拓してきたクライマー、大正時代の鉱山労働者、そして戦前の過酷な発電所建設に従事した労働者――。さまざまな背景の人々が歩いた道をたどる。昨秋の取材の様子を、編集部・高橋楓のレポートでお届けしよう。

文=高橋楓(編集部) 写真=星野秀樹

 

別山乗越を過ぎたころに、ようやくガスが晴れて、剱岳が見えた。いかにも厳しい、岩の山だ。剱岳には登ったことがない。怖そうだな、と積極的に行く気持ちにならずにずいぶん経つ。そして、この取材も剱には登らず、ぐるりと眺めるルートを選んだ。

真砂沢から先、池ノ平や仙人池周辺は、奥剱とも裏剱ともいわれている。表の前に裏を行くことになるわけだが、まあ正しい順番なんてないのだし。

剱沢雪渓の長次郎谷出合から、クライマーたちが進む道を見上げる


アイゼンをつけて、剱沢雪渓を下っていく。途中で平蔵谷、長次郎谷が左手に現われる。あの先はクライマーが進む道だ。私はクライミングの経験がほとんどないので、クライマーはかっこよく見える。剱岳にもつイメージもそのままだ。硬派で近づきがたい感じ。話してみるとやさしくて、芯が通っている。これから歩くトレイルでは岩を攀じ登ることはなく、ただ彼らの世界の片鱗を感じ取るだけだ。

剱沢の注意箇所。滑落したら、剱沢へドボン。クサリも使いつつ、慎重に渡ろう


真砂沢ロッジは、クライマーの登山基地でもある。ここから先ほど通った長次郎谷などに取り付き、剱へ向かうのだ。同行の写真家・星野さんは山岳部の学生のころからよく泊まったそうだ。あの石垣の上で裸踊りしたり、社会人とバトルしたなあ、と思い出を話してくれた。

オーナーの坂本さんは、「真砂から先は別世界」だと言う。ここがそのスタート地点。明日からは別世界を歩くのか。

真砂沢ロッジでハンモックに揺られる

★今回の行程

1日目:室堂ターミナル・・・雷鳥沢・・・別山乗越・・・剱沢・・・真砂沢ロッジ(宿泊)
2日目:真砂沢ロッジ・・・仙人新道・・・仙人峠・・・池の平小屋(宿泊)
3日目:池の平小屋・・・仙人池ヒュッテ・・・仙人温泉・・・仙人谷ダム・・・阿曽原温泉小屋
4日目:阿曽原温泉小屋・・・水平歩道・・・欅平

⇒コースタイム付きの登山地図を確認

 

真砂の先の、別世界

翌日、小屋を出て雪渓を下り、しばらく沢沿いの道を歩く。沢にせり出した岩場の道を恐々越えて二股の吊橋を渡ると、仙人新道の登りが始まる。行程は下りが多いが、ここは急登でつらい。展望のよいベンチで休憩する。

ゲトゲの八ツ峰が見えた。上は少し雲がかかっている。 それにしても人に会わない。途中で仙人池ヒュッテの志鷹さんとすれ違ったきりである。室堂にはあんなにたくさん人がいたのに。なるほど、別世界か。

仙人新道のベンチ。八ツ峰の展望ポイントだが、雲で半分が隠れている・・・。三ノ窓雪渓は氷河のひとつ


仙人峠に着くころには、八ツ峰は雲の中だった。池の平小屋の周辺はミヤマキンポウゲの黄色いお花畑になっていて、のどかな雰囲気だ。

ここは大正時代の鉱山の飯場だったらしい。池ノ平山で採掘されるモリブデンは自動車や航空機などに使われる鉱物で、第一次世界大戦当時、日本は各国からの軍需に沸いていた。戦後、需要が落ち込み、鉱山は閉鎖されたという。飯場は、北方稜線を歩く登山者の求めで、山小屋として残されたのだという。

天気がよければ、池ノ平山に行こうと思っていたが、どうにもパッとしない天気なので断念する。あいた時間で、冬は杜氏として働く小屋番の鈴木さんが仕込んだという日本酒をいただく。夏はビールもいいけど日本酒も最高だ。体にスッと入る。

酒をちびちびやっている向こうで、鈴木さんが厨房にもぐったり出たりと忙しそうにしている。時折ボランティアスタッフが来るものの、基本的には鈴木さんが食事の仕込みから掃除に風呂の用意、なんでもひとりでこなすという。

クレオパトラニードル=とんがりコーン


鈴木さん力作の夕飯はなかなか手が込んでいた。メインはチキントマトハーブ煮クレオパトラニードル風。耳慣れない名前にどこかの地方の料理名かと思ったら、岩峰の名前だよ、と星野さんに教わる。勉強不足でした。

夕方になると雲がようやく下がって、八ツ峰が見えた。桃色と菫色がぼんやりまざった空。チンネの下の特徴的な雪形は、「モンローの唇」というらしい。なるほど、唇に見える。

翌日以降の記事はワンダーフォーゲル6月号で!

 

記録・ルポ 日本の山
教えてくれた人

ワンダーフォーゲル編集部

特集は「登山者のための北アルプス自然読本」。
北アルプスの山々を歩いていて、ふと気になったこと、いまこそ学んでみませんか。広く深い自然学のなかでも、とくに「地質」「植生」「動物」の3つのテーマに絞って、わかりやすく解説。 来るべき夏山シーズンを、より楽しく迎えるための自然学特集です。

 ⇒詳細はコチラ!
 ⇒Facebook
 ⇒Twitter

同じテーマの記事
もっと知りたい北アルプスのこと。北アルプスの自然を学べる博物館&ビジターセンターへGO!
ただ登るだけじゃなく、北アルプスの自然についてもっと学んでみたいという登山者へ。下山後に立ち寄ってみたい博物館やビジターセンターをご紹介。博物館やビジターセンターごとに、展示・観察会の内容は違って、多種多様。イチ押しポイントも交えてご紹介します!
「山のインスタ映え」大集合! 7人のインスタグラマーが撮る、美しき雪山
多くの登山者が活用する写真共有アプリ「インスタグラム」。今回は、7人のインスタグラマーが美しい雪山で撮りおろした写真をいくつかご紹介。山ヤだから撮れる、インスタ映えな山の風景、ここにあり!
読書の秋。秋の夜長に、一人でひっそりと山に入ってみたくなるような本を読んでみる
秋の夜長のお供に、山の本を開いてみてはいかがだろうか。山、登山に関する本は数多いが、今回はその中から「単独行」、一人で山に行く話にまつわる書籍を紹介。行間から、ソロ登山の魅力を感じてみてみよう。
日本山岳史上最大の謎といわれる剱岳初登頂。そのルートの謎に迫る
日本山岳史上最大の謎といわれる剱岳初登頂。誰がどのルートで登ったのかを探検家の高橋大輔さんが、さまざまな角度から解き明かして、気づいたこととは?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年3月3日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 浅間山、八ヶ岳連峰に近く、晴天率が高く、暮らしやすい。長野県東部の佐久地域の魅力と先輩移住者のインタビューを掲載。
NEW 決定! 紅葉写真コンテスト2020
決定! 紅葉写真コンテスト2020 紅葉写真コンテスト結果発表! みなさんが美しい秋の山で感じた風景をご堪能ください。
山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...