このエントリーをはてなブックマークに追加

丹沢・不老山に咲く野生のバラ「サンショウバラ」。山頂の3本の大きな木に色鮮やかに花開く

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2020年05月29日

サンショウバラという花をご存じだろうか。富士山付近にのみに自生する野生のバラで、棘がサンショウのようなことから、こう名付けられている。神奈川県・西丹沢の不老山には山頂に大きなサンショウバラの木が自生し、この時期は薄ピンクの大きな花で登山者を迎え入れてくれる。

 

※緊急事態宣言は解除されましたが、お住まいの地域と訪問する山域の自治体の情報を確認して行動をお願いします。

初夏の時期、色鮮やかなピンク色の大きな花を咲かせるサンショウバラ。別名「ハコネバラ」とも呼ばれる花で、富士箱根地区の山地に生育する植物です。西丹沢の不老山の山頂には、大きなサンショウバラの木が3本あって、6月上旬に花が見頃を迎えます。

不老山の山頂に咲く、ピンク色で可愛らしいサンショウバラの花


不老山へは公共交通機関でのアクセスが不便ですので、タクシーを利用することになります。登山口となる明神峠までは、JR御殿場線の駿河小山駅からタクシー(約3,600円)でアクセスするのが一般的です。なお、タクシーは駅に常駐しているわけではないので、事前の予約が必須です(富士急静岡タクシー 御殿場営業所 電話:0120-249-003)。

例年であれば、駿河小山駅から明神峠までは、土日祝日に限りバスが運行されていますが、今年(2020年)は今のところ運行休止中。緊急事態宣言が解除になったので、近日中に再開されると思われますが、5月26日時点では開始日は未定となっています。

マイカーの場合は、駿河小山駅に隣接した駐車場に停めて向かいますが(1日500円)、やはりタクシーで明神峠に向かうことになります。

明神峠から不老山へ

◆モデルコース

明神峠・・・湯船山・・・峰坂峠・・・世附峠・・・不老山・・・分岐・・・駿河小山駅(約5時間15分)

⇒コースタイム付き地図はこちら

 

登山口、サンショウバラの丘、山頂・・・。各所で花を堪能

小さな金太郎の人形がある明神峠の登山口から登り始めると、すぐ右手に早速、最初のサンショウバラが自生していて、花を見ることができます。その先、送電鉄塔を横切るところにも咲いていて、目を楽しませてくれます。

左・駿河小山駅、右・明神峠の登山口の標識の上にある金太郎


この先の登山道はブナの木が目立つ樹林帯の中をたどっていくことになりますが、サンショウバラの開花時期はブナの新緑も見事です。特に湯船山が近づくあたりから白嵓ノ頭の先あたりまでは、枝ぶりが豊かな大木が次々と現れて圧巻です。

6月初旬の湯船山付近は、美しいブナの新緑の中を歩くことになり爽快
 

登山道中は枝ぶりが見事なブナの巨木がたくさん立ち並ぶ


白嵓ノ頭を過ぎると、やがて周囲はヒノキ林に変わり、峰坂峠へ。そこからから再び登り返すと、不老山を見渡すサンショウバラの丘に着きます。この場所でも、タイミングが合えば、たくさんのサンショウバラの花を見ることができるでしょう。

サンショウバラの丘から見た不老山。時期が合えば、ここにもサンショウバラが多く咲く


その先の林道横断点が世附峠です。本来は、ここから金時公園経由で駿河小山駅へエスケープできますが、2019年の台風19号の被害を受けたため、現在は通行できません。

ここからスギ林の中の急登を登りきった先の分岐を左に行けば、不老山の頂上となります。山頂からの展望はまったくありませんが、3本のサンショウバラの木が立っていて、楽しいひとときが過ごせます。

不老山の山頂は広場になっている。写真左の木がサンショウバラだ


なお、なおコース上のサンショウバラの花は、場所により見頃が少しずれることが多いようです。昨年(2019年)は、サンショウバラの丘では5月下旬くらい、私が歩いたのは6月6日でしたが、頂上の3本がちょうど満開でした。

山頂でサンショウバラを堪能したら、下山は先ほどの世附峠から上がってきた分岐に引き返して南へ。そのすぐ先で、再度金時公園方面へ下る分岐が現れますが、やはり台風の被害で通行できないので、尾根をたどる生土経由の登山道を進みます。

この道は比較的単調ではあるものの、富士箱根トレイルにも指定された歩きやすい道です。最後は尾根を離れて、青い手すりの設置された急な階段を下ると登山口で、あとは標識通りに進めば駿河小山駅へと戻ります。

ところで、歩いていて気付くのが、この登山道には表現力豊かな標識が数多いことです。これは地元小山町の個人が、今から25年くらい前に設置したものです。朽ちているものも多いのですが、役立つことが書かれているものもあって、このコースのもう一つの楽しみにもなっています。

地元の個人が設置した看板。なかなか意味深なことが書いてあって役立つものが多い


なお、このコースは、一見なだらかそうに見えますが、細かなアップダウンが多くて意外と時間がかかります。花を楽しむことも考えて、プランニングには余裕を持っておきましょう。

そして、もうひとつ忘れてはならないことが、晴れていると、暑さも厳しく感じる季節であることです。水分も、たっぷりと持参するのがオススメです。

 

日本の山 ガイド 記録・ルポ
教えてくれた人

木元康晴

1966年、秋田県出身。東京都山岳連盟海外委員、日本山岳ガイド協会認定登山ガイド(ステージⅢ)。2009年から登山ガイドの仕事を始め、2011年から『山と溪谷』『ワンダーフォーゲル』『岳人』などで数多くの記事を執筆。
ヤマケイ登山学校『山のリスクマネジメント』では監修を担当。著書に『IT時代の山岳遭難』、『山のABC 山の安全管理術』、『関東百名山』(共著)など。

同じテーマの記事
断崖に秘かに咲くウチョウランを求めて起伏の激しい岩稜を登行する 秩父・二子山
低山ながら、切り立った断崖、絶壁に富んだ山容を誇る二子山。下部には最難ともいわれるフリークライミングのエリアを持つことでも知られています。梅雨の短い晴れ間に、ウチョウランが咲くという岩稜へ撮影山行に向かいました。
梅雨の晴れ間を狙って、ちょうど残雪の消えた谷川岳へ。ロープウェイを使って夏山を満喫する
雪解けも進み、標高の高い山も本格的な登山シーズンへと突入する。日本随一の豪雪地帯として知られる越後山脈の盟主・谷川岳も残雪が消え、その下から高山植物が咲き出す。晴れ間を狙って、都心から日帰りで行くには丁度よい。
アジサイの名所を巡る鎌倉ハイキング。大仏コースで今年の状況をチェック
アジサイの名所は各地にあります。神社仏閣や名園、公園緑地などに多く、低山に接して、手軽で短いハイキングを楽しめるところも多数。梅雨の晴れ間にサクッと楽しめるコースが豊富なのもうれしいところです。定番の鎌倉・大仏コースを歩いてきたので、ご報告を。
梅雨時期は視点を変えて海岸線のウォーキングはいかが? 三浦半島・荒崎海岸で鎖場・岩礁歩きを満喫
天候が不安定な梅雨時期の登山は気が進まない人も多いだろう。こんなときは、視点を変えて海辺を歩いてみてはどうだろうか? 海を見ながら岩稜登山(気分)を楽しめる三浦半島・荒崎海岸を紹介する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月13日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!