このエントリーをはてなブックマークに追加

季節は梅雨真っ最中。ゆっくり山に復帰する登山者へ、奥秩父の山を勧めよう

山の疑問・難問、山岳ガイドが答えます!
ガイド・記録 2020年06月18日

都道府県をまたぐ移動の自粛も緩和される方向という情報を受け、山岳ガイドの山田哲哉さんから「登山再開時に奥秩父の登山を提案したい!」と連絡をいただいた。では、ぜひ! ということで、山田さんの大好きな山域である奥秩父の魅力を紹介してもらった。

※緊急事態宣言は解除されましたが、お住まいの地域と訪問する山域の自治体の情報を確認して行動をお願いします。また、山小屋での新型コロナウィルス感染予防対応については、各山小屋の提案・ルールに従ってください。

 

「私はずうっと、晴れの日だと天気がよくて良かったと言っていた。だが、最近わかったのが、この十文字峠じゃあ、晴れが“いい天気”というわけでもないな。小雨が降ってコメツガの森が濡れて、苔が生き生きとしているときが一番“いい天気”だな_」

これは、十文字峠に丸太造りの十文字小屋を建て、48年間にわたって小屋番を務めた山中邦治さん(現・甲武信小屋、十文字小屋主・山中徳治さんの父)が、小屋番最後の年(2000年)に語った言葉です。

雨の中咲き誇るアズマシャクナゲと十文字小屋/まさ10 さんの登山記録より
雨の中咲き誇るアズマシャクナゲと十文字小屋
まさ10 さんの登山記録より

 

新型コロナウイルス感染防止の観点から「県を跨いでの移動」の自粛が勧められて、遠方の山に行くことができない状況が続きました。この原稿を書いている今日は、6月12日。「6月19日から都道府県をまたぐ移動自粛も緩和される方向」という情報が出ています。ただ、「さぁ! 山へ」と思っても、危険度の高い高山は気が進まないし、まだ登山道を覆う残雪も随所にあり、北アルプスでは山小屋の再開も7月中旬以降という話です。それに登山復帰の第一弾が、高山の岩が剥き出した山々では、厳しすぎるでしょう。一方、標高の低い山は、もう気温と湿度が高く、辛い登山になりそうです。

そして、季節は梅雨真っ最中_。

そんな中、奥秩父には原生林と渓谷の美しさが際立つ山々が沢山あります。鬱蒼とした木々の下を分厚く覆う苔や霧、小雨の中にボーッと浮かぶシャクナゲが独特の美しさを醸し出します。山麓の森の中にはベニバナイチヤクソウのピンクの群れが広がっています。今、奥秩父は一年で一番“いい天気”に恵まれた時期です。それに、小雨の中でもひっそりと僕たちの訪れを待ってくれている山小屋もあります。

みずみずしい苔の一帯(写真=まさ10 さん)

キバナシャクナゲ(写真=金峰山小屋)

べニバナイチヤクソウ(写真=まさ10 さん)

6月20日過ぎだと、ショッキングピンクの鮮やかなアズマシャクナゲは、もう最盛期は終えています。金峰山や国師ヶ岳など、森林限界を越えた場所なら、キバナシャクナゲが後を追うように咲きだし、7月に入れば、淡いピンクの上品なハクサンシャクナゲも咲き出します。今から、梅雨明けまでが、奥秩父の山々がシットリとした美しさを醸し出す季節なのです。県を跨いでの移動が可能になったら、ぜひ奥秩父の山々を登ってもらいたいと思っています。

 

6月の奥秩父で、山田さんがお勧めするルート

モデルコース①:一番のおすすめ! 甲武信ヶ岳から十文字峠へ

日本で一番長い川・信濃川源流沿いを緩やかに登ります。ダケカンバの根元から昏々と湧く信濃川水源を辿り、甲武信岳山頂に立ちます。山頂直下の古き良き山小屋・甲武信小屋に泊まり、翌日は、首都圏随一の規模を誇る原生林の中を埼玉県最高峰・三宝山、武信白岩山、大山を越えて、苔とシラビソ、コメツガの見事な森を抜けて歴史ある十文字峠へと歩きます。所々で小さな岩場を越えますが、大部分は巨樹の林立する重厚な森の尾根。渓谷と原生林を堪能するルートです。

行程:
【1日目】毛木平・・・滑滝・・・水源地標・・・甲武信岳・・・甲武信小屋
【2日目】甲武信小屋・・・甲武信岳・・・三宝山・・・大山・・・十文字小屋・・・毛木平
(所要時間/1日目:4時間30分、2日目:3時間40分)

⇒コースタイム付き登山地図を見る

 

モデルコース②:奥秩父の王者・金峰山へ

標高2599mの山頂は森林限界を越えて、高山植物が美しいです。クライミングのメッカ、廻り目平から金峰山川沿いの道を歩き、ベニバナイチヤクソウの咲く中ノ沢出合からカラマツの中を抜けて、中間地点からはコメツガとチョウセンゴヨウの苔むした森の中を登ります。分厚い苔、その上にビッシリと生えた幼樹。頭上をハクサンシャクナゲが覆う中を登り、森林限界に建つ展望の金峰山小屋に泊まります。八ヶ岳や南アルプスを望む小屋では、感染症対策に腐心していて、登山者が来るのを待っていると聞いています。

小屋から山頂にかけては岩とハイマツの道。奥秩父唯一の高山の雰囲気が味わえます。6月末ならキバナシャクナゲが足元に咲きます。登り着く山頂は梅雨の晴れ間であれば360度の展望が待っています。千代の吹き上げ、砂払ノ頭の岩とハイマツの尾根を歩き、再び原生林の中を瑞牆山荘へと下ります。

行程:
【1日目】廻り目平・・・八丁平分岐・・・金峰山小屋
【2日目】金峰山小屋・・・金峰山・・・砂払ノ頭・・・大日岩・・・大日小屋・・・富士見平小屋・・・瑞牆山荘
(所要時間/1日目:2時間50分、2日目:3時間50分)

⇒コースタイム付き登山地図を見る

 

奥秩父最高峰は標高2601mの北奥千丈岳で、典型的な亜高山の山々です。日帰りの計画で、駆け足で山頂に立つことを目的とするより、森の美しさを味わい、山小屋の窓から梅雨の山をゆっくりと楽しみたいです。

濡れた森と控えめな花が美しい奥秩父。奥秩父の森の山は、ユックリと少人数で歩くのが似合います。少しずつ山に復帰するのに適した山塊としておすすめしたいと思います。

■『奥秩父 山、谷、峠 そして人』

著者:山田哲哉
電子版発売日:2017年02月24日
Kindle版価格:1,368円(税込)
ページ数:322ページ
コンテンツ形式:EPUB
サイズ(目安):24MB
出版社:東京新聞出版局

amazonで見る(Kindle版)

■『奥多摩 山、谷、峠、そして人』

著者:山田哲哉
発売日:2020年3月13日
価格:1,600円(税別)
仕様:文庫判224ページ
ISBNコード:9784635280686
詳細URL:https://www.yamakei.co.jp/products/2819280680.html

amazonで見る 楽天で見る

 

日本の山 自然観察
教えてくれた人

山田 哲哉

1954年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。 著書に『奥多摩、山、谷、峠そして人』『縦走登山』(山と溪谷社)、『山は真剣勝負』(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」
 ⇒質問・お悩みはこちらから

同じテーマの記事
毎日15分+5km。山岳ガイド山田哲哉さんに聞く、登山自粛中に習慣にしたいトレーニング
新型コロナウィルス感染拡大防止のため自粛で登山に行けないだけではなく、通勤する回数も減って、いつも以上に運動不足の登山者も多いはずだ。そこで、山岳ガイドという仕事柄、体力を維持していなくてはいけない山田さんに普段からできるトレーニングについて伺った。
冬の時期“雪のない山”での登山で気をつけたいこと
冬の期間で、雪のない山での登山をはじめる方へ向け、注意すべきポイントを山岳ガイドの山田哲哉さんに教えてもらった。
25年ぶりに登山を再開! 何が変わった? 何に気をつけたらよい?
25年ぶりに友人と登山に復帰した“アラフィフの40代さん”へ向けて、山岳ガイドの山田さんからアドバイスをもらう。復帰組にありがちな注意点、体力のこと、山のルール・マナー、心構えなど、ぜひ、参考にしたい。
登山用のファーストエイドキット。汎用性のある道具を使いこなして軽量に
ファーストエイドキット、あれもこれも必要と詰め込んでいませんか? 山でのトラブルを色々頭に思い浮かべると、持ち物が増えてしまうのはわかりますが、持ち物を減らすのも登山技術。今回は、山岳ガイドの山田さんにファーストエイドキットについて聞きました。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年7月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!