このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨の晴れ間を狙って、ちょうど残雪の消えた谷川岳へ。ロープウェイを使って夏山を満喫する

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2020年07月02日

本格的な夏に突入する時期、雪解けも進み、標高の高い山も本格的な登山シーズンへと突入する。日本随一の豪雪地帯として知られる越後山脈の盟主・谷川岳も残雪が消え、その下から高山植物が咲き出す。晴れ間を狙って、都心から日帰りで行くには丁度よい山だ。

 

群馬県と新潟県の県境、通称上越国境稜線にそびえる谷川岳の標高は、2000mにわずかに満たない1977m。決して“高山”の部類に入る山ではありませんが、冬の豪雪と季節風の影響によって稜線上は樹木が育たず、笹原の続く雄大な景色が広がります。

また、意外にも梅雨の期間中でも、比較的晴れることが多い山でもあるのです。これは、本州のやや北よりに位置するからで、梅雨前線が少し南に移動すれば、首都圏は雨でも谷川岳では晴れ間が広がるのです。

さらに、首都圏はじめ周辺からのアクセスも良いため、梅雨の晴れ間を狙って無理なく日帰りで登ることができる人気の山となります。

谷川岳は、6月中はまだ登山道上に残雪があるところが多いですが、7月にはほぼ融けて、雪山装備なしで登ることができるようになります。そしてちょうどその時期は、山頂部の高山植物が花を咲かせる時期となります。多彩な色とりどりの花を見つつ、歩くことができるでしょう。

コバイケイソウが咲く登山道の先が、谷川岳の手前の頂上であるトマの耳。左は一ノ倉岳と茂倉岳


日帰りで谷川岳を登る場合、健脚者であれば西黒尾根を登るのが充実しますが、岩場も多い、難コースです。無理なく登山を楽しむなら、一般的には、往復とも「谷川岳ロープウェイ」を利用する天神尾根をたどるのがいいでしょう。

谷川岳ロープウェイ営業時間は、平日8時~17時、土日祝日は7時~17時となっています。ただし、2020年は新型コロナウィルスなどの感染予防、および拡散防止対策のために、ゴンドラ1つあたりの人数制限が行なわれているため、時間に余裕が必要です。谷川岳ロープウェイのホームページで事前に確認しておきましょう。

谷川岳ロープウェイ乗り場へは、マイカー(1500台の駐車場あり、1日500円)でのアクセスのほか、新幹線の上毛高原駅からのバスで向かうことも可能です。

さらに、ちょっと不便ですが、せっかくなら「日本一のモグラ駅」として知られるJR上越線の土合駅から、462段の階段を登り、土合駅前バス停からバスで向かうという方法も一興ではないかと思います。

谷川岳ロープウェイと、下から見上げた土合駅の階段の様子
 

天神平から天神尾根を往復

行程:
天神平・・・熊穴沢避難小屋・・・谷川岳肩ノ小屋・・・トマの耳・・・オキの耳・・・トマの耳・・・谷川岳肩ノ小屋・・・熊穴沢避難小屋・・・天神平(コースタム/約4時間30分)

※サブコース:西黒尾根往復
土合口・・・西黒尾根登山口・・・ガレ沢のコル・・・トマの耳・・・オキの耳・・・トマの耳・・・ガレ沢のコル・・・土合口(コースタイム/約7時間30分)

⇒コースタイム付き登山地図で確認

 

爽快な稜線歩きを楽しみながら高山植物咲く頂へ

ロープウェイを降りたところが、天神平です。7月であれば、ロープウェイを降りると正面にはニッコウキスゲの群落があるでしょう。また右手には、意外な大きさで谷川岳の山頂が見えています。

天神尾根のコースは、ロープウェイの出口から右へ向かってしばらくは樹林の中をトラバースするように進みます。田尻尾根分岐を過ぎた先で尾根に上がると、間もなく左手に赤い熊穴沢避難小屋が現れます。

天神平に咲くニッコウキスゲ(左)と、休憩に最適な熊穴沢避難小屋(右)


樹林の中の暗い道を行くと、すぐに脆い岩場が現れますが、傾斜は緩いので慎重に行けば問題ないでしょう。その先で森林限界となり、眺望が一気に広がって爽快です。

景色を楽しみつつ登れば、左に「天狗の泊まり場」、右に「天神ザンゲ岩」と、遠くを見渡せる露岩上の展望スポットも連続。さらに傾斜の緩い階段を通過すると、「肩の小屋」が建つ肩の広場に到着です。

天神尾根の最上部を登る登山者たち


小屋の右手の大きなケルンの脇を登り、西黒尾根との分岐を左に行けば、360度の眺望が広がるトマの耳です。
足元はマチガ沢の岩壁が切れ落ちていて、身震いするような高度感。そこからさらに稜線を進んで、オキの耳にも立ち寄りましょう。

双耳峰である谷川岳の、最高地点はオキの耳であり、朝日岳をはじめとする谷川岳と峰続きの山並みが一望できます。オキの耳からは、往路を引き返して下山します。

さえぎるもののないオキの耳頂上。背後に見えているのは朝日岳


高山植物の花は、森林限界を過ぎた辺りから見ることができますが、多いのは肩の広場からオキの耳にかけてとなります。肩の広場では西黒尾根の下降点近くにもたくさん咲いているので、時間の余裕があれば少しだけ寄り道をしてもいいでしょう。

肩の広場からオキの耳の辺りで見れる高山植物の花。左上から時計回りに、タカネバラ、ムシトリスミレ、ウサギギク、アカモノ、ユキワリソウ、ヨツバシオガマ


ちなみに7月2日は「谷川岳の日」ですが、これは1920(大正9)年のその日に、日本山岳会の望月敏男と森喬の二人が、地元の案内人と一緒に谷川岳の山頂に立ったからです。

この登山こそが、谷川岳での、狩猟や信仰のためではない、山に登ることそのものを目的とした「近代登山」の幕開けでした。今年はそれから、ちょうど100年となる節目の年です。100年前の山の姿に想像しながら歩いてみるのも、楽しいでしょう。

 

日本の山 登山計画 ガイド 記録・ルポ
教えてくれた人

木元康晴

1966年、秋田県出身。東京都山岳連盟海外委員、日本山岳ガイド協会認定登山ガイド(ステージⅢ)。2009年から登山ガイドの仕事を始め、2011年から『山と溪谷』『ワンダーフォーゲル』『岳人』などで数多くの記事を執筆。
ヤマケイ登山学校『山のリスクマネジメント』では監修を担当。著書に『IT時代の山岳遭難』、『山のABC 山の安全管理術』、『関東百名山』(共著)など。

同じテーマの記事
大パノラマの稜線、花あふれるカールと湿原をめぐる天空の山旅 北アルプス・薬師岳~黒部五郎岳~鷲羽岳〜高天原周回
薬師岳、黒部五郎岳、三俣蓮華岳、鷲羽岳など、北アルプス最奥の地、黒部川源流域に立ち並ぶ稜線をめぐり、それに贅沢にも天然の野天風呂・高天原温泉をセットした極楽の山旅です。登山人生でもそう何度も行けない至福のひとときを味わいました。
都市縦走事始め 東京都心に残るミニ富士や写真展を結んで歩く 中野・新宿周辺
超低山を繋ぎ、街を散策する「都市縦走」の楽しみを紹介します。今回は新宿周辺で成子富士と千駄ヶ谷富士の富士塚の「縦走」をご案内。
北アルプス・剱岳――、別山尾根から高度感のある鎖場を越えて、頂に立つ達成感を味わう
登山者の多くが憧れる山・剱岳。険しい岩稜を越えて辿り着いた頂から眺める景色は、何物にも代えがたい達成感を得ることになるだろう。今回は、剱岳登山で、もっともポピュラーで一般的なルートである、別山尾根を紹介する。
断崖に秘かに咲くウチョウランを求めて起伏の激しい岩稜を登行する 秩父・二子山
低山ながら、切り立った断崖、絶壁に富んだ山容を誇る二子山。下部には最難ともいわれるフリークライミングのエリアを持つことでも知られています。梅雨の短い晴れ間に、ウチョウランが咲くという岩稜へ撮影山行に向かいました。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年8月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました