このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨時の山岳エリアでは天候の異変や急変の前兆を見逃さずに! 島崎三歩の「山岳通信」第191号

島崎三歩の「山岳通信」
その他 2020年06月26日

長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2020年6月25日に配信された191号では、梅雨時の山岳エリアは天候変化が早いことを説明、天候の異変や急変の前兆を感じた場合には早めに計画を変更することを推奨している。

 

6月25日に配信された『島崎三歩の「山岳通信」』第191号では、期間中に起きた4件の山岳遭難事例について説明。以下に抜粋・掲載する。

  • 6月16日、北アルプス焼岳で、単独で入山した65歳の男性が、何らかの原因により滑落する山岳遭難が発生。県警ヘリで救助したものの死亡が確認された。

  • 6月16日、上水内郡信濃町の御巣鷹山で、仲間と2人で山菜採りのため入山した74歳の男性が、御巣鷹林道付近で滑落する山岳遭難が発生。長野中央署及び消防が救助しましたものの死亡が確認された。

  • 6月18日、北アルプス白馬岳で、単独で入山した32歳の男性が、白馬岳を登山中に雪渓上で足を滑らせて滑落、負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリ及び大町警察署山岳遭難救助隊員、北アルプス北部地区山岳遭難防止対策協会白馬班救助隊員により救助された。

  • 6月20日、中央アルプス将棊頭山で、単独で入山した52歳の男性が下山中に道に迷い行動不能となるなる山岳遭難が発生。男性は翌21日に伊那警察署山岳高原パトロール隊員により救助された。

 

長野県警山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

6月2週は、山岳遭難の発生はありませんでした。長野県は、先週梅雨入りとなりました。雨が降ると、登山道が滑りやすくなり、転倒や滑落の危険性が増すのはもちろんですが、過去には霧などで視界が悪くなり、道迷いとなる遭難や夏でも風雨により、低体温症となる遭難が発生しています。
また、長い雨が続いた場合や局地的な豪雨になると、普段は水が流れていない場所が沢になったり、増水により橋が流されてしまう場合があります。天候は、安全な登山を計画する上で大切なチェック項目の一つです。長期的な予報を確認するだけでなく、登山中も天候の異変や急変の前兆を感じた場合には、無理な行動をせずに、計画を変更しましょう。

6月3週は、4件の山岳遭難の発生があり、うち2件はお亡くなりになっています。また、4件中3件は、単独登山者の遭難でした。新型コロナウイルス感染防止のため、日帰りによる単独登山や山菜採りを計画している方もいるかと思いますが、往復のコースタイムや技術的・体力的な難易度に、無理が生じてはいませんか。信州の山は、まだまだ残雪が多い山域もあり、軽アイゼンでは滑落のリスクが大きい箇所もあります。ご自身の技術や体力にゆとりを持った山域選びと計画を立てましょう。

なお、梅雨のシーズンですので、天候チェックは特に入念にお願いします。梅雨時の山岳エリアは天候変化が早く、予報とは異なる場合があります。登山中も天候の異変や急変の前兆を感じた場合には、早めに計画を変更しましょう。

 

長野県内入山注意報発表中

長野県では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため「入山注意報」を発表しています。 6月以降、これまでの登山シーズンとの大きな違いは――

  • ①山岳における救助活動は、必要に応じて感染防止対策を講じた上で出動するため、通常より救助に向かう時間を要する。
  • ②多くの山小屋が例年より営業開始時期を遅らせているため、相談・休憩・避難・環境維持としての機能が低下する。

となっています。

また、以下の資料の通り、入山を控えていただくエリアと、入山注意区域を発表しています。「入山注意」山域へ入山する際は、「登山者への5つのお願い(PDF)」を守ってください。

「登山者への5つのお願い」は以下の動画もご参照下さい。

遭難・事件 危機管理
教えてくれた人

島崎三歩の「山岳通信」

信州の山岳遭難現場と全国の登山者をつなぐために発行。「登山用品店舗スタッフ」「登山情報サイトを利用する登山者」「長野県内の各地区山岳遭難防止対策協会」などに対して、長野県の山岳地域で発生した遭難事例を原則・1週間ごとに、「安全登山」のための情報提供をしている。

⇒バックナンバーはコチラ!

同じテーマの記事
積雪や落葉で登山道が不明瞭になりやすい時期、道迷いに注意! 島崎三歩の「山岳通信」第207号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2020年11月18日に配信された第207号では、この時期は積雪や落葉で登山道が不明瞭になりやすいことについて言及している。
一般登山道上での行動こそ安全登山に「全集中」をしていきましょう 島崎三歩の「山岳通信」第206号
長野県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第206号では、滑落や転倒の多くは危険箇所ではなく一般登山道上で発生していることを指摘、「全集中」をしていきましょう、と述べている。
北アルプスでは多くの山小屋が営業期間外、慎重な計画と行動を 島崎三歩の「山岳通信」第205号
長野県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第205号では、北アルプスでは山小屋などの施設は既に営業期間を終了しているところが大半となっているため、慎重な計画と行動が必要となることを説明している。
県内の標高の高い山は積雪のある場所も。冬山の登山装備の準備を 島崎三歩の「山岳通信」第204号
長野県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。10月22日に配信された第204号では、標高の高い山では積雪となっていることに言及。冬用の登山装備と低体温症の危険性について説明している。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年11月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...