このエントリーをはてなブックマークに追加

下山後に、温泉、食事に、お土産購入。日の出山からの下山メシは「つるつる温泉」で

下山メシのよろこび
たしなみ 2020年07月02日

下山後に味わいたい粋なごはんを紹介するライター西野 淑子さんの「下山メシのよろこび」。今回は、日の出山からの帰りに立ち寄れる天然温泉の日帰り入浴施設を紹介する。下山メシを目的に登山をしても良さそうな、充実の施設。

日の出山山頂

日の出山山頂からは、御岳山の武蔵御岳神社や宿坊も望められる(yamail さん登山記録より)

 

東京都青梅市と日の出町の境にそびえる日の出山。関東平野の眺めのよさで人気のある山だ。

日の出山を歩くときは、よほどのことがない限り、つるつる温泉に立ち寄ると決めている。山頂からつるつる温泉へは、東側に延びるハイキングコースを下って約1時間半の道のり。「温泉、温泉」と呟きながら、どんどん歩調が早くなっていってしまうのはご愛嬌。

無色透明のアルカリ性単純温泉、なめらかな肌触りの温泉。湯に浸かりながら腕をさすると、ぬるりとした感触が心地よく、「肌がうるおってキレイになっちゃうな」といつも思う。大浴場と露天風呂があり、日替わりで男女入替えとなっている。大浴場は明るいガラス張りで広々としたしつらえ。窓から木々の緑が眺められるのがいい。露天風呂は、雰囲気のいい岩風呂とヒノキ風呂。

つるつる温泉はお風呂以外の施設も充実しているのだが、地元食材を使った料理が人気のパノラマ食堂には、なかなか立ち寄るチャンスがなかった。先日、少し早めに下山ができ、風呂上がりに足を運べた。周りの樹林の眺めがどこからでも楽しめる円形の間取り。明るくて居心地のよさそうなスペースだ。

生涯青春の湯「つるつる温泉」パノラマ食堂

ぐるりと囲む大きな窓から四季が楽しめるパノラマ食堂

生涯青春の湯「つるつる温泉」洋風露天「ひのき露天風呂」

ひのき造りの露天風呂。木々の緑が間近に見えて気持ちよい

 

メニューを見て、まずは「1人飲みのお客様におすすめ!」と書かれた生ビールセットをオーダー。注文後すぐに出てきてニヤニヤ。生ビールのジョッキ、おつまみは冷や奴、刺身こんにゃく、枝豆。まずはビールを一口。風呂上がりのビールはどうしてこんなに体にも心にも染み渡るのか。みずみずしい枝豆、さっぱりとポン酢で味わう刺身こんにゃく、風味のよい豆腐。よくよく考えると、たんぱく質多めのヘルシーなラインナップ、下山後の一杯には最適か。

生涯青春の湯「つるつる温泉」生ビールセット

筆者定番の生ビール。今回セットメニューで

 

少し落ち着いたところで食事のメニューを見る。東京黒毛和牛の朴葉焼き、注文を受けてから炊き上げる釜飯…どれも美味しそうなのだが、「当館いちおし」のキャッチに惹かれ、「赤いうどん」をオーダーした。とろとろのトマトスープで煮込んだうどん、おもしろそうだが危険な香りしかしない…。

ビールを飲みながら待つうちに、赤いうどんが登場した。真っ赤なスープに、ねぎとレタスがたっぷり乗っている。おそるおそる食べてみると…美味しいではないか。とろとろのスープは、トマトの酸味や甘みとともに、和風の出汁の風味がふんわりと感じられる。もちもちのうどんとの相性もいいし、シャキシャキのレタスをスープに浸しながら食べるのもいい。スープに浮かんでいる揚げ物はなんだろうと思ったら、チキンカツだった。これまたトマトスープとの相性が申し分ない。和と洋の不思議な組み合わせ。おもしろいなあ、美味しいなあと思ううちに、お腹いっぱい。ごちそうさま。

生涯青春の湯「つるつる温泉」赤いうどん

つるつる温泉オリジナル「赤いうどん」。トマトスープの染みたチキンカツも美味

 

帰り、バスを待つ間に館内のお土産コーナーへ。西多摩地区の名産品や採れたての野菜がずらりと並んでいる。お店のお姉さんに笑われるほどあれこれ買い込み、幸せな気持ちで温泉をあとにした。やっぱり、下山後の温泉は気持ちいいし、地元のおいしいものでお腹を満たすのは幸せだ。下山メシ、万歳。

生涯青春の湯「つるつる温泉」お土産コーナー

完熟してから収穫する「日の出トマト」など、豊富な品揃え

 

生涯青春の湯 つるつる温泉

日の出山の東麓に建つ、天然温泉の日帰り入浴施設。アルカリ成分の高い温泉が人気だ。館内にはゆったりくつろげる大広間、地元の名産品が揃う売店のほか、メニューの充実したパノラマ食堂も。食堂のみの利用も可能。

住所:東京都西多摩郡日の出町大久野4718
電話:042-597-1126
HP:http://www.tsurutsuru-onsen.com/

※新型コロナウイルス感染予防対策の関係で、休業あるいは営業時間・形態等に変更がある場合があります。ホームページより最新情報をご確認のうえ、お出かけください。

日本の山 料理・食料
教えてくれた人

西野 淑子(登山ガイド・フリーライター)

初心者向け登山ガイドブックや山岳雑誌などで取材・執筆を行うフリーライターで、登山ガイドの資格を持つ。関東近郊を中心に低山歩きからアルパインクライミングまで楽しむオールラウンダー。気の会う仲間と山を歩き、下山後に美味しいものでお腹と心を満たすことに無上の喜びを感じている。

同じテーマの記事
高尾山からの下山後にイタリアンの選択。高尾山名物の和食材ものせた“高尾山風”パスタ
下山後に味わいたい粋なごはんを紹介するライター西野 淑子さんの「下山メシのよろこび」。今回は、都心の新宿から1時間ほどでアクセスできるため手軽でありながら、豊かな自然と歴史ある文化を楽しめる高尾山へ。高尾山名物の和食材「〇〇〇」をのせた洋食料理を食す。
箱根旧街道へ行くならはずせない。江戸初期創業の老舗甘味処「甘酒茶屋」で舌鼓
下山後に味わいたい粋なごはんを紹介するライター西野 淑子さんの「下山メシのよろこび」。今回は、下山後ではなく、街道ハイキング中に、立ち寄りポイントとして計画にいれてもらいたい甘味処を紹介する。
ときどきでてくる「しゃきっ」という食感が楽しい。地元食材を使ったチャーハンを徳澤園「みちくさ食堂」で
下山後に味わいたい粋なごはんを紹介するライター西野 淑子さんの「下山メシのよろこび」。今回は、槍ヶ岳の取材終わりで上高地 徳沢へ。カメラマンさんのおすすめは・・・
そばを食べようと思っていたのに…。箱根でのハイキング後の下山メシは手打ちそば屋「山そば」で
下山後に味わいたい粋なごはんを紹介するライター西野 淑子さんの「下山メシのよろこび」。今回は、箱根でのハイキングを楽しんだあと、遅めの昼ごはんを求めて箱根湯本駅へ。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年8月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました