このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨に山で、ひそかに咲くバイカツツジ。美しい花なのに登山者に知られていない3つの理由

髙橋 修の「山に生きる花・植物たち」
たしなみ 2020年07月06日

梅雨時にでもたまには晴れの日がある。こんな時には花の山に登りに行こう。梅雨時にはこの時期にしか咲かない花がある。その1つが、今回紹介するバイカツツジだ。

 

うっとうしい梅雨が続くが、花を見に行くための山歩きは続けている。半日でも時間があれば花を探しに山に行く。梅雨時でなければ咲かない花もあるからである。

こんな梅雨時を好んで咲く花を求めて、先日奥多摩の三頭山に登った。その花の名はバイカツツジ。漢字では「梅花躑躅」で、5つに分かれた躑躅としては小型の花冠の様子が、ウメの花に似ているから名付けられている。写真を見てもらえばわかるのだが、白地に紅色の斑点があり、とてもきれいな花である

バイカツツジの花のアップ。ウメの花に似ている、美しい花だ


美しい花であり、ステキな名前ではあるが、「バイカツツジを見たことがある」「バイカツツジを知っている」という登山者はほとんどいない。同じツツジでも、レンゲツツジやアズマシャクナゲを知らない登山者は少ない。バイカツツジは北海道から、本州、四国、九州と広く分布するツツジである、にもかかわらずバイカツツジが知られていない理由は3つある。

ひとつは咲く時期である。6月下旬から7月下旬までという梅雨時に咲くから。梅雨時にはそもそも登山者が少ないので、バイカツツジの花を見ることそのものが少ないのだ。

バイカツツジの木、花は小さく咲いている。探してみよう

これならバイカツツジと分かるだろうか?

もうひとつの理由は花が小さいことだ。バイカツツジはツツジ属としては花が小さく直径2cmしかない。レンゲツツジは花の直径は5-8cmもある。花が小さいツツジはほかにもたくさんあるが、そのようなツツジはたくさん集まって咲くことが多い。

最後になかなか花が見つからない理由が、花は葉が展開した後に、わざわざ葉に隠れるように斜め下を向いて咲くからだ。花を探すためには、わざわざ一枚一枚葉の下を覗き込まなければいけないのである。

葉の下で咲いているバイカツツジの花。そのため見つけにくい


3つの理由には、それぞれ関連性がある。実はバイカツツジはわざわざ梅雨時に咲いているのである。そもそも、梅雨時の山には他の花が少ない。植物は昆虫に花粉を運んでもらうために花を咲かせているが、雨が降ると花粉や花蜜が雨で流され、花を訪れる昆虫も少なくなるので効率が悪い。このため、多くの植物は梅雨時に花を咲かすことが少ない。

しかし、花が少ないということは、花粉を運ぶハチやチョウなどの花粉を媒介する昆虫を、梅雨の晴れ間には独占できることになる。小さな目立たない花でも、咲いてさえいればほかに花がないために、昆虫が探して訪れ、花粉を運んでくれる。このため、梅雨時の開花がバイカツツジにとって効率がよい。

バイカツツジが目立たないのは、雨に打たれる面積を小さくするためだ。そして葉の下で咲くのは、葉を雨傘のように使っているから。すべてはバイカツツジが梅雨時に咲くためのテクニックである。

小さく、目立たないバイカツツジ。わざわざ梅雨時に咲くひねくれものである。しかし梅雨時に咲く花がまったくなければ、花の蜜を吸う昆虫も死んでしまう。自然は色々なものが 関係しあって生きている。多様性が重要なのだ。

これから、奥多摩の三頭山では、バイカツツジがまだまだ咲くし、ギンバイソウなどの花も咲く。梅雨の合間に、このかわいらしい花に会いに行こう。ただし、三頭山都民の森は月曜日が休みなので注意が必要だ。

奥多摩・三頭山の、緑に包まれた登山道の様子。これからバイカツツジの花はまだまだ咲く

 

日本の山 自然観察
教えてくれた人

髙橋 修

自然・植物写真家。子どものころに『アーサーランサム全集(ツバメ号とアマゾン号など)』(岩波書店)を読んで自然観察に興味を持つ。中学入学のお祝いにニコンの双眼鏡を買ってもらい、野鳥観察にのめりこむ。大学卒業後は山岳専門旅行会社、海専門旅行会社を経て、フリーカメラマンとして活動。山岳写真から、植物写真に目覚め、植物写真家の木原浩氏に師事。植物だけでなく、世界史・文化・お土産・おいしいものまで幅広い知識を持つ。

⇒髙橋修さんのブログ『サラノキの森』

同じテーマの記事
名前のイメージは悪いが、梅雨の散歩を彩る花、ドクダミ。
危機的状況は去ったものの、まだ積極的な外出を控えている人も多いと思う。それでも自宅の周囲を歩いて、なまった身体を動かしてほしい。そして街の草木に目を向けると、今の時期はドクダミの花の姿が目立つ。今回はドクダミの花の話だ。
5月の街中に咲く野生植物――、「名もなき雑草」という名前の花はない!
「STAY HOME」が叫ばれているが、近所の散歩は制限の対象ではないので、大いに行ってほしい。その散歩も、ひと工夫で楽しみが広がる。「名もなき雑草」と呼ばれる草花の名前を知ることで、新しい発見があるはずだ。
こんなときには身近な街中散歩で、花登山のためのトレーニングをしよう!
家に閉じこもってばかりでは健康にはもちろん、精神衛生上も好ましいものではない。外に出れば、街でもたくさんの花が咲き始めている。そんな花の姿を見ながら、少し体を動かしてみてはいかがだろうか?
高性能なパラボラアンテナを持つ、孤高で難易度が高い花・フクジュソウ
春を感じる日がだんだんと増えてきましたね。今回は「春の使者」とも呼ばれるフクジュソウ(福寿草)について、植物写真家の高橋修さんが詳しく教えてくれました。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年8月11日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...