このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年7月28日の富士山の遭難事故――、台風が異常な経路を取った理由は?

山岳防災気象予報士・大矢康裕が教える山の天気のイロハ
基礎知識 2020年07月17日

今回取り上げるのは、常識では考えられないような進路をたどった2018年7月の台風12号が引き起こした、富士山での山岳遭難事例です。なぜ異常な進路をたどり、それにより何が起きたのかを分析します。

 

ヤマケイオンライン読者の皆様、山岳防災気象予報士の大矢です。今回は台風の山岳遭難事例について取り上げたいと思います。2019年は台風19号が大きな被害をもたらせましたが、この事例では麓だけでなく、南アルプスを中心に多くの山域で登山道が崩壊するなどの被害をもたらしました。山では決して出会いたくない忌まわしい気象現象の一つが台風だと思います。

台風による山岳遭難事例として、第5回目のコラム記事では台風が北海道に再上陸したことによって発生した2002年7月のトムラウシ遭難事故について取り上げましたが、今回はもっと異常な進路を取って2018年7月末に富士山での遭難事故をもたらした、台風12号について取り上げたいと思います。

図1: 2018年7月28日12時の台風12号の気象衛星画像(出典:NASA EOSDIS Worldview

 

遭難事故の概要と気象状況から見えてくるもの

まずは事故の概要から説明します。静岡県からの業務委託を受けて2018年7月27日未明から富士山山頂付近で、登山客の誘導やマナー啓発をしていた警備会社の男性2名は、28日午前10時に勤務を終え、午後1時から2時に下山する予定でした。しかし、台風12号が接近する予報であるため、予定を早めて午前11時45分頃に山頂から下山を開始しました。

しかし、天気は急激に悪化、午後1時40分頃に御殿場口の6合目(標高約2950m)にいた2人から「強風で歩けなくなった」との119番通報。2人は県警山岳救助隊と合流して5合目まで下山したものの、午後10時20分頃に2人のうち71歳のNさんの容体が急変し、搬送先の病院で死亡が確認されたのでした。死因は冷たい雨と強風にさらされたことによる低体温症でした。

 

2018年7月28日の遭難当時の気象状況

2018年7月25日3時に発生した台風12号 JONGDARI(ジョンダリ)は、27日に小笠原諸島の東を北上し、進路を西寄りに変えて28日午後には伊豆諸島に接近(図2)、台風12号はそのまま西に進んで29日1時頃に強い勢力のまま三重県伊勢市付近に上陸しています。

図2:2018年7月28日12時の地上天気図(出典:気象庁) ※ピンクは強風が吹いた推定範囲


当時の富士山頂付近の気象状況を解析してみますと、図3に示すように標高約2000m以上では台風の接近とともに、12時(図の03z)以降は急激に風が強まっていることが分かります。

図3:富士山山頂付近の風速の解析(気象庁データに基づき大矢解析)


これが台風の恐さです。広い範囲で強風が吹く温帯低気圧と違って、台風の暴風や強風は狭い範囲で吹くため、台風が接近してくると急激に強まります。図2の地上天気図で風が強いのは、等圧線の間隔が狭くなっているエリア(ピンクの塗り潰し部分)です。したがって、図2を見れば12時以降は富士山付近の風は急激に強まることは予測できます。『台風が接近してくる時の風は急激に強まる』ことを肝に銘じていただきたいと思います。

 

2018年台風12号の経路と例年の台風の経路

図4に台風12号の経路を示します。図5の日本付近に接近する台風の通常の経路と比較して、いかに異常な経路を取ったかということが分かると思います。日本付近で西に進む「迷走台風」は過去にもありますが、これほど見事に反時計回りに進んだ台風は珍しいです。ただし、気象庁は26日頃から台風12号が西に進むという進路予報を出しており、台風12号の進路自体は気象庁の台風予報を見ていれば把握することはできました。

図4:2018年台風19号の経路(出典:デジタル台風)

図5:例年の台風の経路(出典:気象庁)

 

富士山は台風12号の危険半円だった

さらに今回の富士山での遭難事故で不運だったことは、台風12号が富士山の南を西に進んだために、富士山は台風12号の「危険半円」になってしまったことです。

図6のように台風の進行方向に対して右側で風速が強まる危険半円になりますので、日本付近で北東に進む通常の台風だったら、台風の東側で危険半円になります。ところが、今回は台風が西に進んだために通常とは違って台風の北側が危険半円になってしまいました。

台風の危険半円についての正しい知識があれば、下山時刻を早めるか、無理せず山小屋に避難することによって防ぐことができた事故だったかもしれません。

図6:台風の風の特徴(危険半円と可航半円) (出典:警視庁警護部災害対策課twitter

 

何が台風12号の異常な進路に影響したのか・・・、今回も影武者「寒冷渦」がいた!

第5回目のコラム記事の2002年7月のトムラウシ遭難事故でも台風の進路に寒冷渦が影響していましたが、今回の台風12号の進路を文字通り「振り回した」影武者も寒冷渦です。

★第5回目のコラム記事/2002年7月のトムラウシ山遭難事故の教訓

それも、よりによって前回の2012年8月の槍ヶ岳での落雷事故をもたらした寒冷渦と同様に、地上天気図に全く痕跡を残さず、はるか上空の成層圏からやってくる渦が原因である質(タチ)の悪い寒冷渦です。上空のサイレント低気圧、またはゴースト低気圧と呼んでも良いかもしれません。

渦の強さと大気の安定度の掛け算である「渦位」というパラメータ(これは覚えなくて良いです)で上空の渦の様子を見ると、日本の東で成層圏から千切れた渦が寒冷渦となって西日本の南に進んで、台風12号をハンマー投げのように振り回しているかのようです(図7)。

図7:台風19号と寒冷渦による上空の渦(パラメータ:渦位)の様子(気象庁のデータの基づき大矢作成)


図7の通り、上空では台風12号の渦より、影武者である寒冷渦による渦の方がはるかに巨大です(これは記憶に留めておいてください)。寒冷渦は巨大なので重くて台風から風の影響ではほとんど動かず、台風だけが寒冷渦からの風によって流されるため、地上天気図で見ると、あたかも台風12号は迷走したかのように見えたのです。この様子は、下記の動画で確認すると、もっとわかりやすいと思います。


このような過去の山岳遭難事故を、山岳気象の観点と防災の観点から丁寧に紐解いていくことによって、山岳遭難事故を少しでも無くすことに繋げていきたいと願っております。

仕事であれ、趣味であれ、山に登るということを通じて同じ思いを分かち合える「山の仲間」です。その尊い命が失われたことを決して無駄にしてはならないと思います。今後も岐阜大学工学部応用気象学の吉野先生の研究室での研究を更に進めていきたいと思います。

 

教えてくれた人

大矢康裕

気象予報士No.6329、株式会社デンソーで山岳部、日本気象予報士会東海支部に所属し、気象防災NPOウェザーフロンティア東海(WFT)山岳部会の一員として山岳防災活動を実施している。
日本気象予報士会CPD認定第1号。1988年と2008年の二度にわたりキリマンジャロに登頂。キリマンジャロ頂上付近の氷河縮小を目の当たりにして、長期予報や気候変動にも関心を持つに至る。
現在、岐阜大学大学院工学研究科の研究生として山岳気象の解析手法の研究も行っている。

 ⇒Twitter 大矢康裕@山岳防災気象予報士
 ⇒ペンギンおやじのお天気ブログ
 ⇒岐阜大学工学部自然エネルギー研究室

同じテーマの記事
「聖職の碑」の教訓を風化させてはいけない!! 台風と低体温症の恐ろしさ
山岳小説の金字塔「聖職の碑」の中で起きる山岳遭難は、今の時代に照らし合わせても、気象遭難の教訓として大いに参考になる。古い文献を掘り起こして当時の気象状況を探ると、「台風による低体温症」という様子が見えてくる。
観天望気でも防げたかもしれない2012年8月18日の槍ヶ岳落雷事故。その原因は、東と西からやってきた上空寒気
2012年8月18日は、山(槍ヶ岳)と街(大阪)で2件の落雷事故が起きていた。この原因を探ると、日本の遥か東からやってきた上空の寒気と、西からやってきた上空の寒気により、落雷リスクが非常に高くなっていた。そのメカニズムを解説。
2012年5月28日の尾瀬の落雷事故の教訓――、「SSI」を活用して雷を予測しよう! 上空寒気の解説・第4回
山での落雷事故は防ぐには、雷の発生をいち早く知ること。今回は2012年5月の尾瀬ヶ原で起きた落雷事故を事例に、SSI(ショワルター安定指数)という診断ツールについて解説する。
上空寒気が引き起こした2013年4月27日の白馬岳雪崩遭難事故――、麓ではにわか雨でも春山では吹雪
上空寒気の影響で、季節は春・麓は雨でも、山岳地帯は大雪となることもある。そんな事例の1つである、2013年の白馬大雪渓の雪崩事故から、このメカニズムを分析する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年8月11日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...