このエントリーをはてなブックマークに追加

コウモリは気ままに飛んでいるようで、じつは飛行能力が「戦闘機」並み

カラスはずる賢い、ハトは頭が悪い、サメは狂暴、イルカは温厚って本当か?
たしなみ 2020年07月15日

『カラスはずる賢い、ハトは頭が悪い、サメは狂暴、イルカは温厚って本当か?』の著者であり、動物行動学者の松原始さんによる連載。鳥をはじめとする動物たちの見た目や行動から、彼らの真剣で切実で、ちょっと適当だったりもする生きざまを紹介します。第4回は、ヒラヒラと夜空を飛ぶコウモリの話。

コウモリの飛行能力は対昆虫特化戦闘機のようなもの

 

コウモリは鳥より弱いのか?

「鳥なき里のコウモリ」という言葉がある。まがい物でも本家がいなければデカい顔ができる、という意味だ。つまり、この言葉は「飛ぶのはやっぱり鳥、コウモリなんてしょせんは大したことないでしょ」という前提を置いている。
いや、その前提は明らかに不当ですから。

確かにコウモリは鳥ほどスイスイ飛んでいないように見える。だが、よく考えてほしい。そもそも人間はコウモリの飛ぶ姿をほとんど見ていない。夕方、人里近くを飛ぶアブラコウモリの影を目にするくらいだろう。

次に、そのコウモリの飛び方をじっくり見たことがあるだろうか。むやみにパタパタ、ヒラヒラと身を翻して忙しく飛んでいるが、あの動きを目で追うのは大変だ。飛行効率についてはちょっと疑問もあるが、アクロバティックな飛行能力という点ではケチのつけようがない。

実際、彼らは短い胴体を生かして、恐ろしく小さな半径で旋回できる。空中でスピンターンするような勢いで反転し、翼を畳んでクルリと回り込み、目まぐるしく高度を変える。片時も安定しない代わりに、獲物がどんな動きをしても必ず追いかけていけるような飛び方である。

ちなみに、現代のジェット戦闘機はわざと静的安定性のマージンを負にしている。つまり、姿勢が乱れたらどんどん乱れる方にいってしまい、自然に復元することがない。この、「手放しではまっすぐ飛ぶこともできない」不安定さを利用して機動性を上げているからだ(その代わり、フライトコンピュータの介入なしにはまっすぐ飛ぶのが難しい)。
してみると、コウモリのヒラヒラ・フラフラした飛び方は最新鋭の戦闘機と同じだ、という言い方もできるだろう。

コウモリが超音波を発し、その反射を聞いて昆虫を探すのはよく知られている。これは、「エコーロケーション(反響定位)」と呼ばれるが、コウモリの能力はそれだけにとどまらない。彼らは跳ね返ってくる音波の周波数変化から、獲物が接近しているか、遠ざかっているかを判断できる。反射の強さから獲物の大きさを判断し、「こいつは大物だから優先的に狙おう」といった判断もできる。

つまり、空中を監視し、相手の正体や動きを読んで狙いを定める、まるで戦闘機が装備するレーダーのような機能だ。

オヒキコウモリやウオクイコウモリは水面の引き波を探知し、水面直下を泳ぐ魚を足でつかんで飛び去る。こうなるともはや潜水艦を駆り立てる対潜哨戒機のようだ。視界の悪い夜間にやっていることを考えれば、コウモリの探知能力や飛行能力は驚異的である。最高速度や飛行高度では鳥にかなわないかもしれないが、「巧みに飛ぶ」という意味なら、決して鳥に負けていない。

コウモリは、夜の空の覇者

忘れてはいけない。羽ばたき飛行を身につけた脊椎動物は鳥とコウモリだけなのだ。無脊椎動物まで拡張しても、あとは昆虫だけである。

それに、コウモリは夜だけ飛ぶのでもない。オオコウモリは昼行性だ。まあ、多くの小型のコウモリが夜行性になったのは、彼らが進化しようとしていた時には昼間の空を既に鳥が支配していたからだが、逆に言えば、後発でありながら、鳥が征服できなかった夜の空を手に入れたのだ。

コウモリが空を飛ぶ動物として進化したのは、新生代になってからだろう。それまでは鳥と翼竜が空を飛んでいたが、中生代の終わりとともに翼竜が絶滅した。それから、鳥がさらに「空」というニッチを全て埋めるまでの間に、上手に割り込んだのだろう。

コウモリの進化の過程はまだわかっていないが、5200万年ほど前のコウモリの化石は、彼らが既に飛べたことを示している。ただし超音波を操る能力はなかったようで、夜行性にはなっていなかったようだ。鳥と競合しながら、次第に鳥のいない(ということは餌が競合せず、猛禽に襲われることもない)夜間に行動するよう進化していったのだろう。

昼間の空では、コウモリは速度に勝る猛禽に襲われる(実際、夕方になるとチゴハヤブサなどがコウモリを捕食することがある)かもしれないが、夜間なら敵はいない。そして、夜間に昆虫を捕らえられる鳥がヨタカや小型のフクロウだけだ、ということを考えれば、対昆虫用に特化したコウモリの戦略、そしてあの飛び方は決して間違いではない。

コウモリの仲間(翼手目)は1000種近くいて、その種数は全哺乳類の20%以上だ。ネズミについで種類が多い。空を飛んで、他の哺乳類が到達できない離島に分布することもできる(たとえばニュージーランド在来の哺乳類はコウモリだけだ)。これだけ大繁栄している生物を「しょせん鳥じゃないし」とあざけるのは、あまりに失礼というものだろう。

コウモリ1頭が真っ昼間に鳥と勝負しても勝てるとは限らないが、その能力は侮れないし、コウモリに有利な条件なら絶対負けない。そして、繁栄という点でも、負けてはいないのである。

(本記事は『カラスはずる賢い、ハトは頭が悪い、サメは狂暴、イルカは温厚って本当か?』からの抜粋です)

 

『カラスはずる賢い、ハトは頭が悪い、サメは狂暴、イルカは温厚って本当か?』発売中

蛇蔵氏(『天地創造デザイン部』原作者)、驚愕! 
「待ってた! ヘンで終わらない、動物のワケがわかる本!」
発売たちまち重版!

じつは私たちは、動物のことをぜんぜん知らない――。私たちが無意識に抱いている生き物への偏見を取り払い、真剣で切実で、ちょっと適当だったりもする彼らの生きざまを紹介。動物行動学者が綴る爆笑必至の科学エッセイ! 本書では、ベストセラー『カラスの教科書』の著者・松原始氏が動物行動学の視点から、 人が無意識に生き物に抱いている〈かわいい〉〈狂暴〉〈やさしい〉〈ずるい〉などのイメージを取り払い、真実の姿と生きざまを紹介します。 身近な生きものを見る目が変わるとともに、生物学の奥行きと面白さが感じられる一冊です。


『カラスはずる賢い、ハトは頭が悪い、サメは狂暴、イルカは温厚って本当か?』
著者:松原 始
発売日:2020年6月13日
価格:本体価格1500円(税別)
仕様:四六判288ページ
ISBNコード:9784635062947
詳細URL:https://www.yamakei.co.jp/products/2819062940.html

amazonで購入 楽天で購入


【著者略歴】
松原 始(まつばら・はじめ )
1969年奈良県生まれ。京都大学理学部卒業、同大学院理学研究科博士課程修了。専門は動物行動学。東京大学総合研究博物館 ・ 特任准教授。研究テーマはカラスの行動と進化。著書に『カラスの教科書』『カラス屋の双眼鏡』『鳥マニアックス』『カラスは飼えるか』など。「カラスは追い払われ、カモメは餌をもらえる」ことに理不尽を感じながら、カラスを観察したり博物館で仕事をしたりしている。

自然観察 知識・雑学
教えてくれた人

松原始

1969年奈良県生まれ。京都大学理学部卒業、同大学院理学研究科博士課程修了。専門は動物行動学。東京大学総合研究博物館 ・ 特任准教授。研究テーマはカラスの行動と進化。著書に『カラスの教科書』『カラス屋の双眼鏡』『鳥マニアックス』『カラスは飼えるか』など。「カラスは追い払われ、カモメは餌をもらえる」ことに理不尽を感じながら、カラスを観察したり博物館で仕事をしたりしている。

同じテーマの記事
山というフィールドでどう楽しむか 動物行動学者・松原始先生 著者インタビュー【後編】
発売後、増刷を重ねている話題の話題の科学エッセイ『カラスはずる賢い、ハトは頭が悪い、サメは狂暴、イルカは温厚って本当か?』。その著者であり、動物行動学者の松原始先生へのインタビュー後編です。 生き物の専門家ならではの山の歩き方、楽しみ方についてお聞きしました。
カラスは意外と気が弱い? 動物行動学者・松原始先生 著者インタビュー【前編】
発売後、増刷を重ねている話題の科学エッセイ『カラスはずる賢い、ハトは頭が悪い、サメは狂暴、イルカは温厚って本当か?』。その著者であり、動物行動学者の松原始先生へインタビュー! カラスの研究や、ユーモア溢れる文章の背景、山を楽しむヒントもお伺いしました。今回は前編です。
カラス、ハト、イカ、ベラーー鏡に映る自分がわからない「意外すぎる動物」とは?
『カラスはずる賢い、ハトは頭が悪い、サメは狂暴、イルカは温厚って本当か?』の著者であり、動物行動学者の松原始さんによる連載。鳥をはじめとする動物たちの見た目や行動から、彼らの真剣で切実で、ちょっと適当だったりもする生きざまを紹介します。第11回では、動物、人間それぞれの「知能」とは何かを考えます。
「アホ扱い」される生物の意外な真実――ハトとアリとイワシ
『カラスはずる賢い、ハトは頭が悪い、サメは狂暴、イルカは温厚って本当か?』の著者であり、動物行動学者の松原始さんによる連載。鳥をはじめとする動物たちの見た目や行動から、彼らの真剣で切実で、ちょっと適当だったりもする生きざまを紹介します。第10回は、動物たちの「賢さ」について。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雪時々止む
明後日

曇のち晴
(日本気象協会提供:2021年1月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...