このエントリーをはてなブックマークに追加

台風が季節外れの強い寒気を呼び込んだ――、1989年10月8日の立山中高年大量遭難事故

山岳防災気象予報士・大矢康裕が教える山の天気のイロハ
基礎知識 2020年09月01日

1989年10月初旬、北アルプス・立山連峰。10人のパーティが強まる吹雪の中で次々に身動きが取れなくなってしまった。まだ10月初旬だというのに、なぜ大量遭難を起こすような吹雪となったのか? 気象庁のJRA-55(気象庁55年長期再解析データ)を使って、当時の様子を確認する。

 

ヤマケイオンライン読者の皆様、山岳防災気象予報士の大矢です。9月に入ると山では麓よりも早く秋へと移り始め、時として冬山の様相を見せ始めます。9月の積雪は北海道の山ではごく普通にありますし、北アルプスでも珍しいことではありません。この時期は春山と同様に麓と山との天候のギャップが大きいため、麓の天気によって判断してしまうことによる遭難事故が多くなる時期でもあります。

今回は、2009年7月のトムラウシ遭難事故と同様の大量遭難事故であり、中高年登山のあり方と低体温症の恐ろしさについて世の中に警鐘を鳴らした1989年の立山中高年大量遭難事故について解説したいと思います。

別山から望む真砂岳と立山(ヤマケイオンラインより)

 

1989年10月8日に発生した立山中高年大量遭難事故の概要

まずは、この遭難事故の概要について確認してみましょう。

1989年10月8日に、京都や滋賀の税理士を中心とした10人のパーティーが、室堂から一ノ越に登って、立山(大汝山)、真砂岳、剱岳を往復、そして室堂に下山という計画で入山した。

室堂を8時45分頃に出発してから天気が悪化し始めて、一ノ越山荘に着いた頃には吹雪になっていた。さらに吹雪が強まる中を進むが、体調を崩すメンバーも出始めて、雄山に着くまでには標準コースタイムの倍近い時間が掛かっていた。

ここで撤退の判断を下すべきだったが、そのまま登山を続行し、真砂岳の南にある大走り分岐付近で低体温症が悪化して行動不能になったメンバーが出たことにより、ようやく救助要請を出すことに決定。しかし、時すでに遅く、8人が低体温症で亡くなるという最悪の事態となった。

図1.立山室堂から真砂岳周辺の地形図の様子 

 

この遭難事故の詳細は、「ドキュメント気象遭難」(著者:羽根田治、ヤマケイ文庫)に掲載されていますので、興味がある方はぜひお読みください。

この本では、この立山遭難事故は「秋・太平洋沿岸低気圧 立山-凍死」と表題がついていますが、実際には日本の東を離れて通過した台風25号が、季節外れの強い寒気を呼び込んだことによる遭難事故です。

そして、様々なメディアで「冬型気圧配置による遭難事故」とこれまで解説されていますが、このコラム記事で以下に述べているように、実際には地上天気図では強い寒気が入るような典型的な冬型気圧配置にはなっていないことは先に記しておきます。

 

地上天気図では予想できなかった強い寒気

今回の遭難事例の最大の焦点は、「なぜこのような悪天候になったのか」に尽きると思います。確かに遭難事故当日は悪天予想が出ていたようですが、早朝は晴れていたそうです。これがまず油断に繋がったことは間違いないと思います。

さらに、当日にどのような気象状況になっていたのかを、気象庁のJRA-55(気象庁55年長期再解析データ)を使って解析してみることにしました。JRA-55は、気象解析技術がまだ不十分だった1958年から55年間の高層を含む気象状況を、現在の解析技術によって再現したものです。過去の山岳遭難事故の解析に使用するのは、おそらく今回の私が初めてではないかと思われます。

まず、地上天気図です。第6回目に取り上げた2006年10月7日の白馬岳遭難事故の時の地上天気図と比較すると、違いは一目瞭然です。

比較すると、2006年の白馬岳遭難事故では、九州から関東を横切る等圧線が6本あるのに対して、1989年の立山遭難事故では半分の3本しかありません。

図2.1989年10月8日9時の地上天気図(気象庁のJRA-55データに基づき大矢解析)
 

図3.白馬岳遭難事故時の2006年10月7日15時の地上天気図


『台風や南岸低気圧が太平洋側を北上する時、日本海側の山は寒気が入って荒れる』ということは、知る人ぞ知る常識なのですが、この地上天気図だけでは強い寒気が南下してくることを読み取るのは困難です。

そして、立山遭難事故に「冬型気圧配置による遭難」とのレッテルを貼ってしまうと、地上天気図だけ見て「等圧線の間隔が広いから大丈夫」、「台風が離れつつあるから大丈夫」と考える人が出てくるのではないかと心配しています。

 

では立山の真砂岳付近の気象状況はどうだったのか

次にJRA-55データに基づいて、700hPa(上空約3000m)の気象状況について解析したものが図4です。北からの寒気の南下が明瞭で、真砂岳付近では10月8日15時の時点で気温:-6℃、西北西の風15m/sです。

風速1m/sにつき体感温度は1℃低下しますので、真砂岳付近では体感温度:-21℃(=-6℃-15℃)となり、備えの無い軽装登山ではひとたまりもなかったと思われます。ちなみに助かった2人は防寒などの備えがあり、これが生死を分けています。

図4.700hPa(3000m)の気温と風(JRA-55に基づき大矢解析)


さらに注目は、図5に示した真砂岳付近での気温の時間推移です。900hPa(上空約1000m)、800hPa(2000m)と比べて、真砂岳付近の標高に相当する700hPaでは前夜から15時にかけて気温が一気に10℃以上も急低下しています。麓の富山地方気象台による10月8日15時の観測データでは、気温:13.2℃、南の風1.9m/s、曇りとなっていて、真砂岳付近では麓の天気では想像ができないような厳しい気象状況になっていたようです。

図5.真砂岳付近の900hPa(1000m/青)、800hPa(2000m/赤)、700hPa(3000m/緑)の気温の推移(JRA-55に基づき大矢解析)

 

なぜこのような季節外れの強い寒気が入ったのか?

ここで解析を止めしまっては、真因をつかむことができません。さらにJRA-55データによる解析を進めてみました。図6は500hPa(上空約5500m)の等高度線(地上天気図の等圧線に相当)、気温、風の10月8日15時の広域での解析図になります。

図6.500hPaの等高度線・気温・風。偏西風の蛇行が大きいのが確認できる(JRA-55に基づき大矢解析)


日本の東には太平洋高気圧があって、台風は太平洋高気圧の北への張り出しを強めた→その結果、日本付近での偏西風の蛇行が大きくなって、北からの季節外れの強い寒気が南下した・・・というシナリオがこの500hPa天気図から読み取れます。

私は、このようなスケールの大きな現象が起きたことが、立山中高年大量遭難事故の真因だったと考えております。したがって、今後、似たような気圧配置が予想される時は要注意と思います。

このような過去の遭難事故の真因を突き止めていくことによって、同じような遭難事故の繰り返しを少しでも減らすことに繋がっていくことを願っております。岐阜大学の吉野純先生の研究室で、今後も研究活動を継続して参りたいと思っています。

 

天気 日本の山 遭難・事件
教えてくれた人

大矢康裕

気象予報士No.6329、株式会社デンソーで山岳部、日本気象予報士会東海支部に所属し、気象防災NPOウェザーフロンティア東海(WFT)山岳部会の一員として山岳防災活動を実施している。
日本気象予報士会CPD認定第1号。1988年と2008年の二度にわたりキリマンジャロに登頂。キリマンジャロ頂上付近の氷河縮小を目の当たりにして、長期予報や気候変動にも関心を持つに至る。
現在、岐阜大学大学院工学研究科の研究生として山岳気象の解析手法の研究も行っている。

 ⇒Twitter 大矢康裕@山岳防災気象予報士
 ⇒ペンギンおやじのお天気ブログ
 ⇒岐阜大学工学部自然エネルギー研究室

同じテーマの記事
1959年10月、南岸を通過した台風18号による大量遭難。生死を分けたのは「濡れた衣服を着替えたかどうか」
1959年10月10日、台風の影響で、大学山岳部や社会人山岳会の数パーティーのうち8名が低体温症によって亡くなった――。当時、「台風崩れの南岸低気圧が引き込んだ寒気」とされたこの山岳遭難事故、今の技術で分析してみると、他の部分にも原因が見えてきた。
「聖職の碑」の教訓を風化させてはいけない!! 台風と低体温症の恐ろしさ
山岳小説の金字塔「聖職の碑」の中で起きる山岳遭難は、今の時代に照らし合わせても、気象遭難の教訓として大いに参考になる。古い文献を掘り起こして当時の気象状況を探ると、「台風による低体温症」という様子が見えてくる。
2018年7月28日の富士山の遭難事故――、台風が異常な経路を取った理由は?
今回取り上げるのは、常識では考えられないような進路をたどった2018年7月の台風12号が引き起こした、富士山での山岳遭難事例です。なぜ異常な進路をたどり、それにより何が起きたのかを分析します。
観天望気でも防げたかもしれない2012年8月18日の槍ヶ岳落雷事故。その原因は、東と西からやってきた上空寒気
2012年8月18日は、山(槍ヶ岳)と街(大阪)で2件の落雷事故が起きていた。この原因を探ると、日本の遥か東からやってきた上空の寒気と、西からやってきた上空の寒気により、落雷リスクが非常に高くなっていた。そのメカニズムを解説。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年9月24日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
NEW 秋田白神の森の魅力を満喫するツアー開催
秋田白神の森の魅力を満喫するツアー開催 小林千穂さん、現地ガイドが同行する、世界遺産・秋田白神の魅力を満喫する特別ツアー開催。参加者6名募集!
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
NEW 背面機構が特徴! マムートのバックパック
背面機構が特徴! マムートのバックパック 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。久しぶりの山行テストは、独自の背面機構を持つマムートのバックパック!
NEW いつか登りたい名山!笠ヶ岳/黒部五郎岳
いつか登りたい名山!笠ヶ岳/黒部五郎岳 標高差が大きく長時間の登りを要する笠ヶ岳。一日ではたどり着かない秘境・黒部五郎岳。上級編として、2座の魅力を伝えます。
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...