このエントリーをはてなブックマークに追加

秘湯とともに、秘境の雰囲気を味わう鬼怒沼山。奥鬼怒・女夫淵から、尾瀬・大清水へと縦走する

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2020年08月25日

高層湿原では日本一の高所にあるとも言われる鬼怒沼(諸説あり)。すぐとなりに位置する、賑やかな尾瀬や日光に比べると訪れる人は少なく、秘境感を味わえる場所だ。麓に擁する、秘湯・奥鬼怒四湯が、さらなる秘境感を味わせてくれる。たくさんの花が咲く初夏のシーズンや、紅葉に染まる秋も楽しいが、残暑厳しい季節も趣がある。

 

栃木県を流れる、鬼怒川の源頭部に位置する鬼怒沼。名前は沼ですが、実際には一つの沼ではなく、大小40あまりの池塘が集まった標高約2020mの高層湿原を指します。

鬼怒沼山は、その鬼怒沼の北端から北東に約1km離れた場所にある、三等三角点の設置されたピークです。奥まった位置にあり、道もやや解りにくいのですが、そのことが秘境の雰囲気も感じさせてくれる山頂となっています。

鬼怒沼の南側の、木道が左右につけられた間にある大きな池塘


今回は栃木県側の奥鬼怒温泉郷から入山し、鬼怒沼を巡って鬼怒沼山に立ったあと、群馬県の大清水に下るコースを紹介します。1泊2日で温泉と湿原とを楽しむ、充実した山旅を楽しめるコースです。

日光澤温泉泊、女夫淵から鬼怒沼山、大清水へと縦走

■行程

【1日目】女夫淵バス停・・・八丁湯・・・加仁湯・・・日光澤温泉(約2時間)
【2日目】日光澤温泉・・・オロオソロシの滝展望台・・・鬼怒沼・・・鬼怒沼山・・・物見山・・・湯沢・・・大清水(約7時間)

⇒コースタイム付き登山地図はこちら

 

4つある奥鬼怒温泉郷を堪能する1夜目

登山口奥鬼怒温泉郷へは、東武鉄道鬼怒川線の鬼怒川温泉駅からバスで向かいます。途中1回の休憩を交えつつ、1時間半ほどで終点の女夫淵に到着。バス停から大きな橋を渡ると、すぐ右手が奥鬼怒歩道の入口で、ここから今回の山旅がスタートします。

しばらく鬼怒川沿いの平坦な道をたどります。途中右手にあるゴザ池の滝は、高さは5mほどと小さいものの、水量が多くて迫力があるので、ぜひ立ち寄ることをお勧めします。

整備された歩きやすい奥鬼怒歩道の様子(左)と、迫力あるゴザ池の滝(右)


やがて目の前に現れる建物が、奥鬼怒温泉郷のひとつ八丁湯です。そこから林道を進むと、加仁湯の大きな建物が現れます。さらに進んだ先の、落ち着いた古風な建物が日光澤温泉です。

奥鬼怒温泉郷とは、この八丁湯、加仁湯、日光澤温泉と、少し離れた手白沢温泉の4つの温泉の総称で、奥鬼怒四湯とも呼ばれて親しまれています。この4つのどれかに宿泊することになるのですが、通常は鬼怒沼にもっとも近い、日光澤温泉に宿泊するのが、翌日の行動を考えれば確実でしょう。なお宿泊時には、電話予約が必須です(電話番号:0288-96-0361)。

お風呂は内湯のほか、上下2段に分かれた露天風呂があり、快適な入浴が楽しめます。

可愛らしい飼い犬たちが出迎えてくれる日光澤温泉(左)と、白濁したお湯が特徴の露天風呂

 

深い樹林を抜けると眩い湿原が広がる

翌日は、飼い犬たちに見送られつつ出発。右手の屋根を潜るとすぐに根名草山との分岐となり、右へ進みます。日光澤温泉の赤い屋根を見つつ橋を渡り、ヒナタオソロシの滝展望台分岐は右に向かって尾根上の道へ。間もなくオロオソロシの滝展望台に到着しますが、展望台からの滝は遠くの木立の間に見え隠れするのみです。

やがて斜面をトラバースつつ進むと傾斜は緩み、樹林の中の木道をたどって少しずつ高度を上げていきます。

途中の苔が見事な区間(左)と、樹林の中の標識。引っかき傷は、おそらくクマによるもの(右)


前方が明るさを増してくると、ふいに鬼怒沼の南端へと飛び出ます。それまでの雰囲気とは一変した明るさで、思わず声が出るところ。すぐ左手にベンチもあって、休憩にも最適です。

二手に分かれる木道は、右をたどったほうが池塘の数が多くて楽しめるでしょう。300mほど進むと、木道は合流。その先の右の池塘が、鬼怒沼では最大です。ここにもベンチがあり、景色を楽しむには最適です。

鬼怒沼南端の様子。訪れる登山者は比較的少なく、静かな散策が楽しめます


次の分岐を右へ進むと湿原は終わり、周囲が樹林に変わるところに鬼怒沼巡視小屋が立っています。鬼怒沼山へはその先のT字路を、右の尾瀬沼方向に進みます。

なだらかに登って鞍部に下り、さらに左に下ったところが、縦走路から枝分かれする鬼怒沼山の登り口。テープを追って踏み跡をたどると、三等三角点の設置された頂上です。樹林に囲まれて狭く、展望は皆無なのですが、原始の趣きが感じられるでしょう。

下山は来た道を引き返して、T字路を直進。小沢を渡った先が、物見山頂上です。やはり樹林に囲まれて展望はありませんが、こちらは広くて休憩には最適です。

そこからは、足に負担のかかる段差の大きな下りが続きます。標高差770mを一気に下ったところに流れるのが湯沢で、飛び石伝いで慎重に渡渉します。対岸に通じる林道を、30分ほど歩けば尾瀬の登山口でもある、大清水に到着です。

針葉樹林の中の鬼怒沼頂上(左)と、物見山から湯沢に下る急な尾根の様子(右)


このコースは、鬼怒沼までは標識が多く、道の整備も行き届いています。しかしその先、鬼怒沼山への登路や大清水への下山路は、最低限の標識しかありません。慎重に地図読みしつつ、必要に応じてGPSアプリなども活用した上で、現在位置や進路の判断が必要です。

また、大清水からのバスは時間が限られるので、ペース配分にも配慮しましょう。朝は早立ちするプランニングであれば、時間に余裕ができで自由度が高まるでしょう。

 

日本の山 ガイド 記録・ルポ
教えてくれた人

木元康晴

1966年、秋田県出身。東京都山岳連盟海外委員、日本山岳ガイド協会認定登山ガイド(ステージⅢ)。2009年から登山ガイドの仕事を始め、2011年から『山と溪谷』『ワンダーフォーゲル』『岳人』などで数多くの記事を執筆。
ヤマケイ登山学校『山のリスクマネジメント』では監修を担当。著書に『IT時代の山岳遭難』、『山のABC 山の安全管理術』、『関東百名山』(共著)など。

同じテーマの記事
男鹿山塊の名峰・日留賀岳。ブナの原生林の紅葉と、開放感あふれる展望を満喫する山
栃木県と福島県の県境、男鹿山塊とよばれる山域は、人の訪れることもまれな山々が連なっている。この山々の中で数少ない登山道がついているのが日留賀岳。豊かな自然が残る山で、深まる秋を楽しんでみよう。
頸城山塊・雨飾山 色づき始めた荒菅沢奥壁の紅葉と岩峰を楽しむ
妙高山、火打山が連なる頸城(くびき)山塊の西端にそびえる雨飾山。荒菅沢奥壁の岩壁「布団菱」を彩る紅葉が素晴らしい。
極彩色の紅葉大パノラマ 酸ヶ湯温泉から八甲田大岳、毛無岱を巡る
四季を通じて登山者を魅了する八甲田山は、中でも紅葉の美しさで有名です。八甲田大岳を登り、黄金の草紅葉が輝く湿原を散策します。
尾瀬・燧ヶ岳、9月下旬~10月初旬、登山道中に点在する湿原や見下ろす尾瀬ヶ原は草紅葉に染まる
東北地方の最高峰で、尾瀬のシンボル的な山でもある燧ヶ岳。9月下旬から10月初旬、登山道中に点在する湿原は草紅葉で色づき、見下ろす尾瀬ヶ原は秋錦の絨毯のように輝く。尾瀬の秋を堪能できる燧ヶ岳を縦走する山旅を紹介する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年10月23日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...