このエントリーをはてなブックマークに追加

下山時は危険の少ない場所でも集中力を高めて油断のない行動を 島崎三歩の「山岳通信」第197号

島崎三歩の「山岳通信」
その他 2020年08月21日

長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2020年8月20日に配信された第197号では、遭難が起きている場所が、比較的危険性の少ない場所で起きた転倒・滑落事故が多いことを指摘、集中力を高めて油断のない行動を促している。

 

8月20日に配信された『島崎三歩の「山岳通信」』第197号では、期間中に起きた20件の山岳遭難事例について説明。以下に抜粋・掲載する。

  • 8月11日、北アルプス槍ヶ岳で、単独で入山した62歳の男性が、槍沢を横尾へ向けて下山中に転倒、負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

  • 8月11日、北アルプス蝶ヶ岳で、家族2人で入山した58歳の男性が、槍見台付近を下山中に転倒、負傷する山岳遭難が発生。男性は松本警察署山岳遭難救助隊員により救助された。

  • 8月11日、飯田市南信濃の梶谷川で、渓流釣りのために単独で梶谷川に出かけた70歳の男性が、何らかの原因により行動不能となり、死亡が確認された。

  • 8月12日、北アルプス大天井岳で、単独で入山した26歳の男性が、テント泊中に体調を崩して行動ができなくなる山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

  • 8月12日、北アルプス後立山連峰白馬岳で、仲間と3人で入山した73歳の男性が、白馬岳大雪渓を下山中に疲労で行動ができなくなる山岳遭難が発生。男性は長野県山岳遭難防止対策協会夏山常駐隊パトロール隊員、大町警察署山岳遭難救助隊員及び北アルプス山岳遭難防止対策協会白馬班救助隊員により救助された。

  • 8月12日、八ヶ岳連峰横岳で、単独で入山した67歳の男性が、硫黄岳から日ノ岳付近を縦走中に道に迷い、行動ができなくなる山岳遭難が発生。男性は諏訪地区山岳遭難防止対策協会救助隊員により救助された。

  • 8月13日、八ヶ岳連峰の桜平夏沢峠登山道で、トレイルランニングのために単独で入山した48歳の男性が、下山中に転倒して負傷する山岳遭難が発生。茅野警察署山岳遭難救助隊員、諏訪地区山岳遭難防止対策協会救助隊員、諏訪広域消防本部救助隊が、登山口まで下山した男性と合流して救助した。

  • 8月13日、北アルプス奥穂高岳で、ツアー登山で入山した70歳の男性が、ザイテングラートを下山中に滑落、負傷する山岳遭難が発生。男性は松本警察署山岳遭難救助隊、長野県山岳遭難防止対策協会夏山常駐パトロール隊により救助された。

  • 8月14日、南佐久郡川上村小川山付近の廻り目平で、仲間と3人でロッククライミングのために入山した50歳の男性が、クライミング中にバランスを崩して転落し、負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

小川山・廻り目平の遭難現場の状況/長野県警察本部 ホームページ 山岳遭難発生状況(週報)8月18日付

  • 8月14日、上田市の太郎山で、家族と2人で入山した69歳の女性が、裏参道を下山中に転倒し、負傷する山岳遭難が発生。女性は消防隊員により救助された。

  • 8月14日、北安曇郡小谷村の雨飾山で、家族と2人で入山した62歳の男性が、山頂から笹平付近を下山中に滑落・負傷し、行動ができなくなる山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

  • 8月15日、北アルプス蝶ヶ岳で、3人パーティで入山した42歳の男性が、常念岳から蝶ヶ岳へ縦走中に転倒して滑落、負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

  • 8月15日、下伊那郡阿智村の松沢山で、家族と2人で入山した44歳の男性が、登山中に家族とはぐれて道に迷い、行方不明となる山岳遭難が発生。飯田警察署山岳遭難救助隊員及び阿智村消防団員が捜索したところ、自力で下山してきた男性を発見し、無事を確認した。

  • 8月15日、中央アルプス将棊頭山で、単独で入山した48歳の男性が、将棊頭山から桂小場に下山中にバランスを崩して滑落、負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

  • 8月15日、南アルプス林道北沢峠付近で、2人で入山した38歳および41歳の男性が、甲斐駒ヶ岳から北沢峠付近を下山中に道に迷い、装備不足により行動ができなくなる山岳遭難が発生。男性2人は16日に伊那警察署山岳高原パトロール隊により救助された。

  • 8月16日、飯田市上村の北又沢上流で、渓流釣りのために入山した39歳、46歳、56歳の3人の男性が、下山中に疲労で行動ができなくなる山岳遭難が発生。飯田警察署山岳遭難救助隊員及び飯田市職員が捜索したところ、無人の小屋に休んでいた3名を発見し、無事を確認した。

  • 8月16日、南アルプス鋸岳で、単独で入山した33歳の男性が山頂付近を下山中に滑落・負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

南アルプス鋸岳での遭難現場の状況/長野県警察本部 ホームページ 山岳遭難発生状況(週報)8月18日付

  • 8月16日、北アルプス後立山連峰唐松岳で、仲間と4人で入山した48歳の女性が、扇雪渓付近を下山中に転倒・負傷する山岳遭難が発生。女性は大町警察署山岳遭難救助隊員及び機動隊員により救助された。

  • 8月16日、北アルプス後立山連峰唐松岳で、単独で入山していた40歳の男性が、扇雪渓付近を下山中に、上記と同じ場所で転倒・負傷する山岳遭難が発生。男性は大町警察署山岳遭難救助隊員及び機動隊員により救助された。

  • 8月16日、北アルプス北穂高岳で、仲間と2人で入山した75歳の男性が、北穂高岳南稜を登山中に疲労及び体調不良により行動ができなくなる山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

 

長野県警山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

8月3週は、20件の山岳遭難の発生があり、うち12件は、転倒・滑落によるものです。

遭難の多くは、疲労がたまりやすい下山中に発生しています。転倒・滑落の多くが、ハシゴや鎖が設置されている「危険箇所」よりも、比較的危険性の少ない登山道上で発生しています。これは視覚的に危険性が明らかな場所では、自然と緊張感が増して、慎重な行動を心掛ける一方、一見すると危険性が見えない登山道では、つい油断をしてしまったり、この季節は厳しい暑さによる脱水や疲労により、注意力が散漫になってしまったりすることなどが挙げられます。

木の根や岩のつまずき、浮石でのバランス崩し、濡れた岩場や木道でのスリップなど、わずかな不注意や気の緩みが、大きな怪我を負う事故につながることもあります。山頂はあくまでも通過点で、ゴールではありません。下山中も気持ちを引き締め、漫然と行動することがないよう、自身の体力にゆとりを持った計画をお願いします。

長野県では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため「長野県内入山注意報」と、「登山者への5つのお願い」を発表しています。厳しい暑さはしばらく続く見込みですので、登山者の皆さんは、十分にレベルを落とした山域を選び、感染防止対策にご協力をお願いします。

 

長野県内入山注意報発表中

長野県では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため「入山注意報」を発表しています。 6月以降、これまでの登山シーズンとの大きな違いは――

  • ①山岳における救助活動は、必要に応じて感染防止対策を講じた上で出動するため、通常より救助に向かう時間を要する。
  • ②多くの山小屋が例年より営業開始時期を遅らせているため、相談・休憩・避難・環境維持としての機能が低下する。

となっています。

また、以下の資料の通り、入山を控えていただくエリアと、入山注意区域を発表しています。「入山注意」山域へ入山する際は、「登山者への5つのお願い(PDF)」を守ってください。

「登山者への5つのお願い」は以下の動画もご参照下さい。

危機管理 遭難・事件
教えてくれた人

島崎三歩の「山岳通信」

信州の山岳遭難現場と全国の登山者をつなぐために発行。「登山用品店舗スタッフ」「登山情報サイトを利用する登山者」「長野県内の各地区山岳遭難防止対策協会」などに対して、長野県の山岳地域で発生した遭難事例を原則・1週間ごとに、「安全登山」のための情報提供をしている。

⇒バックナンバーはコチラ!

同じテーマの記事
暖かくなっても高山帯では引き続き降雪/積雪リスクへの対策を 島崎三歩の「山岳通信」第215号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2021年3月4日に配信された第215号では、暖かい日でも県内の高山帯では引き続き降雪/積雪のリスクが高いことを説明。引き続き入念な登山計画を行うことを呼びかけている。
積雪の登山道は夏山のコースタイムより余裕を持った計画を立てましょう 島崎三歩の「山岳通信」第214号
長野県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第214号では、下山中に転倒/滑落する事故が相次いだことについて言及。アイゼン装着時の歩き方など、改めて安全対策を確認することを呼びかけている。
バックカントリーエリアでの遭難が多発。慎重な計画を立て、単独での入山は控えましょう 島崎三歩の「山岳通信」第213号
長野県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第213号では、引き続きバックカントリーエリアでの遭難が多発していることに言及。慎重な計画を立て、単独での入山は控え、雪崩対策装備を携行することを呼びかけている。
スキー場のコース外での事故が続発、ルールとマナーを守った行動を。島崎三歩の「山岳通信」第212号
長野県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第212号では、期間中にあった遭難事故2件が、スキー場内からコースを外れて起きた遭難事故であることから、慎重な計画と無理のない行動を呼びかけている。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年3月9日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 決定! 紅葉写真コンテスト2020
決定! 紅葉写真コンテスト2020 紅葉写真コンテスト結果発表! みなさんが美しい秋の山で感じた風景をご堪能ください。
山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。