このエントリーをはてなブックマークに追加

118年前の山岳遭難事故その謎に迫る 『囚われの山』

登る前にも後にも読みたい「山の本」
たしなみ 2020年09月15日

評者=伊藤 薫(自衛官)

囚われの山

著:伊東 潤
発行:中央公論新社
価格:1800円+税

 

読みやすくておもしろい、これが本書を読んだ感想である。そして最後は、あっと驚く展開に唸ってしまう。

本作品の内容を簡単にいえば、八甲田雪中行軍遭難事件の謎を解明していくものとなっている。

歴史雑誌編集者の男が企画会議で八甲田雪中行軍遭難事件を調査することになる。その事件は、今から百十八年前の明治三十五(一九〇二)年一月に起きていた。青森に駐屯する歩兵第五連隊第二大隊の将兵二百十人が、一泊の行軍で八甲田山北麓の田代(新湯)をめざしたものの、山中で遭難してしまう。死者は百九十九人に上り、未曽有の大惨事となってしまったのである。

青森で事件の調査を進めているうちに、男に一つの疑問が浮かぶ。遭難死した兵士の人数が合わない……。男が再び事件の調査を始めたのは一月下旬で、遭難事件の時期と重なる。八甲田山に呼ばれるかのように、白い闇に消えた一人の兵士を追っていくが……。

この事件を題材にした小説に、新田次郎氏の『八甲田山死の彷徨』があるが、それとは全く異なる新たな視点から描かれた作品となっている。その一つに、ミステリー仕立てになっていること。その二つに、現代の歴史雑誌の編集者たちが八甲田雪中行軍遭難事件の謎を暴いていくという現代の区域と、事件当時の状況を表わす過去の区域の双方が順に組み入れられていることである。現代と過去、フィクションとノンフィクションの間を行き来することで過去の事件が身近に感じられるようになっており、次第に謎が明らかになっていく。

著者はこれまで幕末・明治維新以前の歴史小説を中心に書いてきたが、最近は近現代小説も手掛けるようになったという。その理由を、20年5月の早見俊との対談で次のように話している。

「近現代史を小説として書くということは、失われつつある日本人の足跡を残していくことにもつながります。『それなら研究本やノンフィクションを読めばよい』と思われるかもしれません。しかし、どれほどの方が近現代史の研究本を読まれるのか。中には興味があっても、きっかけがないので手が出せないという方もいるでしょう。だからこそ小説という入りやすい媒体を通じて大枠を知ってもらいたい、さらに知りたければ、参考文献に手を伸ばしてもらうというパスを作りたいのです」

と、現状を打開すべく挑戦する。そしてこう続ける。「歴史を学ぶ大切さを知ってもらうためにも小説を媒体にしてもらいたい」

近現代作品を描くにあたって、著者がまず考えたのは「様々な事実が明白」「人物のイメージを変えにくい」「あまりに複雑」といったハンデだとする。こうしたハンデをどう克服し、読みやすくておもしろい近現代小説を書くかが勝負どころだと思ったという。そこでミステリー仕立てにすることにし、特徴としてはフィクションとノンフィクションの間を行き来するような作風を確立しようと思ったと明かす。

本書の帯に、「それは、軍の人体実験だったのか」とある。この説を最初に唱えたのは先に示した新田氏である。その点について、本書ではどのように処理したのか注目されることになるだろう。

とにかく本作品はテンポよく読み進むことができるので、おそらく一気に読み終えてしまうこととなるに違いない。そして、ミステリーの醍醐味でもある予想もつかない大どんでん返しにあい、しばし茫然とし、確認のために読み返すことになるだろう。そうした点でこの作品は読者の期待を裏切らないものと思われる。

 

評者=伊藤 薫

1958年生まれ。元自衛官。2012年10月、3等陸佐で定年退官。5連隊で八甲田演習を10回ほど経験したことがきっかけで歩兵第五連隊の遭難事故を調べ始める。著書に『八甲田山 消された真実』(山と溪谷社)がある。趣味・特技はスキー。 ​​​

山と溪谷2020年9月号より転載)

書籍・書評 遭難・事件
同じテーマの記事
五感を働かせて山の神に出会う『天岩戸神話を歩く 高千穂から戸隠へ』
神話が残る山々を巡る旅。太田昭彦さんによる書評です。
山岳をとりまく幅広い分野を探求する一冊『山岳科学 Mountain Science』
「山」を包括的に学ぶ。久保田賢次さんによる書評です。
クセを直して 快適に歩く 『膝を痛めない、疲れない Q&Aでわかる 山の快適歩行術』
正しい歩き方をすれば、疲れにくく、膝も痛めない。ヤマケイオンラインの人気連載を書籍化。フリーライターの西野淑子さんによる書評です。
山の宗教を丁寧に読み解く 『日本人と山の宗教』
信仰の対象となってきた山と人との関りを紐解く。フリーライターの吉田智彦さんによる書評です。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年11月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...