このエントリーをはてなブックマークに追加

登山前は体調管理に努め、移動時間や睡眠不足を考慮した計画を 島崎三歩の「山岳通信」第199号

島崎三歩の「山岳通信」
その他 2020年09月04日

長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2020年9月4日に配信された第199号では、体調不良が原因で遭難事故となるケースが多いことについて言及。長距離移動による睡眠不足などを避けてゆとりのある計画を推奨している。

 

9月4日に配信された『島崎三歩の「山岳通信」』第199号では、期間中に起きた5件の山岳遭難事例について説明。以下に抜粋・掲載する。

  • 8月26日、八ヶ岳連峰の編笠山で、単独で入山した66歳の男性が編笠山山頂から下山中に道に迷い、行方不明となる山岳遭難が発生。男性は翌27日に茅野警察署山岳遭難救助隊員と諏訪地区山岳遭難防止対策協会救助隊員により救助された。

  • 8月27日、北アルプス後立山連峰の白岳で、仲間と3人で入山した59歳の女性が白岳山頂付近を登山中に転倒して負傷し、歩行が困難となる山岳遭難が発生。女性は翌28日に県警ヘリで救助された。

  • 8月29日、御嶽山で、単独で入山した60歳の男性が御嶽山山頂(剣ヶ峰)付近を登山中、疲労による体調不良のため行動ができなくなる山岳遭難が発生。男性は木曽地区山岳遭難防止対策協会隊員により救助された。

  • 8月29日、八ヶ岳連峰の編笠山で、仲間と2人で入山した44歳の女性が編笠山山頂から不動清水へ下山中に転倒、負傷する山岳遭難が発生。女性は無事、救助された。

  • 8月30日、北アルプス槍穂高連峰の岳沢で、家族と2人で入山した17歳の男性が、奥穂高岳からは別々に行動し、単独で岳沢付近を登山中に転倒、負傷。一時、行方不明となる山岳遭難が発生。男性は翌31日に北アルプス南部地区山岳遭難防止対策協会救助隊員により発見され、県警ヘリで救助された。

 

長野県警山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

8月5週は、5件の山岳遭難の発生がありました。

これから秋山シーズンを迎え、登山をする上では気候的にも適したシーズンとなり、遠方から山深い北アルプスを訪れる方も多いと思いますが、例年、登山前日に、自宅から登山口までの長距離移動のため、十分な睡眠や食事をとらない方が見受けられます。その結果、登山中に疲労や体調不良で行動不能になったり、不慣れな登山道で疲労により、バランスを失い転倒・滑落して遭難になることも少なくありません。

また、車両やロープウェイ等を利用して、標高の高い登山口から入山する場合は、標高が身体に与える影響も十分に考慮しなければなりません。これらのことを含め、登山前は体調管理に努め、自宅からの移動時間等も考慮し、自身やメンバーの体力・経験に見合った、ゆとりのある日程を計画し、安全に登山を楽しみましょう
なお、テント場や山中で熊に遭遇し、食料やゴミを荒らされたり、襲われて負傷する事案が発生しています。自らが野生動物の生息域に入山していることを認識しましょう。

長野県では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため「長野県内入山注意報」と、「登山者への5つのお願い」を発表しています。登山者の皆さんは、十分にレベルを落とした山域を選び、感染防止対策にご協力をお願いします。

 

夏山期間中の山岳遭難発生状況

(1)発生状況
令和元年に引き続き100件を下回る(H27年108件、H28年107件、H29年101件、H30年117件、R元年99件)
7月の遭難件数が前年比で大幅に減少。R元年32件⇒7件(前年比-25件)

(2)年齢別
40歳以上の中高年の遭難が約8割(44人 84.6%)。60歳以上の高年齢層の遭難は4割弱(20人 38.5% 昨年比-18.1P)

(3)態様別
転倒、滑落・転落が約5割(24件 51.1%)。病気、疲労が3割弱(13件 27.7% 昨年+10.5P)

(4)山域別
北アルプスの遭難が約5割(23件 48.9% 昨年-27.9P)。八ヶ岳、その他山域(里山)の遭難が約4割(19件 40.4% 昨年+26.2%)

(5)居住地別
県内6人 県外46人(県外者88.5% 昨年-4.9P)

 

長野県内入山注意報発表中

長野県では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため「入山注意報」を発表しています。 6月以降、これまでの登山シーズンとの大きな違いは――

  • ①山岳における救助活動は、必要に応じて感染防止対策を講じた上で出動するため、通常より救助に向かう時間を要する。
  • ②多くの山小屋が例年より営業開始時期を遅らせているため、相談・休憩・避難・環境維持としての機能が低下する。

となっています。

また、以下の資料の通り、入山を控えていただくエリアと、入山注意区域を発表しています。「入山注意」山域へ入山する際は、「登山者への5つのお願い(PDF)」を守ってください。

「登山者への5つのお願い」は以下の動画もご参照下さい。

危機管理 遭難・事件
教えてくれた人

島崎三歩の「山岳通信」

信州の山岳遭難現場と全国の登山者をつなぐために発行。「登山用品店舗スタッフ」「登山情報サイトを利用する登山者」「長野県内の各地区山岳遭難防止対策協会」などに対して、長野県の山岳地域で発生した遭難事例を原則・1週間ごとに、「安全登山」のための情報提供をしている。

⇒バックナンバーはコチラ!

同じテーマの記事
県内の標高の高い山は積雪のある場所も。冬山の登山装備の準備を 島崎三歩の「山岳通信」第204号
長野県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。10月22日に配信された第204号では、標高の高い山では積雪となっていることに言及。冬用の登山装備と低体温症の危険性について説明している。
キノコ採りシーズン到来、そのリスクの高さを改めて確認のこと 島崎三歩の「山岳通信」第203号
長野県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第203号では、キノコ採りの最中に山岳遭難する例が増加していることについて言及、改めて注意点と対策方法について説明。
ゆとりある日程を前提とした、体力・技術に見合った計画を 島崎三歩の「山岳通信」第202号
長野県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第202号では、紅葉で賑わった9月下旬~10月初旬に滑落や転倒の事故が多発したことを指摘、改めて体力・技術にあった登山計画を促している。
本格的な紅葉シーズン到来。登山前から行動中までこまめな天候チェックを! 島崎三歩の「山岳通信」第201号
長野県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第201号では、本格的な紅葉シーズンの幕開けを前に、秋山の注意点を改めて説明している。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年10月28日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。