このエントリーをはてなブックマークに追加

苦境に負けない!! 「安全・安心・快適」に小屋泊登山を楽しもう!

好日山荘おとな女子登山部 リレー連載
基礎知識 2020年09月20日

好日山荘おとな女子登山部によるリレー連載。今回は、コロナ禍での安全対策を考えながら、山小屋泊登山の楽しさや、山小屋活用のメリットについて、白馬岳への小屋泊登山の実体験を踏まえて、好日山荘名古屋駅前店勤務のもっちーさんが教えてくれました。

 

みなさんこんにちは、おとな女子登山部もっちーです! 夏山の余韻に浸りながらも、気づけば9月。はやくも秋山シーズンの到来です。一年の中で最も多くの登山客で賑わうのは夏山シーズンですが、比較的気候が安定し、暑さも和らぎ、虫が減る“秋山”は、快適に登山を楽しむことができます。

コロナ禍ではありますが、感染症対策に取り組みながら、先日、長野県北アルプス白馬岳へ小屋泊縦走をしてきました。私自身、基本的に、山では「テント泊」が多いのですが、今年は登山を自粛していた期間の体力の衰えが懸念されたので、極力負担を減らすべく「小屋泊」を選択しました。

前回、なっちゃんによる「秋山登山のポイント」の中でも触れられていますが、今年は感染症の影響から、無理のない“安全登山”を心がける必要があります。私も、装備の軽量化や時間に余裕のある山行計画を心がけています。

今回は、「コロナ禍での苦境に負けず、『安全・安心・快適』に山行を楽しむ小屋泊登山の魅力と実態」に触れていきたいと思います!

夏の白馬岳小屋泊縦走。初日は「白馬大池山荘」にて宿泊

 

小屋泊登山の魅力に触れよう!

そもそも山小屋とはどんなところでしょうか? 山行中に寝泊まりをしたり、休憩時に立ち寄って食事をしたり、天候や体調が悪くなった時に、避難場所として使わせてもらったりすることもあります。また、山小屋といっても、管理スタッフが常駐する「有人小屋」と管理人不在の避難小屋と呼ばれる「無人小屋」があります。山の麓に位置する小屋もあれば、稜線上、山頂付近など様々な場所に存在します。

晴天の中、雷鳥坂から望む「白馬大池山荘」


では、小屋泊登山にはどんな魅力があるのでしょうか?

 

小屋泊登山の魅力① テント泊に比べ、荷物が減らせて負担が少ない

衣食住全てを自分で担ぐ必要のない小屋泊では、日帰り装備に+α(着替え・洗面用具)で済むため、バックパックの容量も30~40Lで収めることができます。

相部屋では、バックパックの置き場所に配慮しよう

 

小屋泊登山の魅力② 1日の行動時間を短くできる

日帰り登山では、日没前の下山が必須となりますが、小屋泊登山では小屋がゴールとなりますので、比較的心の余裕が生まれます。

比較的天候が安定している午前中に行動。早朝に出発すれば「雲海」が望めることも

 

小屋泊登山の魅力③ 個性のある小屋食を楽しめる

カレーライス、ラーメンなどの定番メニューから、地物を使用したオリジナルメニューまで、メニューからも小屋の個性を楽しむことができます。「△△小屋の◯◯を食べたい」というふうに、小屋のごはんを基準に、山を決めることだって考えられます。

「白馬山荘」の夕食。栄養のバランスが考えられた献立

 

小屋泊登山の魅力④ 濡れた装備を乾かすことができる

山小屋の共用スペースには乾燥室が用意されていることが多く、雨や汗で濡れてしまった装備を乾燥させることができます。そのため着替えも必要以上に持っていかなくても大丈夫です。ただし、他の宿泊者も利用するため、1人で複数ヶ所を占領するのは禁物です。マナーを守って利用しましょう。

※乾燥室の有無、利用条件などは、小屋によって異なります。コロナ禍で乾燥室の利用ルールが変わっていることもありますので、必ず各小屋に問い合わせ、ルールに従って利用しましょう。

 

小屋泊登山の魅力⑤ 水の確保、トイレの利用が快適

宿泊者は、小屋内の飲料水やトイレを自由に利用することができるのが普通です。ただし、消灯時間以降に利用する際は、他の宿泊者の迷惑にならないよう注意しましょう。

 

小屋泊登山の魅力⑥ 管理人やスタッフに相談ができる

山小屋の管理人さん、スタッフさんはその山の事情に詳しいもの。場所・季節によっては、山岳遭難救助隊やパトロール隊が常駐する小屋もあります。翌日の天気や行程が不安な場合に相談することができるのも、山小屋利用のメリットでしょう。

気軽に相談できる管理人さんがいると安心


これらが、テント泊登山とは違う、小屋泊登山の魅力、メリットといえるでしょう。

 

コロナ禍で運営する山小屋で実際に小屋泊を体験!

今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、登山自体が従来のあり方と変化せざるを得ない状況にあります。その中でも、「三密」になりやすい小屋泊登山では、感染症対策に注意しなくてはなりません。

山域によっては、営業を断念した山小屋や、営業はしているものの、登山者の受け入れ人数を縮小し、さらに「原則事前予約」「スタッフのマスク、消毒の徹底」「施設内の消毒と換気の徹底」「宿泊者同士のソーシャルディスタンスの確保」「宿泊者の住所と正確な情報把握」「宿泊者への、館内でのマスク着用のお願い」「食事時の、登山者同士の会話の自粛」といった、感染防止に向けたガイドラインを公表し、例年とは異なる方法で営業している山小屋が多くなっています。

ここからは、先月、白馬岳山行を山小屋泊で行った際に、私自身がどんな点に注意して小屋泊登山に臨んだのか、また、小屋内での感染症対策は実際どうだったのかをご紹介していきたいと思います。

日本最大の収容人数を誇る「白馬山荘」も今年は定員を縮小


「白馬山荘」の小屋内は、相部屋と個室に分かれる

 

小屋泊登山に向けての事前準備

小屋泊登山に向けての事前準備も例年とは違いました。1日の行動時間を短く、余裕のある行程とし、計画に沿って、山小屋を決めたら、ホームページを見て、山小屋が発信している感染症対策の情報を収集し、マスクやアルコール消毒液、インナーシーツなど、小屋の指示にしたがって装備を整えます。山行2週間前から検温して記録していくなど、メンバー全員で体調管理を行いました。

山小屋はどこも、今年は「事前予約制」となっています。予約は先着順となりますので、都合がつかなくなってしまった場合は、早急にキャンセルの連絡を入れるようにしましょう。

では、「白馬大池山荘」「白馬山荘」で実際に行われていた感染症対策を見ていきましょう。

飛沫対策された白馬大池山荘の「受付」と白馬山荘の「食堂」です。

飛沫対策で受付にはビニールシートが設置されていました


スタッフさん自身も、フェイスガードやマスクの着用を徹底していました


小屋内では、複数ヶ所にアルコール消毒液が設置されていました。また、感染症予防対策実施のお願いを掲示し、注意喚起していました。

随所に設置されたアルコール消毒液


小屋内の水道には、液体石鹸が数ヶ所設置されていました。小屋に入ったら、念入りに手洗いをおこないます。

水道に設置された液体石鹸


対面にならないよう工夫された白馬大池山荘の配膳の様子です。また、ひと席空けて登山者同士の距離も確保されていました。

登山者同士の距離を確保し、対面にならないように工夫された配膳


このように、私たち登山者が「安全・安心・快適」に利用できるよう山小屋は体制を整えてくれていました。これだけ徹底した感染症対策を行っているスタッフのみなさんの苦労を考えると、頭が下がります。

では私たち登山者は、どんな感染症対策をおこなえるでしょうか? 感染症予防を意識した小屋泊登山の装備に触れていきたいと思います。

 

小屋泊装備を確認しよう!

小屋泊登山の魅力のひとつに、装備が軽量化できること、があります。基本的には、「日帰り装備+α」となるため、バックパックの容量は30L~40Lが目安になります。

無駄を省いて軽量化を図ったロールトップ式のバックパック


従来の小屋泊登山では、+αの装備として「着替え」「防寒着」「洗面道具」があります。そこに感染症対策としての必携品が加わるのが今年の小屋泊装備です。各山小屋のホームページでは、感染症対策としての必携品を記載しています。今回は、「白馬大池山荘」「白馬山荘」を例に、実際に持参・使用した感染症予防必携品をご紹介します。

 

マスク、除菌液、ウェットティッシュ、ゴミ袋、タオル

小屋内や売店では、マスクの着用が必須です。常に消毒ができるよう除菌液やウェットシートの準備も忘れずに。ゴミはジッパー付で完全密封して持ち帰りましょう。

 

インナーシーツ、シュラフ、枕カバー

感染症で特に懸念されるのが、大勢の方が利用する寝具です。天日干しは定期的に行われているものの、完璧な感染症対策は実際問題、不可能です。そこで活躍するのが「インナーシーツ」です。

「インナーシーツ」には、吸汗速乾性や保温性を重視したものから、肌当たりがよく、軽量コンパクトに設計されたシルクや天然素材が使われたものまで、用途に応じて適したモデルが展開されていますので、「インナーシーツ」持参となっている山小屋に宿泊する場合には、事前に購入していきましょう。

布団が直接触れないよう、インナーシーツに身を包む
※就寝時のマスクは必須では無かったのですが、乾燥対策にもなるので着用しました


なお、万が一、準備できなかった場合として、白馬山荘では、「不織布製シーツ・カバー・枕カバー」の3点セットが、1,000円で販売されていました。

小屋泊では、布団が直に接触しないようインナーシーツに身を包みますが、活躍するのは感染症対策としてだけではありません。シュラフのインナーとして使えば、保温効果を高められ、汚れ防止にも繋がります。また、単体で使用することも可能です。

シュラフのインナーとして使えば、防寒対策にもなります


数あるインナーシーツの中で、最近注目しているのが、フォックスファイヤー(Foxfire)から出ている「SC(スコーロン)ボックスシーツ」です。帝国フロンティアとアース製薬が共同開発した、虫を寄せ付けない特殊な加工を施した繊維で、高い防虫機能を実現したものです。洗濯耐久性・UVカット機能も併せ持っているので、夏場のキャンプや野外フェスなどでも活躍するでしょう。

フォックスファイヤー「SCボックスシーツ」


感染症と共存せざるを得ない昨今、そんな苦境の最中だからこそ、私たちの心と身体にリフレッシュ効果を与えてくれる登山・ハイキングは欠かせない存在です。

引き続き登山を楽しむためにも、私たちひとりひとりが感染症予防の意識を高め、みんなで「安全・安心・快適」に秋山シーズンも楽しみましょう♪ 好日山荘が提案する「新しい登山様式」も、ぜひ参考にしてみてください!

記録・ルポ マナー
教えてくれた人

もっちー(好日山荘おとな女子登山部)

埼玉生まれ埼玉育ち。幼少期からスポーツが大好きで体育教師の憧れを抱き体育大学へ進学。ワンダーフォーゲル部所属し登山の虜になる。もともとはクライミングと登山が好きだが、数年前からトレイルランニングにハマりレースにトライ。現在は「日本山岳耐久レース」出場を目標に励んでいる。
⇒おとな女子登山部メンバーはこちら

好日山荘 名古屋駅前店

ハイキングから本格登山までさまざまな登山スタイルに対応するアイテムを取り揃える登山用品店。併設のイベントスペース「マウントラボ」では登山学校机上講座や各イベントを開催。

所在地/愛知県名古屋市中村区名駅1-2-1 名鉄百貨店本店メンズ館5F
TEL/ 052-414-7100
営業時間/10:00~20:00
アクセス/各線名古屋駅直結

同じテーマの記事
秋山に向けて準備をしよう! 「新しい登山様式」での秋山登山のポイントは?
いよいよ山の秋が近づいてきました。コロナ禍で「新しい登山様式」が求められるなかで迎える秋山。何に注意したらよいのでしょうか。好日山荘おとな女子登山部のなっちゃんが、秋山に向けた準備について、教えてくれました。
おとな女子登山部つじまいさん力説! 「女子のためのソロテント泊」のはじめかた
好日山荘おとな女子登山部によるリレー連載。今月は、好日山荘なんば店勤務のつじまいさんによる「女子のためのソロテント泊」。北アルプスから日本海まで、13日かけてソロでテント泊縦走した経験もあるつじまいさんに、「女子」「ソロテント」のためのはじめの一歩について、教えてもらいました。
山へ行けない間に、私が実践していたこと
好日山荘の女性スタッフ有志「おとな女子登山部」によるリレー連載。今回は、銀座 好日山荘に勤務のるんちゃんさんに、「山に行けないときに私が実践していたこと」について教えてもらいました。
登山道具とECOについて。考えて、行動しよう!
好日山荘の女性スタッフ有志「おとな女子登山部」によるリレー連載。緊急事態宣言で登山自粛の中、好日山荘池袋西口店に勤務するなみへ~さんが、「登山道具とエコについて、知ってもらいたいこと」というテーマで寄稿してくれました。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年10月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...