このエントリーをはてなブックマークに追加

「山で死んではいけない」。山岳遭難統計から考える事故を少しでも減らす取り組み

どうしたら山で事故に遭うリスクを軽減できるか――
たしなみ 2020年09月19日

ここ2回ほどは、遠くから眺める山々のことや、自然環境も含めての恩恵に感謝したいということを書きましたが、今回は警察庁から発表される遭難事故統計の話題です。近年は「前年を上回った」とか、「統計開始以来最多を記録した」という状況が続いて来ましたが、この9月10日に発表された今年の夏期の概況も、6月に公表された令和元年の年間統計も、いずれも前年対比マイナスとなったのです。

 

コロナ禍で登山者は減少しているが、天候の急変なども含めて山のリスクは変わらない(北アルプス 白馬岳 2020年8月)


この9月10日、警察庁から「令和2年夏期における山岳遭難の概況」が発表されました。少し前になりますが、6月18日には「令和元年における山岳遭難の概況」も公表されています。 Webサイトで公開されていますので、数年前まで遡って知ることもできますが、みなさんは、こうした統計をご覧になったことはありますか。

「夏期」というのは7~8月の2か月間なので、今年の場合は、コロナ禍による登山状況の変化も影響している可能性はありますが、発生件数470件(前年対比-136件)、遭難者541人(-128人)、うち死者・行方不明者47人(-7人)と、過去5年間で最も少なくなりました。都道府県別では長野県が47件、次いで北海道と富山県が40件、東京都が24件とのことです。

令和元年の1年間では、発生件数2531件(対前年比-130件)、遭難者2937人(-192人)、うち死亡・行方不明者299人(-43人)、負傷者1189人(-12人)、無事救助1449人(-137人)と、いずれも前年を下回りました。こちらはコロナの影響が現れる前のことですから、遭難防止啓発活動の成果や、私たち登山者の意識向上を反映した数字かも知れません。

どうして減少傾向に結びつけることができたのかは、私自身も今後も勉強していきたいと思っていますが、この統計には発生件数や遭難者数の推移、都道府県別の状況、目的別、態様(原因)別、年齢層別、単独登山者の遭難状況、通信手段の使用状況などのデータに加えて、「山岳遭難防止対策」として、私たちが日頃から気をつけなければならない留意点なども細かく記されていますので、ぜひご覧ください。

★山岳遭難・水難 警察庁Webサイト

詳細な統計数字や年度ごとの変遷などは、上記のリンク先をご覧いただくとして、今回は私自身が、そうした統計をもとに、どう考え、メディアの立場からどう動いてきたのかの話をさせてください。

例えば、もう20年前のことになりますが、『山と溪谷』編集長をさせてもらっていた世紀の変わり目の2000年には、1月号で「安全登山宣言」という特集を世に問いました。当時、遭難件数が1000件を超えてしまったことを受けての異例の企画でした。巻頭の宣言文を記したのは当時の勝峰富雄副編集長でしたが、一部を引用しますと、このような文章でした。

「山で、事故は起こしたくない。事故を起こそうとして起こす人はいないはず。不幸な事態は、予想を超えたところからやってくるのか。たしかに、避けられない事故もあるでしょう。しかし、ちょっとした知識や技術で防げたはずの事故が、あまりにも多く発生しています。いうまでもなく、登山、そして山岳の魅力ははかり知れません。より多くの人に、その感動、喜びを味わってもらいたい。来るべき世紀のあなたの山登りを、もっと楽しく、もっと安全にするために、20世紀最後の年を『安全登山元年』にしましょう」

遭難件数が1000件を超えるなか、『山と溪谷』2000年1月号では、異例の「安全登山宣言」を特集した


しかし、残念ながらその後も遭難は減らず、発生件数も毎年約1300件という状況が続くなか、2005年には『山で死んではいけない』というタイトルの雑誌を創刊しました。この雑誌は全国各地で山岳遭難救助に携わる方々や、この方面の研究者、執筆者の方々のご協力のもと、数年おきに3回発行しました。

『山で死んではいけない』は、不定期刊行ではあったが遭難防止を啓発し続けた。『登山白書』でも、この言葉を副題とした


私自身の気持ちも、「安全登山宣言」を出した頃とは少し変化していました。2001年秋、学生時代に社会人山岳会に入会してから、ずっと山に導き続けてくれた先輩が、単独で沢に出かけたまま行方不明となってしまったのです。「下山連絡がないため、会で捜索に入ります」と地元の警察に一報すると、さっそくヘリを飛ばし、岩盤上に流れ着いたザックらしきものを上空から発見してくれました。

しかし、地域の遭対協の方々の支援を受け、入渓して遡下降を繰り返すものの、手掛かりは全く見つけられません。翌朝、アクアラング隊の方々が駆けつけてくれて、やっと釜の底に沈んでいた先輩と対面することができたのです。見ず知らずの一人の命のために、こんなに沢山の方々が力を尽くしてくれるんだ・・・。「山で死んではいけない」は、真に実感をともなった言葉となりました。

その後、発生件数は2000件を超えるようになってしまいました。2015年から刊行を続けた『登山白書』も、遭難事故統計を柱として構成し、「山で死んではいけない」という言葉も副題としてお伝えして来ました。

「増え続ける一方の遭難事故を少しでも減らしたい」。山と溪谷社を退職した今も、その思いで関連の活動や勉強は続けており、今、現在は筑波大学生命環境科学研究科山岳科学学位プログラム(修士課程)に所属し、遭難防止のための研究をしています。

少子化が進むなか、人々が自然に触れ合う機会・経験を増やすことは、自然豊かな日本の将来の持続可能社会の形成に大きく結びつきます。そして、それを可能とするような安全確実な山岳余暇活動を普及していくことが、山岳国・日本の喫緊の課題です。そのためには、山岳遭難の発生原因の詳細な分析評価が必須ですが、これまでは、そのような体系だった研究事例はありませんでした。

そこで、山岳地域での遭難発生に関する大規模なアンケートをとり、最新の統計解析手法を用いて分析し、登山をなさる方々の行動や意識などを知ることで、防止策の立案につなげていければと思っています。

また、次世代の山岳余暇活動も見据えて、成長期の自然体験との関係や、登山と心身の健康との関係、本年拡大したコロナ禍により登山がどう変化していくかなども加えて、調査をさせていただいています。

宜しければ、ぜひ、このアンケートへのご協力もお願いいたします。ご回答いただきました結果は、私の修士論文研究(指導教員: 筑波大学生命環境系・山岳科学センター菅平高原実験所 津田吉晃准教授)などに活用させていただきます。

★山岳地域を訪れる方々の背景を理解するためのアンケート

 

調査 危機管理 遭難・事件
教えてくれた人

久保田 賢次

元『山と溪谷』編集長、ヤマケイ登山総合研究所所長。山と渓谷社在職中は雑誌、書籍、登山教室、登山白書など、さまざまな業務に従事。
現在は筑波大学山岳科学学位プログラムに在籍、日本山岳救助機構研究員、AUTHENTIC JAPAN(ココヘリ)アドバイザー、山の日アンバサダーなども務め、各方面で安全確実登山の啓発や、登山の魅力を伝える活動を行っている。

同じテーマの記事
自然環境のことも考え、「山を畏れ敬う」心が自分を謙虚にしてくれる
今回は山の自然環境のことも含めて、その恩恵に感謝することが、間接的にはリスク軽減につながるのではないかという視点から記します。
遠くに眺める山だからこそ、 さらに思いを募らせてくれることもある。
しばらく出かけない日々が続いています。しかし、そんな時だからこそ、山への思いは膨らむもの。今だからこそ、山のことを考えたい。山の本に触れるのもひとつだし、このコラムの趣旨からは、技術書や啓発書をじっくり読むのもいいかも知れません。今回は「山を眺める」という観点から、私自身が得られた気持ちを綴ってみます。
地域の山を、関係する人々が分かち合って守り育てる――、つくばトレイルガーディアンズの活動で気付いたこと
環境保全や登山道、道標のあり方を模索し、そうした目標を参加型で実現すべく活動を開始した「つくばトレイルガーディアンズ」の皆さんと一緒に山を歩くなかで、安全登山について気づいた点を記します。
遭難事故防止の講演会で気付いた、人から人へと直接伝わる言葉の力と、感動に伴う記憶の深さ
羽根田治さんによる講演を聞く機会がありました。本講演を通して「人から人へと直接伝わる言葉」の力や画像や映像を見ての感動を伴った記憶は、深く心に残り続けることを感じたのでした。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年10月23日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...