このエントリーをはてなブックマークに追加

尾瀬・燧ヶ岳、9月下旬~10月初旬、登山道中に点在する湿原や見下ろす尾瀬ヶ原は草紅葉に染まる

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2020年09月24日

東北地方の最高峰で、尾瀬のシンボル的な山でもある燧ヶ岳。9月下旬から10月初旬、登山道中に点在する湿原は草紅葉で色づき、見下ろす尾瀬ヶ原は秋錦の絨毯のように輝く。尾瀬の秋を堪能できる燧ヶ岳を縦走する山旅を紹介する。

 

尾瀬沼の北にそびえる燧ヶ岳は、柴安嵓と俎嵓の2つの頂上を持つ、尾瀬を代表する名峰です。人気の登山シーズンはニッコウキスゲが咲く夏ですが、空気が澄んで展望がよく、紅葉も始まる秋も楽しめます。

登山道は4方向につけられていますが、登りやすいのは北側の御池登山口です。広沢田代と熊沢田代の、2つの湿原を横切る、私の好きなコースとなります。さらに尾瀬沼を見下ろしながら歩く、長英新道を下山路とするプランを紹介します。

御池コースの六合目付近から見下ろした、2つの池塘が並ぶ熊沢田代。奥の山は会津駒ヶ岳


御池登山口から燧ヶ岳を目指す場合、本来は御池ロッジに宿泊して日の出と同時に歩き出すのが理想ですが、今年(2020年)の御池ロッジは営業自粛中。そのため、できるだけ早い時刻に御池に到着できる方法を考える必要があります。

10月10日までの週末ならば、東武鉄道の「尾瀬夜行」を利用すれば早朝5時50分に到着できますし、檜枝岐村の民宿に泊まって朝一のバスで移動すると07:00に到着します。ただし、出発が7時過ぎでは行程がタイトなので、尾瀬沼付近でもう1泊するなど、余裕のあるプランニングにしたほうが確実でしょう。

またマイカー利用の場合は御池駐車場に車を停めて、尾瀬沼へ下山後は沼山峠に向かえば、そこからシャトルバスで御池に戻ることができます。

なお、今シーズンの尾瀬は休業している施設も多く、体調不良時の登山自粛などを呼びかけているので、注意が必要です。なお、尾瀬への入山については、尾瀬保護財団のホームページの情報が便利です。

御池新道で燧ヶ岳に登り、長英新道で下山して一ノ瀬へ

行程:御池バス停・・・熊沢田代・・・俎嵓・・・柴安嵓・・・俎嵓・・・ミノブチ岳・・・尾瀬ビジターセンター・・・三平峠・・・一ノ瀬(約8時間30分)

⇒コースタイム付き登山地図を確認

 

9月下旬、尾瀬の湿原は草紅葉が輝く

朝、御池に到着した後は「山の駅 御池」で準備を整えて、正面の広い駐車場へ。一番奥が御池登山口で、森の中へと木道が続いています。すぐ先の裏燧林道分岐を左に進み、2合目付近の滑りやすい石の道を登って傾斜が緩むと、周囲が開けて広沢田代へ出ます。朝の光を受ける池塘のきらめきが美しい、心が和む湿原です。

池塘が点在する広沢田代


広沢田代を過ぎると周囲は再び森に変わり、4合目と5合目の急登区間を越えて熊沢田代へ。ここは山々の展望が良く、右手には思いのほか間近に平ヶ岳や越後の山々が望めます。

山頂方面の手前に広がる熊沢田代(左)と、熊沢田代から北西側に見える山々(右)。左から平ガ岳、中ノ岳、越後駒ヶ岳、荒沢岳


その先、階段状の木道を登って再び樹林帯に入ると、7合目の先で沢状のガレ場、8合目の先で土の斜面のトラバースと歩きにくい箇所が続きます。

9合目を過ぎる頃には右手に柴安嵓が大きく見えるようになり、さらに登って尾瀬沼が目に入ると俎嵓の頂上です。そこから最高地点となる柴安嵓までは、往復約40分です。

俎嵓から見た、燧ヶ岳の最高峰の柴安嵓


鞍部から急斜面を登るとたどり着く頂上は、360度の眺望が広がります。中でも目をひくのは、広大な尾瀬ヶ原をはさんで対峙する至仏山。また空気の澄んだ日は、南側遠くに富士山も見えるはず。ぜひ探してみましょう。

柴安嵓頂上から見た至仏山。その手前には尾瀬ヶ原が広がる


俎嵓から引き返したら長英新道へ。岩場混じりの急な区間を下り、8合目を過ぎると明るく開けたミノブチ岳に到着です。ここも眼下に尾瀬沼を見下ろす絶景スポットです。

ミノブチ岳から見下ろした尾瀬沼。背後の中央にそびえるのは奥白根山、左の台形の山は男体山


ミノブチ岳からは左の階段を下り、樹林帯に続く道へ。合目の標識はあるものの、下に行くほど間隔が広まります。特に1合目を過ぎてからが長く、時間もかかるので要注意です。

尾瀬沼湖畔に出たら左へ進み、大江湿原を横切って尾瀬沼ビジターセンター方面へ。さらに湖畔を歩いて尾瀬沼山荘前から三平峠に向かい、一ノ瀬まで下れば登山終了です。

ここからは、低公害車両による乗合タクシーに乗って大清水へ向かい、そこからバスで沼田駅に向かうのですが、バスの便が限られます。下山時刻によってはタクシーを利用し、バスの便が多い戸倉へ移動することも考えておくと良いでしょう。

 

日本の山 記録・ルポ
教えてくれた人

木元康晴

1966年、秋田県出身。東京都山岳連盟海外委員、日本山岳ガイド協会認定登山ガイド(ステージⅢ)。2009年から登山ガイドの仕事を始め、2011年から『山と溪谷』『ワンダーフォーゲル』『岳人』などで数多くの記事を執筆。
ヤマケイ登山学校『山のリスクマネジメント』では監修を担当。著書に『IT時代の山岳遭難』、『山のABC 山の安全管理術』、『関東百名山』(共著)など。

同じテーマの記事
男鹿山塊の名峰・日留賀岳。ブナの原生林の紅葉と、開放感あふれる展望を満喫する山
栃木県と福島県の県境、男鹿山塊とよばれる山域は、人の訪れることもまれな山々が連なっている。この山々の中で数少ない登山道がついているのが日留賀岳。豊かな自然が残る山で、深まる秋を楽しんでみよう。
頸城山塊・雨飾山 色づき始めた荒菅沢奥壁の紅葉と岩峰を楽しむ
妙高山、火打山が連なる頸城(くびき)山塊の西端にそびえる雨飾山。荒菅沢奥壁の岩壁「布団菱」を彩る紅葉が素晴らしい。
極彩色の紅葉大パノラマ 酸ヶ湯温泉から八甲田大岳、毛無岱を巡る
四季を通じて登山者を魅了する八甲田山は、中でも紅葉の美しさで有名です。八甲田大岳を登り、黄金の草紅葉が輝く湿原を散策します。
稜線に吹く風に秋の気配を感じる九州・九重連山。牧ノ戸から久住山を往復
九重連山の盟主・久住山を牧ノ戸登山口から往復。下界は暑さが残りますが、山の上では秋の訪れを感じられます。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年10月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...