このエントリーをはてなブックマークに追加

読書の秋。秋の夜長に、一人でひっそりと山に入ってみたくなるような本を読んでみる

From ワンダーフォーゲル編集部
たしなみ 2020年10月05日

秋の夜長のお供に、山の本を開いてみてはいかがだろうか。山、登山に関する本は数多いが、今回はその中から「単独行」、一人で山に行く話にまつわる書籍を紹介。行間から、ソロ登山の魅力を感じてみてみよう。

文=麻生弘毅

つい1ヶ月前くらいの酷暑はどこへやら、すっかり涼しくなった。秋は何かを楽しむのにベストな季節。スポーツの秋、食欲の秋、そして「読書の秋」だ。

読書習慣がないというユーザーも、たまには本に触れてみる機会を作ってみるのもいかがだろうか。ここでは登山の中でも「単独行」をテーマとする書籍をいくつか紹介する。

 

果てしなき山稜 襟裳岬から宗谷岬へ

志水哲也 著 山と溪谷社/ヤマケイ文庫 950円+税


「ああ、一人なんだ。生きてたって、死んだって一人なんだ」

16歳で山に出会い、2年後には北アルプス全山単独縦走。20~21歳にかけて黒部流域のすべての渓を遡るとともに谷川岳一ノ倉沢の衝立岩を、さらにはドリュ南西岩稜の単独登攀。

ところが、登山を重ねるほどに感動は色褪せ、一度は就職したものの、ふたたび完全燃焼できる生き方を山に求めた28歳の青年が、冬の襟裳岬から厳冬の日高山脈、大雪連峰を越え、宗谷岬へと北海道の脊梁山脈を旅した5カ月の記録。

強靱な肉体は極寒の山という非日常を日常となすが、魂は居場所を求めてさらに彷徨う――そんな揺れを執拗に描いている。山は逃げるものかもしれない。それは時間が理由ではなく、情熱のありようによって……二度とできない旅があるという事実を、本書は教えてくれる。

 

渓谷登攀

大西良治 著 山と溪谷社 3500円+税


「希うのは、心の弱さに打ち勝ち、すべてを自己完結できる力を得ること」

国内外の名だたる渓を登攀し、また、人跡未踏のゴルジュを探り、下降するキャニオニングの壮絶な記録を集めた一冊。

大滝の飛沫を孕んだ爆風や魑魅魍魎が宿るようなゴルジュの息吹をとらえたリアルな写真と簡潔で美しい文章により、読み手のこちらまで思わず息を止めてしまうような現場の空気感を再現している。

一騎当千の仲間と力を合わせて困難を切り抜ける海外の記録も読み応えがあるが、白眉は単独で行なう、ひりひりとした手触りの国内の登攀。なかでも、足かけ6年、合計48日をかけた称名川の遡行を終え、わずかに胸の内を漏らした一文が印象的。信じる道に誠実に生きた人に灯る美しさ・・・・・・、そんな何かにあふれている。

 

ひとり登山へようこそ 女子のための登山入門

鈴木みき 著 平凡社 1200円+税


「私はこの木でこの花で――、つまり山では私はすべてになれて何ものでもありません」

これからひとり登山を始めようという初心者の背中をやさしく押してくれる一冊。行き先の決め方や実際の歩き方、道具選びのコツや山の紹介、女性ならではのあるあるや注意点、醍醐味などをわかりやすく紹介している。

ポップな絵柄とわかりやすく丁寧な構成の狭間に現われるのは、「ひとりで山に向き合いたい」という根源的な欲求への考察。内臓をさらけ出すように心の奥底を見つめ、誰もが奥底に秘める感情を笑いにくるんでさらりと表現する「鈴木みき節」は、ビギナーの女性はもちろん、山好きのお父さんをも唸らせる。

 

山わたる風

伊藤健次 著 柏艪舎 1800円+税


「私たちはこうやって生きている。お前はどう生きるんだ?大きな茶色の背中は、いつも力強く問いかけてくる」

ぽっかり空いた穴からのぞく雪解けの森。それは、クマの冬眠穴から春の訪れを写したもの・・・・・・。そんな不思議な一葉から始まる写真集。

著者の伊藤健次さんは、北海道の大地を広く、深く旅し、野生の生命力や土地の記憶を記録する写真家。樹穴から顔を出し、あくびをするクロテンや子どもに乳を与えるヒグマの母親の姿などを収めた写真や、自然の意志を翻訳するような言葉に触れていると、森に棲まう一頭が、気心の知れた仲間の姿を紹介しているよう。やがて読み手も小さな獣になり、ひとり臆病に、けれど勇敢に森を歩きだす――、そんな一冊。

 

『失われた記録 立田實の生涯』

遠藤甲太 著『登山史の森へ』より 平凡社 2800円+税


「十九歳と別れる歳となったので、青春を一人で祝って、厳冬の知床を登り、四月初めに一ノ倉をやったんだ」

登山史に埋もれた希有な記録に光を当てる『登山史の森へ』に収録された謎多きクライマー・立田實に触れた一節。1937年生まれの早熟な登山家は19歳で一ノ倉沢南陵などの単独初登を成し遂げるが、記録を伏せる。

その後もヨーロッパアルプスや北極圏の山々を単独登攀し、シェルパに紛れてエベレストに潜入、単身サウスコルの先へ・・・・・・、そして45歳で亡くなる前に、山行記をすべて焼却したという。

孤独を表現するという矛盾は、彼の美学に反するのか。「真の単独行者は、おそらく表現行為の彼方を歩き、表現行為の彼方に攀じる」

 

上記の本を読んで、是非単独行の良さを感じていただけたらと思う。

現在発売中のワンダーフォーゲル10月号の特集は、「世界を広げるソロトレッキング」。

ソロ登山のノウハウが詰め込まれた一冊で、ひとり歩きを満喫するために、知っておくべき計画や装備、行動中の基本と応用を紹介。

ソロで訪れたい山のガイドも盛りだくさん。新しい自分に、新しい山に出会う、一歩先のソロを目指すための総力特集となっている。

書籍・書評 単独行
教えてくれた人

ワンダーフォーゲル編集部

特集は「登山者のための北アルプス自然読本」。
北アルプスの山々を歩いていて、ふと気になったこと、いまこそ学んでみませんか。広く深い自然学のなかでも、とくに「地質」「植生」「動物」の3つのテーマに絞って、わかりやすく解説。 来るべき夏山シーズンを、より楽しく迎えるための自然学特集です。

 ⇒詳細はコチラ!
 ⇒Facebook
 ⇒Twitter

同じテーマの記事
もっと知りたい北アルプスのこと。北アルプスの自然を学べる博物館&ビジターセンターへGO!
ただ登るだけじゃなく、北アルプスの自然についてもっと学んでみたいという登山者へ。下山後に立ち寄ってみたい博物館やビジターセンターをご紹介。博物館やビジターセンターごとに、展示・観察会の内容は違って、多種多様。イチ押しポイントも交えてご紹介します!
「山のインスタ映え」大集合! 7人のインスタグラマーが撮る、美しき雪山
多くの登山者が活用する写真共有アプリ「インスタグラム」。今回は、7人のインスタグラマーが美しい雪山で撮りおろした写真をいくつかご紹介。山ヤだから撮れる、インスタ映えな山の風景、ここにあり!
すべての登山者が憧れる山・剱岳。その頂を踏むことなく、奥深くへと入り込む静かな縦走路があるのを知っているだろうか
室堂から欅平まで、山の頂を踏むことなく、渓谷を歩き、峠を越える縦走路。「岩と雪の殿堂」を開拓してきたクライマー、大正時代の鉱山労働者、そして戦前の過酷な発電所建設に従事した労働者、さまざまな背景の人々が歩いた道をたどる。
日本山岳史上最大の謎といわれる剱岳初登頂。そのルートの謎に迫る
日本山岳史上最大の謎といわれる剱岳初登頂。誰がどのルートで登ったのかを探検家の高橋大輔さんが、さまざまな角度から解き明かして、気づいたこととは?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年3月3日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 浅間山、八ヶ岳連峰に近く、晴天率が高く、暮らしやすい。長野県東部の佐久地域の魅力と先輩移住者のインタビューを掲載。
NEW 決定! 紅葉写真コンテスト2020
決定! 紅葉写真コンテスト2020 紅葉写真コンテスト結果発表! みなさんが美しい秋の山で感じた風景をご堪能ください。
山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...