このエントリーをはてなブックマークに追加

登山に多い怪我、捻挫の予防法、対処法、治療後の注意点。整形外科専門医、柴田俊一先生に聞く<後編>

登山の「専門医」に聴く怪我の治療・予防の今
登山技術 2020年11月05日

登山で多い怪我の1つが捻挫、とくに足首を捻挫する人は少なくない。捻挫を防ぐにはどうしたら良いのか、または怪我してしまった時の最善の対処法は? 慈恵医大槍ヶ岳診療所でも活動する整形外科専門医として活躍する柴田俊一先生に話を聞いた。

 

捻挫を防ぐに、ふだん登山者ができること

登山を長く続けるには、捻挫を防ぐ必要があると強く訴える柴田先生。とくに多い足首の捻挫の原因となるのは、足を接地させるときに、予想した路面状況と実際が違っていて、不自然な動きをさせてしまうことだ。

★前回記事:登山を長く続けるためにできる、捻挫の予防と対処法

本来、登山中は目で見て路面を観察し、無意識に正しい動きを行なっているのものだが、最近は途中でスマートフォンの画面を見たり、おしゃべりに夢中になったりしているときに、観察がおろそかなまま不用意に足を運ぶことがある。そんなときに、予想外の力を足に加えてしまい、足運びにクセがあるとより捻挫する可能性が高まる。これが足首の捻挫が起きるメカニズムだ。

そこで柴田先生に伺った、捻挫を防ぐためのポイントを以下にまとめた。

 

1.関節の可動範囲を広げる。

まずは足首や、脚全体の筋肉を柔らかくすることが大切。以下にお勧めのストレッチ方法を提示する。

①前方向

膝を曲げてつま先を地面につけた正座のような姿勢をとり、足の親指に体重をかけて、脛の前と一緒に20秒程度伸ばす。


②後ろ方向

伸ばす側と反対の膝を立て、伸ばす足首の甲を地面に押し付け、膝を地面にいったん付けてから膝を浮かせて20秒ほど伸ばす。
正座の姿勢でも同様の効果が得られるが、足首が固い人がいきなりやると靱帯を痛めてしまうこともある。まずはこの姿勢から試してみる。


③足の後ろ側

足首は外側には踵腓靭帯、内側には三角靱帯がある、細かい動きが必要な部位だ。踵の少し上を親指と中指でつまみ、緊張する場所を意識しながら反対の手で足先を持ち、足首を前後左右に回旋させて伸ばす。


足首だけでなく、脛の前の筋肉(前脛骨筋)とふくらはぎの筋肉(腓腹筋ヒラメ筋)が固いことによる、可動域制限が起こっている例も少なくない。

自分の体の固さを知るには、いわゆる「ヤンキー座り」ができるかが目安になる。できる方は柔軟性に問題はないが、うまくできない方は要注意となる。

 

2.自分の足運びのクセをチェック

接地するときの足は、本来ならば地面に対して平行になるのが理想となる。また、その足に体重を乗せた状態を正面から見ると、足と膝と股関節が真っ直ぐになるはずだ。捻挫しやすい人は、左右に傾くクセがあることが多くなる。

普段の山歩きで自分が足を運ぶときに、足がフラットに接地するかをチェックしよう。もし、最初に接地するのが小指側や親指側、踵からであれば要注意となる。

また、着地した足に体重を乗せたときの膝の位置もチェックする。股関節と足を結んだ線に対して、真っ直ぐではなく、内側に入っていたり、外側に出ていたりするのも、やはり要注意となる。

 

3.接地面を観察し足運びをコントロール

次に足を置く接地面を、しっかりと観察する習慣を身に着けよう。足を置く接地面は、水平に近い、できるだけ面積が大きくて安定する部分を選ぶ。このときの接地面が、木の根や浮き石、ガレやザレの場合は滑ったり、バランスを崩したりすることが考えられる。歩幅を小さくして、慎重に進むようにする。

また、落ち葉や草むらなど、接地面が見えないときも要注意。見当をつけて歩くのではなく、面倒でも、一歩一歩足探りで進むようにしたほうが確実となる。このとき、足運びにクセがある人は、足が傾いたり、膝が出たりしないように意識する。

このように足運びをコントロールできれば、足が予想外の方向に行ったり、無理な動きをすることが少なくなり、歩幅の調整もできたりするので、捻挫はかなり防げるはずだ。

 

4.歩行中はできるだけ歩くことに集中

いつもは気をつけていても、ふと何かに気を取られたときに、足をとられて捻挫することが少なくない。ずっと集中し続けるのは大変だが、足を置く路面を必ず見る習慣は身につけたいもの。

多いのは本人が気をつけていたとしても、後ろから声をかけられて振り向いたときに、足を捻って捻挫してしまう人。後ろを振り返るのは本当に危険なので、後ろからの呼びかけはできるだけ避けるべきだ。また、後ろを向く必要があるときは、必ず立ち止まってから振り返る習慣をつけるようにする。

*     *     *

あらかじめ足回りの柔軟性を保ち、自分の体のクセを知ること。歩行時にはよく観察しつつ、足運びをコントロールすること。そして歩行に集中すること。

これらは捻挫を防ぐだけでなく、遭難の原因となる転倒や滑落、転落を防ぐことにも結びつく、登山の基本とも言えるポイントだ。

 

捻挫後の登山をサポートするアイテム

しかし筆者のように、すでに捻挫してしまっている、という人も多いはずだ。捻挫をした後でも、上手く登山を続ける方法はあるのだろうか? 柴田先生も、靭帯2本を切った捻挫後にも登山を続けているが、現在、どのような対策をとっているのかを伺った。

上の捻挫を防ぐポイントを意識した上で、道具なども使って再発の予防しています。特に今は、シューズの性能が高まってきました。サイズの合ったハイカットのシューズを履き、適切に紐を締めるだけでも足首のサポート効果はあります。

ハイカットシューズのサポート効果は、筆者も実感している。実は30代までは、無雪期ではハイカットの必要はほとんど感じていなかったものの、最近はメリットを感じて低山でも履くようになった。ちょっと足元がぐらついても、シューズの剛性で踏みとどまることができるので、足首の負担はかなり軽減できている。

柴田先生は、シューズ選びに対して、こう付け加える。

あとはインソールです。シューズをよりフィットさせ、足のバランスを保つことができます。種類が豊富なので、ショップの人とじっくり相談して選ぶといいでしょう。

インソールを入れるのも足首の捻挫の防止に役立つ。インソールには様々なタイプがあるので、ショップなどでその機能について確認して利用しよう


それにテーピングもしています。愛用しているのは筋肉をサポートし軽く固定するキネシオテープで、上手く貼ると数日間使えます。注意したいのは巻き方で、登山では全周を巻くと、阻血という血流障害を起こしてしまいます。皮膚の血流を維持することに加え、皮膚の下の脂肪や筋肉も補助的に関節を支えているので、それを活かした、皮膚を残した巻き方がいいでしょう。

以前捻挫した足首をサポートするためのキネシオテープを使ったテーピング。全体に巻かないようにするのがポイント


 筆者はインソールはノーマルタイプのままで、テーピングは痛めたと思ったときにしか行なっていないが、歳を重ねるにつれ、さらに足首は弱ってくると考えられる。今後は積極的に活用したほうが良いのではないかと、考えさせられたのだった。

 

※次号は登山者に多い膝痛について話を進める――

ケガ・病気 ボディケア トレーニング
教えてくれた人

木元康晴

1966年、秋田県出身。東京都山岳連盟海外委員、日本山岳ガイド協会認定登山ガイド(ステージⅢ)。2009年から登山ガイドの仕事を始め、2011年から『山と溪谷』『ワンダーフォーゲル』『岳人』などで数多くの記事を執筆。
ヤマケイ登山学校『山のリスクマネジメント』では監修を担当。著書に『IT時代の山岳遭難』、『山のABC 山の安全管理術』、『関東百名山』(共著)など。

 ⇒ホームページ

同じテーマの記事
膝痛を防ぐために日常生活の中でできること、やるべきこと。認定スポーツ医に聞く膝痛対策2<後編>
膝痛の原因の一つに、身体のメンテナンス不足がある。メンテナンスと聞くと、筋力やストレッチが一般的だが、他にもある。生活習慣や歩く姿勢など、日常生活から膝痛予防を考える。
膝痛の原因の1つ「鵞足炎(がそくえん)」は、メンテナンスで治すことができる。認定スポーツ医に聞く膝痛対策2<前編>
膝痛の原因となるのは「変形性膝関節症」ばかりではない。関節以外の場所が原因で起きる「鵞足炎」というものもある。今回は膝痛を解消し予防するためのストレッチについて、メカニズムとともに紹介する。
「変形性膝関節症」の痛みの理由を知って、膝痛とうまく付き合おう。認定スポーツ医に聞く膝痛対策<後編>
膝の酷使によって変形性膝関節症となり、膝痛に苦しむ登山者は少なくない。病院で診断すると「一生治らない」と言われることもあるが、悲観してはいけない。スポーツ医の小林哲士氏は、メカニズムを知ることで、膝痛とうまく付き合っていくことができるという。
膝痛と上手に付き合い、対処していくために必要なこと。認定スポーツ医に聞く膝痛対策<前編>
登山者を悩ます体のトラブルで、もっとも多い膝痛。前回までは主に膝周りや脚の筋肉を上手く使い、できるだけ膝痛を軽減する歩行術を紹介した。今回からは切り口を変えて、膝痛の症状を検証しつつ、治療も含めて上手に対処していく方法を専門医に聞いてみた。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年3月4日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 決定! 紅葉写真コンテスト2020
決定! 紅葉写真コンテスト2020 紅葉写真コンテスト結果発表! みなさんが美しい秋の山で感じた風景をご堪能ください。
山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。