このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年11月、北アルプス真砂岳での雪崩事故の教訓―― 11月でも雪崩は起きる! そして温暖化しても中部山岳北部でのドカ雪の頻度は増える!!

山岳防災気象予報士・大矢康裕が教える山の天気のイロハ
基礎知識 2020年11月09日

2013年11月に起きた、北アルプス真砂岳での雪崩事故は、まだ記憶に新しいかもしれない。11月にも関わらず、7名が雪崩に巻き込まれた。まだ積雪の少ない時期にも関わらず、なぜ大規模な雪崩が起きたのか。暖冬・地球温暖化と言われる昨今だが、山岳地帯では引き続き雪への警戒は怠ってはならない。

 

ヤマケイオンライン読者の皆様、山岳防災気象予報士の大矢です。2020年10月17日は本州南岸に停滞した秋雨前線による層状の雲が北側に伸びたため、東北や中部山岳などの各地の山小屋から初積雪の便りが聞こえてきています。北アルプスの穂高岳山荘付近では20cmの積雪で、吹き溜まりでは40cmも積もったそうです。


暖かい日が多かった今年の秋でも季節の歩みは確実に進んでいて、いよいよ『麓は雨でも、山では雪』となるシーズンに入って来ています。今回は、2013年11月23日に北アルプスの真砂岳で発生した雪崩事故について取り上げたいと思います。

最近の研究では、温暖化が進んで全国的に積雪が減少する傾向にあっても、大雪山などの北海道内陸部の山、北アルプスなど中部山岳の北部では逆に積雪が増える可能性があると指摘されています。一口に温暖化と言っても、その影響は単純なものではないようです。

図1. 北アルプスの真砂岳での表層雪崩の発生状況 (出典:防災科研による報告書より)

 

7名が亡くなった真砂岳・雪崩事故の概要

当時の報道や防災科研による報告書を基にして、真砂岳雪崩事故の概要についてまとめると以下にようになります。

2013年11月23日の午前10時55分頃に、真砂岳の西側斜面の大走り分岐付近を起点として、大走沢で幅約30m、長さ約600mの雪崩が発生した。山スキーに来ていた2名のグループと5名のグループの計7名が雪崩に巻き込まれて、全員が全身を雪中に埋没した状態となった。すぐに近くにいた山岳ガイドや山スキーヤーなどによる救助活動がなされ雪中から掘り出されたが、救助の甲斐なく病院で7名全員の死亡が確認された。


図1の破断面の矢印の下では、尾根の左側の雪がごっそりと無くなっていて、段差になっている様子が良く分かると思います。ここが表層雪崩が発生した起点で、地図にすると以下の場所になります(図2)。

図2. 雪崩が発生した場所 (防災科研の報告書を基にして地図にプロット)

 

雪崩事故現場では前日まで約150cmの積雪があった

では、いったいどのような気象状況によって11月の雪崩が発生したのでしょうか。まず当時の地上天気図を見てみましょう。

11月17日から20日にかけて日本海低気圧が発達しながらオホーツク海に進み、日本付近は18日から22日にかけて11月としては強い冬型気圧配置になっています。この悪天によって立山の室堂付近では150cm近い降雪量となったそうです(日本雪崩ネットワーク情報)。

雪崩が発生した23日は、大陸から移動性高気圧が東シナ海に進んできて、冬型気圧配置は緩み、朝から晴れていて気温が上がっています。降雪直後の新雪雪崩というよりも、大量の降雪の後に気温が上がって表層雪崩が発生するというパターンでした(図3)。

図3. 左から11月17日、20日、23日のいずれも午前9時の地上天気図 (出典:気象庁)

 

どのような積雪の状態が11月の雪崩をもたらしたのか

その後の防災科研や日本雪崩ネットワークによる現地調査が行われ、18日から22日の新雪だけでなく、それ以前に降った雪による積雪も雪崩の発生に影響していたことが分かっています。2013年11月の麓の富山における気温と降水量のデータを図4図5、立山室堂のみくりが池温泉付近で実施された積雪状況の現地調査結果を図6に示します。

図4. 富山の2013年11月の日ごとの気温の推移 (出典:気象庁)
 

図5. 富山の2013年11月の日ごとの降水量の推移 (出典:気象庁)
 

図6. 立山室堂のみくりが池温泉付近の積雪状況(防災科研による報告書を基に大矢にて図を作成)


まず10日後半から13日にかけて冬型気圧配置となって、富山では約80mmの降水があり、その時にみくりが池で積もった雪が図6の旧雪①に対応しています。

その後、15日に本州付近を通過した低気圧による降水が約10mmありました。降った時の気温が高いため、結合力が非常に弱い「こしもざらめ雪」を含む弱層となっています(旧雪②)。

さらにその後の18日から22日にかけて1m近い大量の新雪が積もりました。そして雪崩は旧雪②の中の弱層の破断によって発生しています。

弱層を含む旧雪②の存在が雪崩を発生しやすくしたことは事実ですが、そもそも旧雪の上に1mの新雪が積もったこと自体ですでに雪崩の危険がありました。そして、気温が上がって雪崩が発生しやすい状況であったのに、雪崩に対して無警戒であったことが悔やまれます。

この事故を受けて、富山県ではスキーシーズン中は、「立山なだれ情報」のWebサイトから、雪崩の危険性を4段階に分けた雪情報を発表して山スキーヤーに注意を呼び掛けています。

 

トータルの雪が減っても、中部山岳北部ではドカ雪の頻度が増える!!

気象研究所による平成28年9月23日の報道発表資料「地球温暖化で豪雪の頻度が高まる ~最新気候シミュレーションによる予測~」によりますと、以下のような内容が発表されています。

これまでにない多数の地球温暖化気候シミュレーション実験の結果を解析して、温暖化が進行したときに日本の内陸部において、現在よりも豪雪(災害を伴なうような顕著な大雪現象)が高頻度に現れ、豪雪による降雪量も増大する可能性があることを確認しました。


温暖化が進むと、冬型気圧配置になった時に日本海からの水蒸気の供給が増えます。水蒸気の増加によって降水量が増えると、温暖化によって気温も高くなるため、日本海側の平地では雪ではなく雨が降る頻度が増える傾向になります。したがって当然のことながら、全国的にトータルの降雪量は減っていく見込みです。

しかし、大雪山などの北海道の内陸部の山では気温が低く、少々温暖化しても雪のまま降るため、降雪量は増えるというシミュレーション結果となっています(図7の右上)。

図7. 日本および日本周辺域における降雪の将来変化の特徴。青い領域で降雪が増加。(気象研究所報道発表資料)


さらに、今回の雪崩事故が発生した立山のような中部山岳の北部では、温暖化によって大雪をもたらすJPCZ(日本海寒気団収束帯)が強化されるため、まれにしか起きないドカ雪の頻度が増える(図7右下)という非常に興味深いシミュレーション結果が出ています。したがって、将来も11月としては強い寒気が入った時には立山などの積雪が多い中部山岳北部の山域では雪崩に警戒が必要ということになります。

岐阜大学の吉野純先生の研究室では、このような将来の気候変動についての解析も研究しています。私も将来の山岳気象に対する気候変動について、何らかの研究を進めて参りたいと思っております。

天気 危機管理 遭難・事件
教えてくれた人

大矢康裕

気象予報士No.6329、株式会社デンソーで山岳部、日本気象予報士会東海支部に所属し、気象防災NPOウェザーフロンティア東海(WFT)山岳部会の一員として山岳防災活動を実施している。
日本気象予報士会CPD認定第1号。1988年と2008年の二度にわたりキリマンジャロに登頂。キリマンジャロ頂上付近の氷河縮小を目の当たりにして、長期予報や気候変動にも関心を持つに至る。
現在、岐阜大学大学院工学研究科の研究生として山岳気象の解析手法の研究も行っている。

 ⇒Twitter 大矢康裕@山岳防災気象予報士
 ⇒ペンギンおやじのお天気ブログ
 ⇒岐阜大学工学部自然エネルギー研究室

同じテーマの記事
2004年2月の大長山遭難事故――、暖冬シーズンの中で起きた豪雪からの14名全員の生還劇
「強い冬型の気圧配置」は、続いても2~3日だが、上空の気圧配置が「鍋底型」となると、長く続くことになる。2004年2月の大長山での遭難事故は、まさにそんな気圧配置になったために起きたのだった。
前代未聞の大量遭難、1963年1月の薬師岳遭難事故(三八豪雪)は、二つ玉低気圧とJPCZ(日本海寒気団収束帯)が原因
大学山岳部のメンバー13名が亡くなった、1963年・北アルプス薬師岳での山岳遭難。「三八豪雪」と呼ばれる想定を越えた豪雪が襲ったのが直接の原因だが、当時のデータを現代の技術で紐解くと、さまざまな面が見えてくる。
積雪のために撤退したトムラウシ山の想い出、利尻山には何故雪がなかったのか? その答えは海にあった
1991年9月、「りんご台風」が去った後に向かった北海道登山。筆者はトムラウシ山で積雪のために撤退を余儀なくされた。前々日の利尻山にはなかった雪は、なぜトムラウシ山にはあったのか? 55年長期再解析データ「JRA-55」を利用して検証する。
1959年10月、南岸を通過した台風18号による大量遭難。生死を分けたのは「濡れた衣服を着替えたかどうか」
1959年10月10日、台風の影響で、大学山岳部や社会人山岳会の数パーティーのうち8名が低体温症によって亡くなった――。当時、「台風崩れの南岸低気圧が引き込んだ寒気」とされたこの山岳遭難事故、今の技術で分析してみると、他の部分にも原因が見えてきた。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。今日まで、登山から自然、アウトドア、スポーツ、旅などをテーマを広げ、メディアの可能...
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!