このエントリーをはてなブックマークに追加

「山のインスタ映え」大集合! 7人のインスタグラマーが撮る、美しき雪山

From ワンダーフォーゲル編集部
たしなみ 2020年12月24日

多くの登山者が活用する写真共有アプリ「インスタグラム」。今回は、7人のインスタグラマーが美しい雪山で撮りおろした写真をいくつかご紹介。山ヤだから撮れる、インスタ映えな山の風景、ここにあり!

文=編集部

 

いよいよ日本列島にも寒波が襲来し、雪山シーズンが到来した。今回は、人気インスタグラマーの方々が撮った雪山の美しい写真をご紹介。あなたも雪山に登りたくなること間違いなしだ。

taskyさん plus9_mt  plis9_film

【登山歴】7年(雪山登山歴7年)
【雪山登山頻度】ほぼ毎週末
【よく行く雪山】白馬エリア、黒姫山、妙高山、谷川岳など

山関連、フィルム写真専用、インテリア専用など様々なアカウントを使いこなし、多趣味で感性の高さがうかがえるtaskyさん。冬季は白馬エリアや黒姫山などでバックカントリーを楽しむことが多いという。愛機は富士フイルムX-H1、オリンパスOM-1

八方尾根を滑り降りる友人を撮影。「静止画ながら動きのある1枚になりました」

谷川岳の天神尾根にて。急斜面を登る人々は真横から写し取った

 

Konoさん tai_kon

【登山歴】8年(雪山登山歴4年)
【雪山登山頻度】毎週末
【よく行く雪山】穂高岳、甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳、谷川岳など

長野県在住のKonoさんは、愛用カメラのニコンD750と一緒に毎週末北アルプスを中心に山へ入る。冬山は、雪の美しさが際立つ厳冬期がもっともお気に入り。白一色の世界に朝日が色を添える瞬間など、光がもたらす感動を写真に収めている。

光芒により、雪の結晶が柱のように見える「サンピラー」。霧ヶ峰にて。

甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根にて撮影した、真っ赤に染まるシュカブラ

 

kumiruさん kumiru

【登山歴】3年(雪山登山歴2年)
【雪山登山頻度】月2~3回
【よく行く雪山】八ヶ岳、唐松岳、谷川岳、西穂独標など

初めての雪山は筑波山、次は八ヶ岳の天狗岳とステップを踏み、過去2シーズンで14座に登頂したというkumiruさん。そこで目にした白い山肌と澄み渡る青空のコントラストに心を動かされ、シャッターを切っているという。本業は美容系の仕事で、山にマッチしたセンスあふれるヘアスタイルやファッションも人気。

写真につけたキャプションは「ぽつん」。広々とした雪原がたまらない

ヒマラヤのような雰囲気すら漂わせる、武尊山から見た剣ヶ峰山

 

mayさん may.yamay

【登山歴】10年(雪山登山歴8年)
【雪山登山頻度】月2~3回
【よく行く雪山】霧島山、九重山、高千穂峰、宮之浦岳

鹿児島県在住のmayさんのインスタには、静けさに包まれた九州の雪山が登場する。さっとスマートフォンを取り出し撮影したものばかりで、そこに気負いはまったくない。風景だけを切り取ることが多く、広がりを強調するため、画角は横長に。

九重山の主峰、久住山にて。御池が凍りつつも深藍色をたたえる

八ヶ岳で「写ルンです」に初挑戦。「シラビソ林の中、足元にやわらかな光が注いで。心に響きました」

 

いのみんさん lalatxm

【登山歴】4年(雪山登山歴4年)
【雪山登山頻度】月3~5回
【よく行く雪山】木曽駒ケ岳、鈴鹿山脈、赤岳、唐松岳

登山を始め、「心を揺さぶる絶景があることを知った」といういのみんさん。冬も山に通うべく、雪山講習を受講。以来、四季折々に氷上が異なる山をファインダー越しに見つめてきた。涸沢では穂高の峰々を染める朝焼けが有名だが、その時彼女を魅了したのは反対側の光景…情念山脈を背に浮き立つ雲とオレンジ色の光だった。「自分の感覚を大切にし続けたい」という。

涸沢のテント場で迎えた朝。常念山脈側を写したお気に入りすぎる一枚。

上高地では大正池が見事なまでの水鏡に。神々しい一枚だ

 

ヤマガスキナダケさん yamagasukinadake

【登山歴】6年(雪山登山歴5年)
【雪山登山頻度】1シーズン5~6回
【よく行く雪山】御在所岳、蓬莱山、京都・北山、比良山地

京都府で妻と長男と暮らすヤマガスキナダケさん。写真だけだなく、きのこを擬人化したユニークなイラストで山行記録を綴り、話題に。年間を通じ、出かけるのはもっぱら日帰りで行ける低山で、山頂にこだわらず自然のなかにいる時間そのものを満喫している。

夫婦と友人のエリンギさんで琵琶湖を望む低山へ。10枚にまとめた雪山ルポは読み応えがある

4年前のイラスト日記。新雪に覆われた比良山地などで稜線歩き

 

ピヨさん tomichiyo3

【登山歴】8年(雪山登山歴6年)
【雪山登山頻度】月2回
【よく行く雪山】伊吹山、入笠山、高見山など

夫、中学1年生の長女、小学5年生の次女、小学4年生の長男とともに日本百名山制覇に向け、全国に赴くピヨさん一家。間ノ岳を残し、すでに99の頂に立っている。山を始めたのは家族同時。長男がきっかけで、そこから子どもたちの「もっと登りたい!」を叶えるために8年を過ごしてきたという。

長男のリクエストで、2年前の誕生日は日光白根山で迎えた。初めてラッセルを経験したそう

火打山にて。おそろいのコーデが評判

 

現在発売中のワンダーフォーゲル12月号の特集は、「映える!行ける!美しき雪山」。スノーモンスターや霧氷などの絶景を無理せず、背伸びせず楽しむための特集となっている。買い求めはお近くの書店や登山ショップか、下記リンクから。

 

教えてくれた人

ワンダーフォーゲル編集部

「世界を広げるソロトレッキング」、ソロハイカーが知りたいノウハウをすべて詰め込んだ一冊です。
自由気ままに山歩きが楽しめるソロトレッキング。ひとり歩きを満喫するために、知っておくべき計画や装備、行動中の基本と応用をご紹介。
新しい自分に、新しい山に出会う、一歩先のソロを目指すための総力特集です。
 ⇒詳細はコチラ!
 ⇒Facebook
 ⇒Twitter

同じテーマの記事
読書の秋。秋の夜長に、一人でひっそりと山に入ってみたくなるような本を読んでみる
秋の夜長のお供に、山の本を開いてみてはいかがだろうか。山、登山に関する本は数多いが、今回はその中から「単独行」、一人で山に行く話にまつわる書籍を紹介。行間から、ソロ登山の魅力を感じてみてみよう。
すべての登山者が憧れる山・剱岳。その頂を踏むことなく、奥深くへと入り込む静かな縦走路があるのを知っているだろうか
室堂から欅平まで、山の頂を踏むことなく、渓谷を歩き、峠を越える縦走路。「岩と雪の殿堂」を開拓してきたクライマー、大正時代の鉱山労働者、そして戦前の過酷な発電所建設に従事した労働者、さまざまな背景の人々が歩いた道をたどる。
日本山岳史上最大の謎といわれる剱岳初登頂。そのルートの謎に迫る
日本山岳史上最大の謎といわれる剱岳初登頂。誰がどのルートで登ったのかを探検家の高橋大輔さんが、さまざまな角度から解き明かして、気づいたこととは?
立山連峰はなぜ氷河が多いのか? 内蔵助氷河なら、一般登山者も氷河の上を歩ける!
日本にある7つの氷河のうち、5つが立山連峰で発見されている。そもそも氷河とは? なぜ立山連峰に氷河が多いのか? 立山連峰の氷河のヒミツを教えます!
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年1月21日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...