このエントリーをはてなブックマークに追加

落石を起こさないために、登山道の観察と歩き方の注意を!

登山技術 2017年08月29日

登山中の落石事故に遭わないようにするのはもちろんですが、「起こさないようにする」ことにも注意を払わなければいけません。うっかり落としてしまったでは済まない、大事故を起こさないために、注意すべきこととは?

 

落石を起こさないためには?

質問:
先日、一人で登山していた時に、急登で浮き石を踏んで、ソフトボール大の石を落としてしまいました。幸い誰もいなかったので問題ありませんでしたが、もし混み合った登山道だったら・・・、と考えるとゾッとしました。落石を起こさないようにするための注意点・ポイントがあれば教えてください。

 

垂直に近い岩場を登攀する際に、技術では解決できないリスクの1つが落石です。登山道でもなければ指定されたルートでもない自然の岩場を登る際には普通に存在する浮石。岩場では、この浮石を避けて行動することは必須の技術です。

落石は、大きな物は「ブーン」とうなりを上げて、小さな物は「ヒューン」と耳元をかすめて落ちていきます。また、一般登山コースで恐ろしい落石といえば、雪渓が登山コースとなっているときです。大きな岩でも通常の岩場のようにガラガラと大きな音を立てるわけではなく、雪の上を静かにバウンドして落ちてきます。そのため、直前まで落石の存在に気が付かないこともあります。

落石の落下コースは不規則に変わることもあるので、落石に気が付いた人が大声で注意を促したうえで、落石のルートを「おい!右に弾んでいくぞ!」などと教え合うことが必要となるでしょう。

 

どんな場所で落石が起きるのか考えれば、注意点が見えてくる

さて、今回の質問は「落石を起こさないようにするための注意」です。まず、登山道上で落石を起こしてしまう状況には、どんな場合が考えられるか挙げてみましょう。急傾斜で、自分の足元や手がかりで頭が一杯で、細かい登山道上の浮石まで注意が行きわたらない、そんなケースが多いと思います。
また、正しい登山道を歩いていても、少し脇に寄りすぎた、路肩を歩いてしまい落としてしまうことがあります。ほかにも、正しく正確に登山道を歩いていても、落石が溜まっている場所や、ほかの登山者がルート上の浮石をひょいと脇に置いた場所に足を置いて落としてしまったなどのケースも考えられます。

こうして考えると、不用意に石を落とさないようにするには、登山道の観察と歩き方の注意が大切な要素となることがわかります。時間的にも精神的にも余裕を持って行動することが落石を起こさないためのコツの1つとなります。落石を起こす人の多くは「とりあえず通過するのに頭が一杯だってので・・・」などと言っているのを聞いたことがあります。もしパーティで行動しているのであれば、「あっ。そこ、もう少し右側行かないと、小石落とすよ」「もっと平らな場所に足を置いて」などと注意し合うようにしてください。

また、岩場やクサリ場では落石に注意する登山者でも、意外と気づかず落石被害を起こしやすいのが、ジグザグ道です。混雑した登山道で垂直方向に人がいる時には特に、路肩を避けて山側を意識的に歩くことも小さな落石対策です。

ほかにも技術的なアドバイスとしては、急傾斜の登下降では岩にベッタリと張り付くように行動すると斜面を蹴りやすく、落石を起こしがちです。正しい姿勢は落石対策にも有効となります。

いずれにしても、足元からコロッと落とした瞬間には必ず、「ラク」と大声で注意を呼び掛けてください。

 

マナー
教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」

同じテーマの記事
山岳ガイドに教わる“雪山登山 入門のススメ”(5)雪山装備を一式用意したい。できれば安く!
雪山をはじめるための装備を一式揃えるには、やはり出費がかさみます。ギアは代用品がきかないので妥協せずに目的に合った製品を購入することをお勧めしますが、ウエア類はなるべく安く揃えられたら雪山がはじめやすいでしょう。
山岳ガイドに教わる“雪山登山 入門のススメ”(4)雪山登山をお勧めしないタイプの人っているの!?
向き不向きを気にすることはありますか? 普段は気にしていなくても、それが危険のともなうアクティビティ“雪山登山”であれば考えてみてもいいかもしれません。そこからみえる安全雪山登山とは?
山岳ガイドに教わる“雪山登山 入門のススメ”(3)雪山の単独行って? 仲間の存在って?
雪山登山をはじめるにあたって気になることのひとつに、パートナーや仲間探しがあります。身近に雪山をやっている人がいれば一緒に行くところからはじめることを勧めますが、いない場合は単独ではじめますか? 仲間がいても、初心者レベルのパーティーだとどうでしょうか?
山岳ガイドに教わる“雪山登山 入門のススメ”(2)絶対必要な冬山装備って?
雪山登山をはじめたいが、「はじめる=出費」はつきもの。そこで、できるだけコストを抑えて、雪山登山はじめる方法を考えてみよう。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴一時雪
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2018年1月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
冬のすべてを楽しめるマルチなアウター
冬のすべてを楽しめるマルチなアウター 雪山ハイキングから本格的な雪稜登攀、山スキーなど、冬のアクティビティでマルチに活躍するウィンタージャケット「ウィンターコ...
NEW ガイドブックの著者も納得! 最新スマートウオッチ
ガイドブックの著者も納得! 最新スマートウオッチ カシオの「PRO TREK Smart」を低山フォトグラファーの渡邉明博さんが冬の低山山行でテスト。その使い心地は!? ...
NEW 2018年の干支、犬に関連する山に登ろう!
2018年の干支、犬に関連する山に登ろう! 年が開けるごとに話題となる年号に関する山。今年は干支んお「犬」に注目。犬に関連する山に登る登山計画を今から考えておこう!
NEW 脂肪をエネルギーに! 転換効率を高めるサプリメント
脂肪をエネルギーに! 転換効率を高めるサプリメント 日本新薬のサプリメント「WINZONE」は、身体の脂肪を効率よくエネルギーに転換。冬の山でも活用しよう!
NEW 大型クッカーの使い勝手は? 連載「山MONO語り」
大型クッカーの使い勝手は? 連載「山MONO語り」 今月はプリムスの「ライテックポットセット1.3L」を初冬の山で。調理時の焦げ付かなさ、拭き取りやすさまで徹底チェック!
NEW 安心と安全で導く登山ツアーのパイオニア
安心と安全で導く登山ツアーのパイオニア 世界の山旅を企画して50年。山岳旅行業界を牽引する「アルパインツアー」のポリシーと特色について紹介
NEW エプソンの高精度なGPSアウトドアウオッチ
エプソンの高精度なGPSアウトドアウオッチ GPS機能と独自のアルゴリズムで高精度に計測する、注目のリストウオッチ「MZ-500シリーズ」を徹底解析
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
雪山入門に適した奥多摩の山々
雪山入門に適した奥多摩の山々 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、雪山デビューに最適。東京に雪が降った日は奥多摩を目指せ!