このエントリーをはてなブックマークに追加

不安な登山者・パーティーと山ですれ違ったとき。声をかけるべき?お節介は不要?

基礎知識 2017年11月09日

山で、ちょっと不安な登山者とすれ違った時、どうすれば良いのだろう。声をかけるべきか、それともお節介はすべきではないのか・・・。皆さんならどうします?

不安な登山者・パーティに注意するべき?

質問:
先日、「この時間に出発して、どこに行くんだろう?」という登山者とすれ違いました。最寄りの山小屋を目指すとしたら、日没が過ぎるのは間違いないと思います。自分より明らかに年配の方々だったので、そのまま見送ってしまいましたが、その後、無事だったのか気になってしまいました。
声をかけて注意すべきだったのでしょうか? やんわり注意する方法があれば教えてください。

 

いきなり、直球の質問ですね(笑)。「この時間に、こんな所を歩いていて、どこに行くんだろう?」・・・、おっしゃるとおり、そんな心配な登山者は増えました。

以前だったら「登山では早発ち、早着きが安全な行動パターン。アナタ、何やってんですか?」と言ったり、「夕方3時には目的地に到着! と予定を立てていたら、天候が悪かったり、足元がぬかるんでいたり、バテて歩きが遅くなった仲間がいたりしても焦らずに行動できる」など教えたりしてきました。

けれども、そんな「良識」とは関係のない人が増えすぎて、正しいことを言えばウルサイおじさんと思われるだけになってしまいました。

そういえば、先日はこんな経験もしました。ある山小屋でストーブを囲んで談話しているパーティの会話に聞き耳を立ててみると――

どうやら、このパーティはメールのやりとりだけで(少なくとも肉声では会話もしたことのない)、実際に会ったこともない「仲間」と山小屋で集合して初顔合わせの様子。みんなで自己紹介、「明日はどこ行きます。あっそうなんだ! 一緒に行っていいですか?」なんて会話も聞こえてきました。

こうした方々に「あのねぇー、山はねぇー、そんなんじゃダメなんだよ」と言っても、疎まれるだけです。話しかけられたときには、少し感じの悪い答え方をしてしまいましたが・・・。

 

ソフトに話しかけて、たしなめるしかないかなぁ・・・。

さて、真面目に回答すると、こんな場合はできるだけ穏やかに「どちらまで行かれますか?」と聞くのが良いと思います。もしかしたら、「いや、もう引き返すつもりです。大丈夫ですよ」、なんて話になるかもしれません。

心配した通り、「いやぁ、8時頃には着くんじゃないの。僕、小屋では食事しないから」なんて言ってきた場合は、暗くなっても行動できる準備があるか・ないかを尋ねると良いでしょう。ここで、「ライトはない、いざと言う時のビバークの準備もない」となった場合に次を考えましょう。引き返すように勧めるか、予備のヘッドランプを貸してあげるか、となるのではないでしょうか。

余談ですが、自分はヘッドランプを人に貸した経験が人生で3回あります。その中の1つは以下のような話でした――。

夕暮れ時の奥多摩・大岳山の下りの鋸山、小学生らしい子供を連れた3人家族を発見。事情を聞くと、御岳山から大岳山に登ったら「奥多摩駅へ」の指導標を見つけ、「なんだ、御岳山に戻ってロープウェイ、バスに乗るよりいいな」と、あまり深く考えずに降りだしたら予想に反して厳しい上り下り。
お父さんの膝が痛くなってペースが落ち、鋸山で真っ赤な夕陽を見ながら「困ったなぁ」と休んでいる時に、僕が偶然通りかかって、お節介にも「これから下りですか? ライトはありますか?」と尋ねた、という訳でした。

相手は初心者だし、子供の前でお父さんを叱り飛ばす訳にもいかないし、という気持ちで自分のヘッドランプを提供。本当は一緒に降りてあげるのが人の道なんでしょうが、その日は夜に約束があり、まだガイドになる前の話。予備のヘッドランプの準備もなかったので、大ダワに向かい暗くなっても安心の林道へと駆け下りました。

後日、丁寧な手紙と共にヘッドランプと「花キューピット券」が送られてきて(その家族は、お花屋さんだったのです)、無事であったことと礼節を知る方だったことににホッとした、そんな経験もありました。

さて、どう見ても心配な登山者に「君たち!」なんて真面目に説明しても相手にされないうえに、疎まれるだけです。旅行会社のツアー登山などでも、高速道路が渋滞してスタートが遅れても、予定通りの行程・平気で真っ暗になって山小屋到着が当たり前。そんな環境で登山を覚えた人が主流派になっている現状では、ソフトに語りかけて、たしなめる程度が精一杯かもしれません。

 

マナー
教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」

同じテーマの記事
山岳ガイドに教わる“雪山登山 入門のススメ”(5)雪山装備を一式用意したい。できれば安く!
雪山をはじめるための装備を一式揃えるには、やはり出費がかさみます。ギアは代用品がきかないので妥協せずに目的に合った製品を購入することをお勧めしますが、ウエア類はなるべく安く揃えられたら雪山がはじめやすいでしょう。
山岳ガイドに教わる“雪山登山 入門のススメ”(4)雪山登山をお勧めしないタイプの人っているの!?
向き不向きを気にすることはありますか? 普段は気にしていなくても、それが危険のともなうアクティビティ“雪山登山”であれば考えてみてもいいかもしれません。そこからみえる安全雪山登山とは?
山岳ガイドに教わる“雪山登山 入門のススメ”(3)雪山の単独行って? 仲間の存在って?
雪山登山をはじめるにあたって気になることのひとつに、パートナーや仲間探しがあります。身近に雪山をやっている人がいれば一緒に行くところからはじめることを勧めますが、いない場合は単独ではじめますか? 仲間がいても、初心者レベルのパーティーだとどうでしょうか?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2018年1月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2018年の干支、犬に関連する山に登ろう!
2018年の干支、犬に関連する山に登ろう! 年が開けるごとに話題となる年号に関する山。今年は干支んお「犬」に注目。犬に関連する山に登る登山計画を今から考えておこう!
NEW 大型クッカーの使い勝手は? 連載「山MONO語り」
大型クッカーの使い勝手は? 連載「山MONO語り」 今月はプリムスの「ライテックポットセット1.3L」を初冬の山で。調理時の焦げ付かなさ、拭き取りやすさまで徹底チェック!
NEW 安心と安全で導く登山ツアーのパイオニア
安心と安全で導く登山ツアーのパイオニア 世界の山旅を企画して50年。山岳旅行業界を牽引する「アルパインツアー」のポリシーと特色について紹介
NEW エプソンの高精度なGPSアウトドアウオッチ
エプソンの高精度なGPSアウトドアウオッチ GPS機能と独自のアルゴリズムで高精度に計測する、注目のリストウオッチ「MZ-500シリーズ」を徹底解析
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
雪山入門に適した奥多摩の山々
雪山入門に適した奥多摩の山々 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、雪山デビューに最適。東京に雪が降った日は奥多摩を目指せ!
ダイヤモンド富士&シモバシラ
ダイヤモンド富士&シモバシラ 都民の憩いの場の高尾山は、冬でも活気に溢れています! 12月はダイヤモンド富士とシモバシラが人気です!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ!
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ! 登山の著名人に「山の本」の思い出を取材。初めて触れた本、感銘を受けた本など、本から知る山の世界。ぜひ参考に!