このエントリーをはてなブックマークに追加

登山の中にある危険を、安全なものに変えてみませんか? そのヒントをロープの達人が紹介します

登山技術 道具・装備 2017年12月01日

バリエーションルートや難易度の高い登山では、高い水準のロープ技術が求められる場合がある。危険がつきものの上級者向けの登山を、少しでも安全に行うことはできないか。ロープワークのプロフェッショナル「特殊高所技術」山口氏から、安全登山のヒントを紹介していただこうと思う。今回は第1回目ということで、まずは「特殊高所技術」がどんな仕事をしているのかを教えてもらった。

ロープワークで橋梁調査の作業中

特殊高所技術とは

私たち「特殊高所技術」は日々、橋梁・水力発電設備・風力発電設備・自然斜面(岩壁)などの高所へ、ロープでぶら下がって近接し、構造物の点検、調査、補修といった業務をしています。

特殊高所技術を使って、高所で作業中​ 特殊高所技術で、橋梁調査中

「ロッククライミングみたいなことをしているんですよね?」とよく聞かれますが、違います。自分自身は登山・クライミングの経験があるからよく分かるのですが、特殊高所技術とクライミングは、まったく別物。ハーネスを付けて、ロープ・カラビナ・スリングを使っているという点では装備と見た目は似ていますが、何が違うのか? 端的に表現すると、 

  • クライミング=自分の手足で岩場などに登る + 墜落したときに地面まで落ちないようにロープで確保する

  • 特殊高所技術=高所へロープ等にぶら下がって移動する + その場にとどまって両手両足を自由に使い作業をする

という違いがあります。

一般的なクライミングでロープにぶら下がって移動する方法は、ほとんどダブルロープの懸垂下降でしか使いません。そうです、終了点にロープをダブルで掛けて、ルベルソやATCなどのビレイデバイスやエイト環といった下降器で下降するあれです。

こういったシンプルな懸垂下降技術では、複雑な形状をした構造物を自由に動き回り、必要に応じて両手両足を自由に使って作業をするということは難しいのです。つまり、クライミングで使われているロープワークは、短時間で岩場を下降して通過・移動するためのものです。

懸垂下降の画像

クライミングでの懸垂下降は、あくまで登攀した岩場から下りるための技術

一方、私たち特殊高所技術の現場では、複雑な形状をした構造物に対して安全に近接し、その場にとどまって、自分の手足を自由に使える状態で調査・点検・補修といった作業を実施することを要求されます。

特殊高所技術が作業中 特殊高所技術で作業中

ロープにぶら下がったまま、各種の作業をします

よって、クライミングで行われる懸垂下降のように、

  • ロープを握っている手を離すと墜落の危険がある

  • 岩肌でロープが擦れて切断する可能性がある

  • 錆びたハーケンと日(紫外線)で褪せた残置スリングを支点にとらなければならない

といったような様々なリスク要因を、理論と技術で排除し、安全な高所作業を実現しているのが特色です。

これからの連載の中で、特殊高所技術の中にある高所での安全技術を紹介しつつ、皆さんの登山をより安全なものにする一助になればと考えています。

特殊高所技術で撮影中

危機管理
教えてくれた人

特殊高所技術 山口宇玄(やまぐち たかはる)

北海道中札内村出身。高校時代では札幌中央勤労者山岳会、大学時代に群馬山岳連盟桐生山岳会に在籍。就職後、川崎勤労者山岳会を経て、現在は京都の株式会社特殊高所技術にて技術部長を務める。一方で、一般社団法人 特殊高所技術協会の監事・講師として、技術者へのロープを使った高所作業の講習を実施している。

■株式会社 特殊高所技術
http://www.tokusyu-kousyo.co.jp/
■一般社団法人 特殊高所技術協会
http://www.tkgs.or.jp/
■ブログ:特殊高所技術の広場
http://blog.livedoor.jp/rope_access_eng/

最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2017年12月12日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中!
生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中! 抜群のタフさとクッショ性が特長のソックスブランド「ダーン タフ」など登山用ソックスを大特集!
NEW 3種の生地を使い分けた最強の行動保温着
3種の生地を使い分けた最強の行動保温着 保温性と通気性に、快適性までプラスした最強の行動保温「エイサームフーデッドジャケット」をワンゲル編集部がチェック!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
NEW メリノウール製ミッドレイヤーをテスト
メリノウール製ミッドレイヤーをテスト 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は、アイスブレーカーのミッドレイヤーを晩秋の奥秩父でテスト
NEW 遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート
遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート 日本大学工学部の嶌田研究室と共同でアンケートを行っています。安全登山の研究のために、ぜひご協力ください!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
紅葉は山を下り、街でも色づく季節
紅葉は山を下り、街でも色づく季節 紅葉シーズンも最終盤。どんな秋の山を楽しみましたか? みなさんの秋の報告をご覧ください。
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた