このエントリーをはてなブックマークに追加

登山の中にある危険を、安全なものに変えてみませんか? そのヒントをロープの達人が紹介します

安全登山のヒントをロープの達人がご紹介!
登山技術 道具・装備 2017年12月01日

バリエーションルートや難易度の高い登山では、高い水準のロープ技術が求められる場合がある。危険がつきものの上級者向けの登山を、少しでも安全に行うことはできないか。ロープワークのプロフェッショナル「特殊高所技術」山口氏から、安全登山のヒントを紹介していただこうと思う。今回は第1回目ということで、まずは「特殊高所技術」がどんな仕事をしているのかを教えてもらった。

ロープワークで橋梁調査の作業中

特殊高所技術とは

私たち「特殊高所技術」は日々、橋梁・水力発電設備・風力発電設備・自然斜面(岩壁)などの高所へ、ロープでぶら下がって近接し、構造物の点検、調査、補修といった業務をしています。

特殊高所技術を使って、高所で作業中​ 特殊高所技術で、橋梁調査中

「ロッククライミングみたいなことをしているんですよね?」とよく聞かれますが、違います。自分自身は登山・クライミングの経験があるからよく分かるのですが、特殊高所技術とクライミングは、まったく別物。ハーネスを付けて、ロープ・カラビナ・スリングを使っているという点では装備と見た目は似ていますが、何が違うのか? 端的に表現すると、 

  • クライミング=自分の手足で岩場などに登る + 墜落したときに地面まで落ちないようにロープで確保する

  • 特殊高所技術=高所へロープ等にぶら下がって移動する + その場にとどまって両手両足を自由に使い作業をする

という違いがあります。

一般的なクライミングでロープにぶら下がって移動する方法は、ほとんどダブルロープの懸垂下降でしか使いません。そうです、終了点にロープをダブルで掛けて、ルベルソやATCなどのビレイデバイスやエイト環といった下降器で下降するあれです。

こういったシンプルな懸垂下降技術では、複雑な形状をした構造物を自由に動き回り、必要に応じて両手両足を自由に使って作業をするということは難しいのです。つまり、クライミングで使われているロープワークは、短時間で岩場を下降して通過・移動するためのものです。

懸垂下降の画像

クライミングでの懸垂下降は、あくまで登攀した岩場から下りるための技術

一方、私たち特殊高所技術の現場では、複雑な形状をした構造物に対して安全に近接し、その場にとどまって、自分の手足を自由に使える状態で調査・点検・補修といった作業を実施することを要求されます。

特殊高所技術が作業中 特殊高所技術で作業中

ロープにぶら下がったまま、各種の作業をします

よって、クライミングで行われる懸垂下降のように、

  • ロープを握っている手を離すと墜落の危険がある

  • 岩肌でロープが擦れて切断する可能性がある

  • 錆びたハーケンと日(紫外線)で褪せた残置スリングを支点にとらなければならない

といったような様々なリスク要因を、理論と技術で排除し、安全な高所作業を実現しているのが特色です。

これからの連載の中で、特殊高所技術の中にある高所での安全技術を紹介しつつ、皆さんの登山をより安全なものにする一助になればと考えています。

特殊高所技術で撮影中

危機管理
教えてくれた人

特殊高所技術 山口宇玄(やまぐち たかはる)

北海道中札内村出身。高校時代では札幌中央勤労者山岳会、大学時代に群馬山岳連盟桐生山岳会に在籍。就職後、川崎勤労者山岳会を経て、現在は京都の株式会社特殊高所技術にて技術部長を務める。一方で、一般社団法人 特殊高所技術協会の監事・講師として、技術者へのロープを使った高所作業の講習を実施している。

■株式会社 特殊高所技術
http://www.tokusyu-kousyo.co.jp/
■一般社団法人 特殊高所技術協会
http://www.tkgs.or.jp/
■ブログ:特殊高所技術の広場
http://blog.livedoor.jp/rope_access_eng/

同じテーマの記事
クライミングロープも簡単に切れる、なぜなら…【動画あり】
安全登山のヒントを、ロープワークのプロフェッショナル「特殊高所技術」山口氏から紹介してもらう連載。今回は、ロープの強度と弱点について――。
【動画あり】使い方を誤れば、カラビナは簡単に壊れる
バリエーションルートや難易度の高い登山では、高い水準のロープ技術が求められる場合がある。危険がつきものの上級者向けの登山を、少しでも安全に行うことはできないだろうか。そこでロープワークのプロフェッショナル「特殊高所技術」山口氏から、安全登山のヒントを紹介してもらった。前回に引き続き、カラビナの強度について説明する。
テクノロジーが進歩しても、カラビナの強度が変わらないのはなぜ?
バリエーションルートや難易度の高い登山では、高い水準のロープ技術が求められる場合がある。危険がつきものの上級者向けの登山を、少しでも安全に行うことはできないか。ロープワークのプロフェッショナル「特殊高所技術」山口氏から、安全登山のヒントを紹介していただこうと思う。今回はカラビナの強度について。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2018年9月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドのインソールを試す!
小林千穂さん、オーダーメイドのインソールを試す! 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 秋山PICK UP ITEM! ファイントラック 
秋山PICK UP ITEM! ファイントラック  寒暖差が激しい秋、低体温症のリスクを軽減するfinetrackのスキンメッシュ。『秋山JOY』連動企画でその秘密を紹介
NEW 平成最後の紅葉シーズン幕開けです!
平成最後の紅葉シーズン幕開けです! 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
NEW 優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定!
優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定! 沢山の方に参加いただいた「飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト」。525点の写真の中から入賞作品を発表!
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。身体のケア、リカバリーはどうしてるの? そのノウハウを訊きました
NEW 分厚いミッドソールのトレッキングシューズ
分厚いミッドソールのトレッキングシューズ 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は「ホカ オネオネ」のミッドカットモデルをインプレ。ミッドソールの推進力に注目!
NEW 山形県寒河江市で実現するライフスタイル
山形県寒河江市で実現するライフスタイル シリーズ「山の麓に住む」は、山形県寒河江市を紹介。適度に田舎で暮らしやすい、その魅力に迫る。移住説明会も開催!
NEW 再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語
再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語 登山者なら憧れる、山の麓に住む暮らし。長野県大町市へ移住した2つの物語を再掲載。移住説明会、現地体験会も開催!
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!