このエントリーをはてなブックマークに追加

登山レベルのステップアップのために―― マイペース登高能力テストで登山体力をチェックしよう

山で必ず役立つ! 登山知識の処方箋
登山技術 2018年01月10日

冬を迎え、登山は一休みという人も多いと思うが、この新年は来シーズンに向けて登山レベルをアップしてみてはいかがだろうか? 「山のグレーディング」と「マイペース登高能力テスト」で、自分の実力を知り、冬の間にステップアップを目指してみよう。

今シーズンの冬はいつもより早く雪の季節になり、長野県山岳総合センターのある大町周辺のスキー場は雪がたっぷりです。

皆さんは冬をどんな形で過ごしますか? これから冬山にチャレンジする人もいると思いますが、「雪のある山は行かないので一休み」という方もいるでしょう。

今回はそんな人「冬はお休み」という方のために、今までよりもう一段ステップアップする方法をお教えします。

「山のグレーディング」という言葉を聞いたことがありますか。2014年に長野県山岳総合センターで作成し、長野県が公表しました。今では長野・静岡・新潟・山梨、岐阜、群馬の6県が同じ評価方法でそれぞれの県内主要登山ルートのグレーディングを発表していて、それぞれの県のホームページを開くと見ることができます。

長野県版 山のグレーディング表

 ★長野県 山のグレーディング表 (外部サイト・PDF)
 ★静岡県 山のグレーディング表 (外部サイト・PDF)
 ★新潟県 山のグレーディング表 (外部サイト・PDF)
 ★山梨県 山のグレーディング表 (外部サイト・PDF)
 ★岐阜県 山のグレーディング表 (外部サイト・PDF)
 ★群馬県 山のグレーディング表 (外部サイト・PDF)
 ★栃木県 山のグレーディング表 (外部サイト・PDF)

昨年、あなたが登った山のある県のグレーディングを開いてみてください。縦軸には体力度、横軸には技術的難易度と記載されていて、体力度は10段階、技術的難易度は5段階になっています。あなたが今年登った山はどのくらいのランクでしたか。今年はどの山に挑戦しましょうか。

来年挑戦したい山が、今年登った山に比べて、縦軸で上になる場合は、登山日程が長くなるかもしれません。今からカレンダーをみて連休をチェックしておきましょう。一方、来年挑戦したい山が、横軸で右になる場合は、冬の間にトレーニングをしておきましょう。

図1 山のグレーディングと登高能力の対応

 

上記に示した図1・山のグレーディングと登高能力の対応 にあるように、技術的難易度でD・Eの山に行きたい場合は、体重の10%程度の荷物を背負って1時間に500mくらいの標高差を登る体力が求められます。これが不足すると、せっかくの登山が疲れて苦しいばかりで楽しくありません。場合によっては疲れて転んだり、集中力を無くして道に迷ったりしてしまいます。

長野県では1年で300件弱の事故が起きていますが、体力不足が要因の一つと考えられる事故が半数に上ると推定されます。自分の登高能力(1時間でのどくらいの標高差を登れるか)を知るには、下記の図2・マイペース能力テスト にあるような、「マイペース登高能力テスト」をしてみるか、過去に登った山の記録を調べてみましょう。

図2 マイペース能力テスト

 

「マイペース登高能力テスト」は、登りが500m以上続いている登山道なら、どこでもかまいません。息が弾まなくて苦しさを感じない早さで歩いてみてください。

登高能力が足りた人は、しっかり計画を立てて目標の山に挑戦しましょう。足りなかった人はトレーニングが必要です。登高能力を上げるトレーニングは、山に登るのが一番良い方法です。

低い山でもかまわないので、何度も登ってみましょう。都会に住んでいて山が近くにない人は、ビルの階段でもかまいません。大切なことは登山と同じように水平方向ではなく垂直方向に移動することです。量の目安は1ヶ月に合計で登り下りそれぞれ2,000m以上(鹿屋体育大学の山本正嘉先生が提唱されています)。

マイペース登高能力テストは、苦しくない程度のスピードで登りますが、トレーニングの時は、少し息がはずむ位のスピードで登りましょう。それで1ヶ月に合計で登り下りそれぞれ2,000mです。

ただし、トレーニングはやり過ぎると体が壊れます。日頃から体を動かしてない人は特に気をつけましょう。最初は2日に一度5km程度歩くことから始めてください。痛みを感じたら休みます。

続けていると同じ距離、同じスピードでも楽に感じるようになります。続いて量やスピードを少しずつ増やしていきましょう。ウォーミングアップには2~3ヶ月はかけてください。それでも来年のシーズンが始まるまで十分に時間がありますよ!

 

なお、山のグレーディングとマイペース登高能力テストについての詳細は長野県山岳総合センターのホームページを確認してください。

※登山のトレーニングについての詳細は、「登山の運動生理学とトレーニング学」鹿屋体育大学教授 山本正嘉著 東京新聞社 を参照にしています。

登山計画 地図・読図
教えてくれた人

長野県山岳総合センター

長野県大町市にある長野県立の施設。「安全で楽しい登山」の普及啓発を主目的に、「安全登山講座」と動植物・地形地質をはじめ山の自然を総合的に学べる「野外活動講座」を、年間約60講習開催。講習参加者のうち、長野県外の方が約6割を占める。

⇒長野県山岳総合センター

同じテーマの記事
始めましたか?「冬山に向けての準備」。雪が降る前から始まる冬山登山の計画
秋が少しずつ深まり、標高の高い山で初雪や初氷の声が聞こえてくる時期だ。冬の足音が少しずつ聞こえてきた今から、冬山の計画を立てておこう。冬山登山は、雪が降る前から始まっているからだ。
登山における判断能力とは? リスクとハザードの認識と自分の能力を知り、的確な登山行動を!
遭難事故のニュースが絶えない夏山シーズン、その原因はどんなところにあるのか? 登山中の安全を確保するために必要な「判断能力」について今回は説明する。
上手な水分摂取が、安全登山のカギ! 飲み方、摂取量、タイミングなど、熱中症にならない水分補給法
夏山で特に注意が必要なのが「熱中症」や「脱水症状」。山は平地以上に熱中症のリスクが高い場所。水分の取り方をはじめ、摂取量、水を飲むタイミングや予防策など、登山中の水の取り方について指南。
夏山シーズン前に、体力チェック! マイペース登高能力テストと山のグレーディング表で適した山に行こう
登山の基本は、やはり体力。しっかり長時間歩く力があってこそ、難易度の高い山にトライできるもの。夏山を前にして、今一度自分の「登高能力」を確認し、体力に適した山を「山のグレーディング」から探して欲しい。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年10月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」
着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」 マーモットから発売の「ウールラップ」。独自構造の中綿で行動中も快適ゾーンへ。ペイバックキャンペーンも実施中!
NEW 『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す!
透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。透湿地が高いミレーの「ティフォン50000」上下を雨の岩菅山でテスト!
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン幕開けです!
平成最後の紅葉シーズン幕開けです! 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。