このエントリーをはてなブックマークに追加

来シーズンに向けてステップアップ! マイペース登高能力テストで登山体力をチェックしよう

登山技術 2018年01月10日

冬を迎え、登山は一休みという人も多いと思うが、この新年は来シーズンに向けて登山レベルをアップしてみてはいかがだろうか? 「山のグレーディング」と「マイペース登高能力テスト」で、自分の実力を知り、冬の間にステップアップを目指してみよう。

今シーズンの冬はいつもより早く雪の季節になり、長野県山岳総合センターのある大町周辺のスキー場は雪がたっぷりです。

皆さんは冬をどんな形で過ごしますか? これから冬山にチャレンジする人もいると思いますが、「雪のある山は行かないので一休み」という方もいるでしょう。

今回はそんな人「冬はお休み」という方のために、今までよりもう一段ステップアップする方法をお教えします。

「山のグレーディング」という言葉を聞いたことがありますか。2014年に長野県山岳総合センターで作成し、長野県が公表しました。今では長野・静岡・新潟・山梨、岐阜、群馬の6県が同じ評価方法でそれぞれの県内主要登山ルートのグレーディングを発表していて、それぞれの県のホームページを開くと見ることができます。

長野県版 山のグレーディング表

 ★長野県 山のグレーディング表 (外部サイト・PDF)
 ★静岡県 山のグレーディング表 (外部サイト・PDF)
 ★新潟県 山のグレーディング表 (外部サイト・PDF)
 ★山梨県 山のグレーディング表 (外部サイト・PDF)
 ★岐阜県 山のグレーディング表 (外部サイト・PDF)
 ★群馬県 山のグレーディング表 (外部サイト・PDF)

昨年、あなたが登った山のある県のグレーディングを開いてみてください。縦軸には体力度、横軸には技術的難易度と記載されていて、体力度は10段階、技術的難易度は5段階になっています。あなたが今年登った山はどのくらいのランクでしたか。今年はどの山に挑戦しましょうか。

来年挑戦したい山が、今年登った山に比べて、縦軸で上になる場合は、登山日程が長くなるかもしれません。今からカレンダーをみて連休をチェックしておきましょう。一方、来年挑戦したい山が、横軸で右になる場合は、冬の間にトレーニングをしておきましょう。

図1 山のグレーディングと登高能力の対応

 

上記に示した図1・山のグレーディングと登高能力の対応 にあるように、技術的難易度でD・Eの山に行きたい場合は、体重の10%程度の荷物を背負って1時間に500mくらいの標高差を登る体力が求められます。これが不足すると、せっかくの登山が疲れて苦しいばかりで楽しくありません。場合によっては疲れて転んだり、集中力を無くして道に迷ったりしてしまいます。

長野県では1年で300件弱の事故が起きていますが、体力不足が要因の一つと考えられる事故が半数に上ると推定されます。自分の登高能力(1時間でのどくらいの標高差を登れるか)を知るには、下記の図2・マイペース能力テスト にあるような、「マイペース登高能力テスト」をしてみるか、過去に登った山の記録を調べてみましょう。

図2 マイペース能力テスト

 

「マイペース登高能力テスト」は、登りが500m以上続いている登山道なら、どこでもかまいません。息が弾まなくて苦しさを感じない早さで歩いてみてください。

登高能力が足りた人は、しっかり計画を立てて目標の山に挑戦しましょう。足りなかった人はトレーニングが必要です。登高能力を上げるトレーニングは、山に登るのが一番良い方法です。

低い山でもかまわないので、何度も登ってみましょう。都会に住んでいて山が近くにない人は、ビルの階段でもかまいません。大切なことは登山と同じように水平方向ではなく垂直方向に移動することです。量の目安は1ヶ月に合計で登り下りそれぞれ2,000m以上(鹿屋体育大学の山本正嘉先生が提唱されています)。

マイペース登高能力テストは、苦しくない程度のスピードで登りますが、トレーニングの時は、少し息がはずむ位のスピードで登りましょう。それで1ヶ月に合計で登り下りそれぞれ2,000mです。

ただし、トレーニングはやり過ぎると体が壊れます。日頃から体を動かしてない人は特に気をつけましょう。最初は2日に一度5km程度歩くことから始めてください。痛みを感じたら休みます。

続けていると同じ距離、同じスピードでも楽に感じるようになります。続いて量やスピードを少しずつ増やしていきましょう。ウォーミングアップには2~3ヶ月はかけてください。それでも来年のシーズンが始まるまで十分に時間がありますよ!

 

なお、山のグレーディングとマイペース登高能力テストについての詳細は長野県山岳総合センターのホームページを確認してください。

※登山のトレーニングについての詳細は、「登山の運動生理学とトレーニング学」鹿屋体育大学教授 山本正嘉著 東京新聞社 を参照にしています。

登山計画 地図・読図
教えてくれた人

長野県山岳総合センター

長野県大町市にある長野県立の施設。「安全で楽しい登山」の普及啓発を主目的に、「安全登山講座」と動植物・地形地質をはじめ山の自然を総合的に学べる「野外活動講座」を、年間約60講習開催。講習参加者のうち、長野県外の方が約6割を占める。

⇒長野県山岳総合センター

関連記事
同じテーマの記事
冬山登山の準備はできましたか? 冬山用具は購入後に扱い方の訓練をしっかりと!
アイゼン・ピッケルはもちろん、冬山用具は様々な種類・タイプがあり、まさに千差万別。その中でもアバランチギア(雪崩に対応した装備)は、扱い方の訓練をしっかり行わないと、まったく価値のないもになってしまうものです。
山を安全に歩くために必要な「バランス力」と「脚筋力」を確認して鍛えよう!
安全に登山を行うには、十分な体力・筋力が必要となるのは言うまでもない。ところで、登山に必要な筋力についてご存じ? 登山道を歩くために特に重要とされる「バランス力」と「脚筋力」について確認して、安全登山につなげよう。
雪山用具が気になり始める季節。一般登山・縦走用ザックと登攀用・雪山用ザックの違いを知ろう!
一般登山・縦走用のザックと、登攀用・雪山用のザックは違うって、知っていましたか? それぞれの用途や使い勝手、登攀用、雪山用のザックの選び方について、山岳ガイドの島田和昭さんに聞きました。
advertorial
「読図の超基本的知識」を知った上で、フィールドで実践! この秋は読図力をアップしよう
遭難しないために読図技術が重要ということは、登山者の誰もが知っている一方で、地図読みが苦手という声は多い。初心者が読図力をつけるためのステップアップのポイントを挙げる。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年1月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
冬のすべてを楽しめるマルチなアウター
冬のすべてを楽しめるマルチなアウター 雪山ハイキングから本格的な雪稜登攀、山スキーなど、冬のアクティビティでマルチに活躍するウィンタージャケット「ウィンターコ...
NEW ガイドブックの著者も納得! 最新スマートウオッチ
ガイドブックの著者も納得! 最新スマートウオッチ カシオの「PRO TREK Smart」を低山フォトグラファーの渡邉明博さんが冬の低山山行でテスト。その使い心地は!? ...
NEW 2018年の干支、犬に関連する山に登ろう!
2018年の干支、犬に関連する山に登ろう! 年が開けるごとに話題となる年号に関する山。今年は干支んお「犬」に注目。犬に関連する山に登る登山計画を今から考えておこう!
NEW 脂肪をエネルギーに! 転換効率を高めるサプリメント
脂肪をエネルギーに! 転換効率を高めるサプリメント 日本新薬のサプリメント「WINZONE」は、身体の脂肪を効率よくエネルギーに転換。冬の山でも活用しよう!
NEW 大型クッカーの使い勝手は? 連載「山MONO語り」
大型クッカーの使い勝手は? 連載「山MONO語り」 今月はプリムスの「ライテックポットセット1.3L」を初冬の山で。調理時の焦げ付かなさ、拭き取りやすさまで徹底チェック!
NEW 安心と安全で導く登山ツアーのパイオニア
安心と安全で導く登山ツアーのパイオニア 世界の山旅を企画して50年。山岳旅行業界を牽引する「アルパインツアー」のポリシーと特色について紹介
NEW エプソンの高精度なGPSアウトドアウオッチ
エプソンの高精度なGPSアウトドアウオッチ GPS機能と独自のアルゴリズムで高精度に計測する、注目のリストウオッチ「MZ-500シリーズ」を徹底解析
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
雪山入門に適した奥多摩の山々
雪山入門に適した奥多摩の山々 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、雪山デビューに最適。東京に雪が降った日は奥多摩を目指せ!