このエントリーをはてなブックマークに追加

随一の人気を誇る山・北アルプス穂高岳も、じつは神様が守ってくれている

登山者のための神社学
たしなみ 2018年02月08日

日本の登山者が最も憧れる山として挙げられる山、穂高岳。上高地の河童橋から見上げると実に神々しいこの山には、「穂高見命」という神様が祀られている。

 

国内でも有数の人気の山と言えば長野県の上高地。ハイシーズンともなると原宿の竹下通りかと思うほどの人であふれることは皆さんもご存じだろう。

本格的な登山道に入る手前の明神池には信州の古い信仰である穂高神社の奥宮がご鎮座されている。穂高神社とは安曇野市穂高にご鎮座される日本アルプス総鎮守、海陸交通守護の神「穂高見命」を祀る神社だが、その奥宮が明神池のお社にあたる。

ご神体はもちろん背後の穂高岳であり、「穂高見命」の「見」とは「オサメル」意味とされ、穂、高くなる地をオサメた偉人ということで「穂高見」と呼ばれたという説が残っている。その穂高見命を穂高大明神とまつり始めたところから、いつしかご神体である穂高岳を明神岳と称するようになった。

明神岳とは穂高岳の尊称にして穂高連峰の中心の山として多くの人の信仰の対象になり、江戸時代以前は「上高地」を「神河内(神様のおわす川のほとり)と表現したこともある。ではその祀られている神様「穂高見命」とはどんな神様なのか。古来の修行僧たちが意識し拝むに登った大明神の正体を紐解いてみたい。

 

神話時代からの物語を今に伝えている穂高見命

「穂高見ノミコト」別名「ウツシヒガナサクノミコト」とも言われ、初代天皇である神武天皇(即位前はカミヤマトイワレヒコノミコト)の叔父にあたるといわれ、神武統制以前、筑紫の国に一大勢力を誇った「ワダツミ」一族がいち早く入植してきたあたりからその存在の話が発生する。

「ワダツミ」とは長崎県の対馬にある「ワダツミ神社」を本宮とする海運の神さまだが、その俗称として「アヅミ」とも呼ばれ、古来、日本海をわたって信州の地に入ってきたと言われている。その際に穂高くある地をオサメたということで「穂高見命」が祀られたのだろうと。

それが明確に何年に、ということはわかっていないが、神武東征以前、ということを素直に受け取ると、神武天皇が九州から東征をし、日本建国を奈良の橿原で行ったのは、紀元前660年とされているで、その前ということになる。となると、時代は縄文時代にさかのぼり、神話時代からの物語を今に伝えていると解釈できる。

その後、2000年程度の歴史的空白期間があるが、おそらく安曇村及び近隣の人々が、勝手に木々を伐採、又、狩猟生活していたことであろう痕跡があり、しかし歴史的には江戸時代に入り、松本藩による樹木伐採が大々的に行われるようになったという。

その際の出荷材料の検査をおこなうときの役人が寝泊まりする宿舎である「徳郷の役人小屋」は1600年代に作られたと言われ、播隆上人による槍ヶ岳開山より100年以上前から山で生きる人が生活を営んでいたことがうかがえる。

その後、昭和初期にキコリ小屋の一つが旅館に改造され、近代に旅館「明神館」となっていく。その後の遍歴は皆さんもご存じのとおりだが、たった200年前まではこの土地に本当に縁のあるものと、この土地で生計を立てていた人間以外は立ち入る場所ではなかったわけで、しかし近代登山の時代の到来から、今ではこんなに多くの登山者が立ち入り、山の魅力を味わうことが出来るようになったことに感謝しなくてはならないと思っている。

過去、これまで多くの人々を受け入れることのなかった明神岳をはじめとする穂高連峰、もっといえば日本中の山に言えることですが、それでも太古から日本人は山や川、滝や海など大自然そのものとの共生を意識し、ともに生きてきたことは間違いなく、その昔は、「登山」ではなく神や仏を拝むための登りということで「登拝」という概念のもとに山に入ってきたといえる。

これは日本人だからこそ思いを馳せることのできる山とのかかわり方であり、そのDNAレベルでの日本人としてのアドバンテージを最大限に活かして山を楽しむとなると、山頂を踏むピークハントや景観を楽しむといったことの他に、ぜひ、山の神さまに逢いに行く、山の仏様を拝みにいく目的で登る「登拝」を目的のひとつに加えていただけたら嬉しい。

 

 

Those famous, often-hiked mountains of Japan also have deities enshrined, and these deities are watching over them as their tutelaries.

The Kamikochi mountains of the Nagano prefecture, part of the Japanese Alps range, are one of the most popular mountains in Japan to visit. If you went in peak season you would probably find their hiking paths as crowded with people as the busy street of Harajuku in Tokyo.

Myojin Pond, near the start of the serious trail route, is where you’ll find the okumiya (most sacred inner part) of the Hotaka shrine, at which the local people from the neighboring Shinshu region have faithfully worshipped. Hotakami-no-mikoto (穂高見命), consecrated in the Hotaka shrines, is the grand tutelary deity of the Japanese Alps, deity of maritime and land traffic.

The okumiya is along the pond, its goshintai, the very object that people worshipped as the sacred representative of the deity’s divine spirit is what you find in front of you there, Mt. Hotaka (Hotaka-dake). The third kanji character used in the name “Hotakami-no-mikoto” (穂高見命), “見” means “to reign”, and the first and the second characters combined mean “the land where rice stalks grow tall”.

The local mythology has it that the name “Hotakami-no-mikoto” refers to a historical person who once reigned over this region, where rice stalks grew tall. Worshipped from ancient times as the indigenous deity, Hotakami-no-mikoto at some point became Hotaka Daimyojin, more properly positioned in the context of structured Shinto and accordingly its goshintai, Mt. Hotaka, started being referred to as Mt. Myojin (Myojin-dake).

The new name is a more honorific name of Mt. Hotaka and the mountain became something many people worshiped as the central mountain of the Hotaka Mountain Range. With that, the whole region of Kamikochi (上高地:”high above land”)was until Edo-era described in writing as Kamikochi (神河内:”land by the river where deities reside”).

Well now, what kind of deity is this Hotakami-no-mikoto? The mountain the deity enshrined was long a place of tohai (mountaineering for worship) for ascetic monks and practitioners of shugen-do. Let’s unveil the sacred Hotaka Daimyojin, who the climber of the mountain went to pay respect to.

These mythologies are often tied to the local history. The Hotakami-no-mikoto, also known as Utsushi-higana-sakuno-mikoto (lengthy, phew!), was said to be the uncle of the very first Emperor (Pre-enthronement name: Kami-yamato-iware-hiko-no-mikoto). Prior to the first Emperor, Emperor Jimmu, unifying the whole archipelago of Japan, this region had the Wadatsumi clan which had dominated the Tsukushi Province in the south, and that is about when the deity’s existence started being mentioned in writing.

The clan’s name Wadatsumi came from the name of a maritime traffic deity enshrined in Wadatsumi shrine in Tsushima, of current Nagasaki prefecture. Its colloquial name was “Azumi”, and this is the very name used for the wide region including Mt. Hotaka and Kamikochi. It is said that the name came with people in ancient times who crossed the northern ocean of the Japan archipelago, the Japan Sea. 

So it seems that the name “Hotakami-no-mikoto“, the one who reigned the land where rice stalks grew tall”, refers to this ruler who came from afar. We don’t know exactly when this was, but if we assume that it was before the Eastern expedition of Emperor Jimmu, it means that it was before 660 B.C., as that was when Emperor Jimmu went East from Kyushu, unified the whole archipelago and founded the country “Japan” in Kashihara, Nara. If that is true, the history of people worshipping the deity could actually go back as far as the Jomon period (15,000-2,300 B.C.). We might be living a story that has been re-told through the centuries from the era of myths.

From 660 B.C., there is a 2,000-year period in which there is no mention of the deity in historical documents, but geologically there are traces of the locals in and near Azumi village cutting trees and living by hunting at around that time period. The official history of Japan tells us that it was during the Edo-era when the people of the Matsumoto Domain (17th Century) started extensive timber harvesting. At this time the “Tokugo bureaucrat lodges” were built, where Edo officers were accommodated while examining the mountain’s exported timber.

This hints that people were living in the mountains of this region more than 100 years before the well-known Buddhist monk Banryu-shonin founded a temple on Mt. Yariga-dake of the area in 1828. One of these 17th Century bureaucrat lodges was renovated into a Japanese-style guest house, known as ryokan, in the 1930s, and is now run under the name of Myojin-kan. If you are a mountain-lover in Japan, you probably know how it has been since. 

But until 200 years ago the region was pretty much only for those who lived there and had business there. We should be grateful that so many of us every year now get to enjoy the beautiful charms of the mountains in the area, ever since the beginning of the modern mountaineering era.

Originally, and for a long period of time, mountains all over Japan including Mt. Myojin and the Hotaka mountain range did not see so many visitors. Still, Japanese people were always, from very ancient times, graciously conscious of our inevitably co-existing with nature: mountains, rivers, waterfalls and the ocean, etc.. And, we did manage to harmoniously do so. This is why we have the concept of tohai (登拝) mountaineering, to pay respect to the deities and Buddhist gods, as opposed to tozan(登山), leisurely mountain climbing.

It’s our privilege to have this context in engaging with mountains, and I would like to once again invite people who were born here, and also those visiting this land, to experience this nation’s mountains in the context of tohai, climb to see the deities of the mountain or to pay respect to the sacred being enshrined in the mountain, as well as enjoying peak-hunting and the magnificent landscapes that Japan has to offer.

 

教えてくれた人

中村 真

1972年、東京生まれ。雑誌『ecoloco』や書籍『JINJABOOK』などを発行する出版社の代表を務める。現在、イマジン(株)代表として、五感に響く出版・イベント・広告などのプランニングや、社会貢献プログラムなど様々なメディア活動を展開中。
2013年より広島県尾道市に「尾道自由大学」を開校し、校長に就任。学生時代より世界を旅し、外から見ることで日本の魅力に改めて気付き、温泉と神社を巡る日本一周を3度実行。
著書に『JINJA BOOK』、『JINJA TRAVEL BOOK』、『JINJA TRAVEL BOOK2』『日本の神さまと上手に暮らす法』など。

 ⇒IMAJIN

同じテーマの記事
神々の母イザナミノミコトの墓所の伝承地・比婆山で気付いた、熊野信仰・花の窟神社との繋がり
神々の母であるイザナミノミコトの墓所の伝承地とされる広島県・比婆山。この地に伝わるイザナミの伝承を紐解くと、もうひとつの伝承地である熊野・花の窟神社の伝承そのものであることに気付く。
神々の故郷、宮崎県・高千穂の天孫降臨伝承地・二上山と、彼の地に残る鬼・「鬼八」に思いを馳せる
神々が降り立った地として知られる宮崎県・高千穂町の二上山。降臨に関する史跡も数多く残るが、高千穂の信仰とは一線を画す土着信仰の名残が残っていることに気付く。
両神山の岩稜に、日本創生の祖神様を祀る“ドラゴンロード”の姿を見た―― 奥秩父・両神山
奥秩父の北端、鋸歯状の岩稜が連なる両神山。神犬信仰で知られるが、龍神信仰の史跡も残る。実際に登ってみると、そこはまるで山全体が龍の身体のように見えた――。
妙連な山容に蘇りの神をみる―― 妙義山登拝から見えた日本人の心の在りようの変化
奇怪な山容、厳しく危険な登山道、美しい新緑や紅葉などに誘われ、多くの登山者・クライマーが訪れる妙義山。古来からの信仰の対象とされてきた山の歴史を辿っていくと、そこには日本人の心の在りようの変化を感じることができる。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2018年11月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
NEW 着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」
着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」 マーモットから発売の「ウールラップ」。独自構造の中綿で行動中も快適ゾーンへ。ペイバックキャンペーンも実施中!
NEW 超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト
超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。今回は「ゼログラム」の軽量4シーズンテントを北海道・十勝岳の野営場でチェック!
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 『山と溪谷』単独行と遭難に関するアンケート
『山と溪谷』単独行と遭難に関するアンケート 『山と溪谷』2019年2月号の企画のために、読者アンケートを行います。単独行を実践する一般の登山者の意見を募集します。
NEW 登山とカメラに関するアンケート
登山とカメラに関するアンケート 山に行って写真を取るは、ごく普通の行為ですが、どんなカメラで、何を、何のために、どんな方法で撮っていますか?
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ―― 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。