このエントリーをはてなブックマークに追加

私がヒマラヤ最奥の聖地ドルポと「慧海ルート」を歩く理由

大昔にヒマラヤを越えた僧侶、河口慧海の足跡をたどる
ガイド・記録 2018年02月14日

今から100年以上も前に、仏典を求めて日本人として初めてチベットに潜入した僧侶、河口慧海。彼は鎖国状態だったチベットに入国するために、ヒマラヤ奥地の標高5,000m以上もある峠をいくつも越えた冒険家でもある。この連載では、当時の慧海の足跡を辿ってネパール・ヒマラヤを踏査する登山家・写真家の稲葉 香さんが歩いた「慧海ルート」踏査の記録を掲載する。

ネパール・ヒマラヤとチベットの国境付近

(写真/稲葉 香)

仏典を求めてインド〜ネパール〜チベットを旅した僧侶

2016年、河口慧海の生誕150年となる年に、私は西北ネパールを横断する「慧海ルート」を旅した。

河口慧海は、1900年に梵語の原典とチベット語訳の仏典を求めて日本人として初めてチベットに潜入した僧侶だ。鎖国状態だった当時のチベットに密入国するために、難病のリウマチを患いながらもヒマラヤの峠を越えた探検家でもある。

現代のように現地の情報はなく、まともな登山装備もなければリウマチの薬もない時代に、自らの思いを遂げるために標高5,000m以上の峠をいくつも越えるという、想像を絶する世界だ。神戸からインドへ渡り、ネパールからチベットへの入国路を探した結果、西北ネパールを縫うように横断した道、それを私は「慧海ルート」と呼ぶことにした。

平均高度4,000m。ヒマラヤ最奥の地を歩く

「慧海ルート」の大半は、チベットとの国境地点にある「ヒマラヤ最奥の聖地」ドルポ地方が占めている。ネパール・アンナプルナ(標高8,091m)の北西に位置するエリアで、四方を標高5,000m以上の峠で囲まれた平均高度およそ4,000mの場所だ。冬は完全に隔離されてしまう場所だが、そこには村が点在しており、今も人々が厳しい環境の中でたくましく生活している。

ドルポは、かつては西チベットに属しており、チベット文化が根付いている地域だ。ネパール領になってからも地理的に隔絶された場所だったため、カトマンズ政府と直接連絡が取れるようになったのは1963年だったという。しかも長い間、外国人の立ち入りを禁じていたので、古き良きチベットの伝統や文化が破壊されずに原型をとどめている。それが「ヒマラヤ最奥の聖地」と呼ばれるゆえんである。

ヒマラヤ最奥の聖地・ドルポの概念図

赤い四角で囲まれた部分がドルポ地方

私はこれまでドルポへ4回行き、「慧海ルート」を2度歩いた(そのうちの1度は全行程を踏破)。ドルポは1992年に外国人の立ち入りが解禁された。それによって徐々に近代化が進み、入域地点の近くまで飛行機や車でアクセスできるようになったが、そこからは徒歩で1週間ほど厳しい道のりが続き、やっとの思いでドルポに入ることができる。

河口慧海の足跡を追うようになったのは、2003年にチベット・カイラスを巡礼したのがはじまりだ。お寺の家柄でもなく、誰かの命令でもなく、自らの思いで計画し成し遂げる意思の強さと、彼の描いたルートが他の誰よりも面白い!

そんな河口慧海のハングリー精神とルートの魅力に取り憑かれて、いつのまにか彼の足跡を辿るようになっていた。極めつけは私と同じ難病のリウマチを患っていたことだ。今となっては、自分がリウマチになったのは河口慧海に出会うためだった気さえする。

一気に世界が広がった、西北ネパール登山隊への参加

大西 保さんと稲葉 香さん、2017年の西北ネパール登山隊遠征にて

大西 保さんと稲葉 香さん、2007年の西北ネパール登山隊遠征にて

今では、こうして自力で「慧海ルート」を歩けるようになったが、調べはじめた当時はドルポの情報が全くなく途方に暮れていた。

踏破を諦めかけていた頃に、縁あって河口慧海プロジェクトの隊長である大西 保氏と吉永 定雄氏、水谷 弘治氏と出会い、2007年の西北ネパール登山隊に参加させてもらった。それがきっかけでルートの核心部に入ることができ、一気に世界が広がったのだ。その後の遠征にも参加させてもらったことで今の自分がある。私をドルポに導いてくれた3人には、感謝してもしきれない。

今回の「慧海ルート」踏破には三つの目的があった。一つ目は大西氏たちと歩いた河口慧海の足跡を、自らの足でもう一度踏みしめること。二つ目は、ヒマラヤ最奥の地・ドルポの今を知ること。そして三つ目は、今は亡き大西氏、吉永氏、水谷氏に追悼の思いを示すことだ。

ヒマラヤ最奥の聖地・ドルポの概念図

オレンジのラインが、2016年に歩いたルート(緑ラインの車道も含む)。
前回までの遠征と合わせて、ネパール側を踏破した

2016年8月17日から10月24日のおよそ2カ月に渡った今回の踏査。ネパール・ジョムソン(2,720m)からチベットとの国境クン・ラ(5,411m)まで歩き、クン・ラからドルポを横断して再びジョムソンに戻るという、ゆうに500kmを超える行程となった。

この連載で、当時の「慧海ルート」のエピソードを書いていこうと思う。

海外 記録・ルポ
教えてくれた人

稲葉 香(いなば かおり)

登山家、写真家。ネパール・ヒマラヤなど広く踏査、登山、撮影をしている。特に河口慧海の歩いた道を調査。大阪千早赤阪村にドルポBCを設営し、山岳図書を集積している。ヒマラヤ関連のイベントを開催するなど、その活動は多岐に渡る。 http://www.dolpo-hair.info/dolpobc.html

同じテーマの記事
はるか遠くに見える慧海が歩いた山。カリガンダキを越えて、ムスタンとドルポの県境へ
100年以上も前に日本人として初めてチベットへの入国を果たした僧侶、河口慧海。その足跡を辿って、稲葉香さんらが歩いた2016年の記録を追う。今回は、ドルポの入域地点、ジョムソンからドルポとムスタンの県境、カグベニまでの旅を紹介する。
河口慧海ゆかりの地ボダナートからジョムソンへ行く
100年以上も前に仏典を求めて日本人として初めてチベットに潜入した僧侶、河口慧海。その足跡を辿って日本を発った稲葉香さん率いる遠征隊は、カトマンズからアッパームスタンに向けて進む。
ネパール・カトマンズで運命の再会
日本人として初めてチベットに潜入した僧侶・河口慧海の足跡を辿って、ネパール・ヒマラヤなどを歩く女性登山家・写真家の稲葉 香さん。2016年8月17日に大阪を発ち、無事“荷物とともに”カトマンズに到着。前回の遠征では大変な目にあったそうです。一体何が…?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年12月11日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽登山靴に合う登山用靴下の選び方とは?
軽登山靴に合う登山用靴下の選び方とは? 「山の道具研究者所 アウトドアソックス編」をリニューアル! 今回は登山スタイルに合わせた靴下の選び方を特集します。第一弾...
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す
細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。北海道・十勝岳で、凝った作りの寝袋、ニーモの「ラムジー15」をチェック!
NEW 年末年始は山小屋で過ごしませんか?
年末年始は山小屋で過ごしませんか? 冬季・年末年始の山小屋営業情報をピックアップ! 年末年始を年越しで過ごしたい登山者のみなさま、ぜひご活用ください!
NEW 2017年の年越しを山小屋で過ごしました
2017年の年越しを山小屋で過ごしました ライターの小野泰子さんが山小屋の年越しイベントを初体験! 年末年始の赤岳鉱泉と行者小屋の模様をレポートしました。
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ―― 紅葉シーズンは残り僅か。秋を堪能した人は、その美しい山の情景を紅葉写真コンテストにご応募ください!
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!
雪山の学び場、八ヶ岳へ
雪山の学び場、八ヶ岳へ バラエティに富んだコース、アルペンムード漂う山々、そして営業小屋。雪山を学ぶなら八ヶ岳がオススメだ。