このエントリーをはてなブックマークに追加

私がヒマラヤ最奥の聖地ドルポと「慧海ルート」を歩く理由

大昔にヒマラヤを越えた僧侶、河口慧海の足跡をたどる
ガイド・記録 2018年02月14日

今から100年以上も前に、仏典を求めて日本人として初めてチベットに潜入した僧侶、河口慧海。彼は鎖国状態だったチベットに入国するために、ヒマラヤ奥地の標高5,000m以上もある峠をいくつも越えた冒険家でもある。この連載では、当時の慧海の足跡を辿ってネパール・ヒマラヤを踏査する登山家・写真家の稲葉 香さんが歩いた「慧海ルート」踏査の記録を掲載する。

ネパール・ヒマラヤとチベットの国境付近

(写真/稲葉 香)

仏典を求めてインド〜ネパール〜チベットを旅した僧侶

2016年、河口慧海の生誕150年となる年に、私は西北ネパールを横断する「慧海ルート」を旅した。

河口慧海は、1900年に梵語の原典とチベット語訳の仏典を求めて日本人として初めてチベットに潜入した僧侶だ。鎖国状態だった当時のチベットに密入国するために、難病のリウマチを患いながらもヒマラヤの峠を越えた探検家でもある。

現代のように現地の情報はなく、まともな登山装備もなければリウマチの薬もない時代に、自らの思いを遂げるために標高5,000m以上の峠をいくつも越えるという、想像を絶する世界だ。神戸からインドへ渡り、ネパールからチベットへの入国路を探した結果、西北ネパールを縫うように横断した道、それを私は「慧海ルート」と呼ぶことにした。

平均高度4,000m。ヒマラヤ最奥の地を歩く

「慧海ルート」の大半は、チベットとの国境地点にある「ヒマラヤ最奥の聖地」ドルポ地方が占めている。ネパール・アンナプルナ(標高8,091m)の北西に位置するエリアで、四方を標高5,000m以上の峠で囲まれた平均高度およそ4,000mの場所だ。冬は完全に隔離されてしまう場所だが、そこには村が点在しており、今も人々が厳しい環境の中でたくましく生活している。

ドルポは、かつては西チベットに属しており、チベット文化が根付いている地域だ。ネパール領になってからも地理的に隔絶された場所だったため、カトマンズ政府と直接連絡が取れるようになったのは1963年だったという。しかも長い間、外国人の立ち入りを禁じていたので、古き良きチベットの伝統や文化が破壊されずに原型をとどめている。それが「ヒマラヤ最奥の聖地」と呼ばれるゆえんである。

ヒマラヤ最奥の聖地・ドルポの概念図

赤い四角で囲まれた部分がドルポ地方

私はこれまでドルポへ4回行き、「慧海ルート」を2度歩いた(そのうちの1度は全行程を踏破)。ドルポは1992年に外国人の立ち入りが解禁された。それによって徐々に近代化が進み、入域地点の近くまで飛行機や車でアクセスできるようになったが、そこからは徒歩で1週間ほど厳しい道のりが続き、やっとの思いでドルポに入ることができる。

河口慧海の足跡を追うようになったのは、2003年にチベット・カイラスを巡礼したのがはじまりだ。お寺の家柄でもなく、誰かの命令でもなく、自らの思いで計画し成し遂げる意思の強さと、彼の描いたルートが他の誰よりも面白い!

そんな河口慧海のハングリー精神とルートの魅力に取り憑かれて、いつのまにか彼の足跡を辿るようになっていた。極めつけは私と同じ難病のリウマチを患っていたことだ。今となっては、自分がリウマチになったのは河口慧海に出会うためだった気さえする。

一気に世界が広がった、西北ネパール登山隊への参加

大西 保さんと稲葉 香さん、2017年の西北ネパール登山隊遠征にて

大西 保さんと稲葉 香さん、2007年の西北ネパール登山隊遠征にて

今では、こうして自力で「慧海ルート」を歩けるようになったが、調べはじめた当時はドルポの情報が全くなく途方に暮れていた。

踏破を諦めかけていた頃に、縁あって河口慧海プロジェクトの隊長である大西 保氏と吉永 定雄氏、水谷 弘治氏と出会い、2007年の西北ネパール登山隊に参加させてもらった。それがきっかけでルートの核心部に入ることができ、一気に世界が広がったのだ。その後の遠征にも参加させてもらったことで今の自分がある。私をドルポに導いてくれた3人には、感謝してもしきれない。

今回の「慧海ルート」踏破には三つの目的があった。一つ目は大西氏たちと歩いた河口慧海の足跡を、自らの足でもう一度踏みしめること。二つ目は、ヒマラヤ最奥の地・ドルポの今を知ること。そして三つ目は、今は亡き大西氏、吉永氏、水谷氏に追悼の思いを示すことだ。

ヒマラヤ最奥の聖地・ドルポの概念図

オレンジのラインが、2016年に歩いたルート(緑ラインの車道も含む)。
前回までの遠征と合わせて、ネパール側を踏破した

2016年8月17日から10月24日のおよそ2カ月に渡った今回の踏査。ネパール・ジョムソン(2,720m)からチベットとの国境クン・ラ(5,411m)まで歩き、クン・ラからドルポを横断して再びジョムソンに戻るという、ゆうに500kmを超える行程となった。

この連載で、当時の「慧海ルート」のエピソードを書いていこうと思う。

海外 記録・ルポ
教えてくれた人

稲葉 香(いなば かおり)

登山家、写真家。ネパール・ヒマラヤなど広く踏査、登山、撮影をしている。特に河口慧海の歩いた道を調査。大阪千早赤阪村にドルポBCを設営し、山岳図書を集積している。ヒマラヤ関連のイベントを開催するなど、その活動は多岐に渡る。 http://www.dolpo-hair.info/dolpobc.html

同じテーマの記事
慧海が10ヶ月滞在していた村、ツァーランで、私が確かめたかったこと
今から100年以上も前に、標高5000m以上あるヒマラヤ奥地の峠をいくつもこえた僧侶、河口慧海。その足跡を辿る稲葉香さんは、慧海が10ヶ月もの長期にわたって滞在したツァーランという村へ入った。そこで見たものは?
巨大なマニ壁のあるゲミ、そして、グランドキャニオンのようなダークマーを経て、ツァーランへ
今から100年以上も前に、標高5000m以上あるヒマラヤ奥地の峠をいくつもこえた僧侶、河口慧海。その足跡を辿って、稲葉 香さんらが歩いた2016年の記録。シャンボチェからスタートし、河口慧海が10ヶ月を過ごしたというツァーランに向けて歩く。
アッパームスタンにて。ガイドブックに載っていない天然の仏塔を訪れる
今から100年以上も前に、標高5000m以上あるヒマラヤ奥地の峠をいくつもこえた僧侶、河口慧海。その足跡を辿って、稲葉 香さんらが歩いた2016年の記録。今回はチレからシャンボチェまでの途中に立ち寄った、ガイドブックにも載っていない場所の話。
アッパームスタン入域、慧海が滞在した村ツァーランへの道
河口慧海の足跡を辿って、2年ぶりにアッパームスタンへと足を踏み入れた稲葉香さん。カリガンダキを北へ、かつてチベットとインドとの塩の交易路として栄えた道を歩く。今回は、カグベニからチレまでの道について。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!