このエントリーをはてなブックマークに追加

妙連な山容に蘇りの神をみる―― 妙義山登拝から見えた日本人の心の在りようの変化

登山者のための神社学
たしなみ ガイド・記録 2018年03月06日

奇怪な山容、厳しく危険な登山道、美しい新緑や紅葉などに誘われ、多くの登山者・クライマーが訪れる妙義山。古来からの信仰の対象とされてきた山の歴史を辿っていくと、そこには日本人の心の在りようの変化を感じることができる。

 

断崖絶壁、奇岩だらけの絶景――。古い火山が長い時間をかけて浸食を受けて硬いところが残った結果、異様な形をした嶺の多くが連なり、白雲山、金洞山、金鶏山という山が生まれた。その三山の妙連な姿から総称として“妙義山”という名称が付けられた。

古来では祈りの山として、時代によっては武家による戦勝祈願の対象として、また歴代将軍をはじめ各地大名の崇敬を集めたほか、江戸時代には江戸東叡山寛永寺の座主輪王寺宮の隠居所となり、その御宿坊を“宮様御殿”とも称したほどの隆盛を極めていた。

この地に住みついたであろう縄文人の暮らしを伺える様々な遺跡からも、その礎である信仰の存在跡が見て取れる。遠目にも妖しく聳える姿を見せるそのフォルムは、現代においても言葉では表現しきれない、この星のエネルギーの源泉を観ることが出来る。

信仰の対象であった妙義山には、この国の辿ってきた心の在りようが、各所にまざまざと残っている。最初に参詣者を迎え入れるのは仏教山門であり、境内各所、山中の様々な箇所に仏塔後がその姿をみせる。神社であれば奥宮となるべき箇所を「奥の院」と表現していて、かつて大日如来を祀っていた歴史を有している。

 

妙義神社が鎮座する白雲山中腹には、今でも巨大な“大の字”が置かれ、大日如来を表現していたとも、妙義大権現を表現していたとも伝えられている。大日如来はそのもの仏であるが、大権現という表記ですらまさに神仏習合の名残りである。

その神仏習合の信仰形態は明治以前、多くの修験者たちを迎え入れ、いつしか天狗の御山とも呼ばれた。明治以降の神仏分離・廃仏毀釈により山中の仏塔は壊されたため、現在の奥の院には大日如来がお座りになっていた蓮の台座の一部がそのまま残っている。

時代とともに人の暮らしは変化を余儀なくされ、それとともに信仰の形も変化するのは世の常である。痛々しく残る廃仏毀釈の残像にこそ、日本人の心の在りようの変化を感じることのできる御山と言える。

 

また妙義神社は波古曾社と呼ばれるお社を境内に抱いているが、この波古曾社こそが古来より脈々と繋がってきた妙連なる御山の信仰であるといえる。なぜなら妙義神社に伝わる古文書には、古来、この山のお社を波古曾社と呼んでいたことが記載されているからだ。「波」は当て字であり、正しくは「は=わ」の音で、山容を表現した「わ」は「いわ」の略称であることが読み取れる。

また「古曾=コソ」の音は古代朝鮮語で「コソ=社」であり、古代の日本と大陸の信仰の関係性すらも表現していると言える。つまり現代の言葉に翻訳すると「岩神社」そのものであり、岩山そのものをご神体として崇め祀っていたことがわかる。

本質的なその地の信仰に想いを馳せると、現在の固有名称をともなう神々への信仰のその先に、偉大なる自然崇拝を感じざるを得ない。

今では、その山容から多くのロッククライマーに愛されるが故に、滑落事故なども多く発生し、世界有数の死者を産みだす山となっていることも事実である。しかしそれは、山、峰、崖を人間の力で制する考えのもとにあるクライミングの先に訪れる現実であることが、僕にとっては改めて山へのアプローチを考えさせられるきっかけとなってきた。

危険ではない山はない。すぐそこに「死」を意識することで、普段忘れてしまいがちな「生」そのものを感じることに繋がり、その危険に自ら身を投じることは、さながら黄泉の国へ自ら歩を進めることに近いのではないだろうか。

その時、その一挙手一投足に意識を傾け、自然への畏怖とともに歩を運ぶことで、ただただ無事に下山できることを願う。それはまさに、黄泉の国から無事に帰ってこれるからこそ「黄泉帰る=蘇る」という言葉で表現されてきた日本人ならではの御山との関係性を表している、と僕は考えている。

 

Mt. Myogi:An outlandish range of mountains, the manifestation of the deity of resurrection 

An awe-inspiring landscape made of countless oddly-shaped rocks and precipitous cliffs: That is what is left of an ancient volcano after a long period of erosion. Now only the tough skirts of the volcano remain, creating a range of many bizarrely-shaped peaks that are now recognised as three separate mountains; Mt. Hakuun (白雲山: Hakuun-san), Mt. Kondo (金洞山: Kondo-zan), Mt. Kinkei (金鶏山: Kinkei-zan). Collectively they are known as Mt. Myogi (妙義山: Myogi-san), suggesting that its look is “peculiarly unique”. Since ancient times, Mt. Myogi has always been the subject of worship by locals, and in times of provincial wars the warrior class invoked its guardianship to aid their victory in battles. Successive shoguns (the military dictators of Japan) as well as daimyo (feudal lords) of various regions in Japan revered Mt. Myogi, and during the Edo Period (1603-1868) it flourished as a place of significance, where the highest-ranking monk of Toeizan Kan’ei-ji Temple in Edo (present-day Tokyo), Rinnoujimiya (輪王寺宮), retired and withdrew himself to. The temple there was dubbed the “imperial palatial home”. 

The very foundation of all these people’s worship should come from the mountain’s contours, which inspire us to see and feel the origin and the energy of this planet we live on, as well as the remnants of the Jomon Era (10,500-300 B.C.), the people of which lived there as a hunter-gatherer community. 

Because Mt. Myogi has been worshipped through the ages, its environment shows vivid traces of Japan’s spiritual/religious history, between Shinto and Buddhism, significantly impacted by the politics of the times. Standing at the foot of the mountain is the Myogi “shrine”, but the very first gate welcoming visitors to the shrine is a Buddhist temple gate. A wanderer will find many Buddhist stupas in the mountains. Another such reminder of the syncretism of Shinto and Buddhism, which lasted more than 1,000 years up to the Meiji Era, is the name of the inner sanctuary found high up in the mountain. In a Shinto context, such a place is normally called “okumiya (奥宮)”, but this shrine’s sanctum is called “oku-no-in (奥の院)”, the typical Buddhism name for it. At some point in its history the inner sanctuary did indeed enshrine a Buddhist deity, Dainichi Nyorai (大日如来), the central deity of Esoteric Buddhism. Above Myogi shrine, halfway up Mt. Hakuun, there is a huge white object in the shape of the Japanese character “大”, which means “large”, the first character in the name Dainichi Nyorai. It is interesting to wonder whether this comes from Buddhism’s influence or Shinto’s, because the same character is also used in the name of the Shinto deity Myogi Daigongen (妙義大権現).

Dainichi Nyorai (大日如来) is a purely Buddhist deity, but Daigongen (大権現) is the product of syncretism of Shinto and Buddhism. Such syncretism resulted in the religion of Shugendo (修験道), whose mountain-living shugenjas (修験者) practiced asceticism incorporating Shinto and Buddhist concepts until the time the government separated Shinto and Buddhism in the Meiji Era (1848). As shugenjas are sometimes depicted as tengu, supernatural legendary beings found in mountains, Mt. Myogi also began to be known as “the holy mountain of tengus”. 

The Meiji Era movement to separate Shinto and Buddhism included many acts of Haibutsu-kishaku (廃仏毀釈), acts against Buddhism. Many Buddhist stupas and pagodas on Mt. Myogi were destroyed. If you were to go to the Oku-no-in (inner sanctuary) near the top of Mt. Hakuun, you would find fragments of the lotus-shaped base where the stone figure of Dainichi Nyorai, the Buddhist deity, once sat. Everywhere in the world, people’s lives are subject to change under the influence of the changing times. Mt. Myogi is one place where you can see how Japanese people’s faith and beliefs were subject to social and political changes over the history. 

Another interesting aspect of Myogi shrine is that it has a religious structure known as “Hakoso-sha (波古曾社)” in its premises. This structure is proof of the locals’ continuous worshipping of the outlandish sequence of mountains since ancient times, as shown in the shrine’s paleographical record. The first syllable, “ha”, was probably a shortening of “Iwa”, which means “rock” in description of the shape of the mountain. The second and the third syllables, “koso”, mean “spiritual building” in ancient Korean. This infers that a spiritual connection between the Japan archipelago and the Asian mainland existed a long time ago. In modern language, “Hakoso-sha” can be translated as “rock shrine”. People in the old days sometimes enshrined rock, a part of nature itself, as a deity for worship. Give more than a passing thought to the indigenous, long-standing spiritual beliefs and you will find the worshipping of nature beyond the various deities with specific name and stories.

Since the beginning of the modern climbing era, Mt. Myogi has long been known as having a world-top-class high yearly casualty/deathly accident rate, partly because the challenging shapes of the mountains attract many rock-climbing lovers and there are many slip and fall accidents. There will always be risk when the lure of conquering peaks and cliffs is too much for human capability. This always reminds me to clarify the stance I should have when going into the mountains. There is no such a thing as a safe mountain. Death climbs mountains right beside you, and becoming fully conscious of death fully wakes your often-dormant sensation of being alive. Voluntarily going for a mountain climb is almost like stepping towards the land of the dead. While experiencing unconscious and conscious fear, one pays full attention to every move. There, feel the strong sense of awe towards mighty nature and you will think of nothing but getting home safely. In Japanese, the word “to resurrect” is pronounced “yomigaeru”, and this sound’s almost exactly the same as “yomikaeru”, “to come home from the dead of the land”. The development of the word also, in my opinion, showcases how Japanese people have always held mountains in their spiritual lives.

ガイド 日本の山 歴史・文化
教えてくれた人

中村 真

1972年、東京生まれ。雑誌『ecoloco』や書籍『JINJABOOK』などを発行する出版社の代表を務める。現在、イマジン(株)代表として、五感に響く出版・イベント・広告などのプランニングや、社会貢献プログラムなど様々なメディア活動を展開中。
2013年より広島県尾道市に「尾道自由大学」を開校し、校長に就任。学生時代より世界を旅し、外から見ることで日本の魅力に改めて気付き、温泉と神社を巡る日本一周を3度実行。
著書に『JINJA BOOK』、『JINJA TRAVEL BOOK』、『JINJA TRAVEL BOOK2』『日本の神さまと上手に暮らす法』など。

 ⇒IMAJIN

同じテーマの記事
神々の故郷、宮崎県・高千穂の天孫降臨伝承地・二上山と、彼の地に残る鬼・「鬼八」に思いを馳せる
神々が降り立った地として知られる宮崎県・高千穂町の二上山。降臨に関する史跡も数多く残るが、高千穂の信仰とは一線を画す土着信仰の名残が残っていることに気付く。
両神山の岩稜に、日本創生の祖神様を祀る“ドラゴンロード”の姿を見た―― 奥秩父・両神山
奥秩父の北端、鋸歯状の岩稜が連なる両神山。神犬信仰で知られるが、龍神信仰の史跡も残る。実際に登ってみると、そこはまるで山全体が龍の身体のように見えた――。
随一の人気を誇る山・北アルプス穂高岳も、じつは神様が守ってくれている
日本の登山者が最も憧れる山として挙げられる山、穂高岳。上高地の河童橋から見上げると実に神々しいこの山には、「穂高見命」という神様が祀られている。
信仰として山を登る「登拝」が日本では古代から行われていた。 日本人の山との付き合い方
「日本百名山、富士山、山ガール」などのブームもあって、近年の日本では多くの人が登山を楽しんでいる。しかし、「登拝」という形で、日本では古代から信仰登山が行われてきた。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2018年10月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したシェラカップを2種類の販売を準備中です。販売は10月10日正午から。詳しくはこちらで。
NEW ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは? モニター5名募集!
NEW 透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す!
透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。透湿地が高いミレーの「ティフォン50000」上下を雨の岩菅山でテスト!
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン幕開けです!
平成最後の紅葉シーズン幕開けです! 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山 迫力ある岩峰、神秘的な色の五色沼、高山植物の宝庫――。日光白根山はさまざまなルートから登れ、レベルに応じて楽しめる。
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報