このエントリーをはてなブックマークに追加

バリエーションルートへの入山・・・、「自分の身は、自分で守る」ことも大切。 島崎三歩の「山岳通信」 第108号

島崎三歩の「山岳通信」
その他 2018年04月11日

長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年4月6日に配信された第108号では、バリエーションルートでの遭難事故に触れ、入山の際の心構えについて触れている。

 

4月6日に配信された『島崎三歩の「山岳通信」』第108号では、3月20日~25日に起きた2件の山岳遭難事例について説明。以下に抜粋・掲載する。

  • 3月20日、北アルプス鹿島槍ヶ岳で、39歳および56歳の男性の2名が、山頂から下山中に道に迷い行動不能となる山岳遭難が発生。県警山岳遭難救助隊員が救助活動ののちに、24日に県警ヘリにより救助された。

  • 3月25日、八ヶ岳連峰阿弥陀岳にて、39歳~63歳の7名(男性5名、女性2名)が阿弥陀岳南稜を登攀中、7名全員が滑落し、男性2名・女性1名が死亡、男性1名が重傷、男性2名・女性1名が軽傷を負う山岳遭難が発生。県警ヘリで救助された。

八ヶ岳・阿弥陀岳での遭難現場の状況(長野県警察本部ホームページ山岳遭難発生状況(週報)3月30日付)

 

山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

これからの残雪期は、八ヶ岳や北アルプスでバリエーションルートに挑戦する登山者が多くなってきます。この時期に登山する際は、事前にルートを調べるとともに、経験者と一緒に登攀(とうはん)するようにしましょう。
また、ロープワーク、支点構築、アイゼンによる歩行等を事前に訓練を行ってから、入山するようにしましょう。「自分の身は、自分で守る」ことが、安全登山につながります。

 

春の山火事予防特別強化中!(平成30年3月12日(月)~4月11日(水))

春先は、特に空気が乾燥し、強い風が吹くことから、山火事が起こりやすい時期です。長野県では、昨年度の県消防防災ヘリコプターの事故を受け、上空からの消火が必要な火災などに対応するため、ヘリコプターの運航再開に向けた訓練に取り組んでいるところですが、「山火事を発生させない!」ため、登山者の皆様も例年以上に火の取り扱いにご注意いただくようお願いします。

万が一、火災が発生しているのを見つけた場合は、ただちに119番に通報してください。また、火や煙に巻かれないように身の安全を確保してください。

 

山菜取りや登山、ハイキングなどの野山に出かける際には、タバコやたき火などの火は確実に始末し、火の取り扱いにはくれぐれも気を付けてください。

次のことに十分気を付けてください ※火の取り扱い不注意から山火事多発中!

  • 枯れ草など燃えやすいものがあるところでは、たき火をしないこと
  • たき火など火を使用しているときは、その場を離れず、使用後は完全に消化すること
  • 風が強い日や乾燥している日は、たき火はしないこと
  • たばこは指定された場所で喫煙し、吸いがらは必ず消すとともに、投げ捨てないこと

 

危機管理 遭難・事件
教えてくれた人

島崎三歩の「山岳通信」

信州の山岳遭難現場と全国の登山者をつなぐために発行。「登山用品店舗スタッフ」「登山情報サイトを利用する登山者」「長野県内の各地区山岳遭難防止対策協会」などに対して、長野県の山岳地域で発生した遭難事例を原則・1週間ごとに、「安全登山」のための情報提供をしている。

⇒バックナンバーはコチラ!

同じテーマの記事
きのこ狩り中の遭難事故が多発、単独行動は自重を。 島崎三歩の「山岳通信」 第130号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第130号では、きのこ狩り中の遭難事故・死亡事故が多発していることについて注意喚起している。
天候が悪い状況での登山は集中力の低下を招きリスクが高まる 島崎三歩の「山岳通信」 第128、129号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年10月5日に配信された第128号、および10月9日に配信された第129号での、合計26件の遭難事例について説明。天候が不安定だった9月中旬~下旬のリスク、およびキノコ採り中の遭難について言及している。
引き続き多い下山時のケガ、細心の注意を怠らずに! 島崎三歩の「山岳通信」 第127号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年9月25日に配信された第127号では、引き続き下山時の遭難が多いことについて言及している。
紅葉シーズン目前、安全に楽しむために知っておくべきこと 島崎三歩の「山岳通信」 第126号&秋の特別号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」第126号および秋の特別号では、紅葉シーズンを目前に控え、秋の山岳地での安全登山について取り上げている。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2018年10月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」
着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」 マーモットから発売の「ウールラップ」。独自構造の中綿で行動中も快適ゾーンへ。ペイバックキャンペーンも実施中!
NEW 『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
NEW ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは? モニター5名募集!
NEW 透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す!
透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。透湿地が高いミレーの「ティフォン50000」上下を雨の岩菅山でテスト!
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン幕開けです!
平成最後の紅葉シーズン幕開けです! 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。