このエントリーをはてなブックマークに追加

バリエーションルートへの入山・・・、「自分の身は、自分で守る」ことも大切。 島崎三歩の「山岳通信」 第108号

島崎三歩の「山岳通信」
その他 2018年04月11日

長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年4月6日に配信された第108号では、バリエーションルートでの遭難事故に触れ、入山の際の心構えについて触れている。

 

4月6日に配信された『島崎三歩の「山岳通信」』第108号では、3月20日~25日に起きた2件の山岳遭難事例について説明。以下に抜粋・掲載する。

  • 3月20日、北アルプス鹿島槍ヶ岳で、39歳および56歳の男性の2名が、山頂から下山中に道に迷い行動不能となる山岳遭難が発生。県警山岳遭難救助隊員が救助活動ののちに、24日に県警ヘリにより救助された。

  • 3月25日、八ヶ岳連峰阿弥陀岳にて、39歳~63歳の7名(男性5名、女性2名)が阿弥陀岳南稜を登攀中、7名全員が滑落し、男性2名・女性1名が死亡、男性1名が重傷、男性2名・女性1名が軽傷を負う山岳遭難が発生。県警ヘリで救助された。

八ヶ岳・阿弥陀岳での遭難現場の状況(長野県警察本部ホームページ山岳遭難発生状況(週報)3月30日付)

 

山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

これからの残雪期は、八ヶ岳や北アルプスでバリエーションルートに挑戦する登山者が多くなってきます。この時期に登山する際は、事前にルートを調べるとともに、経験者と一緒に登攀(とうはん)するようにしましょう。
また、ロープワーク、支点構築、アイゼンによる歩行等を事前に訓練を行ってから、入山するようにしましょう。「自分の身は、自分で守る」ことが、安全登山につながります。

 

春の山火事予防特別強化中!(平成30年3月12日(月)~4月11日(水))

春先は、特に空気が乾燥し、強い風が吹くことから、山火事が起こりやすい時期です。長野県では、昨年度の県消防防災ヘリコプターの事故を受け、上空からの消火が必要な火災などに対応するため、ヘリコプターの運航再開に向けた訓練に取り組んでいるところですが、「山火事を発生させない!」ため、登山者の皆様も例年以上に火の取り扱いにご注意いただくようお願いします。

万が一、火災が発生しているのを見つけた場合は、ただちに119番に通報してください。また、火や煙に巻かれないように身の安全を確保してください。

 

山菜取りや登山、ハイキングなどの野山に出かける際には、タバコやたき火などの火は確実に始末し、火の取り扱いにはくれぐれも気を付けてください。

次のことに十分気を付けてください ※火の取り扱い不注意から山火事多発中!

  • 枯れ草など燃えやすいものがあるところでは、たき火をしないこと
  • たき火など火を使用しているときは、その場を離れず、使用後は完全に消化すること
  • 風が強い日や乾燥している日は、たき火はしないこと
  • たばこは指定された場所で喫煙し、吸いがらは必ず消すとともに、投げ捨てないこと

 

危機管理 遭難・事件
教えてくれた人

島崎三歩の「山岳通信」

信州の山岳遭難現場と全国の登山者をつなぐために発行。「登山用品店舗スタッフ」「登山情報サイトを利用する登山者」「長野県内の各地区山岳遭難防止対策協会」などに対して、長野県の山岳地域で発生した遭難事例を原則・1週間ごとに、「安全登山」のための情報提供をしている。

⇒バックナンバーはコチラ!

同じテーマの記事
山岳遭難のほとんどは体力や集中力が切れる下山中に発生します 島崎三歩の「山岳通信」 第118号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年7月12日に配信された第118号では、下山中の事故が多いことを挙げ、慎重な登山計画を促している。
V字谷の地形でのヘリによる救助の難しさを動画で確認 島崎三歩の「山岳通信」 第117号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年7月6日に配信された第117号では、道迷い遭難のヘリコプターによる救助の様子を紹介し、遭難救助時の注意点についても説明している。
登山中の疲労が引き起こすリスクを考えて、慎重な登山計画を行いましょう。 島崎三歩の「山岳通信」 第116号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年7月4日に配信された第116号では、6件の遭難事例を紹介。疲労による遭難が増えていることに言及し、入念な登山計画を促している。
6月の北アルプスはまだ残雪が多く、滑落事故が起きやすい時期。 島崎三歩の「山岳通信」 第115号
島崎三歩の山岳通信」第115号では、北アルプスで残雪による滑落事故が多い理由について言及している。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年7月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「究極の全天候型ジャケットを目指したい」
「究極の全天候型ジャケットを目指したい」 ザ・ノース・フェイス大坪さんに、定番レインウェア「クライムライトジャケット」開発に込めた思いを聞く!
NEW グレゴリーの定番ザック「パラゴン」の使い勝手
グレゴリーの定番ザック「パラゴン」の使い勝手 山岳ガイドとして活躍する澤田実さんに、ガイドならではの視点も交えて、「パラゴン」の使い勝手を聞きました。
NEW バルトロのフロントポケットがこんなにラクとは…
バルトロのフロントポケットがこんなにラクとは… グレゴリーのモニターレポート第2弾を公開! 白馬岳に登ったsoraさん。フロントポケットなどの収納に感動したそうです!
NEW 温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう 笠・双六・槍・西穂・乗鞍の山々は、温泉、山麓観光も充実した飛騨側から! ライター小林千穂さんのおすすめも掲載!
NEW ライトアルパイン系ブーツを残雪・岩稜で試す
ライトアルパイン系ブーツを残雪・岩稜で試す ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回は、ザンバランのバルトロGTを、まだ雪の残る焼岳でテストしました。そ...
NEW パタゴニア 最新ハイキングパンツの魅力
パタゴニア 最新ハイキングパンツの魅力 国内外のロングトレイルを歩くライター根津貴央さん。独自の用具観から見たパタゴニアのハイキングパンツの魅力について聞いた
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」の田中陽希さんに、身体のケア、リカバリーなど、山を楽しむためのコンディショニング法を伺った
NEW 遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス
遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス 万が一、登山者が動けなくなっても、発信される電波から位置を特定する会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”。詳細はこちら
NEW 山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で! 
山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で!  日本百名山・谷川岳では様々なツアーを用意した「山の日イベント」を開催! ラフティングやキャンプが楽しめるアウトドアの町、...
日帰りの山で重宝するデイパック
日帰りの山で重宝するデイパック 連載「山MONO語り」で紹介したグレゴリー サルボ24。高橋庄太郎さんによる、毛無山日帰り山行での使用レポートはこちら
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ 誰でも歩けて、自然の素晴らしさを感じられる尾瀬のシーズンが始まります。イベント、特典も盛りだくさんの尾瀬をご案内!
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山 迫力ある岩峰、神秘的な色の五色沼、高山植物の宝庫――。日光白根山はさまざまなルートから登れ、レベルに応じて楽しめる。