このエントリーをはてなブックマークに追加

「歩行時間」「総距離」「累積標高差」から算出される指標『コース定数』で、登山コースの体力的難度を把握しよう

Yamakei Online Special Contents
基礎知識 2018年05月14日

 

登山計画を行う際の難易度の目安として、「コースタイム」「標高差」「難所の有無」などさまざまな要因が考えられる。その1つの指標として、「コース定数」を取り入れてみてはいかがだろうか?

イラスト=芦野公平 文=伊藤洋平(山と溪谷編集部)

 

登山計画を立てる際に、ガイドブックを利用するケースは多いだろう。登山ガイドブックを確認すると、以下のような表記をよく目にしないだろうか。

技術度★★★☆☆
体力度★★★★☆

技術度とは求められる登山技術を示し、コース上のガレ場やザレ、ヤセ尾根の通過など、危険箇所が多いほど、★の数が多くなる。

一方の体力度は、体力面での厳しさを示していて、急傾斜の登りが長時間続いたり、アップダウンが多かったり、距離が長かったりするほど★の数が多くなる。

この星の数については、数値的なガイドラインがあるわけではない。そのため、技術度に比べ体力度はガイドブック著者の“主観”によるものが大きく、同じ★の数でもガイドブックにより違いがあるケースが散見された。

そこで近年、注目されているのが「コース定数」である。

弊社刊行の登山ガイドブック「分県登山ガイド」には、コース定数が表記されている

 

コース定数とは、「歩行時間(参考コースタイム)」「総距離」「累積標高差」の3つの要素から算出される指標で、1~100前後の数値でコースの体力的難度を示している。これまでの★に比べ、客観的に体力面の厳しさを把握できる新たな試みだ。なお、本定数は鹿屋体育大学・山本正嘉教授により定義づけられたものだ。

 

コース定数の計算方法は、下記のとおりとなっている。

1.8×行動時間(h)+0.3×歩行距離(km)+10.0×登りの累積標高差+0.6×下りの標高差(km)=コース定数

計算式は難しくはないが、見てのとおり自分で計算するのは、少し、いや、かなりめんどうだ。そこで、ヤマケイオンライン内の「登山地図&計画マネージャ・ヤマタイム」を使っての登山計画を行えば、コース定数は自動で算出できるようになった。

ヤマタイム内に掲載されている標準コースタイムに合わせて、コース定数は自動的に算出されるようになっている。

ヤマケイオンライン内の「ヤマタイム」でコースタイム付きの計画を立てると、自動的にコース定数が算出される

 

また、過去に自分が歩いたことのあるコースの数値がわかれば、その経験をもとに、いま計画しているコースの体力的難度を把握しやすい。つまり、自分の登山経験を数値化でき、自分に合った計画を立てやすくなるのだ。

なお、1日あたりのコース定数の目安は下記だ。

  • 10前後 体力的にやさしく初心者向き
  • 20前後 一般的な登山者向き
  • 30前後 日帰り登山の場合、健脚者向き
  • 40以上 日帰りでは困難。1泊以上の計画が必要

また、本定数からは、登山に必要なエネルギー量や水分補給を算出する目安を求めることができる。

疲労の防止や熱中症予防に役立てたり、予想消費カロリー/水分の目安を算出できるのも特徴だ。ちなみに、その計算式は以下のとおり。

行動中のエネルギー消費量(kcal)=コース定数×(体重+ザックの重量)

こちらも、ヤマケイオンライン内の「登山地図&計画マネージャ・ヤマタイム」を使っての登山計画を行えば算出される。

なお、水分消費量については、エネルギー消費量と同様(単位はミリリットル)で、体力の消耗を防ぐためには、算出したエネルギー消費量(脱水量)の7~8割を目安に補給すると良いとされている(夏季の場合は、補給水分は多めに設定することをオススメする、としている)。

登山計画を立てる際に、このコース定数をぜひ参考にしてもらいたい。

 

登山計画
教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』5月号、特集「上高地と穂高岳」では、第1部で上高地に焦点を当て、「歩く」「泊まる」「楽しむ」「知る」の4テーマに分けて、その魅力に迫っている。
第2部は近代アルピニズム発祥の地・穂高岳が主役。文学作品や岩壁の登攀記録や解説なども豊富。
上高地のことが好きな人も、よく通るけど実はあんまり知らないという人も、ぜひ手に取っていただきたい一冊。

⇒ 山と溪谷5月号はこちら

同じテーマの記事
通過点にするにはもったいない! 登山者にはあまり知られていない上高地の姿を案内
毎シーズン、多くの登山者を迎える上高地。あなたにとって上高地はどんな場所でしょう? ただの通過点になってしまっていないませんか? 登山者が見落としがちな上高地の姿を案内します。
鳥の歌声が聞こえてくる季節、春。山でバードウォッチングをはじめよう!
登山中に聞こえてくる軽やかな鳥の歌声。「きれいな声! どんな鳥が鳴いているんだろう?」「今鳴いている鳥の名前を知りたい」そう思ったことのある人も多いのではないでしょうか。鳥を見ながらの山行は、登山にプラスアルファの楽しさをもたらしてくれます。
脚に負担のかからない登り方とは? トップトレイルランナーが教える、登山に効く体の使い方。
1回のレースで短くても10km、長ければ100kmを越える距離の登山道を駆け抜けるトレイルランニング。これだけの距離を走れるのは、体力・脚力のみならず、身体に負担のかからない方法があるからこそでもある。
ソーシャルネットワークを活用した経験学習の環境実現に向けて
日本大学工学部嶌田研究室で進めている、ソーシャルネットワークを活用しての自立した登山者の育成を支援するしくみづくり。そのための調査項目の意味を詳しく説明する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2018年5月26日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「夏の西穂高プレゼントキャンペーン」が開催
「夏の西穂高プレゼントキャンペーン」が開催 L.L.Beanで使えるクーポン券がもれなく当たる! 100年以上の歴史を誇るアウトドアブランドL.L.Bean特集!
NEW 飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト
飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト 笠・双六・槍・西穂・乗鞍ほか北アルプスを登った時の写真を大募集! 奥飛騨温泉郷の宿泊券やロープウェー乗車券が当たる!
NEW 岩場に強いだけではない! モンチュラ登山靴
岩場に強いだけではない! モンチュラ登山靴 夏山登山で活躍すること間違いなし。「ヤルテクノGTX」の機能性と履き心地をモニターの方に試していただきました。ハイキング...
NEW 小林千穂さんと登る残雪の八ヶ岳・北横岳
小林千穂さんと登る残雪の八ヶ岳・北横岳 モンチュラのウェア・シューズの中から、標高2000m以上の山を登る時におすすめしたいアイテムを千穂さんがご紹介!
NEW 飯坂大さんに聞く、大型バックパックの選び方
飯坂大さんに聞く、大型バックパックの選び方 GHT踏査プロジェクトを行う写真家の飯坂大さんに、長期山行のための大型バックパックの選び方について聞きました
NEW グレゴリーの“あの”大型ザック、新モデル登場!
グレゴリーの“あの”大型ザック、新モデル登場! 【モニター募集中!】新たな「バルトロ / ディバ」の“極上の背負い心地”を体験できるチャンス!
NEW 加賀谷はつみさんとスマートウォッチで筑波山!
加賀谷はつみさんとスマートウォッチで筑波山! シンガーソングハイカー加賀谷はつみさんのTrek&Liveツアーで、参加者全員がスマートウォッチを体験! その使...
NEW いよいよシーズン到来! 「尾瀬ナビ」公開
いよいよシーズン到来! 「尾瀬ナビ」公開 誰でも歩けて、自然の素晴らしさを感じられる尾瀬のシーズンが始まります。イベント、特典も盛りだくさんの尾瀬をご案内!
NEW 春の登山シーズンに向けたアウトドアソックス特集!
春の登山シーズンに向けたアウトドアソックス特集! 「自分の足に合った登山用の靴下はどうやって選んだらいいの…?」そんな疑問をお持ちの方のための特集です!
緑が広がる天上の湿原へ・・・
緑が広がる天上の湿原へ・・・ 山上に広がる幻想的な景色、湿原に生きる草花や生き物。雪が消え始めた今、天上の楽園・山上の湿原を目指しましょう
モンチュラ、春のおすすめ製品を千穂さんが紹介!
モンチュラ、春のおすすめ製品を千穂さんが紹介! 山岳ライター・編集者・ガイドとしてマルチに活躍する小林千穂さんが、登山におすすめの女性向け春物コーディネートをご紹介!
高橋庄太郎さん「山MONO語り」は浄水ボトルをテスト!
高橋庄太郎さん「山MONO語り」は浄水ボトルをテスト! 川の水を濾過し山頂で喉を潤す! 手軽ですばやく濾過できる「グレイル」の浄水ボトルを西表島の山でチェックしました。