このエントリーをはてなブックマークに追加

「歩行時間」「総距離」「累積標高差」から算出される指標『コース定数』で、登山コースの体力的難度を把握しよう

Yamakei Online Special Contents
基礎知識 2018年05月14日

 

登山計画を行う際の難易度の目安として、「コースタイム」「標高差」「難所の有無」などさまざまな要因が考えられる。その1つの指標として、「コース定数」を取り入れてみてはいかがだろうか?

イラスト=芦野公平 文=伊藤洋平(山と溪谷編集部)

 

登山計画を立てる際に、ガイドブックを利用するケースは多いだろう。登山ガイドブックを確認すると、以下のような表記をよく目にしないだろうか。

技術度★★★☆☆
体力度★★★★☆

技術度とは求められる登山技術を示し、コース上のガレ場やザレ、ヤセ尾根の通過など、危険箇所が多いほど、★の数が多くなる。

一方の体力度は、体力面での厳しさを示していて、急傾斜の登りが長時間続いたり、アップダウンが多かったり、距離が長かったりするほど★の数が多くなる。

この星の数については、数値的なガイドラインがあるわけではない。そのため、技術度に比べ体力度はガイドブック著者の“主観”によるものが大きく、同じ★の数でもガイドブックにより違いがあるケースが散見された。

そこで近年、注目されているのが「コース定数」である。

弊社刊行の登山ガイドブック「分県登山ガイド」には、コース定数が表記されている

 

コース定数とは、「歩行時間(参考コースタイム)」「総距離」「累積標高差」の3つの要素から算出される指標で、1~100前後の数値でコースの体力的難度を示している。これまでの★に比べ、客観的に体力面の厳しさを把握できる新たな試みだ。なお、本定数は鹿屋体育大学・山本正嘉教授により定義づけられたものだ。

 

コース定数の計算方法は、下記のとおりとなっている。

1.8×行動時間(h)+0.3×歩行距離(km)+10.0×登りの累積標高差+0.6×下りの標高差(km)=コース定数

計算式は難しくはないが、見てのとおり自分で計算するのは、少し、いや、かなりめんどうだ。そこで、ヤマケイオンライン内の「登山地図&計画マネージャ・ヤマタイム」を使っての登山計画を行えば、コース定数は自動で算出できるようになった。

ヤマタイム内に掲載されている標準コースタイムに合わせて、コース定数は自動的に算出されるようになっている。

ヤマケイオンライン内の「ヤマタイム」でコースタイム付きの計画を立てると、自動的にコース定数が算出される

 

また、過去に自分が歩いたことのあるコースの数値がわかれば、その経験をもとに、いま計画しているコースの体力的難度を把握しやすい。つまり、自分の登山経験を数値化でき、自分に合った計画を立てやすくなるのだ。

なお、1日あたりのコース定数の目安は下記だ。

  • 10前後 体力的にやさしく初心者向き
  • 20前後 一般的な登山者向き
  • 30前後 日帰り登山の場合、健脚者向き
  • 40以上 日帰りでは困難。1泊以上の計画が必要

また、本定数からは、登山に必要なエネルギー量や水分補給を算出する目安を求めることができる。

疲労の防止や熱中症予防に役立てたり、予想消費カロリー/水分の目安を算出できるのも特徴だ。ちなみに、その計算式は以下のとおり。

行動中のエネルギー消費量(kcal)=コース定数×(体重+ザックの重量)

こちらも、ヤマケイオンライン内の「登山地図&計画マネージャ・ヤマタイム」を使っての登山計画を行えば算出される。

なお、水分消費量については、エネルギー消費量と同様(単位はミリリットル)で、体力の消耗を防ぐためには、算出したエネルギー消費量(脱水量)の7~8割を目安に補給すると良いとされている(夏季の場合は、補給水分は多めに設定することをオススメする、としている)。

登山計画を立てる際に、このコース定数をぜひ参考にしてもらいたい。

 

登山計画
教えてくれた人

山と溪谷編集部

私の登山は、そして登山界はこれからどう変わるのか。『山と溪谷』1月号は山の最新事情が詰まった一冊。
平成の30年間には、中高年や山ガールによる登山ブームがあり、インターネットの普及により登山の姿も様変わりした。
一方、山岳遭難は年々増加し、御嶽山の噴火といった自然災害も多発した。そんな平成を振り返り、新たな時代に登山がどう変化していくのか、登山用具メーカーや山小屋の主人などさまざまな識者に語ってもらった。

⇒ 山と溪谷1月号はこちら

同じテーマの記事
平成はどんな時代だった? 登山界の30年間を『山と溪谷』で振り返って見えたもの
「平成」の時代は、あと数ヶ月で終わろうとしている。この30年間、世の中ではさまざまなことが起きているが、登山の世界に目を向けると、どんなことが起きているのだろうか?
雪山の難度を左右する4大要素に注目! リスクを把握して、冬季登山を安全に楽しもう
初めて雪山にトライする場合「初心者向けの山」となる。しかし、雪山の場合は夏山での難易度と同じように格付けをできるとは限らない。難易度を決める4つの要素について解説する。
年末年始は八ヶ岳で過ごしました。赤岳鉱泉・行者小屋、年越しイベントレポート
2017年の年越しを山小屋で過ごすことに決めたライターの小野泰子さん。「雪上技術は初心者に毛が生えた程度」という彼女が選んだ山小屋は──。白熱のビンゴ大会あり、まったり読書あり、八ヶ岳で体験した小野さんの年越し山行記録を紹介する。
再発見・東京周辺の山、「山と溪谷」編集部・イトーの一押しの山は抜群の展望の奥多摩・天目山
行きたい山・好きな山と言えば剱岳や槍ヶ岳だが、「行ける山・よく行く山域」となると、アクセスの良い近郊の山々となるのが現実だ。しかし侮るなかれ、近くにも素晴らしい山はたくさんある。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年1月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は?
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は? 今回は「ハイキング」、「岩稜・雪山」などアクティビティごとに登山靴、靴下、インソールの組み合わせをご紹介!
NEW ひざのサポーターを実際の山行でテスト!
ひざのサポーターを実際の山行でテスト! 「フェイタス メディカルサポーター ひざ」を、ヤマケイオンライン会員が実際の山でモニター。その使い心地は?
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す!
冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す! 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマムートの冬向けソフトシェルパンツを岩場のある乾徳山でチェック!
NEW 冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
NEW 2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
富士登山についてのアンケート
富士登山についてのアンケート 富士登山についてアンケートのお願いです。抽選で富士山グッズをプレゼント! 富士山未経験の方もぜひご参加ください。
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。
全国津々浦々ご当地アルプス8選
全国津々浦々ご当地アルプス8選 その規模や迫力は元祖アルプスには遠く及ばないものの、アルプスらしさが楽しいご当地アルプスの魅力
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?