このエントリーをはてなブックマークに追加

「歩行時間」「総距離」「累積標高差」から算出される指標『コース定数』で、登山コースの体力的難度を把握しよう

From 山と溪谷編集部
基礎知識 2018年05月14日

 

登山計画を行う際の難易度の目安として、「コースタイム」「標高差」「難所の有無」などさまざまな要因が考えられる。その1つの指標として、「コース定数」を取り入れてみてはいかがだろうか?

イラスト=芦野公平 文=伊藤洋平(山と溪谷編集部)

 

登山計画を立てる際に、ガイドブックを利用するケースは多いだろう。登山ガイドブックを確認すると、以下のような表記をよく目にしないだろうか。

技術度★★★☆☆
体力度★★★★☆

技術度とは求められる登山技術を示し、コース上のガレ場やザレ、ヤセ尾根の通過など、危険箇所が多いほど、★の数が多くなる。

一方の体力度は、体力面での厳しさを示していて、急傾斜の登りが長時間続いたり、アップダウンが多かったり、距離が長かったりするほど★の数が多くなる。

この星の数については、数値的なガイドラインがあるわけではない。そのため、技術度に比べ体力度はガイドブック著者の“主観”によるものが大きく、同じ★の数でもガイドブックにより違いがあるケースが散見された。

そこで近年、注目されているのが「コース定数」である。

弊社刊行の登山ガイドブック「分県登山ガイド」には、コース定数が表記されている

 

コース定数とは、「歩行時間(参考コースタイム)」「総距離」「累積標高差」の3つの要素から算出される指標で、1~100前後の数値でコースの体力的難度を示している。これまでの★に比べ、客観的に体力面の厳しさを把握できる新たな試みだ。なお、本定数は鹿屋体育大学・山本正嘉教授により定義づけられたものだ。

 

コース定数の計算方法は、下記のとおりとなっている。

1.8×行動時間(h)+0.3×歩行距離(km)+10.0×登りの累積標高差+0.6×下りの標高差(km)=コース定数

計算式は難しくはないが、見てのとおり自分で計算するのは、少し、いや、かなりめんどうだ。そこで、ヤマケイオンライン内の「登山地図&計画マネージャ・ヤマタイム」を使っての登山計画を行えば、コース定数は自動で算出できるようになった。

ヤマタイム内に掲載されている標準コースタイムに合わせて、コース定数は自動的に算出されるようになっている。

ヤマケイオンライン内の「ヤマタイム」でコースタイム付きの計画を立てると、自動的にコース定数が算出される

 

また、過去に自分が歩いたことのあるコースの数値がわかれば、その経験をもとに、いま計画しているコースの体力的難度を把握しやすい。つまり、自分の登山経験を数値化でき、自分に合った計画を立てやすくなるのだ。

なお、1日あたりのコース定数の目安は下記だ。

  • 10前後 体力的にやさしく初心者向き
  • 20前後 一般的な登山者向き
  • 30前後 日帰り登山の場合、健脚者向き
  • 40以上 日帰りでは困難。1泊以上の計画が必要

また、本定数からは、登山に必要なエネルギー量や水分補給を算出する目安を求めることができる。

疲労の防止や熱中症予防に役立てたり、予想消費カロリー/水分の目安を算出できるのも特徴だ。ちなみに、その計算式は以下のとおり。

行動中のエネルギー消費量(kcal)=コース定数×(体重+ザックの重量)

こちらも、ヤマケイオンライン内の「登山地図&計画マネージャ・ヤマタイム」を使っての登山計画を行えば算出される。

なお、水分消費量については、エネルギー消費量と同様(単位はミリリットル)で、体力の消耗を防ぐためには、算出したエネルギー消費量(脱水量)の7~8割を目安に補給すると良いとされている(夏季の場合は、補給水分は多めに設定することをオススメする、としている)。

登山計画を立てる際に、このコース定数をぜひ参考にしてもらいたい。

 

登山計画
教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』2019年12月号の特集は「厳選全国雪山40コース」。地域や季節によって、多彩な表情を見せる日本の雪山。登山者の技術や体力、あるいは山行期間に合わせて、さまざまなプランを組むことができます。週末の山歩きにぴったりの近郊の山から、日本アルプスなどの本格的な登山ルートまで、日本の雪山登山の醍醐味を満喫できる40コースを紹介します。

⇒ 『山と溪谷』最新号はこちら

同じテーマの記事
山小屋で過ごす年末年始――。一年を登山で締めくくり、新しい年を山で迎えよう
年末年始をどう過ごそうか考える時期がやってきた。家で年越し蕎麦をすするもよし、温泉旅行や海外旅行に行くもよし。ヤマヤなら山小屋で過ごすのはなおよし! 山小屋で迎える新年、その魅力を垣間見てみよう。
掟破り! 幕府の反対を押し切って富士登山! 大名や外交官を熱狂させた霊峰富士の歴史
富士山には、日本一高い山としての存在感や円錐形の美しいシルエットだけではなく、霊峰富士としての神秘的な磁力がある。江戸時代、「富士登山は庶民がするもの」という幕府の反対にも屈せず、富士山登頂を果たした大名と外交官がいた。
電子地図の時代だからこそ必要な地図を読み取る技術。道なき山を歩くプロの地図読み技術とは?!
山岳遭難で最も多いのが「道迷い」。地図を正確に読み、地形を理解しながら計画を立てたり、登山中に場所を把握したりする技術は、電子時代の今こそ大切なのではないだろうか?
大きくて深い山脈――。南アルプスの特徴を知って、ちょっと“大人な”山行へ
長い長い梅雨がようやく明け、一気に夏らしくなってきました。やっぱり夏はアルプスへ!そんなことをお考えのみなさん。南アルプスの魅力を知って、より楽しい山行に出かけませんか?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月11日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?