このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックログ/GPXファイルの便利な活用方法。ナビゲーション、ネット活用、登山の振り返りが思いのままに!

山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS徹底使いこなし術
基礎知識 2018年06月12日

ジオグラフィカで取得したトラックログや、インターネット上に公開されているGPXファイルを利用して、登山アプリをさらに便利に使う方法を指南する。一連の使い方をしっかりマスターすれば、登山中の道迷いのリスクを激減することも期待できる。

 

こんにちは、松本です。ジオグラフィカという登山用のGPSアプリを作っています。

★ジオグラフィカ iPhone版
★ジオグラフィカ Android版

前回に引き続き、トラックログのお話です。今回は、より実践的なトラックログ活用法について説明します。おさらいになりますが、トラックログとは自分が歩いた軌跡のことで、「GPSログ」や単に「トラック」と呼ばれることもあります。

★前回記事:GPSログの軌跡「トラックログ」を取得しておこう!

 

Vol.1 記録したトラックログを地図に表示する

まずはトラックログを地図上に表示する方法を説明します。地図上にログを表示させれば、登山道の位置(線)を顕在化させることになり、登山中のナビゲーションなどで直感的に確認できるようにできたり、自分の登山記録を確認できたりできるようになります。表示させる手順は以下のとおりです。

「メニュー」の「ファイル」⇒「トラック」をタップすると、記録済みのトラック一覧が表示される。

メニュー⇒ファイル⇒トラックの順にタップする

 

トラック一覧から目的のトラックを探し、名前の右にある「→」ボタンをタップして、続いて「表示してジャンプ」を選んでください。すると、地図上にトラックログが表示される。

 

一覧の中から任意のトラックの「→」をタップ。続いてポップアップメニューから「表示してジャンプ」をタップする

 

地図の登山道は黒い点線ですが、トラックログは赤い線で描かれるので目立つようになり、予定コースの確認などに役立てることができる。

地図上に赤い線でトラックログのルートが表示されればOK!

 

取得したトラックが一覧にみつからない場合

トラック一覧に目的のトラックが出てこないことがあります。その時は「今見ているフォルダ」を確認してください。

ジオグラフィカにはトラックをフォルダに分けて管理する機能があります。トラック一覧の上部に「今見ているフォルダ」が表示されます。

画面下部の「↑」ボタンを押すと上のフォルダ(階層)に移動できます。一番上のフォルダに移動すれば目当てのトラックがあるかもしれません。

 

 

Vol.2 トラックを非表示にする方法

続いて、表示させているトラックログを解除/非表示にする方法です。不要なトラックがいくつも表示状態になっていると、アプリを起動する際に、それぞれのトラックを読み込むことになるので、動作が重くなります。不要なトラックは、以下の手順で非表示にしておきましょう。

地図上のトラックログを長押しするとメニューが表示される。

 

地図上の赤線を長押しして、ポップアップメニューから「非表示にする」をタップ

 

「非表示」を選ぶと地図上から消える(表示が消えただけでデータは残っている)。

もしくは、メニューのファイルの「表示中のファイル」を開くと、地図上に表示されているトラックを一覧できる。表示しておく必要がないトラックログは、「目玉ボタン」をタップして非表示にしておく。画面左下の「すべて非表示」をタップすれば、まとめて非表示にすることもできる。

 

まとめて非表示にする場合は、メニュー⇒ファイルから行うのが便利

 

Vol.3 登山サイトからトラックログをダウンロードする

ジオグラフィカでは、ヤマケイオンラインやヤマレコなどのWebサイトからトラックログをダウンロードして活用することが出来ます。

行きたい山(コース)のトラックログをダウンロードして登録しておけば、登山中のナビゲーションなどに利用できるようになります。

以下の手順で、トラックログ(GPXファイル)をダウンロードして活用してみてください。

ヤマケイオンラインからのダウンロード手順

スマートフォンのウェブブラウザでヤマケイオンラインにアクセスする。

Homeまたは登山記録検索画面から任意の登山記録を検索する。

Homeから検索、もしくはメニューから検索してもOK!

 

登山記録のページにある「GPX Download」ボタンをタップすると画面が切り替わり、ダウンロードが始まる。

「GPX Download」をクリックすると、トラックログ(GPXファイル)がダウンロードされる

 

◆iOSの場合

【iOSの場合】右下の「ダウンロード」をタップする。

タップ後の画面では画面右下の「ダウンロード」をタップする

【iOSの場合】「次で開く」をタップするとアプリ一覧が表示される。

ダウンロード直後の画面。画面右下の「次で開く…」をタップ

 

【iOSの場合】「Geographicaにコピー」をタップすると、ジオグラフィカが起動して画面が切り替わる。

アプリ選択画面では、「Geographicaにコピー」をタップする 

 

【iOSの場合】「はい」を2回タップすると読み込みが完了して地図上に表示される。

 

確認画面では、いずれも「はい」を選択する

 

あとはロックオンやグラフ表示など、自分で記録したトラックログと同様に活用できるようになる。

読み込み終了。インターネット上に公開されていたGPXが利用できるようになる

 

◆Androidの場合

※手順③の「GPX Download」をタップまでは同じ手順で行います。

【Androidの場合】GPXファイル(トラックログのファイル)のダウンロードが終わると、画面下部に表示された「開く」をタップする(機種やAndroidのバージョンによって違う場合もあります)。

ダウンロードが完了すると表示される、右下の「開く」をタップする

 

【Androidの場合】GPSのソースが表示される画面で、画面右上のメニュー「…」をタップすると「アプリで開く」メニューが表示されるのでタップする。

画面右上のメニュー「…」をタップ⇒アプリで開くの順でタップ

 

【Androidの場合】アプリ一覧が表示されたら、Geographicaのアイコンをタップする。

アプリ選択画面では、Geographicaをタップする

 

【Androidの場合】ジオグラフィカが起動する。あとはiOSの場合と同じで、「YES」を2回タップすると地図上にトラックログが表示される。

 

マイページ⇒登山計画からダウンロードが便利

ヤマケイオンラインでは、トラックログ(GPXファイル)は、登山記録に限らず、さまざまな形でダウンロードできます。モデルコースのトラックログを利用したり、ヤマタイムで計画した登山ルートを利用したりしたい場合は、登山計画を作成して(コピーして)、該当の計画画面から、トラックログをダウンロードしてください。

マイページ内の登山計画から選択・ダウンロードするのが便利です。

モデルコースのトラックログを利用したい場合は、登山計画にコピー⇒コピー先からダウンロード

ヤマタイムで登山計画を作成して、そのログを利用することも可能だ

 

ヤマレコのトラックログをダウンロードする

ヤマレコにアクセスして、ログインします。

山名などで山行記録を探し、山行記録を開きます。

検索画面で、任意の登山記録を探す

 

地図の下に「GPSログ(GPX)」というボタンをタップする。

登山記録画面から「GPSログ(GPX)」をタップしてダウンロード。あとの手順は同様だ

 

あとはヤマケイオンラインの手順と同じです。画面の指示に従ってインポートして表示すれば山行記録のGPSログ(トラックログ)がジオグラフィカの画面に表示される。

 

Vol.4 トラックログを利用した便利機能

トラックログを表示した状態では、さまざまな便利な機能を利用できます。以下に代表的な2つの機能を紹介します。

トラック上の通過時刻などを調べる方法

トラックログを表示した状態で画面上部の情報バーを2画面分左にスライドさせると、距離と標高のグラフが表示されます。

画面上部の部分をいちばん左までスライドさせていくと、標高グラフほか、さまざまな情報を確認できる

 

この状態で画面中央の+マークをトラックログの線に合わせると、その地点の通過時刻、スタート地点からの距離、標高などが判ります。

自分の行動記録が一目りょう然! 登山の振り返りにも役立てること間違いなし

 

なお、表示項目の「T」が通過時刻で、その右がスタートからの経過時間。「D」がスタートからの距離で「E」がその地点の標高です。山行報告をするときなど、あとで行動を振り返るときに役立つ機能です。

 

トラックからの逸脱を警告させる方法

登山中に利用する機能の1つとして、トラックからの逸脱を警告機能を利用できます。地図上のトラックログからおよそ100mほど離れると、音声で知らせてくれます。なお、戻れば戻ったことを教えてくれます。

設定手順は、トラッログを非表示にした時と同様に、地図上のトラックログを長押ししてメニューを出し、「ロックオン」を選ぶだけで、逸脱警告機能が動作します。

 

登録トラックログから道を外れるとアラートが表示される。道迷いの強い味方になること間違いなし!

 

なお、この解除する場合は、同じようにトラックログを長押ししてメニューを表示し、「ロック解除」をタップしてください。

補足

スマートフォンがスリープ中でも逸脱警告をさせるためには、トラックログの記録やルート案内など、『ジオグラフィカがバックグラウンドで動作する状態』になっていることが必要です。逸脱警告を万全に使いたい場合はトラックログの記録も行ってください。

 

 ■今回のまとめ

  • 記録済みのトラックログを画面に表示させれば通過時刻などを簡単に調べられます。
  • トラックログを表示させると、線が目立つため予定コースの確認が楽になります。
  • 地図上のトラックログを長押してロックオンすれば逸脱警告をさせることが出来ます。
  • 登山サイトからGPSログをダウンロードして活用することも出来ます。

 

登山計画 危機管理 地図・読図
教えてくれた人

松本 圭司

アプリ作家、ライター、料理研究家などマルチに活躍する山好き。江戸川区在住。

アプリの代表作「ジオグラフィカ」は多くの登山者に利用され、GPSアプリに関する講演・講習なども行う。

ほか、国土マップR、アルパカナビ、速攻乗換案内、雨かしら?雨時雨などもリリースする。クリーン&ビルド株式会社所属。

同じテーマの記事
冬山でスマホを使う時の7つの注意点。工夫と知識で、冬山でもスマホを使いこなそう!
冬山こそがGPS機器の活躍の場だが、「スマートフォンは寒さに弱い」と聞く。氷点下を下回る世界で、スマートフォンと登山アプリを使いこなすための秘伝のコツ、知識をお伝えする。
登山を前提にした場合のスマホの選び方―― OS、防塵防水、バッテリー、GPS・・・選ぶ基準は?
各メーカーからたくさんのスマートフォンがリリースされているが、登山アプリをインストールして登山用として使いたいなら、いくつか選ぶポイントがある。新規購入/機種変更を考えている人は、ぜひ参考にしてほしい。
地図アプリだけではない! 登山に使えるおすすめスマホアプリ&Webサービス
スマートフォンを登山中に活かすのは、なにも登山専用のアプリだけではない。登山には複合的な要素があるのだから、利用できるサービスもさまざま。そこで今回は、登山者にオススメの“登山専用”以外のアプリやWebサービスを紹介する。
「上手くいかない」と諦める前に――。スマートフォンのGPSで、よくあるトラブルと解決方法
スマートフォンに登山アプリをインストールして早速使ってみたものの、うまく動かない。「だからデジタル機器は嫌だ」と諦める前に、今回紹介する、よくあるトラブルと解決方法を確認してほしい。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年2月24日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ