このエントリーをはてなブックマークに追加

ミズバショウの次はこれ! 初夏の尾瀬、白い“ふわふわ”、ワタスゲに会いに行こう!

はるかなる尾瀬――、尾瀬の風景・春夏秋冬
たしなみ 2018年06月08日

本州最大規模の高層湿原、燧ヶ岳と至仏山などの名峰など、尾瀬は登山者にとっても魅力的な場所として親しまれている。そんな魅力を、もっと深く知るために、尾瀬の自然環境の保全・調査研究に取り組んでいる尾瀬保護財団が、知られていない魅力を紹介する。

 

ミズバショウの次は、ふわふわのワタスゲ

尾瀬と言えばミズバショウを連想する人が多いと思います。しかし、ミズバショウの後にも、それ以上の絶景が待っていることを、どれだけの人が知っているでしょうか。ミズバショウで華やいだ尾瀬が静かになる6月中旬頃から見られる尾瀬の絶景を、今回は紹介します。

尾瀬の湿原と言えば、尾瀬ヶ原と大江湿原がとくに有名です。尾瀬ヶ原は鳩待峠登山口(群馬県片品村)から1時間ほど歩くと広がる場所で、木道が整備されていて、滞在時間に応じてコースを設定できます。春のミズバショウから秋の紅葉まで、四季折々美しい景色を見せてくれる場所です。

大江湿原は沼山峠(福島県檜枝岐村)から歩いて1時間程にある尾瀬沼の畔にある湿原で、多様な高山植物を見ることができます。7月中旬~下旬にニッコウキスゲの群落が見られることで人気の場所です。

★登山地図:尾瀬周辺のコースタイム付きマップ

それぞれの湿原ともに、6月中旬~下旬頃はワタスゲが見頃となります。見頃の時期は雪の多さや気候などによって多少前後しますが、ミズバショウの季節が終わる時期から始まります。例年、梅雨の時期にも重なるために登山者は少なめの時期ですが、梅雨晴れを狙って、“ふわふわ”のワタスゲを楽しむのが良いでしょう。

白いワタスゲが“ふわふわ”する尾瀬ヶ原

 

とくに大江湿原は、この時期はレンゲツツジの開花とも重なり、紅いレンゲツツジと白いワタスゲの共演となります。静かな尾瀬を独り占めするのはどうでしょうか?

紅いレンゲツツジが共演する大江湿原

 

ワタスゲの「花」を知っていますか?

多くの人がイメージするワタスゲは、ふわふわと風に揺れている姿だと思いますが、このふわふわは果穂と呼ばれるもので花ではありません。どんな花が咲くか知っていますか? 実はワタスゲの花は雪解け直後から湿原に顔を出していますが、その姿は地味であまり目立たちません。

あまり目立たないワタスゲの花

風に揺れているのはワタスゲの種なのです!

 

目立たない理由は、ワタスゲは花粉を風に運ばせる「風媒花」として進化し、花粉の運搬を昆虫に頼る必要がないためと言われています。

種子ができると、タンポポのように風に乗ってどこかに運ばれ分布を広げていきます。また、自家受粉を防ぐために、雄しべと雌しべの成熟のタイミングをずらしているなど、調べてみると色々面白い特徴を持った植物です。

 

「何れ菖蒲か杜若」、同じ時期に見られる花々にも注目

初夏の尾瀬は、梅雨時期とも重なりますが、種数も増えてきて花が好きな人にはオススメの季節です。ワタスゲ以外にも、湿原ではカキツバタやヒオウギアヤメの青が目立ちます。

見分け方を聞かれることがよくありますが、写真を並べると非常に分かりやすい。環境の違いで、見られる場所が異なるのも面白い植物です。

尾瀬ヶ原に多いカキツバタ

尾瀬沼に多いヒオウギアヤメ

尾瀬は、ミズバショウやニッコウキスゲのイメージが強いのですが、その他にも様々な高山植物・景色を楽しむことができます。ぜひ四季折々の尾瀬を楽しみに足を運んでみてください。

 

知識・雑学 自然観察 ガイド
教えてくれた人

公益財団法人 尾瀬保護財団

群馬県前橋市に事務所を置く公益財団法人。環境保全や調査研究に取り組むとともに、尾瀬ボランティアなどと連携した入山者への啓発、利用者への自然解説など、尾瀬の保護と適正な利用を図るための活動を続けています。

⇒公益財団法人尾瀬保護財団

同じテーマの記事
「この木なんの木?」尾瀬の景観を四季折々に彩る植物たちを、どんな季節にも楽しむには?
湿原のイメージが大きい尾瀬だが、森や樹木の美しさも随一の場所だ。とくに、新潟県側の玄関口である奥只見郷は尾瀬随一の鮮やかな紅葉が楽しめるのをご存じだろうか?
金色に輝く尾瀬を歩こう。色とりどり煌めく秋の尾瀬、さまざまな秋を観察するために――
尾瀬が最も色鮮やかになる時期が秋。厳しい冬を前に、一瞬煌めくこの時期を深く楽しむために、尾瀬の紅葉に関するエトセトラを余すことなく紹介する。
新しい尾瀬に出会う、贅沢な“尾瀬時間”のススメ! 夏の尾瀬は朝と夜が特に素晴らしい
夏の間の尾瀬の楽しみ方には、燧ヶ岳・至仏山への登山もあるが、「ゆっくり過ごす」という選択はいかがだろうか。とくに尾瀬沼の湖畔からの夕刻と朝の時間は見逃せない。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年10月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」
着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」 マーモットから発売の「ウールラップ」。独自構造の中綿で行動中も快適ゾーンへ。ペイバックキャンペーンも実施中!
NEW 『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
NEW ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは? モニター5名募集!
NEW 透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す!
透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。透湿地が高いミレーの「ティフォン50000」上下を雨の岩菅山でテスト!
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン幕開けです!
平成最後の紅葉シーズン幕開けです! 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山 迫力ある岩峰、神秘的な色の五色沼、高山植物の宝庫――。日光白根山はさまざまなルートから登れ、レベルに応じて楽しめる。